【2024年】「知的障害」のおすすめ 本 23選!人気ランキング

この記事では、「知的障害」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 障害のある子が将来にわたって受けられるサービスのすべて
  2. 自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界
  3. 知的障害のことがよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)
  4. 知的障害のある子といっしょに (バリアフリーの本―「障害」のある子も“みんないっしょに”)
  5. 凸凹あるかな? わたし、発達障害と生きてきました
  6. おとなの発達障害かもしれない! ? (コミックエッセイの森)
  7. 対話から始める 脱!強度行動障害
  8. 知的障害や発達障害のある人との コミュニケーションのトリセツ
  9. 知的障害の子どものできることを伸ばそう!
  10. フリースクールを考えたら最初に読む本
他13件
No.2
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
88

ひとりで悩まず不安を解消! どのように接して、むきあえばよいか。正しい知識から社会支援まで徹底解説する。 生まれてきた子どもに知的障害があると診断されたら……。その子が社会にでるためには多くの困難があります。知的障害がある子どもは、日常生活のささいなことができなかったり、いろいろな病気にかかりやすかったりします。本書では、子どもとどのように接すればよいか、どのような支援があるか、正しい知識から社会支援まで具体的に解説しています。ひとりで悩まず、一歩を踏み出すために役立つ一冊です。 ひと目でわかるイラスト図解 《講談社 健康ライブラリ-イラスト版》 【ひとりで悩まず不安を解消】 できることは何か、どう育てればよいか。 ひとりで悩まず、一歩を踏み出すために役立つ一冊。 正しい知識から社会支援まで徹底解説。 [まえがきより] 生まれてきた子どもに知的障害があると診断された場合、その子をどのようにして社会の一員として送りだせるかということが問題になります。しかし、社会にでるためには多くの困難があります。知的障害がある子どもは、日常生活のささいなことができなかったり、いろいろな病気にかかりやすかったりするからです。そのため、お父さんやお母さんは深く悩んでしまうのです。本書では、このように悩んでいるお父さんやお母さんのために、子どもとどのように接すればよいか、どのような支援があるかについて具体的に解説しています。 【本書のおもなポイント】 ●知的障害を判断する3つの基準 ●知的障害の原因の約8割が出生前に発生している ●特徴はことばが覚えられない、物事を記憶できない、動きがぎこちなく、細かい作業が苦手など ●障害は幼いころほど気づきにくい。定期的な「健診」が早期発見に ●子どもの基礎能力を養うための療育法 ●就学先を選ぶときの確認すべきポイント ●自立を助ける社会支援と地域サービスの利用のしかた ●差別やいじめ、将来について……不安を解消するQ&A 【本書のおもな内容】 理解度テスト 《1.知的障害への理解を深める》 知能の発達  知的障害とは  感覚  原因  合併症  特徴 《2.ひとりで悩まず、周囲の協力で不安を解消》 早期発見  検査  療法  相談機関 《3.子どもとむきあうために》 家族  環境  行動  ほめる  しかる  工夫  生活習慣  問題行動   《4.子どもをささえる社会制度》 施設  統合保育  学校  連携  就労  地域生活  保護者  自立支援制度  家族のケア 《5.心配・不安を解消するQ&A》 人権  遊び場  遺伝相談  病院  将来  苦情解決  兄弟姉妹  性教育 【理解度テスト】知的障害についてどこまで理解していますか? 《1.知的障害への理解を深める》 【知能の発達】勉強ができるかどうかだけが「知能」ではない 【知的障害とは】3つの基準で知的障害を判断する 【感覚】知的障害がある子どもは時間や数量の理解が苦手 【原因】原因の約8割が出生前に発生している/ 遺伝子的な原因で起こる知的障害 【合併症】知的障害にかかわる脳の障害・発達障害 【特徴】ことばがなかなか覚えられない/ 物事を記憶しておくことができない/ 動きがぎこちなく、細かい作業が苦手 《2.ひとりで悩まず、周囲の協力で不安を解消》 【早期発見】定期的な「健診」が早期発見のポイント 【検査】専門的な検査で子どもの状態を知ろう 【療法】薬物療法で子どもの生活を改善する/ 子どもの基礎能力を養うための療育/ 子どもの成長をうながす音楽療法 【相談機関】 《3.子どもとむきあうために》 【家族】家庭で協力して子育てを 【環境】まわりの環境次第で子どもの成長も変化 【行動】子どもの得意・不得意を見極める 【ほめる】ことばと身振りでわかりやすくほめよう 【しかる】ダメなことははっきりダメといおう 【工夫】選択肢を与えて、選択する判断力を養う 【生活習慣】身のまわりのことはひとりでさせる 【問題行動】気づかずに子どもの問題行動を増長させていることも 《4.子どもをささえる社会制度》 【施設】就学前に専門の施設で生活の基本を学ぶ 【統合保育】みんなと一緒に学ぶために 【学校】どこで学ぶかは子どもの力にあわせる 【連携】教師との連絡は頻繁に 【就労】卒業後の進路は、子どもの状態をみて考える 【地域生活】地域の中で自立した生活を 【保護者】将来をみすえて後見制度の利用を検討 【自立支援制度】利用者本人が決める援助の内容 【家族のケア】在宅サービスを利用して療育の負担を軽く/ 子育てにかかる経済的負担を軽く/ 家族の悩みを解消する場を 《5.心配・不安を解消するQ&A》 【人権】【遊び場】【遺伝相談】【病院】【将来】【苦情解決】【兄弟姉妹】【性教育】

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
83

発達障害を生きる

NHKスペシャル取材班
集英社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
77

<< 障害福祉の超入門! >> 障害者をとりまく問題から、障害者総合支援法や障害福祉サービス、その他関連制度の知識をわかりやすく解説しました。 ◆ 見てわかる!視覚的な理解を助ける図とイラスト 豊富な図とイラストで解説しているので、難しい内容もスッと理解できます。 ◆わかりやすい表現で簡潔に解説 1つ1つの項目を見開き2ページで解説。ここだけは押さえておきたいという内容に絞って、わかりやすさを追求しています。 ◆障害福祉にかかわるすべての方へ 障害福祉サービスの従事者や新人職員、ケアマネ等の相談援助職など、障害者支援にかかわるあらゆる人におすすめの入門書。 支援者だけでなく、障害のある人自身にも読みやすい内容です。 【主な目次】 第1章 障害者を支援する際、まず知っておきたいこと 第2章 障害者に関する法制度 第3章 障害者総合支援法 第4章 障害福祉サービスの使い方 第5章 障害福祉サービスの実践事例 第6章 障害者の生活を支える制度 【著者情報】 二本柳覚(にほんやなぎ・あきら) 京都文教大学臨床心理学部臨床心理学科・講師 修士(福祉マネジメント:日本福祉大学)。日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科卒業後、精神科医療機関等で勤務の後、高知県立大学社会福祉学部、日本福祉大学スーパービジョン研究センターを経て現職。専門は精神保健福祉、社会福祉専門職養成教育など。主な著書に「これならわかるスッキリ図解障害者総合支援法」「これならわかるスッキリ図解障害者差別解消法」「これならわかるスッキリ図解精神保健福祉制度のきほん」(いずれも翔泳社)がある。 第1章 障害者を支援する際、まず知っておきたいこと 第2章 障害者に関する法制度 第3章 障害者総合支援法 第4章 障害福祉サービスの使い方 第5章 障害者の生活を支える制度

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
80

移ろいがちな他人の評価が生きづらさを生み出す能力社会の実態を組織開発の視点でときほぐし、 他者とより良く生きる… 現職では「優秀」、前職では「使えないやつ」現象はなぜ生まれるの?移ろいがちな他人の評価が、生きづらさを生み出す能力社会。その実態を教育社会学と組織開発の視点でときほぐし、他者とより良く生きる方法を模索する 【発売たちまち重版!】 生きる力、リーダーシップ力、コミュ力… ◯◯力が、私たちを苦しめる。 組織の専門家が命をかけて探究した、他者と生きる知恵。 前職では「使えない」私が、現職では「優秀」に。 それって、本当に私の「能力」なの? 移ろいがちな他人の評価が、生きづらさを生み出す能力社会。 ガン闘病中の著者が、そのカラクリを教育社会学と組織開発の視点でときほぐし、 他者とより良く生きるあり方を模索する。 —朝日新聞「タイパ社会」特集ほかメディアで話題!————— 「能力論の新しい地平をひらいた、学術的にみても優れた本だと思います」 大学時代の師 苅谷剛彦さん(オックスフォード大学教授) 「『能力』にすがってしまうのは、 不確定な人生を少しでも確かだと思いたい、 私たち人間の弱さゆえなのでしょう」  執筆伴走 磯野真穂さん(人類学者) 「俺にケンカ売ってんの? 君いい度胸してるな」 ケンカするほど仲のいい先輩 山口周さん(独立研究者・著作家) 「自己否定しないで前に進んでいくことを大切にしてほしい」 女優・作家・歌手 中江有里さん(NHKラジオ第1「マイあさ!」より) 「人間の能力と適性は多様であり、それを数値化して比較すること自体が、一つの物語に過ぎない」 作家 佐藤優さん(毎日新聞2023年3月11日付読書面より) 「本書のメッセージが伝わったその先には、きっと今とは少し違う、もっと生きやすい社会が広がっていくはずだ」 代官山 蔦屋書店 人文コンシェルジュ 宮台由美子さん(集英社「yoi」より) 「『能力』は正当性をまとう。能力が足りないのは自己責任、必要な能力を獲得すべく精進しなくては……と追い立てられる日々に待ったをかけるのが本書だ」 日本経済新聞書評(2023年2月18日付朝刊読書面より) ———————————————————————— 職場や学校、家庭で抱えるモヤモヤを なかったことにしたくないすべての人へ 「行きすぎた能力社会じゃ、幼い子どもを残して死にきれない!」 ガン闘病中の著者が贈る、まさかのストーリー。 ——ときは、2037年。急降下した 上司の評価で病める息子を救うため、 死んだはずの母さんがやってきた!? 「人事部が客観性の根拠として、人材開発業界を頼っているわけだね。 ふむ、とすると、『能力』なんて幻とかなんとかうそぶきながら、それを飯のタネにしてきたのは、やはり母さん、あなたのいた業界じゃないか。」(本文より) 執筆に伴走した、磯野真穂さん(人類学者)も言葉を寄せる。 はじめに プロローグ 母さん、僕は仕事のできない、能力のないやつですか?  第1話 能力の乱高下 第2話 能力の化けの皮剝がし—教育社会学ことはじめ 第3話 不穏な「求める能力」—尖るのを止めた大学 第4話 能力の泥沼—誰も知らない本当の私 第5話 求ム、能力屋さん—人材開発業界の価値 第6話 爆売れ・リーダーシップ—「能力」が売れるカラクリ① 第7話 止まらぬ進化と深化—「能力」が売れるカラクリ② 第8話 問題はあなたのメンタル—能力開発の行き着く先 第9話 葛藤をなくさない—母から子へ エピローグ 母さん、ふつうでない私は幸せになれますか? 伴走者からの言葉 磯野真穂 おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search