【2023年】「相続税」のおすすめ 本 31選!人気ランキング

この記事では、「相続税」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 自分でできる相続税申告
  2. 身近な人が亡くなった後の手続のすべて
  3. わかりやすい相続税・贈与税と相続対策 ’18~’19年版
  4. 図解 いちばん親切な相続税の本 18-19年版 (知っておきたい暮らしのお金)
  5. 具体事例による財産評価の実務―相続税・贈与税〈平成25年2月改訂〉
  6. ぶっちゃけ相続 日本一の相続専門YouTuber税理士がお金のソン・トクをとことん教えます!
  7. 相続税・贈与税入門の入門(令和4年版)
  8. 無料相続税申告ソフトを使って 自分で相続税の申告ができる本
  9. 図解 財産評価 平成30年版
  10. マンガでわかる!相続税のすべて ’18~’19年版
他21件
No.1
100

こんな人におすすめします! 1)自分が関わる相続税の申告について、難易度を知っておきたい 2)複雑でないケースの相続税申告なら、自分でもできそうな気がする 3)特例や控除などを使えば、相続税がゼロになるか、わずかで済みそう 4)自分でできるところまでやることで、かかる費用を節約したい 相続税申告の難易度はさまざまです。 まずは、巻頭グラフにある「相続税申告難易度チェックシート」で〈自分ででき る度〉を確かめてみましょう。 巻頭グラフ 15分でわかる 相続税のこと 第1章 そもそも相続税って何? ~前提知識の確認 その1~ 第2章 相続税申告に必要な書類を集めよう ~事前準備 その1~ 第3章 財産の評価をしよう ~事前準備 その2~ 第4章 相続税が安くなる特例を知ろう ~前提知識の確認 その2~ 第5章 相続税の申告書を作成しよう ~作成から完了まで~

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
91

葬儀や法要のこと、保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金の解約や名義変更のこと、相続税のこと。 実際に身近な方が亡くなって様々な手続にとりかからなければならない方、これからそのような場面を迎える可能性がある方に、いちばん身近な参考書として活用していただけるよう、この本を作りました。 期限に間に合うよう、二度手間にならないよう、様々な手続をわかりやすく整理しました。いつまでに何をしなければならないか、手続の流れがしっかりわかります。 ☆2014年12月に出版した初版を改訂した新版です。 ★初版とは、こんなところが変わりました。 ・マイナンバー制度、法定相続情報証明制度など、新しくできた制度に則った内容にしました。 ・相続税法、年金制度、健康保険など、こまごまとした制度の改正に対応しました。 ・「もっと詳しく知りたい」というご要望の多かった「生前対策」の項目とページ数を増やしました。 (相続した不動産を売るときの税金の項を新設し、贈与契約書の例を追加するなどしました。) ・年金事務所、税務署などの公的機関等に提出する手続書類の様式を、最新のものに替えました。 ・巻末には、用語索引と、亡くなった後の手続の際に参考になるウェブサイト情報を付け足しました。 ・その他、初版をお読みいただいた方から頂戴したご意見・ご要望にできる限りお応えするようにしました。 ・巻頭グラフ 目で見てイメージ 身近な方の死後のこと ~手続・届出のすべてを大まかに理解しておきましょう~ ・第1章 大切な方が亡くなった直後に行う手続 ~死亡直後の手続について確認しましょう~ ・第2章 落ち着いたら行う諸届、諸手続 ~少し落ち着いてからでも間に合う届出・手続です~ ・第3章 遺族年金等の手続 ~遺族年金など年金の手続について確認しましょう~ ・第4章 遺産相続手続の基本 ~遺産を相続する手続の基本を確認しましょう~ ・第5章 相続・名義変更の手続 ~相続・名義変更の手続を行いましょう~ ・第6章 相続税の基本的手続 ~相続税の基本について学びましょう~ ・第7章 生前対策の基礎知識 ~将来の相続に備えましょう~

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
79

相続開始から納税の手続きまで、図解、チャート、書き込み式シートを多用してビジュアルにわかりやすく構成。相続財産の評価、相続税の計算手順をさまざまなケースに対応させながら解説。遺産分割協議の進め方・遺言書の作り方など、複雑なルールもやさしく説明。 財産を上手に残すための生前贈与・生命保険・土地の有効活用など、今から始められる節税法を大公開! 最新税制に完全対応!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
76

相続や贈与の「ここを知っておけば大丈夫」という基本知識と、損をしないための最新情報をオールカラーで解説。 これから相続対策をする人のために、相続や贈与の「ここを知っておけば大丈夫」という基本知識と、損をしないための最新情報をオールカラーで解説。相続制度の基本から、実際に相続が発生してからの流れ、相続税の試算方法、申告書の書き方まで説明しました。マンガと図解でわかりやすい1冊です。 第1章 相続できる人のルールを知る 第2章 相続できる財産のルールを知る 第3章 財産を分けるルールを知る 第4章 相続税の金額を計算する 第5章 節税で税額を低く抑える 巻末付録! 相続税の申告書類の見方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
76

1(財産評価の必要性と法的体系 相続税法に基づく財産評価と実務 財産評価通達等に基づく不等産等の評価と実務 重要個別通達・情報(事務連絡)に基づく財産評価と実務) 2(財産評価通達等に基づく有価証券等の評価と実務 東日本大震災に係る評価等の特例)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
76

日本一の相続専門YouTuber税理士がお金のソン・トクをとことん教えます! 節税、生前対策、遺言状、各種届け出、手続き "「普通の家庭」が一番モメます。 相続争いの約8割は遺産5000万円以下! 日本一の相続専門YouTuber税理士が、相続にまつわるお金のソン・トクをとことん教えます。 チャンネル登録者数4.8万人超え! 相続の相談実績5000人超え! 遺言書、相続税、不動産、税務調査、手続き、完全対応! これ1冊で大丈夫! 巻末資料も使いやすい! ★「いつまでに何をすべきかがわかる」相続対策シート ★「知りたいことすぐわかる」お悩み別索引 ◆◆◆本書の概要◆◆◆ この1冊で、相続にまつわる法律や税金の基礎知識から、相続争いの裁判例や税務調査の勘所まで学ぶことができます。さらに2019年、約40年ぶりに相続にまつわる法律が改正され、遺言書のルールが大きく変更されたり、配偶者居住権という新しい制度が始まったりするなど、「相続の常識」が大きく様変わりしました。もちろん本書は、この大改正に完全対応しており、変更点・注意点を徹底的に解説します。" "はじめに 「普通の家庭」が一番危ない 序章 相続の基本のキをぶっちゃけます! ・遺産の分け方、2つのルール ・相続人は誰? 法定相続分は? ・遺言書を書くときは「遺留分」に注意 第1章 相続トラブルをぶっちゃけます! ・認知症になったら相続対策はできない ・介護の苦労は報われない。法の限界とは? ・トラブル多発! 生前贈与の3つの注意点 第2章 遺言書をぶっちゃけます! ・こんな遺言書は無効、3つのパターン ・自筆証書遺言の4つの落とし穴 ・遺言書はすべて手書きでなくてもOK 第3章 相続税をぶっちゃけます! ・1億6000万円の節税ノウハウ活用法 ・贈与税はどんどん払ったほうがトク! ・下手な養子縁組は、かえって高くつく 第4章 不動産をぶっちゃけます! ・2億円のマンションが2000万円になる!? ・不動産の共有相続、意外な活用法とは? ・相続税を高く伝える悪徳業者の手口 第5章 税務調査をぶっちゃけます! ・最も狙われるのは「名義預金」 ・111万円の贈与は税務調査を誘発する ・タンス預金はバレる? 税務調査の実態 第6章 相続手続き・専門家をぶっちゃけます! ・そもそも、相談相談は誰にすべき? ・弁護士への依頼は宣戦布告の合図!? ・税務署の「無料相談」は、実は危ない 巻末資料 ・「いつまでに何をすべきかがわかる」 相続対策シート ・「知りたいことすぐわかる」お悩み別索引 ・おわりに 最高で最大の成果を発揮する相続税対策とは?"

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
76

相続税は、すべての人に関係する税金です。 決してお金持ちの人だけにかかる特殊な税金ではないのです。 したがって、相続税の知識はすべての人に必要だと言っても過言ではありません。 本書は、相続税・贈与税について徹底してやさしく書いた入門の入門書です。 特殊な事柄や例外的な事項は取り扱わず、実務上、これだけは必要というポイントにしぼり、図や表をできるだけ用いて解説しています。 また、各節のおわりに、「まとめ」を設けているので、ポイントの整理に役立ちます。 最後まで読めば、相続税・贈与税の基本的なしくみと考え方が理解できるでしょう。 相続税・贈与税を初めて学ぶ方はもちろん、社員教育などのテキストにも最適な一冊です。 Ⅰ 相続税 1 相続税とはどんな税金か 2 相続はどのようにするのか 3 どんな財産に相続税がかかるのか  4 どんな財産には相続税がかからないのか 5 どんなものが相続財産からマイナスできるのか  6 相続税はどのようにして計算するのか 7 相続税はいつまでに申告・納付しなければならないのか  8 新しい「個人事業者の事業用資産にかかる相続税の納税猶予制度」とはどんなものか Ⅱ 贈与税 1 贈与税とはどんな税金か 2 どんな財産に贈与税がかかるのか  3 どんな財産には贈与税がかからないのか 4 贈与税はどのようにして計算するのか  5 贈与税はいつまでに申告・納付しなければならないのか  6 新しい「個人事業者の事業用資産にかかる贈与税の納税猶予制度」とはどんなものか Ⅲ 財産評価 1 財産の評価はどうするのか 2 土地はどのように評価するのか 3 建物はどのように評価するのか  4 株式はどのように評価するのか 5 配偶者居住権はどのように評価するのか Ⅳ 税額概算表 1 相続税はどのくらいかかるのか 2 贈与税はどのくらいかかるのか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
70

図解 財産評価 平成30年版

伸浩, 犬丸
大蔵財務協会

土地や取引相場のない株式等を中心として、基本的な事項をできるだけ分かり易く記述し、評価の手順をフローチャートにして掲載するとともに、路線価図や評価明細書を多用して解説した財産評価の基本書。 相続税・贈与税における財産評価のあらまし 1 時価とは 2 個別評価 3 相続税や贈与税が課税される財産 第1章 土地及び土地の上に存する権利 第1 評価の手順 1 評価物件の特定 2 資料の収集 3 地積の確定 4 地目の判定 5 評価単位の判定 チェックポイント1  共有地の評価 第2 土地及び土地の上に存する権利の評価上の区分 1 土地の評価上の区分 チェックポイント2  地目の判定 【設例 1】 地目の異なる土地が一体として利用されている場合 の評価(1) 【設例 2】 地目の異なる土地が一体として利用されている場合 の評価(2) 【設例 3】 地目の異なる土地を一団として評価する場合 2 土地の上に存する権利の評価上の区分 第3 宅地の評価 1 宅地の評価の概要 2 路線価図の見方 3 評価倍率表の見方 4 宅地の評価単位 チェックポイント3  遺産の分割が行われた場合の評価単位の判定 5 路線価方式による評価例 (1) 間口距離の求め方 (2) 奥行価格補正の仕方 (3) 一路線に面している宅地 【設例 4】 宅地が2以上の地区にまたがる場合の画地調整 (4) 角地(正面と側方が路線に面している宅地) チェックポイント4  奥行価格補正後の価額が同額となる場合の正面路線の判定 地区が異なる場合の正面路線の判定 【設例 5】 地区の異なる2以上の路線に接する宅地の評価 【設例 6】 路線価の高い路線の影響を受ける度合いが著しく少ない場合の評価 (5) 準角地(正面と側方が一系統の路線に面している宅地) (6) 角地(側方路線に宅地の一部が接している場合) (7) 正面と裏面が路線に面している宅地 【設例 7】 正面路線の判定 (8) 三路線に面している宅地(側方・裏面路線) (9) 三路線に面している宅地(側方路線のみ) (10) 四路線に面している宅地 (11) 間口が狭小で奥行が長大な宅地 (12) 路地状部分を含む宅地 チェックポイント5  想定整形地の取り方 (13) 不整形な宅地① 【設例 8】 不整形地の評価  不整形地としての評価を行わない場合 (14) 不整形な宅地②(奥行距離の異なるごとに区分できる場合) (15) 不整形な宅地③(角地の場合(1)) (16) 不整形な宅地④(角地の場合(2)) チェックポイント6  側方路線に宅地の一部が接している場合の評価 (17) 地積規模の大きな宅地の評価 チェックポイント7  地積規模の大きな宅地の評価の概要 チェックポイント8  地積規模の大きな宅地の適用要件① チェックポイント9  地積規模の大きな宅地の適用要件② チェックポイント10  地積規模の大きな宅地の適用要件③ チェックポイント11  地積規模の大きな宅地の適用要件④ チェックポイント12  地積規模の大きな宅地の適用要件⑤ (18) 路線価の設定されていない道路のみに接している宅地 (19) 私道の用に供されている宅地 チェックポイント13  特定路線価の付されている私道の評価 【設例 9】 私道の用に供されている宅地の評価 【設例 10】 不特定多数の者の通行の用に供されている私道 (20) 無道路地 【設例 11】 接道義務を満たしていない宅地の評価 【設例 12】 河川を隔てて道路がある宅地の評価 (21) がけ地等を有する宅地 【設例 13】 がけ地等を有する宅地の評価  南東を向いている場合 チェックポイント14  がけ地補正率を適用するがけ地等を有する宅地 【設例 14】 がけ地等を有する宅地の評価  2方向にがけ地部分を有する場合 (22) 1画地の宅地が容積率の異なる2以上の地域にわたる場合 チェックポイント15  指定容積率と基準容積率 チェックポイント16  1画地の宅地が容積率の異なる2以上の地域にわたる場合の減額調整の適用範囲 (23) 土地区画整理事業施行中の宅地 (24) 造成中の宅地 (25) セットバックを必要とする宅地 チェックポイント17  建築基準法第42条第2項の道路のセットバック (26) 都市計画道路予定地の区域内にある宅地 チェックポイント18  都市計画道路予定地の区域内にある宅地の評価 【設例 15】 容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の一部が都市計画道路予定地である場合の評価 6 倍率方式による評価 (1) 宅地の評価 チェックポイント19  実際の地積と登記簿上の地積が異なる場合 チェックポイント20  倍率方式により評価しようとする土地に固定資産税評価額が付されていない場合 倍率方式により評価する土地等が不整形地等である場合 (2) 「地積規模の大きな宅地」に該当する場合の評価方法 第4 宅地の上に存する権利の評価 1 宅地の上に存する権利の評価の概要 2 宅地の上に存する権利の評価例 (1) 普通借地権 【設例 16】 借地権の及ぶ範囲 (誤りやすい事例1) 一時使用のための借地権の評価 チェックポイント21  相当の地代を支払っている場合等の借地権等についての相続税及び贈与税の取扱いについて (2) 定期借地権(権利金等の授受がある場合) チェックポイント22  定期借地権等の範囲 (3) 定期借地権(保証金等の授受がある場合) (4) 地上権 (5) 区分地上権 (6) 区分地上権に準ずる地役権 チェックポイント23  区分地上権に準ずる地役権 3 土地の上に存する権利が競合する場合の土地の上に存する権利の評価例 (1) 借地権とトンネルの所有を目的とする区分地上権とが競合している場合の借地権 チェックポイント24  倍率地域にある区分地上権の目的となっている宅地の評価 (2) 借地権とトンネルの所有を目的とする区分地上権とが競合している場合の区分地上権 (3) 区分地上権に準ずる地役権と借地権が競合している場合の借地権 チェックポイント25  倍率地域にある区分地上権に準ずる地役権の目的となっている宅地の評価 (4) 区分地上権に準ずる地役権と借地権が競合している場合の区分地上権に準ずる地役権 第5 貸家建付地・貸宅地等の評価 1 貸家建付地(アパート等の敷地) チェックポイント26  1 賃貸割合 2 借家人が立ち退いた後空き家となっている家屋(独立家屋)の敷地 3 従業員社宅の敷地 4 賃貸している構築物の敷地 (誤りやすい事例2) 使用借権が設定されている貸家の敷地の評価 (誤りやすい事例3) 貸家の目的で建築中の家屋の敷地の評価 2 貸宅地 (1) 普通借地権の目的となっている宅地 (2) 一般定期借地権の目的となっている宅地(普通借地権の割合が30%~70%の地域にあって課税上弊害のない場合) (誤りやすい事例4) 一般定期借地権の目的となっている宅地の評価 (3) 定期借地権〔権利金等の授受がある場合〕の目的となっている宅地(普通借地権の割合が30%~70%の地域以外の場合又は課税上弊害がある場合) (4) 定期借地権〔保証金等の授受がある場合〕の目的となっている宅地(普通借地権の割合が30%~70%の地域以外の場合又は課税上弊害がある場合) (5) 高圧線下の宅地(区分地上権に準ずる地役権の目的となっている承役地) チェックポイント27  高圧線の架設による建築制限倍率地域にある区分地上権に準ずる地役権の目的となっている宅地の評価 (6) 地下鉄のトンネルが通っている宅地(区分地上権の目的となっている宅地) チェックポイント28  倍率地域にある区分地上権の目的となっている宅地の評価 3 土地の上に存する権利が競合する場合の宅地の評価 (1) 借地権とトンネルの所有を目的とする区分地上権が競合する場合 【設例 17】 区分地上権の目的となっている貸家建付地の評価 (2) 高圧線下の宅地(区分地上権に準ずる地役権の目的となっている宅地)で借地権の目的となっている場合 第6 農地及び農地の上に存する権利の評価 1 宅地比準方式による評価 (1) 路線価地域内にある農地 チェックポイント29  市街地農地等を宅地比準方式で評価する場合の形状による条件差 (2) 倍率地域内にある農地 (誤りやすい事例5) 市街地農地等の評価 チェックポイント30  農地の転用許可を受けた後に贈与された土地の評価 チェックポイント31  「地積規模の大きな宅地の評価」(評基通20-2)の適用対象となる市街地農地の評価 【設例 18】 市街地農地の場合 2 倍率方式による評価 3 耕作権の目的となっている農地の評価 4 耕作権の評価 5 生産緑地の評価 チェックポイント32  耕作権の目的となっている生産緑地の評価 生産緑地に係る主たる従事者が死亡した場合の生産緑地の評価 (誤りやすい事例6) 生産緑地の評価と規模格差補正率 第7 山林及び山林の上に存する権利の評価 1 比準方式による評価 (1) 路線価地域内にある山林 (2) 倍率地域内にある市街地山林 2 倍率地域内にある山林 3 近隣純山林比準方式 (1) 宅地化が見込めない市街地山林の判定 (2) 市街地(周辺)農地、市街地原野等への準用 4 分収林契約に基づいて貸し付けられている山林の評価 チェックポイント33  分収林契約の意義 第8 雑種地及び雑種地の上に存する権利の評価 1 比準方式による評価 (1) 路線価地域内にある雑種地 (2) 倍率地域内にある雑種地(宅地に状況が類似する場合) チェックポイント34  市街化調整区域内の雑種地 2 ゴルフ場用地等の評価 (1) 市街化区域及びそれに近接する地域にあるゴルフ場用地等 チェックポイント35  ゴルフ場用地の評価 (2) その他のゴルフ場用地等(倍率方式) 3 雑種地の賃借権の評価 (1) 地上権に準ずる賃借権 (2) 地上権に準ずる賃借権以外の賃借権 チェックポイント36  契約期間が1年以下の賃借権の評価 4 貸し付けられている雑種地の評価 (1) 地上権に準ずる賃借権の設定されている雑種地 チェックポイント37  賃借人が造成工事を行っている場合の貸し付けられているゴルフ場用地の評価 (2) 地上権に準ずる賃借権以外の賃借権が設定されている雑種地 チェックポイント38  土地の所有者が、その土地を月極め等の貸駐車場として利用している場合 第2章 家屋及び構築物の評価 1 自用の家屋の評価 2 貸家の評価 チェックポイント39  課税価格に算入しない借家権構築物の賃借人の権利の評価 チェックポイント40  増改築等に係る家屋の状況に応じた固定資産税評価額が付されていない家屋の評価 3 建築中の家屋の評価 4 付属設備等の評価 (1) 家屋と構造上一体となっている設備 (2) 門・塀等の設備 (3) 庭園設備(庭木、庭石、あずまや、庭池等) 5 構築物 チェックポイント41  構築物の例 第3章 株式及び出資の評価 第1 株式の評価の概要 第2 上場株式の評価 1 原則的な評価方法 チェックポイント42  2以上の金融商品取引所に上場されている銘柄の株式を評価する場合の証券取引所の選択 2 負担付贈与又は個人間の対価を伴う取引により取得した場合 3 課税時期の最終価格の特例 4 権利落があった場合の最終価格の月平均額の特例 チェックポイント43  最終価格の月平均額の特例の概要 (誤りやすい事例7) 配当落があった場合の最終価格の月平均額 第3 気配相場等のある株式の評価 1 登録銘柄・店頭管理銘柄の評価 (1) 原則的な評価方法 (2) 負担付贈与又は個人間の対価を伴う取引により取得した場合 (3) 課税時期の取引価格の特例 チェックポイント44  1 登録銘柄 2 店頭管理銘柄 2 公開途上にある株式の評価 (1) 株式の上場等に際して公募等が行われる場合 (2) 株式の上場等に際して公募等が行われない場合 第4 取引相場のない株式の評価 1 取引相場のない株式の評価上の区分と評価方式の判定 2 株主の判定 (1) 同族株主のいる会社、同族株主のいない会社の区分 (2) 同族株主のいる会社の株主及び評価方式の判定 チェックポイント45  中心的な同族株主の定義役員の定義 (3) 同族株主のいない会社の株主及び評価方式の判定 チェックポイント46  中心的な株主の定義 (4) 株主の判定例 チェックポイント47  議決権 (5) 議決権制限株式等の種類株式を発行している場合の議決権総数等 3 会社規模(Lの割合)の判定 (1) 従業員数の定義 チェックポイント48  従業員数の判定の留意事項 (2) 総資産価額の定義 (3) 取引金額の定義 (4) 「卸売業」、「小売・サービス業」又は「卸売業、小売・サービス業以外」の業種の判定 チェックポイント49  日本標準産業分類 4 大会社の株式の評価 チェックポイント50  B、C、Dが端数処理で0円となる場合 C、Dが負数の場合 5 中会社の株式の評価 6 小会社の株式の評価 7 類似業種比準価額 チェックポイント51  1株当たりの配当金額(B)1株当たりの利益金額(C)直後期末の方が課税時期に近い場合 (誤りやすい事例8) 類似業種比準方式で株式を評価する場合の「A(株価)」の適用について 8 評価会社の業種の判定 チェックポイント52  類似業種比準価額の修正 9 純資産価額 チェックポイント53  著しく低額で受け入れた現物出資等 チェックポイント54  純資産価額の算定 チェックポイント55  割賦販売引当金(繰延割賦売上利益) チェックポイント56  評価差額に対する法人税額等相当額の計算 (誤りやすい事例9) 評価会社が有する取引相場のない株式 (誤りやすい事例10) 「無償返還届出書」を提出している場合の評価 (誤りやすい事例11) 課税時期前3年以内に取得した土地建物等の評価 チェックポイント57  自己株式を有している場合の1株当たりの純資産価額の計算 10 特定の評価会社 (1) 比準要素数1の会社の株式 チェックポイント58  ◯C1>0でC=0の場合 B、C、Dが端数処理で0円となる場合 (2) 株式等保有特定会社の株式 【設例 19】 株式、出資及び新株予約権付社債の範囲 (3) 土地保有特定会社の株式 チェックポイント59  土地保有特定会社の株式に該当するかどうかの判定を行う場合において不動産販売会社がたな卸資産として所有する土地等の取扱い (4) 開業後3年未満の会社等の株式 (5) 開業前、休業中又は清算中の会社の株式 【設例 20】 長期間清算中の会社 チェックポイント60  特定の評価会社の判定の順序 11 配当還元方式 (誤りやすい事例12) 配当還元方式 チェックポイント61  配当金額の計算 チェックポイント62  株式の割当てを受ける権利等の発生している株式の価額の修正 12 種類株式に関する具体的な評価方法 13 取引相場のない株式(出資)の評価明細書の記載方法等 第5 出資の評価 1 持分会社の出資の評価 (1) 持分の払戻しを受ける場合 (2) 持分を承継する場合 2 医療法人の出資の評価 (1) 分類 (2) 出資の評価方法 チェックポイント63  医療法人に対する出資の評価 第6 株式等に関する権利の評価 1 株式の割当てを受ける権利の評価 (1) 一般の場合 (2) 上場株式で新株式について発行日決済取引が行われている場合 2 株主となる権利の評価 (1) 会社設立の場合 (2) 上記(1)以外の場合 3 株式無償交付期待権の評価 (1) 一般の場合 (2) 上場株式で課税時期において発行日決済が行われている場合 4 配当期待権の評価 チェックポイント64  課税時期と配当期待権等の評価との関係 5 ストックオプションの評価 チェックポイント65  ストックオプションの評価の適用範囲 6 上場新株予約権の評価 (1) 新株予約権が上場期間内にある場合 (2) 上場廃止後権利行使期間内にあるものの場合 第4章 公社債等の評価 1 公社債等の評価方法の概要 2 利付公社債の評価 3 割引発行の公社債の評価 4 個人向け国債の評価 【設例 21】 個人向け国債の評価の具体的計算 5 転換社債型新株予約権付社債の評価 6 元利均等償還が行われる公社債の評価 7 貸付信託受益証券の評価 8 証券投資信託受益証券の評価 9 上場不動産投資信託証券の評価 第5章 その他の財産の評価 1 預貯金の評価 チェックポイント66  既経過利子の額を算定する場合の利率等 2 貸付金債権の評価 3 ゴルフ会員権の評価 チェックポイント67  評価しないゴルフ会員権 4 抵当証券の評価 チェックポイント68  金融商品取引業者等が破綻した場合 5 生命保険契約に関する権利の評価 6 果樹等の評価 7 立竹木の評価 8 特許権、実用新案権、意匠権及び商標権の評価 9 著作権の評価 10 営業権の評価 チェックポイント69  評価しない営業権 チェックポイント70  超過利益金額の算式における「⑦平均利益金額」欄及び「⑨総資産価額」 11 定期金に関する権利の評価 チェックポイント71  解約返戻金 予定利率 平均余命 複利年金現価率 複利年金終価率 複利終価率 チェックポイント72  生存条件付の定期金に関する権利の評価方法 保証期間付の終身定期金に関する権利の評価方法 12 一般動産の評価 13 棚卸商品等の評価 14 牛馬の評価 15 書画骨とう品の評価 16 船舶の評価 第6章 災害が発生した場合の財産評価 第1 特定土地等及び特定株式等に係る相続税及び贈与税の課税価格の計算の特例 1 特例の概要 (1) 相続税 チェックポイント73  贈与により取得した特定土地等又は特定株式等 (2) 贈与税 チェックポイント74  特定非常災害 特定非常災害の発生直後の価額 2 特定土地等 【設例 22】 一方の路線に面する宅地の場合 【設例 23】 二方の路線に面する宅地の場合 【設例 24】 倍率地域に存する宅地の評価 【設例 25】 路線価地域に存する農地等の評価 3 特定株式等 チェックポイント75  特定株式等の判定 チェックポイント76  類似業種比準価額の評価方式 【設例 26】 特定株式等の純資産価額方式による評価 第2 課税時期が特定非常災害発生日以降である場合の取扱い 1 特定地域内にある土地等の評価 2 物理的な損失が生じている土地等に係る評価方法等 3 被災した家屋等 【設例 27】 被災家屋について修理、改修等を行っている場合の家屋の評価 4 特定地域内に保有する資産の割合が高い法人の株式等 〈通達〉・「平成29年分の基準年利率について」の一部改正について (法令解釈通達)(平成30年1月17日付) 複利表 ・平成30年分の基準年利率について(法令解釈通達) (平成30年5月21日付) 複利表 ・「平成29年分の類似業種比準価額計算上の業種目及び業種目別株価等について」の一部改正について(法令解釈通達) (平成30年1月17日付) ・「平成30年分の類似業種比準価額計算上の業種目及び業種目別株価等について」の一部改正について(法令解釈通達) (平成30年6月6日付) ・「一般定期借地権の目的となっている宅地の評価に関する取扱いについて」の一部改正について(法令解釈通達) (平成11年7月26日付) ・特定非常災害発生日以後に相続等により取得した財産の評価について(法令解釈通達)(平成29年10月30日付) 〈参考〉・類似業種比準価額計算上の業種目及び類似業種の株価等の計算方法等について(情報)抜粋 ・(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成29年分) ・「財産評価基本通達の一部改正について」通達等のあらましについて(情報)(平成29年10月3日付) ・公共用地の取得に伴う損失補償基準細則(抜粋) 索  引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
70

事前に準備しておきたい相続財産の評価から、相続開始後の相続税の計算、申告書の描き方まで網羅。書き込み式シートやビジュアル解説でスッキリ理解。 贈与、二次相続、小規模宅地の特例など、生前から準備できる効果的な節税法をしっかり説明。手続きの流れや注意点は、具体例を交えながらマンガ+図解でスラスラ読める。 小規模宅地等評価の特例措置の厳格化など、最新税制に完全対応!オールカラー。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
70

大切な身内とのお別れ。その時はある日必ずやってきます。 悲しみにくれる一方で、待ったなしなのが、葬儀から始まり相続へつながる諸々の手続き。 葬儀・法要、公的期間などの手続き、相続の手続き、墓の手続き、これだけは絶対に押さえておきたいという、必要十分な基礎知識を、誰にでもわかるように解説しました。 今回監修をしていただいた税理士の内田麻由子さんと、自身も両親の介護を長く経験した作家の久田恵さんの対談必読です。 親やパートナーはいつまでも元気で一緒に居られると思っていませんか?  当たり前のように続くと思っていた幸せな日々。しかしお別れの時はある日必ずやってきます。 悲しみにくれる一方で、待ったなしなのが、葬儀から始まり相続へつながる諸々の手続き。 面倒で複雑そうに見える手続きの数々ですが、しっかり段階を踏んで処理すれば、すべて自分でこなすことができます。 本書ではまず、今回監修をしていただいた税理士の内田麻由子さんと、自身も両親の介護を長く経験した作家の久田恵さんの対談から。 最愛の身内が大切にしていた時間にどう向き合い、形を整えていくのかの一端をお聞きします。 実用編は、葬儀・法要、公的機関などの手続き、相続の手続き、墓の手続き、これだけは絶対に押さえておきたいという、必要十分な基礎知識を、誰にでもわかるように解説しました。 大切な人とのお別れの後、故人の意思をしっかり整えるための方法が本書には盛り込まれています。 1家に1冊、超保存版の一冊です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
68

相続のプロになるには、トラブル事例の分析が最適! ありがちな事例を23ケース取り上げて、失敗の原因と本来とるべき対策を詳細に解説します! 本書は、金融機関などでお客さまに相続アドバイスを行う皆さんのために、 相続に関するトラブル事例・失敗事例を集めて、 「なぜトラブルが発生してしまったのか」 「本来はどんなアドバイス・対策を行うべきだったのか」 について解説した一冊です。 相続案件において、ほとんどの成功事例は偶然の産物です。 ところが、失敗事例には必ず理由があります。 あとで反省すべき材料がたくさんみつかります。 そこを一つひとつ克服していくことで 現場に強い真のコンサルタントへの道が切り開けるのです。 そこで本書では、ありがちな失敗事例・トラブル事例ばかりを 23ケース掲載し、詳細に分析しました。 失敗の原因と本来とるべき対策を明らかにすることを通じて、 相続対策の極意を学ぶことができます。 「自分が事例の当事者だったらどうするか」を考えながら読むことで 提案のセンスが劇的に磨かれるはずです。 なお本書は、民法(相続法)改正にも対応しています。 著者は、住友信託銀行、独立系コンサルティング会社、あおぞら銀行で 相続対策・事業承継・遺言・不動産等の業務に従事したあと、 2014年4月に株式会社吉澤相続事務所設立しました。 社名に「相続事務所」とあるように、相続のプロです。 現在までに講師を務めたセミナー・研修は約1,200回、 セミナー出席者は延べ24,000名。 携わった個別相続案件4,200件超。 “答えを出す”をモットーに、 正解のない相続の問題に日々挑戦し続ける 日本一予約の取れない相続コンサルタントが、 相続実務の極意を本書で教えます。 第1章 遺産分割のトラブル事例 01「相続した投資性商品の時価が下落したことで争族に発展」 02「曖昧な遺言書が原因で兄弟が不仲に」 column「自筆証書遺言の方式緩和」 03「土地の価額の違いから互いの主張が交錯。一体この土地いくらなの?」 04「教育資金の一括贈与を考慮すべきかどうかで争族に」 05「保険金受取人の設定を間違えて代償金の確保に追われるはめに」 06「“偏った“生前贈与をした結果、兄弟仲が険悪に」 07「借金は遺言どおりに相続されない!?」 column「相続債務の取扱い」 08「親の介護負担についての取り決めを、口頭ではしていたが…」 column「特別寄与料」 09「贈与された自社株の評価を高めたのは兄の功績だが…」 column「遺留分侵害請求」 column「遺留分算定方法の改正」 10「土地の相続税評価額と時価が異なり、高額な代償金が必要に」 11「認知症の母が書いた遺言は有効か?」 column「自筆証書遺言の保管制度」 12「遺言の口約束が原因で実家の相続が困難に」 column「配偶者居住権」 13「遺産の一部を先行して分割した結果、やり直しが困難に」 第2章 相続税対策のトラブル事例 14「相続対策としてアパートを建築したが、最終的にすべての財産を失うことに」 15「孫を生命保険の受取人に指定したことで大失敗に」 16「こんなはずじゃなかった、相続時精算課税制度」 17「え!? 妻名義の生命保険も相続財産になるの?」 18「税理士の助言を聞かなかった結果、名義預金と指摘され追徴税と延滞税を負担することに」 19「孫を養子になんかしなければよかった…」 20「アパート建築で相続税は安くなったものの分割が困難に」 第3章 納税資金・その他のトラブル事例 21「土地持ち資産家の悲劇。資産はあるが、お金はない」 22「遺産分割には配慮したものの納税対策がおろそかに」 column「遺言執行者の権限の明確化」 23「難病の進行前に対策を講じたものの、不完全で発動せず」 用語解説 相続税額概算比較表

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
66

第1編 譲渡編(譲渡所得に係る総収入金額の測定上の留意点 土地・建物を同時譲渡した場合の譲渡対価の適正区分の方法 法人への低額譲渡があった場合の課税関係と同族会社の行為計算の否認の適用 ほか) 第2編 相続・贈与編(相続時精算課税制度の概要とその留意点(その1:一般の贈与の場合) 相続時精算課税制度の概要とその留意点(その2:住宅取得等資金の贈与の場合) 相続税の申告期限までに遺産分割協議が整わない場合の留意点 ほか) 第3編 財産評価編(財産評価基本通達第5項の意義とその具体的な適用例 財産評価基本通達第6項の意義と財産評価における『特別の事情』の存在(同族会社の株式評価における事例) 国外財産の評価を行う場合の留意点(財産の所在、評価方法、邦貨換算) ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
66

相続や贈与の基本知識と損をしないための準備を徹底解説!変わり続ける制度に完全対応した最新情報をわかり易く丁寧にまとめた1冊。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
66

相続税は過払いが8割

保手浜 洋介
かんき出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
65

相続税を払う奴はバカ!

大村 大次郎
ビジネス社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
65

完全図解版シリーズの第3弾! 今度は相続税対策が一目でカンタン丸わかり! 知らないと損する!小金持ちのための節税逃税法 遺留分制度、特別寄与料、小規模宅地等の特例など約40年ぶりに大きく改正された「相続法」の裏をかく。 令和3年度の税制改革大綱も網羅! 「逃がせ・隠せ・払わなくていい」知らず知らずのうちに相続税が発生する人急増中! 金持ちの税金ではない、実は身近な相続税の実態と節税方法を大公開! 大金持ちたちは莫大な資産を〝合法的に〟身内に譲渡している! 税務当局は大金持ちからなかなか相続税を取れないので、 課税対象を庶民に広げて、税収をあげようという魂胆なのである。 われわれ庶民からしてみれば、こんなにバカバカしいことはない。 第1章 知っておきたい相続税のキホン 第2章 小金持ちのための相続税対策 第3章 庶民は知らない大富豪の節税術 第4章 会社経営者の多様な逃税スキーム

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
65

手続や税務知識はもちろん、不動産特有の周辺知識も網羅! いわゆる「地主」や「不動産オーナー」と呼ばれる人々のなかには、自らの相続に備えて生前対策を行っている人もいれば、生前対策を行わないまま相続が発生してしまう人もいます。 多くの税理士にとって、地主・不動産オーナーの相続にまつわる相談を受けるのは、往々にして後者の「相続発生後」であるものです。 そもそも地主・不動産オーナーの相続実務は、取り扱う金額が高額になりがちであるほか、法律知識(民法、借地借家法、不動産登記法、宅建業法)や不動産知識(借地人との紛争解決、投資・運用)などの周辺知識も必要となるなど、特有のポイントが多いものです。 そこで本書は、現状で地主・不動産オーナーを顧問先としていない税理士が、新規にその相続実務を受任する際に押さえておきたい知識と実務を、網羅的に解説するものです。 不動産登記簿(登記事項証明書)など、税理士向け実務書には珍しい不動産資料の見方も掲載しています。 1章 初回相談時の注意点 1-1 ●不動産の形成過程の確認 1-2 ●初回相談時に必要な資料 1-3 ●最初に確認すべき事項 コラム キーマン 2章 全体像の把握 2-1 ●不動産・借入金一覧表の作成 2-2 ●不動産の所在図作成 コラム 土地と共に生きる 3章 期限管理 3-1 ●納税資金と納付方法の説明 3-2 ●期限が定められている手続 4章 必要資料の見方・収集方法 4-1 ●固定資産税納税通知書 コラム 行政コスト削減に向けて 4-2 ●名寄帳 4-3 ●固定資産評価証明書 4-4 ●登記事項証明書 コラム 登記事項証明書の見方は誰から教われば良いのか? 4-5 ●公  図 コラム 三角スケールの活用 4-6 ●地積測量図 4-7 ●インターネットでの資料収集 5章 相続手続の注意点 [遺言書] 5-1 ❶遺言書の存否確認 5-1 ❷遺言書と異なる遺産分割 5-1 ❸遺留分侵害額請求 コラム 不動産管理は大変 [遺産分割協議書] 5-2 ❶遺産分割協議への参加者 5-2 ❷説明資料の作成 5-2 ❸遺産分割の考え方(共有状態の回避) 5-2 ❹新たな遺産の発見に備えた記載方法 5-2 ❺2枚に分ける際の注意点 コラム ハンコ代の是非 [不動産の名義変更] 5-3 ❶相続登記の必要性 5-3 ❷未登記家屋の場合 5-3 ❸賃借人への連絡(振込先の変更) 5-3 ❹賃借人への連絡(借地人の買取希望の有無) 5-3 ❺貸宅地の土地賃貸借契約書がない場合 コラム 賃貸借契約書はプロに依頼する [資産・負債の名義変更] 5-4 ❶法定相続情報一覧図の作成 5-4 ❷遺族年金の受給要件 5-4 ❸銀行借入の引継者・保証人の選定 コラム 銀行の同意を得ていない遺産分割協議書 [その他の手続] 5-5 ❶家賃(消費税)の改定通知 5-5 ❷成年被後見人がいる場合 5-5 ❸相手方(相続人・賃借人)の所在が不明である場合 6章 今後の不動産運用方針 [貸宅地] 6-1 ❶貸宅地と借地権との関係 6-1 ❷売却・買取りの判断 コラム 底地買取業者への売却 6-1 ❸借地人・隣地所有者との良好な関係 コラム 江戸の敵を長崎で討たない 6-1 ❹借地権買取の資金繰り 6-1 ❺貸宅地と抵当権との関係 6-1 ❻国有地の時効取得・払下げ [賃貸不動産] 6-2 ❶賃貸物件ごとの収支確認の必要性 コラム 不動産会社が提案してくる収支見込・利回り計算 6-2 ❷高齢入居者が多い賃貸アパート 6-2 ❸朽廃建物の取壊時期 コラム 老朽化した賃貸アパートの立退交渉 6-2 ❹銀行借入金の条件見直し コラム 銀行への確定申告書提出 6-2 ❺供託金の受取り コラム 供託という名の兵糧攻め [売却] 6-3 ❶売却時の不動産業者の選定 コラム 仲介手数料の考え方 6-3 ❷売却物件の瑕疵・違法物件 6-3 ❸宅建業法違反の可能性 [不動産管理会社] 6-4 ❶不動産管理会社の仕組み 6-4 ❷継続・廃止の判断 7章 税務の注意点(相続税) [遺産分割と税務] 7-1 ❶早期の遺産分割の推進 7-1 ❷分割方法による税負担の違い 7-1 ❸二次相続における相続税負担の説明 7-1 ❹小規模宅地等の特例の対象地が多い場合 7-1 ❺遺留分侵害額請求があった場合 [配偶者居住権] 7-2 ❶配偶者居住権の検討 7-2 ❷配偶者居住権の節税効果 7-2 ❸配偶者居住権の消滅時の課税問題 7-2 ❹配偶者居住権を設定する際の判断基準 [土地評価] 7-3 ❶実際の地積 7-3 ❷地積規模の大きな宅地 7-3 ❸倍率地域の注意点 7-3 ❹不動産の購入時期・取得経緯の確認 7-3 ❺借地権の存否 コラム 使用貸借でも税務上の借地権がある場合 7-3 ❻貸家建付地の賃貸割合(賃貸アパート・貸家) 7-3 ❼駐車場(雑種地)の評価 [その他の財産評価] 7-4 ❶名義預金 コラム 名義預金に途中から気づいた場合 7-4 ❷未収家賃・前受家賃 7-4 ❸供託金 7-4 ❹リフォーム・修繕工事 コラム 固定資産税評価額の改訂依頼 [同族法人の株式評価] 7-5 ❶名義株式の確認 7-5 ❷借地権の評価方法 コラム 無償返還届出書を提出し忘れた場合 7-5 ❸土地保有特定会社への該当 7-5 ❹3年以内に購入・新築した不動産 7-5 ❺法人の資産形成時期・事業目的の確認 7-5 ❻仮決算・直前期末基準の選択 7-5 ❼死亡退職金の支給・受取り [債務控除] 7-6 ❶銀行借入金 7-6 ❷保証金・敷金 7-6 ❸葬式費用 コラム 資料収集方法の変遷 8章 税務の注意点(所得税) [不動産所得] 8-1 ❶被相続人の確定申告書の確認 8-1 ❷税務署への届出書提出 8-1 ❸事業的規模の確認 8-1 ❹保証金・敷金の年末残高の確認 8-1 ❺平均課税(臨時所得) 8-1 ❻租税公課(固定資産税) 8-1 ❼租税公課(登録免許税) 8-1 ❽租税公課(事業税) 8-1 ❾減価償却方法の選定 8-1 ❿修繕費 8-1 ⓫「65万円控除」と「10万円控除」との選択 コラム 償却資産税の申告 8-1 ⓬未分割期間における不動産所得の計算 [譲渡所得] 8-2 ❶所有期間の判定 8-2 ❷譲渡所得の計上年度の選択 8-2 ❸収入金額の計算 8-2 ❹取得費の計算(実額取得費と概算取得費の選択) 8-2 ❺取得費が不明な場合(土地等) 8-2 ❻取得費が不明な場合(建物) 8-2 ❼取得費が不明な場合(説明資料の作成) 8-2 ❽納税者に確認・説明すべき事項 8-2 ❾譲渡所得の特例(固定資産の交換) 9章 相続税の納税方法(延納・物納) 9-1 ●納税方法(金銭納付・延納・物納)の選択 コラム 手引き確認の重要性 9-2 ●「金銭納付を困難とする理由書」の書き方 コラム 「金銭納付を困難とする理由書」が最大の難関 9-3 ●貸宅地の物納 9-4 ●借地人に説明すべき事項 コラム 誰が物納手続を行うのか 9-5 ●物納が認められない場合の対応 9-6 ●物納申請中の期限管理 9-7 ●特定物納の申請 9-8 ●固定資産税の減免申請 コラム 確認書(同意書)の受領

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
65

はじめて相続について考える方から、具体的な手続きを知りたい方まで、状況にあわせて使える構成になっています。 最新の税制・制度に対応。はじめて相続について考える方から、具体的な手続きを知りたい方まで、状況にあわせて使える構成になっています。いつ、何をすればよいのかひと目でわかるとともに、届出書式の書き方と記入例も豊富に掲載しているので安心です。 第1部 相続手続き編< 1章 遺産相続の基本を知ろう 2章 相続の手続き 第2部 相続税編 3章 相続税の基礎知識 4章 相続財産の評価方法 5章 相続税の計算、申告・納付 第3部 生前対策編 6章 遺言 7章 節税対策

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
64

よくわかる相続2019年版

日本経済新聞出版社
日本経済新聞出版社

年間130万人以上が死亡する多死社会が到来。身近になった相続を、遺産分割や相続税の必須知識、信託の活用法など実践的に解説。 ◆史上空前の多死社会が到来! 2017年の死亡者数は134万人。年々増え続けており、史上空前の多死社会が到来しています。それにともない、相続に関係する遺族も増えており、誰もが相続問題に直面する時代になりました。2015年から相続税が大増税され、課税される人が倍増しており、相続税対策に関心を持つ人も急増しています。 ◆相続の基本から実践まで1冊で解説 本書は、相続に必要な知識を解説するムックとして好評を博している「よくわかる相続」の最新版。遺族間でもめないための遺産分割の方法や遺言書の書き方、相続税を減らすための節税策などを、ケーススタディを交えながら実践的に解説します。毎年のように改正される相続税制の最新情報も紹介し、近年、活用例が増えている家族信託についても詳しく取り上げます。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
64

相続税実務では頻出の小規模宅地等の特例は、適用要件が複雑で適用の可否が納税額に大きな影響を与えます。本書は平成30年度改正で厳格化された家なき親族・貸付事業用の改正を織り込み近年多様化する居住様式・所有区分などをパターン別に分け、206問のQ&Aにより、本特例の適用可否について分かり易く解説しています。 ● 改正のあらまし・制度の概要・特例の適用要件等について要点を押さえてフローチャート等を用いてコンパクトに解説 ● 平成30年度税制改正により、いわゆる家なし親族が取得する場合や特定貸付事業省宅地等についての適用要件の厳格化を受けて新たにQ&A事例を設けて解説 ● 平成30年度改正は経過措置が複雑なため、要点解説として重点的に解説 ● 平成30年7月の民法の一部改正により配偶者居住権が新設にともない考えられる小規模宅地等の特例への影響についてトピックスで解説 ● 頻度の高い基本的な事例から稀な事例までを網羅 ● 小規模宅地等の特例と遺産分割方法の関係について、対象宅地等の選択方法と配偶者の税額軽減との関係や二次相続を見据えた本特例の使い方について具体的事例をもとに解説 ● 小規模宅地等の特例に関する裁判例・裁決例を掲載 第1章 制度のあらまし ■Ⅰ■ 特例の概要 1 特例の適用要件等 (1) 特例対象宅地等の範囲 ◆特例のフローチャート (2) 特定居住用宅地等 ~要点解説~ 平成30年度税制改正(家なし親族の要件の見直し) ◆老人ホーム等に入所等した場合の適用関係フローチャート ◆居住用宅地等が複数ある場合の適用関係フローチャート ◆同居親族(配偶者は除く)に当たるか否かの判定のフローチャート (3) 貸付事業用宅地等 ◆貸付事業用宅地等の適用関係フローチャート ~要点解説~ 平成30年度税制改正(貸付事業用宅地等の要件の見直し) (4) 特定事業用宅地等 ◆被相続人等の事業の用に供されていた宅地等の範囲のフローチャート (5) 特定同族会社事業用宅地等 (6) 郵便局舎用宅地等 2 特例対象宅地等の選択 3 限度面積要件 4 特例対象宅地等の分割要件 (1) 原則 (2) 申告期限までに分割が未了の場合 「申告期限後3年以内の分割見込書」 (3) 申告期限後3年を経過する日までに分割できない場合 「遺産が未分割であることについてやむを得ない事由がある旨の承認申請書」 5 申告要件 6 申告書への具体的記載例 7 添付書類 (1) 特定居住用宅地等の場合 (2) 貸付事業用宅地等の場合 (3) 特定事業用宅地等の場合 (4) 特定同族会社事業用宅地等の場合 (5) 郵便局舎用宅地等の場合 8 併用禁止規定 (1) 相続時精算課税制度の特定同族株式等の贈与の特例を受けていた場合 (2) 特定物納の適用不可 ■Ⅱ■ 特例対象宅地等の具体的な範囲 1 特定居住用宅地等(措法69の4③二) A 被相続人の所有する建物等がある場合 B 被相続人と生計を一にする親族の所有する建物等がある場合 C 被相続人と生計を別にする親族の所有する建物等がある場合 D 被相続人及びその親族以外の者が所有する建物等がある場合 2 貸付事業用宅地等(措法69の4③四) A 被相続人の所有する建物等がある場合 B 被相続人と生計を一にする親族の所有する建物等がある場合 C 被相続人と生計を別にする親族の所有する建物等がある場合 D 被相続人及びその親族以外の者の所有する建物等がある場合 3 特定事業用宅地等(措法69の4③一) A 被相続人の所有する建物等がある場合 B 被相続人と生計を一にする親族の所有する建物等がある場合 C 被相続人と生計を別にする親族の所有する建物等がある場合 D 被相続人及びその親族以外の者の所有する建物等がある場合 4 特定同族会社事業用宅地等(措法69の4③三) A 被相続人の建物等があり、特定同族会社が建物等を借りて事業(貸付事業以外)を行っている場合 B 被相続人と生計を一にする親族の建物等があり、特定同族会社が建物等を借りて事業(貸付事業以外)を行っている場合 C 被相続人と生計を別にする親族の建物等があり、特定同族会社が建物等を借りて事業(貸付事業以外)を行っている場合 D 特定同族会社の所有する建物等があり、当該特定同族会社が事業(貸付事業以外)を行っている場合 5 総括 A 被相続人の所有する建物等がある場合 B 被相続人と生計を一にする親族の所有する建物等がある場合 C 被相続人と生計を別にする親族の所有する建物等がある場合 D 被相続人及びその親族以外の者の所有する建物等がある場合 6 郵便局舎用宅地等 A 被相続人の所有する建物がある場合 B 被相続人と生計を一にする相続人の所有する建物がある場合 C 被相続人と生計を別にする相続人の所有する建物がある場合 ■Ⅲ■ 特例の沿革 1 個別通達(昭和50年6月20日付直資5-17) 2 租税特別措置法に創設(昭和58年度改正) 3 昭和63年度改正 4 平成4年度改正 5 平成6年度改正 6 平成11年度改正 7 平成13年度改正 8 平成14年度改正 9 平成15年度改正 10 平成16年度改正 11 平成18年度改正 12 平成19年度改正 13 平成21年度改正 14 平成22年度改正 15 平成25年度改正 16 平成27年度改正 17 平成30年度改正 第2章 小規模宅地等の特例に関するQ&A 【共通事項】 1 3年内贈与・相続時精算課税により取得した場合 2 親族以外の者が遺贈により取得した場合 3 親族が遺贈により取得した場合 4 養子が遺贈により取得した場合 5 共有の場合の適用面積 6 借地と所有地を一体利用している敷地の場合 7 私道に対する特例の適用 8 海外に所在する宅地等の場合 9 土地の所在地と納税義務者と本特例の関係について 10 特例要件を満たしていない宅地等からの選択換え 11 特例要件を満たしている宅地等からの選択換え 12 遺留分減殺に伴う特例対象宅地等の選択換え 13 被相続人と生計を一にする親族 14 災害があった場合 15 複数の利用区分が存する場合の対象面積の計算方法 16 区分所有した場合の対象面積の計算方法 17 共有の場合の対象面積の計算方法 18 貸付事業用宅地等がある場合の限度面積 19 特定居住用宅地等と特定事業用等宅地等を選択する場合の限度面積 20 特例対象宅地等が申告期限までに分割ができない場合 21 特例対象宅地等が申告期限から3年以内に分割ができた場合 22 期限内に遺産分割協議を行ったが、申告が期限後となった場合 23 遺産分割協議と申告が期限後となった場合 24 特例対象宅地等が代償分割の対象となった場合 25 遺産分割が確定したが特例対象宅地等の選択合意ができない場合 26 特例対象宅地等の一部について分割ができず選択合意書が添付できない場合 27 遺産が未分割であることについてやむを得ない事由がある旨の承認申請書の提出期限 28 特例対象宅地等を物納する場合の収納価額 29 太陽光発電設備の敷地 30 太陽光発電設備用地の貸付け 【特定居住用宅地等】 ―基本編― (1) 被相続人所有の建物の場合 31 被相続人と配偶者が居住し、家なし親族が取得した場合 32 家なし親族が取得し、賃貸した場合 33 家なし親族が取得し、申告期限までに売却した場合 34 家なし親族が取得し、申告期限後に売却した場合 35 家なし親族が取得し、申告期限までに取り壊した場合 36 家なし親族が取得し、申告期限までに取り壊し、駐車場にした場合 37 被相続人が居住し、配偶者が取得した場合 38 被相続人が居住し、同居親族が取得した場合 39 被相続人が居住し、生計一親族が取得した場合 40 被相続人の居住用と生計一親族の居住用の選択 41 被相続人と弟が居住し、家なし親族が取得した場合 42 家なし親族のいとこに遺贈した場合 43 被相続人が居住し、生計別親族が取得した場合 44 配偶者が取得して転居した場合 45 生計一親族が居住し、配偶者が取得した場合 46 生計一親族が居住し、その者が取得した場合 47 生計一親族が居住し、家なし親族が取得した場合 48 生計別親族が居住し、配偶者が取得した場合 49 生計別親族が居住し、その者が取得した場合 50 居住用宅地が2ヶ所ある場合 (2) 生計一親族所有の建物の場合 51 被相続人が居住し、配偶者が取得した場合 52 被相続人が居住し、生計一親族が取得した場合 53 生計一親族が居住し、配偶者が取得した場合 54 生計一親族が居住し、その者が取得した場合 (3) 生計別親族所有の建物の場合 55 被相続人が居住し、配偶者が取得した場合 56 被相続人が居住し、生計別親族が取得した場合 57 生計別親族が居住し、その者が取得した場合 ―応用編― (1) 隣地に親族が居住していた場合 58 生計別親族で持家の場合 59 生計別親族で家なし親族の場合 60 生計一親族で持家の場合 61 生計一親族で家なし親族の場合 62 生計一親族と家なし親族が1/2ずつ相続した場合 63 生計一親族と家なし親族が分筆して相続した場合 (2) 二世帯住宅の場合 64 住宅内部で行き来ができる場合 65 配偶者が取得する場合(区分所有・生計別) 66 配偶者が取得する場合(区分所有・生計一親族あり) 67 配偶者がいるケースで子が取得する場合(区分所有・生計別) 68 配偶者がいるケースで子が取得する場合(区分所有・生計一) 69 生計別の子がいるケースで配偶者が取得する場合(区分所有なし・生計別) 70 配偶者がいるケースで子が取得する場合(区分所有なし・生計別) 71 配偶者がいるケースで子が取得する場合(区分所有なし・生計一) 72 生計一親族がいるケースで配偶者が取得する場合(区分所有なし・生計一) 73 配偶者がいるケースで子が取得する場合(共有・生計一) 74 配偶者がいない場合(区分所有・生計別) 75 配偶者がいない場合(区分所有・生計別・家なし親族) 76 配偶者がいない場合(区分所有・生計一) 77 配偶者がいない場合(区分所有・生計一・家なし親族) 78 配偶者がいない場合(区分所有なし) 79 3年以内に自己所有の二世帯家屋(区分所有なし)に被相続人と居住した場合 80 配偶者がいないケースで家なし親族が取得する場合(区分所有なし) 81 区分所有のマンションの場合(生計別) 82 区分所有していないマンションの場合(生計別) 83 被相続人と同じマンションに居住していた者がいる場合(区分所有・生計別) 84 1棟の建物の一部に居住している場合(生計別) 85 建物が区分所有されている場合の1棟の建物の範囲(区分所有・生計別) 86 自用地と貸家建付地がある場合の選択方法 87 建物が同族法人と区分所有されている場合 (3) 取得者が申告期限までに死亡した場合 88 配偶者が取得した後、申告期限までに死亡した場合 89 同居親族が取得した後、申告期限までに死亡した場合 90 家なし親族が取得した後、申告期限までに死亡した場合 91 生計一親族が取得した後、申告期限までに死亡した場合 92 未分割状態で申告期限までに死亡した者に取得させた場合 (4) 家なし親族の場合 93 同族会社の所有家屋に居住していた場合 94 いとこの主宰する会社の所有家屋に居住していた者 95 家屋を所有する子と同居する孫へ遺贈する場合 96 家屋を所有する子と別居する孫へ遺贈する場合(1) 97 家屋を所有する子と別居する孫へ遺贈する場合(2) 98 家屋を所有する子と別居する孫へ遺贈する場合(3) 99 3年以内に外国の所有家屋に居住していた者 100 家なし親族が平成30年4月1日以後に被相続人と同居した場合 101 3年以内に居住家屋の土地を所有していた者 102 所有する家屋を3年超、第三者へ賃貸していた場合 103 3年以内に自己所有家屋に被相続人と居住した場合 104 未分割の家屋と「有する家屋」の関係 (5) 入院中・老人ホーム等の場合 105 被相続人の入院により空家となっていた場合 106 被相続人が入院していた場合に配偶者が取得した場合 107 老人ホーム等への入所により空家となっていた場合 108 老人ホーム等入所時に要支援の認定を受けていない場合 109 老人ホーム等に入所していて要支援の認定申請中に相続が発生した場合 110 被相続人が老人ホーム等にいて配偶者が取得した場合 111 被相続人が老人ホーム等に入居した後も生計一親族が居住している場合 112 被相続人が老人ホーム等に入居し生計別となった親族が引き続き居住している場合 113 被相続人が老人ホーム等に入居し、同居していた親族が引っ越した場合 114 被相続人が老人ホーム等にいて直前の持家が二世帯住宅の場合 115 被相続人が持家から他へ転居後老人ホーム等に入所した場合 (6) その他 116 店舗兼居宅敷地で贈与税の特例を受けていた場合 117 被相続人が同族会社所有の建物に居住していた場合 118 居住用建物の建築中に相続が開始した場合 119 相続開始後に居住用建物の建替工事に着手した場合 120 配偶者と非同居親族が共有で取得した場合 121 非同居親族が建物を取得した場合 122 同居親族が建物を取得し、配偶者が土地を取得した場合 123 配偶者が建物を取得し、同居親族が土地を取得した場合 124 一時的に介護のために被相続人と同居していた場合 125 単身赴任中の相続人が取得した場合の同居判定 126 単身赴任中の相続人家族が期限まで居住しない場合 127 同居親族が申告期限までに海外転勤になった場合 128 庭先だけを相続した場合 ~トピックス~ 民法改正による配偶者居住権と小規模宅地等の特例 【貸付事業用宅地等】 ―基本編― 129 相続開始前3年以内に貸付事業の用に供された宅地等 130 貸付事業が事業的規模に該当しない宅地等 131 相続開始前3年以内に貸付事業を行った宅地等のみである場合 132 相続開始前3年を超えて貸付事業の用に供した宅地とそれ以外の貸付用宅地がある場合 133 相続開始前3年以内に貸付事業を相続した宅地 134 特定貸付事業が引き続き行われていない場合 135 生計一親族が3年以内に貸付事業の用に供した場合 136 相続開始3年以内に貸家を建て替えた場合 137 アパートの一部が空室となっている場合 138 被相続人の所有の土地・建物を生計一親族が取得した場合 139 被相続人の所有の土地・建物を生計別親族が取得した場合 140 生計一親族が貸付事業を行っている場合 141 貸付事業を行っている親族以外が取得した場合 142 借地人が相続人である土地を他の相続人が取得した場合 143 借地人が親族である土地を他の相続人が取得した場合 144 被相続人が親族に貸付けを行っている場合 145 賃貸建物とその敷地の取得者が異なる場合 ~トピックス~ 共有不動産の貸付の事業的規模判定について ―応用編― (1) 建替えがあった場合 146 貸家の建替中に相続が開始した場合 147 相続開始後に貸家を建て替えた場合 148 新規事業の建物の建築中に相続が開始した場合 149 建築中の建物の賃貸割合が建替前の賃貸割合と異なる場合 (2) その他 150 申告期限までに分割ができなかった場合 151 事業を承継した親族が申告期限までに死亡した場合 152 生前から事業を行っていた親族が申告期限までに死亡した場合 153 被相続人が行っていた貸付事業用宅地等の分割前に相続人が死亡している場合 154 生計一親族が行っていた貸付事業用宅地等の分割前に相続人が死亡している場合 【特定事業用宅地等】 ―基本編― 155 生計別親族所有の建物(使用貸借)を被相続人が事業の用に供していた場合(土地使用貸借) 156 生計別親族所有の建物(使用貸借)を被相続人が事業の用に供していた場合(土地賃貸借) 157 生計別親族が事業の用に供していた場合 158 事業専従者が取得した場合 159 時間貸立体駐車場 160 不動産貸付けを事業的規模で行っていた場合 161 耕作されている農地 162 農機具置場の敷地 ―応用編― (1) 厚生施設の敷地の場合 163 従業員宿舎の敷地 164 一部親族が使用している従業員宿舎の敷地 165 親族が使用している従業員宿舎の敷地 (2) 事業承継に関する問題 166 宅地等を取得した者に事業継続要件を満たさない者がいる場合 167 従業員が事業承継した場合 168 事業承継者と土地の取得者が異なる場合 169 生前から事業をしている生計一親族が土地を取得しない場合 170 弁護士業を引き継いだ場合 171 やむを得ず事業主となれない場合 172 事業を承継した親族が死亡しその相続人が事業承継できない場合 173 生前から事業を行っていた親族が死亡しその相続人が事業承継できない場合 (3) 転業があった場合 174 事業の一部を転業した場合 175 転業があった場合の判定 176 法人成りした場合 (4) 貸付・譲渡があった場合 177 宅地等の一部の譲渡があった場合 178 宅地等の一部の貸付けがあった場合 (5) 建替えがあった場合 179 相続開始後に事業用建物の建替工事に着手した場合 180 相続開始前に事業用建物の建替工事に着手していた場合 181 建替後の事業用建物(店舗兼貸家)の店舗部分が増加した場合 182 建替後の事業用建物(店舗兼貸家)の店舗部分が減少した場合 (6) その他 183 分割争いで申告期限までに事業の用に供せなかった場合 【特定同族会社事業用宅地等】 ―基本編― 184 同族会社に特例を適用することについて 185 被相続人が土地を会社に使用貸借している場合 186 持分の定めがある医療法人が使用している場合 187 持分の定めのない医療法人が使用している場合 188 株式保有者と宅地取得者が異なる場合 189 相続人の夫が法人の役員である場合 190 宅地等の持分を非役員の相続人が取得した場合 191 土地の取得者と建物の取得者が生計別の場合 ―応用編― (1) 不動産貸付との関係 192 会社が不動産貸付業をしている場合 193 会社が不動産管理業をしている場合 194 不動産業の会社が本社ビルとして使用していた場合 195 会社が不動産貸付業を兼業している場合 196 会社がビルの一部を賃貸している場合 (2) 厚生施設の敷地の場合 197 社宅を親族のみが使用している場合 198 役員社宅として使用している部分がある場合 (3) 建替えがあった場合 199 相続開始後に建替工事に着手した場合 200 建替工事に着手した建物の利用が従前と異なる場合 (4) その他 201 申告期限において会社が清算中の場合 202 通常の地代と相当の地代による貸付け 203 公益法人等が使用している土地 【郵便局舎用宅地等】 204 郵便局舎の敷地と本特例の適用関係 205 既に郵政民営化法第180条第1項の規定を受けたことがある宅地 206 郵便局舎の取得者とその敷地の取得者が異なる場合 第3章 小規模宅地等の特例の相続税額への影響 ■Ⅰ■ 対象宅地等の選択方法と配偶者の税額軽減 ■Ⅱ■ 遺産の分割方法による相続税額への影響 ■Ⅲ■ 第二次相続を考慮した有利な本特例の適用 ■Ⅳ■ 小規模宅地等の特例の活用例 第4章 小規模宅地等の特例に関する裁判例・裁決例 ●小規模宅地等に関する裁判例・裁決例一覧 ●小規模宅地等に関する裁判例・裁決例争点一覧 ●小規模宅地等に関する裁判例・裁決例要旨 巻末資料 ◆租税特別措置法第69条の4関係法令・通達一覧 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search