【2024年】「道教」のおすすめ 本 18選!人気ランキング

この記事では、「道教」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 超訳 老子の言葉 「穏やかに」「したたかに」生きる極意 (単行本)
  2. 中国人の宗教・道教とは何か (PHP新書 429)
  3. 道教思想10講 (岩波新書)
  4. 『老子』 その思想を読み尽くす (講談社学術文庫)
  5. 道教とはなにか (ちくま学芸文庫 サ 39-1)
  6. 哲学として読む 老子 全訳
  7. 道教の世界
  8. 道教の神々 (講談社学術文庫)
  9. 世界最高の人生哲学 老子
  10. 世界一わかりやすい「老荘思想」 (PHP文庫 な 34-10)
他8件
No.2
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
88

「道教がわかれば、中国がわかる」と魯迅は言った。伝統宗教として現在でも民衆に根強く崇拝されている道教の全貌とその究極的真理…

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
83

哲学として読む 老子 全訳

山田 史生
トランスビュー

『論語』に並ぶ中国古典の最高峰。核心となる「道」の新解釈に基づく新訳。わかりやすい現代語で老子の哲学をいきいきと伝える。 ★この書籍の小売店頭価格は、2500円+税です。 “2500 年の誤解”をくつがえす画期的解釈! 老子の哲学をいきいきと伝える。 『論語』に並び称される中国古典の最高峰『老子』。 「道」や「無為」を説く難解な書として知られるが、 今回新たな解釈をもとに高校生でも読める わかりやすい現代語に訳しなおした。 この世界が生まれるまえから存在している「もの」。 老子は、その「もの」について、 「わたしはその名を知らない。 かりそめに『道』とでもよんでおこう。」 と書いている。 「道」はこれまで、学術的には「宇宙の根源」、 一般的には「人生訓」のように理解されてきた。 しかし、それでは『老子』の本当の面白さはわからない。 著者は「道=自然の法則」という新解釈を示すことで、 『老子』を今の私たちにも役立つ、西洋思想に負けない いきいきとした哲学書として読み直す。 “2500 年の誤解” を解く、渾身の一冊。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
83

道教の世界

窪 徳忠
学生社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
81

世界最高の人生哲学 老子

守屋 洋
SBクリエイティブ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search