【2024年】「軍事学」のおすすめ 本 56選!人気ランキング

この記事では、「軍事学」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 現代の軍事戦略入門【増補新版】陸海空からPKO、サイバー、核、宇宙まで
  2. 失敗の本質: 日本軍の組織論的研究 (中公文庫 と 18-1)
  3. 世界軍事学講座 (新潮文庫 ま 18-2)
  4. 世界の特殊部隊作戦史1970-2011
  5. 軍事学入門
  6. 逆説の軍事論
  7. 軍事学入門 (ちくま文庫 ヘ 10-1)
  8. 加筆完全版 宣戦布告 上 (講談社文庫)
  9. 軍事と政治 日本の選択 歴史と世界の視座から (文春新書 1230)
  10. 兵士は起つ: 自衛隊史上最大の作戦
他46件
No.1
100

コリン・グレイをはじめ戦略研究の大御所がこぞって絶賛した話題の軍事戦略入門書がさらにグレードアップ! コリン・グレイをはじめ戦略研究の大御所がこぞって絶賛した話題の軍事戦略入門書がさらにグレードアップ! コリン・グレイをはじめ戦略研究の大御所がこぞって絶賛した話題の軍事戦略入門書がさらにグレードアップ! ●古典戦略から現代戦略までを軍事作戦の領域別にまとめた入門書 ●孫子、クラウゼヴィッツ、ジョミニ、マハン、コーベット、リデルハート、ローレンス、毛沢東、ドゥーエ、ミッチェルなどの「古典」的人物から、トフラー夫妻、オーエンス、シャリカシュヴィリ、セブロウスキー、クレピネヴィッチ、スケールズ、クレフェルト、リンド、ランベス、ハメスなどの現代の専門家まで幅広く取り上げ、“戦略”をコンパクトに紹介 ●PKO(平和維持)に関する章が新たに加わったほか、安全保障環境の変化をふまえ、第1版(邦訳2015年刊)の全章にわたって大幅に加筆修正。現代の軍事情勢を反映した充実した内容となっている。 part1 伝統的な戦略の次元  第1章 シーパワー  第2章 ランドパワー  第3章 エアパワー  第4章 核戦力と抑止 part2 戦略と非国家主体  第5章 非正規戦―反乱、対反乱作戦、新しい戦争、そしてハイブリッド戦  第6章 平和維持、安定化、人道的介入 part3 科学技術と戦略  第7章 統合理論と軍事トランスフォーメーション  第8章 サイバー戦争  第9章 スペースパワー

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
94
みんなのレビュー
日本軍がなぜ戦争に負けてしまったのかを分析し、それを元に日本の組織における問題点を浮き彫りにしている書籍。責任の所在の曖昧さと、臨機応変に対応できない官僚主義が蔓延した日本組織は危機的状況において力を発揮できない。少々歴史の話は冗長だが一読する価値のある書籍。
No.3
94
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
94

世界の特殊部隊作戦史1970-2011

ナイジェル カウソーン
原書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
94

軍事学入門

防衛大学校防衛学研究会
かや書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
79

憲法改正の前になすべきこと 「国民安全保障」を構想する 日本の歴史から考える 三つの安全を求めて 第一次近衛内閣と日中戦争 戦後の安全保障を検討する 自衛隊と統治機構 自衛隊とは何か 日本の特殊性をはかる イギリスにおける政軍関係 インドネシアの政軍関係 岐路に立つ日本の政軍関係

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
76

四度目の挑戦 独ソ戦 イギリス1941~1943 インドシナ戦争 イラク戦争と対反乱〈COIN〉作戦 知略に向かって

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
75

いま世界では、パンデミックの混乱がつづくなか、ロシアのウクライナ侵攻や切迫する台湾有事、北朝鮮のミサイル発射など、物騒なニュースがたえません。なぜこうした問題が起きているのかを考えるとき、さまざまな解釈の方法があるでしょう。 「地政学」とは、地図をもとにその国の政治や軍事を考えていく学問です。軍事理論でもあるため、戦後の日本では封印されていました。 地理というのは、時代が変わっても変わりません。ですから、変わらない地理をもとにすることで、それぞれの国や地域がとる戦略というのは自ずと決まってくる、と考えられます。となると、いくら世界情勢が混沌としてきても、その国がとるべき一貫した正しい戦略があるはずだ、となります。地政学ではこう考えるわけです。 混沌として先の見えない時代です。だからこそ、普遍的な知である地政学的視点をもつことが大切です。それによって、より自信をもって世界と向き合うことができるはずです。 (「はじめに」より)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
75

日本の装甲列車

藤田 昌雄
潮書房光人新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
75

写真でみる女性と戦争

ブレンダ・ラルフ ルイス
原書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
75

エア・パワー空と宇宙の戦略原論

石津朋之
日経BPM(日本経済新聞出版本部)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
74

第1章 プロローグ 第2章 統合運用の歴史とその必要性 第3章 統合運用の実績 弾道ミサイル対処 第4章 統合運用の実績 東日本大震災 第5章 統合運用の実績 海外 第6章 エピローグ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
74

CIAの前身が作成した「組織をうまくまわらなくさせる」ためのスパイマニュアル。「トイレットペーパーを補充するな」「鍵穴に木片を詰まらせよ」といった些細な悪戯から,「規則を隅々まで適用せよ」「重要な仕事をするときには会議を開け」まで,数々の戦術を指南。マネジメントの本質を逆説的に学べる,心理学の視点からの解説付き。津田大介氏推薦! ◆推薦のことば 日本の大企業や官僚制度が抱える問題の本質が 驚くほどわかる本書。 「あるある本」として笑いながら読んでいるうちに やがて楽しさは空恐ろしさへと変わる。 (ジャーナリスト/メディア・アクティビスト 津田大介) 解説 サボタージュ・マニュアル―――日本語版の発刊に寄せて 1 サボタージュ・マニュアルとは何か  ■OSSとは何か  ■OSSとサボタージュ・マニュアル  ■サボタージュ・マニュアルとは何か  ■なぜ、いまサボタージュ・マニュアルなのか 2 どのようにすれば、組織はうまくいかなくなるのか  ■ホワイトカラーむけサボタージュ戦略  ■形式的な手順を過度に重視せよ  ■マックス・ウェーバーの「官僚制」概念  ■ロバート・キング・マートンの「官僚制の逆機能」  ■ともかく文書で伝達せよ  ■・・・そして文書を間違えよ  ■会議を開き、議論して決定させよ  ■なぜ集まると集団のパフォーマンスが低下してしまうのか  ■集団は個人の能力を封じ込める  ■スペースシャトル墜落の原因も「会議」  ■行動するな徹底的に議論せよ  ■コミュニケーションを阻害せよ  ■組織の危機自体がコミュニケーションの阻害を招く  ■組織内にコンフリクトをつくり出せ  ■集団維持機能をおろそかにする  ■組織の注意を組織の外側に向けるな  ■「黒い羊」効果を生じさせよ  ■士気をくじけ!  ■サボタージュ・マニュアルの現代的な意義 サボタージュ・マニュアル(暫定版) 1章 序文 2章 推定される効果 3章 サボタージュの促進  ▼1 個人的な動機  ▼2 破壊活動の推奨  ▼3 安全な方策 4章 道具、標的、タイミング  ▼1 一般的条件  ▼2 武力攻勢前に  ▼3 武力攻勢中に 5章 サボタージュに関する具体的提案  ▼1 建造物  ▼2 工業生産(製造)  ▼3 生産(金属)  ▼4 生産(鉱業と採鉱)  ▼5 生産(農業)  ▼6 交通(鉄道)  ▼7 交通(自動車)  ▼8 交通(水上交通)  ▼9 コミュニケーション  ▼10 電力  ▼11 組織や生産に対する一般的な妨害  ▼12 士気を下げ、混乱を引き起こすための一般的な工夫 あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
74

尖閣防衛戦争論

中川 八洋
PHP研究所
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
74

レッド・アトラス 恐るべきソ連の世界地図

ジョン・デイビス
日経ナショナル ジオグラフィック
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
73

機甲戦のルーツとなった陸戦史を概観し、ドイツ・ソ連・イギリス・フランス・アメリカ・日本の機甲戦理論の形成を詳述する。さらに、現代の機甲戦までとりあげる。 機甲戦のルーツとなった陸戦史を概観し、ドイツ・ソ連・イギリス・フランス・アメリカ・日本の機甲戦理論の形成を詳述する。さらに、現代の機甲戦までとりあげる。 第1章 機甲戦前史及び序説  一 陸戦の発達と機動戦  二 機甲戦序説 第2章 機甲戦理論の形成と発展  一 ドイツ軍の電撃戦理論の形成と発展  二 赤軍の縦深戦略理論の形成と発展  三 英・仏・米陸軍の機甲戦理論の形成と発展 第3章 日本陸軍の機甲の発展  一 第一次大戦後の影響  二 日本陸軍の戦術教義と機械化  三 機械化部隊への発展と蹉跌 第4章 現代の戦争と機甲戦  一 現代の戦争とその概観  二 現代のドクトリンと機甲部隊運用  三 現代における機甲戦闘

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
73

インド太平洋戦略-大国間競争の地政学 (単行本)

ブレンドン・J・キャノン
中央公論新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
73

戦争論

マーガレット・マクミラン
えにし書房

歴史学、国際関係史の碩学が2018年BBCのラジオ講義「リース・レクチャー」をもとに書き下ろした2020年「ニューヨーク・… 歴史学、国際関係史の碩学が2018年BBCのラジオ講義「リース・レクチャー」をもとに書き下ろした2020年「ニューヨーク・タイムズベストブック10」入選の人文書、はやくも邦訳! 戦争を真正面からと… 歴史学、国際関係史の碩学が2018年BBCのラジオ講義「リース・レクチャー」をもとに書き下ろした2020年「ニューヨーク・タイムズベストブック10」入選の人文書、はやくも邦訳! 戦争を真正面からとらえ、世界中を古今東西、縦横無尽に駆け回り約400のテーマを簡潔、丁寧に論じた戦争全般についての基本図書。 「読みやすく説得力がある。マーガレット・マクミランの新たな傑作である」(ハーバード大学教授(ジョーゼフ・S・ナイ・ジュニア) 「重要な本であり戦争が社会のあらゆる面に入り込んでくる印象的な様を気づかせてくれる。読んで学ぶことが多い。」ジョージ・シュルツ(元米国国務長官) 〈目次〉 序 第1章 人間と社会と戦争 第2章 戦争の理由 第3章 方法と手段 第4章 近代の戦争 第5章 戦士をつくる 第6章 戦闘 第7章 一般市民 第8章 制御不能なもの(戦争)を制御するために 第9章 想像と記憶のなかの戦争 結び 〈目次〉 序 第1章 人間と社会と戦争 第2章 戦争の理由 第3章 方法と手段 第4章 近代の戦争 第5章 戦士をつくる 第6章 戦闘 第7章 一般市民 第8章 制御不能なもの(戦争)を制御するために 第9章 想像と記憶のなかの戦争 結び

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
73

戦争はなくせるか?

クリストファー・コーカー
勁草書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
73

技術は戦略をくつがえす

藤田 元信
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
73

正しい核戦略とは何か

ブラッド・ロバーツ
勁草書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
73

「核の復権」の現実 米国-核抑止戦略の再構築 ロシア-ロシア版「エスカレーション抑止」戦略をめぐって 中国-「最小限抑止」から「確証報復」への転換 NATO-「核の忘却」の終焉? インド・パキスタン-「抑止のための兵器」の20年 核管理とサイバーセキュリティ 「秩序の兵器」としての核と分裂する世界 日本-世界で最も厳しい安全保障環境下での核抑止

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
73

日本の領土のうち「北方領土」と「竹島」は、それぞれロシア、韓国の実効支配をゆるしています。「尖閣諸島」は中国が実効支配を狙っています。 日本が「歴史的にも国際法上も日本固有の領土」といくら正論を述べたところで、彼らは日本の領土を明け渡すことはありません。 いま必要なことは、現実的な思考ではないでしょうか。日本の周辺国がどのような戦略をもっているのか? それに対して日本はどのような戦略をとるべきか? しっかりとした戦略をもってのぞまないと日本の領土は守れません。 このような現実的な思考をするためのツールの1つが「地政学」です。「地政学」とは、地図をもとにその国の政治や軍事を考えていく学問です。 ロシアのウクライナ侵攻や台湾有事の危機が報じられるなか、領土問題に対する関心が高まっています。本書が日本の領土について考える一助となれば幸いです。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
73

「超限戦」に続く新しい中国の戦争概念がここにある。 序 文 肖天亮  はじめに  第1章 戦争形態の進化に関するいくつかの基本問題  戦争形態とは何か 主導的軍事技術(群) 戦争形態の交代のタイミング、条件、周期  戦争形態の進化の一般的過程   萌芽期  形成期     発展期     成熟期  衰亡期    歴史における戦争形態の進化   冷兵器戦争期  熱兵器戦争期     知的兵器戦争期 第2章 知能化ブーム 人工知能の台頭  人工知能とは何か     紆余曲折の中での成長  累積効果の形成    カギとなる技術のブレークスルー 情報技術革命の終焉  技術発展の S 字曲線モデル     情報技術が成熟期に入る 知能時代へ  知能の拡張    知能化態勢の急速的形成  知能がすべてを主導する 第3章 軍事分野における知能化革命 情報技術の苦境―戦場  精度の極限  インターネットで繋がる世界     即時破壊 新軍種の突然の出現―人工知能 軍事知能化革命の勃発  制高点をめぐる争奪戦     主戦兵器の交替  知能化の浸透 知能時代の戦争形態  知能化の潮流は止まらない     戦闘力形成パターンの転換  戦争形態の進化 第4章 新たな戦争 新たな理念 誰が私たちの敵か プラットフォーム中心 知能アルゴリズムがすべてを定義する 兵器装備の核心的な指標―自律性 データこそが力である 「死傷ゼロ」時代 第5章 戦力の転換 武器=基本戦闘ユニット 知能化兵器装備  航空知能化無人システム    水上/水中知能化無人システム  陸上陸上知能化無人システム 知能弾薬  全知能攻撃    「弾薬―プラットフォーム」の一体化  モジュール化 知能を中心とした軍事技術体系 万能戦士  計画者    意思決定者  生産者 誰が専門家なのか? 誰にでも有能なアシスタントが必要である ネットワークなくして勝利なし 第6章 ゲームのルールを変える 知能力の発揮を中心に据えて戦闘を行う 本質―全く新たな争い 核心となる作戦理念―敵の意志を直接挫く 多次元を統合した知能化作戦  従来の軍事行動の空間を超越する  一体化作戦  知能化作戦  基本的なモデル 主な行動パターン  遠隔暗殺・統制作戦    スワーム(群れ)作戦 第7章 軍隊を再構築する 「ピラミッド」の崩壊  伝統的な脅威から多次元的な脅威へ  中間層革命から基層革命へ  情報の横方向一体化から兵器操作の横方向一体化まで 軍種兵種の消滅 組織革命  「兵器庫式」特別混成編制     二種類の戦力     機能軍隊 知能型司令部  参謀の危機     ビッグデータセンター  三位一体指揮意思決定の核心 第8章 スマート後方支援 知能衝撃波  IoT は後方支援の全資源を可視化する  3Dプリンターは装備物資のサプライチェーンに衝撃を与える  ビッグデータは伝統的な指揮意思決定支援モデルに挑戦する 目標:ちょうどよいところ  正確な後方支援     能動的な後方支援  積極的な後方支援 両端へ移動する保障実施の重点  前方自給式保障  直行配送式支援  遠隔知能化保障 ピーク値支援能力 後方支援力の転換  後方支援軍(部隊)  三レベル保障構造  モジュール化されたユニット 結 語 おわりに 解 題:安田 淳 解 説:情報通信技術・人工知能(AI)技術の発展および軍用AIの動向  木村 初夫 略 歴

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
73

戦略の世界史(上) 戦争・政治・ビジネス

ローレンス・フリードマン
日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
73

戦略の本質: 戦史に学ぶ逆転のリーダーシップ

野中 郁次郎
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search