【2023年】「エコー」のおすすめ 本 32選!人気ランキング

この記事では、「エコー」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 疾患と異常像がわかる! エコーの撮り方 完全マスター
  2. 腹部エコーのABC (日本医師会生涯教育シリーズ)
  3. 内科レジデントの鉄則 第3版
  4. 日超検 腹部超音波テキスト 第2版
  5. 当直ハンドブック Ver.2
  6. 解剖と正常像がわかる! エコーの撮り方 完全マスター
  7. 病棟指示と頻用薬の使い方 決定版〜持参薬対応や病棟でのマイナートラブル対処まで、意外と教わらない一生使える知識の詰め合わせ
  8. 「型」が身につくカルテの書き方
  9. レジデントのための これだけ輸液
  10. これから始める腹部エコー
他22件
No.2
92
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
92
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
82

日超検 腹部超音波テキスト 第2版

日本超音波検査学会
医歯薬出版

第1章 腹部超音波検査の進め方(超音波検査の基本 解剖学 ほか) 第2章 病状からみた超音波検査(急性腹症の超音波検査 臓器別の救急疾患 ほか) 第3章 各臓器別における超音波検査の進め方(肝臓の検査ポイント チェックポイント ほか) 第4章 造影超音波検査の進め方(原理 撮影モード ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
78

エコー初心者に向けたビジュアルテキスト 「見たらわかる。読めばもっとわかる」 エコー初心者のためのビジュアルテキスト。好評を博した『検査と技術』誌2013年増刊号に異常像を追加して単行本化。「解剖がわからない」「正常か異常か自信がない」という初心者のために、プローブの持ち方からすべての領域の正常像・シェーマ、解剖イラスト、さらに典型的な疾患の異常像とその特徴までを網羅。豊富なイラストとともにエキスパートが簡潔明瞭な解説でコツを伝授する。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
75

これから始める腹部エコー

八鍬 恒芳
メジカルビュー社

肝・胆・膵・脾・泌尿器領域・婦人科領域の腹部領域すべてを簡潔解説。解剖図+手元図+エコー画像で役立つ画像の描出法を教えます! 1 腹部エコーの基礎の基礎-まずは基礎知識を押さえよう(解剖 腹部エコーの種類と適応疾患 超音波の基礎 超音波機器の設定 プローブ走査の基本) 2 腹部エコーの実践教習-検査法の実際(肝臓・脾臓 胆嚢・胆管(胆道系) 膵臓 腎・副腎・膀胱・前立腺 子宮、卵巣)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
74

ベストセラーの初版を大幅にパワーアップ。DVDには、基本手技、症例の動画を収録。腹部エコー初心者、再入門者に最適の一冊。 ベストセラーの初版を大幅にパワーアップ。実地の検査に役立つことを目的に、イラストと丁寧な図解、演習問題「QandA」で平易に解説した。付属DVDには、走査の基本手技、症例などの豊富な動画を収録。腹部エコーの初心者、再入門者に最適の一冊。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
73

総論(チェックリスト・一般的なチェック項目 有所見の記載・肝臓超音波所見のポイント 胆嚢超音波所見のポイント 胆管超音波所見のポイント 膵臓超音波所見のポイント ほか) 各論(脂肪肝(軽度) 脂肪肝(中等度) 脂肪肝(高度) 脂肪肝(中等度) 不均一脂肪肝 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
73

これで、総胆管や膵臓が見えてくる!装置の各部の名称、プローブの握り方やゼリーの塗り方など、ごくごく当たり前の事から、検査のコツや陥りやすいミス、上達するヒントまで。研修医、消化器病非専門医、検査技師におすすめ! 1章 基本の基本-Q&A 2章 装置の使い方 3章 検査を行うにあたって 4章 プローブの走査法 5章 必要な正常解剖 6章 ルーチン検査 7章 検査の工夫とコツ 8章 セルフエコー検査の実際 9章 腹部エコー所見の書き方 10章 基本的な疾患のエコー画像

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
73

病気がみえる 〈vol.1〉 消化器

医療情報科学研究所
メディックメディア
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
72

検査値の読み方、異常値・パニック値の判断のコツを、臨床検査の専門医がわかりやすく解説しています。 ●専門医だから教えられる検査値の読み方、異常値・パニック値の判断のコツ ●ケーススタディ形式だから、ずらっと並んだ検査項目を関連づけて読み解くスキルが身につく ●全医療者向け。疾患の鑑別、薬の効果・副作用の判断、患者アセスメントの質が上がる 「ALTが高いから肝臓が悪そう」「BUNが高いから腎障害」…そんな通り一遍の見かたをしていませんか? 現場で必要なのは、複数の検査値を関連づけてとらえ、異常値のメカニズムから疾患を推測し、鑑別のためさらに必要な検査を考える、といった総合的な“検査力”です。  本書はそうした検査値の読み方、異常値・パニック値の判断のコツを、臨床検査の専門医がわかりやすく解説。検査項目を列挙して説明する従来型の本とは違った、臨床直結型の読み方が身につきます。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
72

腹部エコーでの診断力を高めたいすべての医師にお勧めする1冊!撮像の基本的な心構えからしっかり理解できます。 腹部エコーでの診断力を高めたいすべての医師にお勧めする1冊! 検査環境や画像保存、綺麗な画像を出すための画質調整など、撮像の基本的な心構えからしっかり理解できます。各論では、肝臓・胆道・膵臓において遭遇頻度の高い疾患を取りあげました。典型例のエコー像を示し、B-mode、ドプラ・造影超音波検査でのみえ方の特徴についてポイントを示しながら解説。より精度の高い診断・評価や治療の方針についても「次の一手」として説明しています。 1章の「腹部超音波スクリーニング検査の“みかた”」は、日本大学病院で実施されている25断面の腹部スクリーニング法に関する動画のおまけ付き。著者による実際の手技を映像で学べます! 1章:腹部超音波検査で正しい診断を下すための基礎知識 1 手の届く所 に超音波診断装置のある安心感 2 画像保存の重要性―異常なしは保存なし? 3 画質調整のポイント―綺麗な画像を出すには何を調節するのか? 4 救急外来での“みかた” 5 腹部超音波スクリーニング検査の“みかた” 6 超音波検査結果の“みかた” 2章:肝臓の”みかた” 1 総説:肝臓の“みかた” 2 急性肝障害の“Focus Point” 3 慢性肝障害の“Focus Point” 4 肝脂肪化の“Focus Point” 3章:肝腫瘤性病変の“みかた” 1 総説:肝腫瘤性病変の“みかた” A 良性疾患の“みかた” 1 肝嚢胞性疾患の“Focus Point” 2 肝膿瘍の“Focus Point” 3 限局性結節性過形成(FNH)の“Focus Point” 4 肝血管腫の“Focus Point” 5 血管筋脂肪腫の“Focus Point” 6 肝細胞腺腫の“Focus Point” B:悪性腫瘍の“みかた” 1 早期肝癌(20mm未満)の“Focus Point” 2 古典的肝癌(20mm以上)の“Focus Point” 3 肝細胞癌の肝内浸潤の“Focus Point” 4 肝細胞癌破裂の“Focus Point” 5 肝内胆管癌の“Focus Point” 6 混合型肝細胞癌の“Focus Point” 7 転移性肝腫瘍の“Focus Point” 4章:胆道疾患の“みかた” 1 総説:胆道の“みかた” 2 胆石症の“Focus Point” 3 急性胆囊炎の“Focus Point” 4 慢性胆嚢炎の“Focus Point” 5 胆囊ポリープの“Focus Point” 1)コレステロールポリープの“Focus Point” 2)胆嚢腺腫の“Focus Point” 6 胆囊腺筋腫症の“Focus Point” 7 胆囊癌の“Focus Point” 8 胆管癌の“Focus Point” 5章:膵疾患の“みかた” 1 総説:膵臓の“みかた” A:膵炎の“みかた” 1 急性膵炎の“Focus Point” 2 慢性膵炎の“Focus Point” 3 自己免疫性膵炎の“Focus Point” B:膵腫瘤性病変の“みかた” 1 膵囊胞性腫瘍の“みかた” 1)膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の“Focus Point” 2)粘液性嚢胞腫瘍(MCN)の“Focus Point” 3)漿液性嚢胞腫瘍(SCN)の“Focus Point” 2 膵充実性腫瘍の“みかた” 1)神経内分泌腫瘍(NET)の“Focus Point” 2)膵癌の“Focus Point” 3)solid pseudopapillary neoplasm(SPN)の“Focus Point”

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
72

研修医や臨床検査技師から好評を得ている「はじめての超音波検査」(2009年発行)の改訂版.腹部エコーや心エコーのみならず,泌尿器,血管,甲状腺,皮膚,整形外科領域等々,12にわたる領域のエコーについて,走査法や代表的な疾患の画像などエッセンスを1冊にまとめ,効率良く基本が身につく構成となっている.研修医や,臨床検査技師のテキストとしてはもちろん,日常診療にもっとエコーを活用したいと思われている医師の参考書としても,オススメの1冊. I 超音波検査の基礎  1 超音波の基本   Ⅰ 超音波検査の特徴   II 超音波診断装置の原理   III 代表的な超音波の物理特性   IV 超音波診断装置の検査モード   V ハーモニックイメージング   VI 超音波ビームのスキャン(走査)方式とプローブ   VII 分解能   VIII 超音波エラストグラフィ  2 超音波診断装置の調整   I モニタと外部出力機の調整   II Bモード画質の調整  3 アーチファクト   I 多重反射   II サイドローブ   III 鏡面現象   IV レンズ効果   V 音響陰影   VI 音響増強   VII 外側陰影   VIII カラードプラでのmotion artifact   IX カラードプラでのtwinkling artifact  4 ドプラ法   I ドプラの基礎   II カラードプラ法   III カラードプラの調整方法   IV パワードプラ法   V パワードプラの調整方法   VI パルスドプラ法   VII パルスドプラの調整方法   VIII 連続波ドプラ法   IX ワイドバンドドプラ法(Advanced Dynamic Flow:ADF)など   X SMI(Superb Microvascular Imaging)  5 造影超音波検査   I 経静脈性超音波造影剤ソナゾイドⓇの特徴   II 造影検査の前の準備   III ソナゾイドⓇを用いた造影超音波検査の観察のポイントと時相の定義   IV 造影超音波検査のコツとポイント   V 造影超音波の意義   VI 造影超音波検査の代表画像 II 消化器領域 A 肝臓  1 解剖  2 正常超音波像と基本走査   I 正常超音波像   II 基本走査  3 びまん性肝疾患  (1)急性肝炎  (2)慢性肝炎  (3)肝硬変  (4)脂肪肝  (5)うっ血肝  4 肝血管病変  (1)門脈血栓症  (2)門脈瘤  (3)肝内門脈肝静脈短絡症  5 限局性肝疾患  (1)肝囊胞  (2)胆管性過誤腫  (3)限局性結節性過形成  (4)肝血管腫  (5)肝膿瘍  (6)肝細胞癌  (7)肝内胆管癌(胆管細胞癌)  (8)転移性肝腫瘍 B 胆道(胆囊・胆管)  1 解剖  2 正常超音波像と基本走査   I 正常超音波像   II 基本走査  3 疾患各論  (1)胆囊結石症  (2)急性胆囊炎  (3)胆囊腺筋腫症  (4)胆囊ポリープ(コレステロールポリープ)  (5)胆囊癌  (6)胆管結石(肝内結石,総胆管結石)  (7)胆管癌 C 膵臓  1 解剖  2 正常超音波像と基本走査   I 正常超音波像   II 基本走査  3 疾患各論  (1)急性膵炎  (2)慢性膵炎  (3)自己免疫性膵炎  (4)腫瘤形成性膵炎  (5)膵囊胞(単純性囊胞)  (6)膵漿液性囊胞腫瘍  (7)膵粘液性囊胞腫瘍  (8)膵管内乳頭粘液性腫瘍  (9)膵神経内分泌腫瘍  (10)膵管癌 D 脾臓  1 解剖  2 正常超音波像と基本走査   I 正常超音波像   II 基本走査  3 疾患各論  (1)副脾  (2)脾腫  (3)脾動脈瘤  (4)脾静脈瘤  (5)脾梗塞  (6)脾囊胞  (7)脾リンパ管腫  (8)脾血管腫  (9)脾悪性リンパ腫  (10)転移性脾腫瘍 E 消化管  1 解剖  2 正常超音波像と基本走査   I 正常超音波像   II 基本走査  3 疾患各論  (1)胃・十二指腸潰瘍  (2)進行胃癌,進行食道癌  (3)虚血性大腸炎  (4)潰瘍性大腸炎  (5)感染性大腸炎  (6)クローン病  (7)薬剤性大腸炎  (8)急性大腸憩室炎  (9)急性虫垂炎  (10)進行大腸癌  (11)小腸疾患 III 循環器領域  1 解剖,生理  2 基本知識と基本走査   I 基本知識   II 基本走査:記録  3 基本的評価法   I 血管内ボリューム   II 左室サイズ,左室収縮能   III 左室肥大   IV 右室サイズ,右室収縮能   V 右室肥大   VI 左房サイズ   VII 左室拡張能   VIII 肺高血圧   IX 心膜液貯留の有無  4 虚血性心疾患  (1)急性心筋梗塞  (2)陳旧性心筋梗塞  5 心筋症  (1)肥大型心筋症  (2)拡張型心筋症  (3)心アミロイドーシス  (4)高血圧性心疾患  (5)孤立性左室心筋緻密化障害  6 弁膜症  (1)大動脈弁狭窄  (2)大動脈弁閉鎖不全  (3)僧帽弁狭窄  (4)僧帽弁閉鎖不全  (5)三尖弁閉鎖不全  7 先天性心疾患  (1)心房中隔欠損  (2)心室中隔欠損  8 感染・炎症性心疾患  (1)感染性心内膜炎  (2)心膜炎,心サルコイドーシス  9 右心疾患  (1)肺塞栓  (2)肺高血圧  10 心膜疾患  (1)心タンポナーデ5 IV 腹部大動脈と下大静脈  A 腹部大動脈  1 大動脈の解剖  2 正常超音波像と基本走査  3 疾患各論  (1)腹部大動脈瘤  (2)大動脈解離  B 下大静脈  1 解剖と超音波像  2 疾患各論    Budd-Chiari症候群,下大静脈血栓症,下大静脈腫瘍栓 V 泌尿器科領域 A 腎・腎盂・尿管  1 解剖  2 正常超音波像と基本走査  3 正常変異  4 馬蹄腎  5 重複腎盂  6 腫瘍性疾患  (1)腎細胞癌  (2)腎血管筋脂肪腫  (3)腎盂癌  (4)尿管癌  7 囊胞性疾患  (1)単純性腎囊胞  (2)傍腎盂囊胞,腎盂周囲囊胞  (3)多発性囊胞腎  8 腎尿管結石  9 腎膿瘍  10 水腎症 B 膀胱・前立腺  1 解剖  2 正常超音波像と基本走査  3 膀胱癌  4 膀胱結石  5 神経因性膀胱  6 前立腺肥大症 C 陰囊内容  1 解剖  2 正常超音波像と基本走査  3 精巣腫瘍  4 陰囊水腫,精索水腫  5 精巣炎,精巣上体炎 D 副腎  1 解剖  2 正常超音波像と基本走査  3 副腎皮質腺腫  4 褐色細胞腫  5 副腎癌,骨髄脂肪腫  6 転移性副腎腫瘍 VI 産婦人科領域  1 解剖   I 子宮   II 卵巣   III 卵管  2 正常超音波像と基本走査   I さまざまな走査法   II 基本走査  3 婦人科疾患各論  (1)子宮筋腫  (2)子宮腺筋症  (3)卵巣腫瘍(良性・悪性)  (4)成熟囊胞性奇形腫(類皮囊腫,皮様囊腫)  (5)子宮内膜症性囊胞  (6)胞状奇胎,子宮内膜ポリープ  (7)子宮内膜増殖症・子宮体癌,多囊胞性卵巣  4 妊娠時超音波   I 妊娠初期   II 妊娠中後期 VII 体表領域(甲状腺,副甲状腺,唾液腺,リンパ節)  1 解剖  2 正常超音波像と基本走査   I 正常超音波像   II 基本走査と各臓器の正常超音波像  3 疾患各論 A 甲状腺,副甲状腺,甲状腺周辺疾患  (1)バセドウ病  (2)橋本病(慢性甲状腺炎)  (3)腺腫様甲状腺腫,腺腫様結節  (4)甲状腺乳頭癌  (5)甲状腺濾胞癌  (6)頸部食道癌  (7) 食道憩室(咽頭頸部食道境界部 Zenker憩室)  (8) 副甲状腺腺腫 B 唾液腺疾患  (1) 多形腺腫  (2) ワルチン腫瘍  (3) 腺様嚢胞癌  (4) 唾液腺導管癌 C リンパ節疾患  (1) 癌のリンパ節転移  (2) 悪性リンパ腫 VIII 体表領域(乳腺)  1 乳房解剖  2 正常超音波像と基本走査   I 正常超音波像   II 基本走査  3 乳房造影超音波   I 乳房造影超音波の現状   II 造影超音波の方法   III 乳房造影超音波の画像所見  4 疾患各論  (1)浸潤性乳管癌(腺管形成型)  (2)浸潤性乳管癌(充実型)  (3)浸潤性乳管癌(硬性型)  (4)乳管内成分優位の浸潤性乳管癌  (5)非浸潤性乳管癌  (6)粘液癌  (7)線維腺腫,葉状腫瘍  (8)乳管内乳頭腫 IX 体表領域(頸動脈,末梢血管) A 血管エコーの基本   I プローブの選択と装置の設定   II Bモード法   III カラードプラ法   IV パルスドプラ法 B 頸動脈  1 解剖  2 正常超音波像と基本走査  3 超音波所見の評価法   I Bモード像による計測   II ドプラ法による計測  4 疾患各論  (1)頸動脈スクリーニング  (2)内頸動脈狭窄  (3)頸動脈解離  (4)鎖骨下動脈盗血症候群  (5)高安動脈炎 C 下肢動脈  1 解剖  2 正常超音波像と基本走査  3 疾患各論  (1)慢性閉塞性動脈硬化症  (2)動脈瘤(仮性動脈瘤)  (3)動静脈瘻 D 下肢静脈  1 解剖  2 正常超音波像と基本走査  3 疾患各論  (1)深部静脈血栓症  (2)静脈瘤 X 小児科領域  1 小児の超音波検査時の注意点  2 疾患各論  (1)肥厚性幽門狭窄症  (2)中腸軸捻転  (3)重複腸管囊胞,腸管重複症  (4)腸重積  (5)急性虫垂炎  (6)便秘  (7)リンパ管奇形(囊胞性リンパ管腫)  (8)胆道閉鎖症  (9)先天性胆道拡張症  (10)腎尿路奇形 XI 救急医学領域 A FASTとE-FAST  1 総論  2 正常超音波と基本画像   I 正常超音波像   II 基本走査  3 疾患各論  (1)外傷性出血  (2)外傷性気胸 B 気道超音波検査  1 正常超音波像と基本走査   I 正常超音波像   II 基本走査  2 挿管確認 XII 整形外科領域   I 総論:運動器超音波の基礎   II 運動器構成体の超音波画像 XIII 皮膚科領域  1 解剖  2 検査の工夫   I 検査機器の工夫   II 検査方法の工夫  3 正常超音波像と観察のポイント   I 正常超音波像   II 観察のポイント  4 疾患各論  (1)表皮囊腫  (2)外毛根鞘囊腫  (3)脂肪腫  (4)血管脂肪腫  (5)石灰化上皮腫(毛母腫)  (6)神経鞘腫  (7)異物肉芽腫  (8)海綿状血管腫(静脈奇形)  (9)手掌足底線維腫症  (10)悪性黒色腫  (11)転移性腫瘤 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
72

カテゴリーが十分に理解できず判定に迷っている医師・技師必携書。腹部エコーのスペシャリストが、各臓器の基本断面、描出のコツやピットフォール、間違いやすい症例や悩む症例を提示し、画像をもとにわかりやすく解説。持ち歩きに便利なポケットサイズ!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search