【2023年】「地球科学」のおすすめ 本 25選!人気ランキング

この記事では、「地球科学」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 46億年の地球史: 生命の進化、そして未来の地球 (知的生きかた文庫)
  2. もういちど読む数研の高校地学
  3. これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義
  4. 新しい高校地学の教科書―現代人のための高校理科 (ブルーバックス)
  5. 生命誕生 地球史から読み解く新しい生命像 (講談社現代新書)
  6. デカルトの誤り 情動、理性、人間の脳 (ちくま学芸文庫)
  7. 生命と地球の歴史 (岩波新書)
  8. 地球学入門 第2版: 惑星地球と大気・海洋のシステム
  9. ミラーニューロン 新装版
  10. Understanding Earth
他15件
No.2
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
81

Understanding Earth

Grotzinger, John
W H Freeman & Co
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
78

天気の重要な要素のひとつである風が吹く仕組みを解説。身近な風から地球規模の風、予測や利用まで、読む「風の事典」のような一冊。 風は直接、目に見える現象ではありませんが、私たちの生活を大きく左右する天気の要素のひとつです。本書では、そんな風が吹く仕組みを解説します。海風・陸風やフェーン、ビル風といった身近な風から、やませ、だし、おろしといった地域特有の風、偏西風などの地球規模の風、低気圧や台風の風、気候と風の関係、風の利用や予測など、風に関する話が満載です。捉えどころのなさそうな、大気の流れを調べている研究者が、風の「姿」を捉える旅に招待します。 第1章 大気の成り立ち 第2章 地球の熱のやりとり 第3章 風の吹くしくみ 第4章 身近な風 第5章 地球規模の風 第6章 渦巻く風―温帯低気圧と台風 第7章 世界の気候と風の関わり 第8章 未来の風―天気予報と温暖化予測

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
78

地球の教科書

井田 喜明
岩波書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search