【2024年】「幸田文」のおすすめ 本 26選!人気ランキング

この記事では、「幸田文」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 精選女性随筆集 幸田文 (文春文庫 編 22-1)
  2. おとうと (新潮文庫)
  3. きもの (新潮文庫)
  4. 闘 (新潮文庫 こ 3-6)
  5. みそっかす (岩波文庫 緑 104-1)
  6. 木 (新潮文庫)
  7. 五重塔 (岩波文庫 緑 12-1)
  8. 流れる (新潮文庫)
  9. 幸田文 新潮日本文学アルバム〈68〉
  10. 天うつ浪 前篇 (岩波文庫 緑 12-16)
他16件
No.1
100

啐啄 金魚 あしおと あとみよそわか 水 このよがくもん ふじ 春の翳 申し子 平ったい期間 終焉 堅固なるひと はにかみ すがの むしん おふゆさんの鯖 風の記憶 金魚 午後 知らない顔 二月の味 捨てた男のよさ いのち 午前二時 次女 吹きながし 類人猿 二番手 杉 週間日記 「なやんでいます」の答え

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
75

樹木を愛でるは心の養い、何よりの財産。父露伴のそんな思いから著者は樹木を感じる大人へと成長した。その木の来し方、行く末に思いを馳せる著者の透徹した眼は、木々の存在の向こうに、人間の業や生死の淵源まで見通す。倒木に着床発芽するえぞ松の倒木更新、娘に買ってやらなかった鉢植えの藤、様相を一変させる縄紋杉の風格……。北は北海道、南は屋久島まで、生命の手触りを写す名随筆。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
64

百年小説

森鴎外
ポプラ社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
64

台所のおと 濃紺 草履 雪もち 食欲 祝辞 呼ばれる おきみやげ ひとり暮し あとでの話

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search