【2023年】「医療系」のおすすめ 本 100選!人気ランキング

この記事では、「医療系」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 使命と魂のリミット (角川文庫)
  2. 新装版 チーム・バチスタの栄光 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
  3. コウノドリ(1) (モーニング KC)
  4. ビターエンドロール(1) (アフタヌーンKC)
  5. 祈りのカルテ (角川文庫)
  6. イン・ザ・プール (文春文庫)
  7. アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり (1) (ゼノンコミックス)
  8. JIN-仁- 1 (集英社文庫(コミック版))
  9. リエゾン ーこどものこころ診療所ー(1) (モーニング KC)
  10. 神辺先生の当直ごはん 1 (BRIDGE COMICS)
他90件
No.1
100

心の限界に挑む、長編サスペンス! あの日なくしたものを取り戻すため私は命を賭ける――。心臓外科医を目指す夕紀は、誰にも言えないある目的を胸に秘めていた。それを果たすべき日、手術室を前代未聞の危機が襲う。大傑作長編サスペンス。 あの日なくしたものを取り戻すため私は命を賭ける――。心臓外科医を目指す夕紀は、誰にも言えないある目的を胸に秘めていた。それを果たすべき日、手術室を前代未聞の危機が襲う。大傑作長編サスペンス。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
88

彼女が瞳を閉じる理由 悪性の境界線 冷めない傷痕 シンデレラの吐息 胸に噓を秘めて エピローグ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
84

イン・ザ・プール 勃ちっ放し コンパニオン フレンズ いてもたっても

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
80

所得や家庭環境などにより、自らの健康を維持する最低限の条件が蝕まれる。命の格差とも言うべき「健康格差」の危機的な事態に迫る。 私たちは不健康・不摂生な人々に対して安易に「自己責任論」を振りかざしてしまいがちですが、現在ひそかに進行しているのは、所得や家庭環境などにより自らの健康を維持する最低限の条件すら蝕まれつつあるという異常事態です。まさに《命の格差》とも言うべき「健康格差」の危機的な実態に、NHKスペシャル取材班が総力を挙げて迫ります。 低所得の人の死亡率は、高所得の人のおよそ3倍―――。 「健康格差」は、健康に対する自己管理能力の低さが原因ではなく、生まれ育った家庭環境や地域、就いた職業や所得などが原因で生じた、病気のリスクや寿命など、私たち個人の健康状態に気づかぬうちに格差が生まれてしまうことを指します。  私たちは不健康・不摂生な人々に対して安易に「自己責任論」を振りかざしてしまいがちですが、現在ひそかに進行しているのは、所得や家庭環境などにより自らの健康を維持する最低限の条件すら蝕まれつつあるという異常事態です。まさに《寿命の格差》とも言うべき「健康格差」の危機的な実態に、NHKスペシャル取材班が総力を挙げて迫ります。 「健康格差」を放置していると、将来的に社会保障費が爆発的に増大していく。私たちが「健康格差」に無関心ではいられないのは、膨張する社会保障費への対策は喫緊の課題だからです。そして、私たちの誰もが健康を損なう事態になりかねないからです。    年金・雇用・介護・少子化など、NHKスペシャル取材班は様々なテーマを取り扱ってきましたが、「健康格差」はこれらのすべての根本に結びつく問題であることがわかりました。社会と健康の問題を深く考えるうえで必携の1冊です。 <目次> はじめに 第1章 すべての世代に迫る「健康格差」 第2章 秋田県男性が短命な「意外な理由」 第3章 イギリスの国家的対策と足立区の挑戦 第4章 「健康格差」解消の鍵は? 第5章 白熱討論! 「健康格差」は自己責任か 第6章 拡大する日本人の「命の格差」 おわりに はじめに 第1章 すべての世代に迫る「健康格差」 第2章 秋田県男性が短命な「意外な理由」 第3章 イギリスの国家的対策と足立区の挑戦 第4章 「健康格差」解消の鍵は? 第5章 白熱討論! 「健康格差」は自己責任か 第6章 拡大する日本人の「命の格差」 おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
80

砂の宮殿

久坂部 羊
KADOKAWA

「6,000万円ぐらい、命の値段としては高くもないだろう」 外科医の才所准一は、大阪で海外富裕層向けの自由診療クリニックを運営している。 抗がん剤・免疫療法の趙鳳在、放射線科の有本以知子、予防医学の小坂田卓という優秀な三人の理事とともに最先端のがん治療を提供し、順調に実績を重ねていたところ、久しぶりに訪ねてきた顧問が不審死を遂げる。 これは病死か事故か、それとも――。 高額な治療費への批判も止まず、クリニックに吹き荒れる逆風に、才所はどう立ち向かうのか。 富裕層向けの自由診療クリニックを共同経営する四人の医師。それぞれ優秀で仕事も順調、優雅な生活を送っていたが、久しぶりに恩師が訪ねてきた日、その恩師が不審死を遂げてしまう。事件か事故か、その真相とは。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
72

「なかなか死ねない時代」をどう生きるか  哲学の第一人者ですが、医療に対する関心も深く、鋭いです。本書は自らと家族の病気・医療体験を振り返りながら、日本の医療の歴史と現在を考察し、その問題点を指摘したものです。なかでも「死」の問題に視点をすえて、安楽死(尊厳死)、緩和医療、終末期鎮静、臓器移植などの問題について、家族や医者はどう関わるべきか、自殺・殺人との関係、最近のやまゆり園の大量殺害事件などを取り上げて具体的に論じます。さらに超高齢化社会をむかえて、日本の貴重な制度である「国民皆保険制度」をどうしたら護れるかにも提言します。「なかなか死ねない」時代、いまもっとも考えるべき課題に真正面から向かい合った書といえるでしょう。 〈死〉の臨床学 目次 序 章 日本の医療――純個人的な体験記 第一章 戦後の医療変革――患者側からの瞥見 第二章 日本の医療――国際比較のなかで 第三章 老いと死の諸相     一 老いと死の諸相     二 医療における死 第四章 死の援助 第五章 終末期鎮静 第六章 生きるに値する命 終 章 ささやかな、ささやかな提案 あとがき 事項索引 人名索引 装幀――加藤光太郎

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
72

「患者を助けたい!」は医者のエゴなのか?目からウロコの医療エンタメ! 離島の医療を学ぼうと、意気込んで「岡品記念病院」にやってきた研修医の新実一良。ところが先輩医師や看護師たちはどこかやる気がなく、患者が求めなければ重症でも治療を施そうとしない。反発心を抱いた一良は在宅医療やがん検診、認知症外来など積極的な医療を院長の岡品に提案するが、様々な問題が浮き彫りになっていき――。現代医療の問題点を通して、生とは何か、死とは何かを問いかける、著者渾身の医療エンタメ! 島民の健康向上に奔走する若き研修医・新実一良。「がん検診」「在宅医療」「認知症外来」など新たな施策を試みるも、意外な問題点が次々と明らかに……?!現代医療に一石を投じる著者渾身の医療エンタメ! Episode 1 赴任 Episode 2 臨終 Episode 3 自由 Episode 4 検診 Episode 5 青年 Episode 6 嫌煙 Episode 7 縮命 Episode 8 離任 解説 里見清一 

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
72

パート・バイトとしても人気の高い、医療事務の仕事の基本が「独学」でわかる本。医療・福祉系の事務の仕事をめざす学生のサブテキストしとしても最適。一度覚えてしまえば「一生使える専門知識」を誰でもわかる初心者レベルからやさしく解説。2年に1回変わる診療報酬の仕組みから始まり、診療報酬点数表の基本と診療報酬請求のしくみ・診療報酬明細書(レセプト)の書き方までがわかる1冊。実際の医療現場の仕事の仕組み・専門職種の仕事内容、また事務員としての患者応対のマナー・接遇の基本も初心者向けに解説しました。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
70

GREAT BREAKTHROUGHS 医学大事典

ロバート・スネッデン
ニュートンプレス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
70

この病院では、奇蹟が起きる。 栗原一止(いちと)は信州にある「24時間、365日対応」の病院で働く、29歳の内科医である。ここでは常に医師が不足している。専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を3日取れないことも日常茶飯事だ。妻・ハルに献身的に支えられ、経験豊富な看護師と、変わり者だが優秀な外科医の友人と助け合いながら、日々の診療をなんとかこなしている。 そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。最先端の医療を学ぶこともできる。だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。悩む一止の背中を押してくれたのは、死を目前に控えた高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。 第十回小学館文庫小説賞受賞作。2010年本屋大賞第2位。 【編集担当からのおすすめ情報】 50万部を突破した感動のベストセラー待望の文庫化! さらに映画化!櫻井翔さんと宮崎あおいさんが、 初の夫婦役で競演します。他豪華キャストで、 2011年8月27日、全国東宝系にて公開! 続編『神様のカルテ2』も大ヒット、シリーズ100万部突破! 栗原一止は信州にある「24時間、365日対応」の病院で働く29歳の内科医である。ここでは、専門ではない分野の診療をするのも、三日眠れないことも日常茶飯事だ。そんな栗原に母校の医局から誘いの声がかかる。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
70

神様のカルテ

夏川 草介
小学館

神の手を持つ医者はいないがこの病院では奇跡が起きる 栗原一止は信州の病院で働く、悲しむことが苦手な内科医である。ここでは常に医師が不足している。専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を3日取れないことも日常茶飯事だ。 そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。最先端の医療を学ぶこともできる。だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。 悩む一止の背中を押してくれたのは、高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。第十回小学館文庫小説賞受賞作。 【編集担当からのおすすめ情報】 第二弾『神様のカルテ2』は、9月末日発売! 第二弾は読み応えじゅうぶんの長編です。 第一弾より、100ページ増! 栗原一止は信州の私立病院で働く、悲しむことが苦手な内科医である。地域医療は厳しい。三日眠れないことも日常茶飯事だ。そんな栗原に母校の医局から誘いの声がかかる…。第十回小学館文庫小説賞受賞作。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
69

この医療活動は日本の底力だ。 簡易ベッドで埋め尽くされた待合室、廊下にあふれる被災者、家族の安否もわからないまま不眠不休の極限状態で働く医療従事者の姿――東日本大震災で災害医療の最前線となった石巻赤十字病院での全記録です。 約20万人が居住する石巻圏の医療施設がほぼ壊滅状態となり、唯一、水没を免れ、自家発電機を所有していたこの病院に人々が殺到。また、石巻市役所が浸水のため孤立、一時は300か所以上に膨れあがった避難所への医療提供やアセスメント(評価付け)も医師自らが担いました。結果的に救えない命も少なくはありませんでしたが、それを最小限に留める努力を、赤十字の組織力と機動力をもって全力で行ったこの病院の取り組みは、今後の災害医療のモデルケースになるともいわれています。 かつてない規模で行われた過酷なトリアージ、津波被害特有の“低体温症”患者への対応、避難所の劣悪な環境が引き起こした肺炎――石巻赤十字病院が体験した死闘の100日間を追い、そこで生まれた様々な人間ドラマと交差させながら描くノンフィクションです。 ロングセラー単行本を、増補(5年後の石巻赤十字病院・約1万8000字)して文庫化! 避難者・傷病人であふれるロビー、底をつく水・食料・医薬品、不眠不休の極限状態の中、命のとりでとなった病院スタッフたち。そのとき、地域病院は最前線の野戦病院と化した。ロングセラー単行本を増補して文庫化!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
69

医学史事典

日本医史学会
丸善出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
68

診療所外来のレセプト事務に必要なことだけを一冊に。どこに何を書くか・どこを確認するかの基本から、明細の内容を患者さんにどう説明するかまで、やさしいレッスンで学ぼう。レセプト事務がはじめての人も、一人事務職も、らくらくスキルアップ。2020改定反映版。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
68

「リハビリって、メスや薬じゃない、人が治すんだよ」。新米看護師玲子の悩みと奮闘、仲間や患者さんとつむぐ希望の物語。 「リハビリって、メスや薬じゃない、人が治すんだよ」 埼玉県のリハビリテーション病院で働く玲子はやる気に欠ける看護師3年目。新しく赴任してきた若い医師小塚太一に、「リハビリってどんな意味?」と問いかけられて答えられず──。医師と療法士と看護師と患者、チーム医療の中で成長していく玲子。 現役医師が描く、爽やかで新しい医療小説! <目次> 一章 人の手で直す 二章 一人分の自分 三章 弱い私の強い思い 四章 諦めても消えないもの 五章 視線の交差点 六章 誰かのせい、誰かのため 七章 情熱の理由 八章 過去と未来をつなぐ あとがき 装画:大庭賢哉

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
68

内科学総論/環境要因・中毒/老年医学/心身医学/症候学/治療学/感染症

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
68

コロナの時代の僕ら

パオロ・ジョルダーノ
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
67

練達の外科医・当麻の噂を聞きつけ、甦生記念病院には難しい患者たちが次々と訪れる。ある日、やせ衰えた患者を見かけて驚愕する当麻。それはかつての部下、江森京子の変わり果てた姿だった。死を目前にした京子に当麻は亡き妻の親友・富士子が勤めるホスピスへの転院を提案するが-。生と死の格闘に胸熱くなる命のドラマ、シリーズ最新刊。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
67

本試験の多数合格者を輩出した講師陣が開発したテキスト。別冊「点数早見表」「解答・解説」、DL特典「改訂内容ダイジェスト」付。 本書は、医療事務資格試験の最難関といわれる診療報酬請求事務能力認定試験で、多数合格者を輩出した講師陣が開発したテキストです。 第1章は、過去問題を分析し、豊富な図表、演習問題などでポイント解説です。第2章は、実際のレセプト作成問題とオリジナル問題を通じた実技試験問題対策です。第3章は、各分野の過去問題を出題頻度順に並べ、学習効率を高めた学科試験対策で、腕試しとして第53回認定試験も収録しています。 切り離せる別冊には、「診療報酬点数早見表」と演習問題の「解答・解説」を収録しています。さらに、本年度の改訂内容ダイジェストのダウンロード特典により、効率的に学習できます。 本試験の多数合格者を輩出した講師陣が開発したテキスト。別冊「点数早見表」「解答・解説」、DL特典「改訂内容ダイジェスト」付。 ①試験の概要について ②試験の全体的な傾向について 第1章 実技・学科試験のポイント解説 医療関連法規等/基本診療料①②/特掲診療料①~⑨ 第2章 レセプト作成(実技試験問題)演習  実技試験受験のポイント 外来レセプト作成のポイント  外来レセプト作成演習  入院レセプト作成のポイント  入院レセプト作成演習 第3章 文章問題(学科試験問題)演習 学科試験受験のポイント  医療関連法規等/基本診療料①②/特掲診療料①~⑨  学科試験問題演習

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
67

私たちを待ち受けているのは、いかなる世界なのか。コロナ後を生き抜く指針を、二四名が提言。 新型コロナのパンデミックをうけて、私たちはどのような時代に突入するのか。私たちを待ち受けているのは、いかなる世界なのか。コロナ禍によって照らしだされた社会の現実、その深層にある課題など、いま何を考えるべきなのか。コロナ後の世界を生き抜くための指針を、各界の第一人者二四名が提言する緊急出版企画。 編者の言葉 Ⅰ 危機の時代を見据える  藤原辰史 ◆ パンデミックを生きる指針——歴史研究のアプローチ  北原和夫 ◆ 教育と学術の在り方の再考を  高山義浩 ◆ 新型コロナウイルスとの共存——感染症に強い社会へ  黒木登志夫 ◆ 日本版CDCに必要なこと  村上陽一郎 ◆ COVID—19から学べること Ⅱ パンデミックに向き合う  飯島 渉 ◆ ロックダウンの下での「小さな歴史」  ヤマザキマリ ◆ 我々を試問するパンデミック  多和田葉子 ◆ ドイツの事情  ロバート キャンベル ◆ 「ウィズ」から捉える世界  根本美作子 ◆ 近さと遠さと新型コロナウイルス Ⅲ コロナ禍と日本社会  御厨 貴 ◆ コロナが日本政治に投げかけたもの  阿部 彩 ◆ 緊急事態と平時で異なる対応するのはやめよ  秋山正子 ◆ 訪問看護と相談の現場から  山口 香 ◆ スポーツ、五輪は、どう変わるのか  隈 研吾 ◆ コロナの後の都市と建築 Ⅳ コロナ禍のその先へ  最上敏樹 ◆ 世界隔離を終えるとき  出口治明 ◆ 人類史から考える  末木文美士 ◆ 終末論と希望  石井美保 ◆ センザンコウの警告  酒井隆史 ◆ 「危機のなかにこそ亀裂をみいだし、集団的な生の様式について深く考えてみなければならない」  杉田 敦 ◆ コロナと権力  藻谷浩介 ◆ 新型コロナウイルスで変わらないもの・変わるもの  内橋克人 ◆ コロナ後の新たな社会像を求めて  マーガレット・アトウッド ◆ 堀を飛び越える

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
67

経営難に苦しむ総合病院に、ある夜、「飛びこみ出産」の妊婦がやってきた。当直の外科医・健吾による帝王切開手術の甲斐なく、妊婦は急死。身元のわからない新生児が病院に残された。直後、手術に立ち会った看護師長・春日井と、健吾の恋人でもある看護師・瑤子が、謎の男に「妊婦のことは口外するな」と脅され、数日後、健吾は院長から、この夜の出来事を理由に病院を辞めるよう言い渡される-。妊婦は何者なのか?なぜ死んだのか?脅しに来た男は誰なのか?新生児は誰の子か?なぜ、病院を辞めなければならないのか?様々な疑問を抱える健吾は、「出産」にまつわるひとつの"真相"にいきあたるが…。傑作医療ミステリ。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
67

全問題・全解説を2020年4月現在の診療報酬・医療保険制度に準拠させた最新版!! ★知識や能力を身に付けるには問題を解くことが最短コースです。実際に問題を解くことで,何をどう調べ,いかに読み解き,どう対応するか――という基本フォームが確立できます。そして実はその基本フォームこそが,試験や実務において最も大切なことです。 ★これから医療事務・診療報酬算定を学ぼうとする方,これから医療機関で医療事務のお仕事を始められる方,あるいは始められたばかりの方――にとって本書は,自分の基本フォームを身に付け,その実力を伸ばすための絶好の実践問題集です! ★本書は,「全国医療福祉教育協会」主催の「医療事務2級・医療秘書2級・医療事務OA・医師事務作業補助・電子カルテ実務能力認定試験」の最新の過去問題と,その解答・解説で構成されています。医療事務のファーストステップとも言える本試験の受験者にとって必読の問題集です! ★また本試験は,医療事務試験の最難関――(財)日本医療保険事務協会主催の「診療報酬請求事務能力認定試験」と構成と出題範囲が共通しているので,同試験の前哨試験として,そのための実戦模擬試験として,まずは本書に取り組まれることをお勧めします。 ★病医院の新人職員の研修テキストとして,職員のレベルアップを図る院内試験として,個人の実力試しと自習教材としても広く活用できます。本書1冊丸ごと解くことで,自分でも気付かないうちに,多くの知識と能力が自分のものになっているはずです!! 全問題・全解説を2020年4月現在の診療報酬・医療保険制度に準拠させた最新版!! 全国医療福祉教育協会「実務能力認定試験」医療事務2級・医療秘書2級・医療事務OA・医師事務作業補助・電子カルテの最新の過去問題(2回分)の解答・解説を収録

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
67

あの病気はいつ治る? 本当の健康って何? 医療未来学の第一人者が描く、病気と医療、健康にまつわる近未来予想図。 医療未来学の第一人者が描く、病気と医療の未来予想図、そして健康にまつわる新常識 2025年 初の本格的認知症薬誕生 2025年 病院へのフリーアクセス廃止 2030年 AI診察が主流に 2030年 感染症の脅威から解放 2032年 安楽死法制定 2035年 ほとんどのがんが治癒可能に 2040年 神経難病克服 2040年 糖尿病解決 ★イノベーションで変わる医療 ・人間不要! 診察の主役はAIドクターに ・効く理由はわからなくてもOK! ビッグデータ創薬 ・不整脈も血糖値もうつ病も、スマホでかんたん測定 ・非医療系企業も続々参入! 医療ビジネスは巨大市場に ★健康にまつわる新常識 ・医者と患者で「治る」の意味が違う? ・自前の臓器は「節約」が得策 ・60代からは小太りが健康長寿の秘訣 ・おススメはゆるい運動 ★日本のガラパゴス医療が生き残る道 ・日本は世界の「二番手」でいるのが巧みなやり方 ・日本のお手本は「医療情報管理先進国」エストニア ・外国人観光客への医療提供を本気で考える時期に ・日本流「おもてなし」クラウドで世界へ はじめに 1 未来の医療ロードマップ (1) 未来の病気年表 (2) イノベーションが変える医療の体制 2 病と健康をめぐる常識/非常識 (3) 本当の「健康」って何? (4) 日本人の貧しい医療リテラシー 3 ガラパゴスな日本の医療と世界のスタンダード (5) ガラパゴスな日本の医療 (6) これが医療の世界標準 おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
67

令和3年に改訂された診療報酬に対応! 本書では、診療報酬請求事務を、図や表を使いながら、改訂された最新の内容にもとづいて、わかりやすく解説しました。また、いくつかのケースごとにレセプトを作成する手順もていねいに解説しました。オールカラー「レセプト作成早見表」と模試問題と解答解説を、別冊で用意しました。 第1章 医療保険制度の基礎知識 第2章 基本診療料 第3章 特掲診療料 第4章 レセプトの作成 【別冊1】オールカラー レセプト早見表 【別冊2】過去10回の出題傾向 模擬試験(3時間トライアル)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
67

終末期医療への独自の取り組みの現場から,現代社会における医学・医療のあり方を根源的に問い直す. どんなに医学が進んでも,人の生と死は決して意のままにはならない.終末期医療の現場で病と死を見つめてきた医師の模索と,社会思想史の視角からの医学・医療への問いが交錯するところに生まれる,型破りな「医学概論」. はじめに 第一部 講義 Ⅰ 二つの授業  第一節 問題意識とその背景   「線」の時代/子どもの頃/故郷で医師に  第二節 生物の授業   生命の起源/解剖実習/がん告知のパラドックス/問い自体を疑う  第三節 「いのち」の現場へ   死を見つめる/二つの感情労働/安楽死ととまどい/向光性と向地性/無意味な「いのち」の意味  第四節 国語の授業   ハンセン病との出会い/長島愛生園を訪問/アンケートのなかの相反する感情/ハンセン病の根本問題/コスモスとカオス Ⅱ 臨床は汽水域  第一節 不定形の日々   青竹の担架/目の前の具体/息づかいを診る/悠久の空  第二節 死を見つめる   抱えられた死/身体の反乱/受容と従容/臨床の定置網化/臨床の作法  第三節 臨床の論理   ネガティブ・ケイパビリティ/カンファレンスとオープン・ダイアローグ/死とユーモア/白魚のような手/手の役割,足の役割/死より歯  第四節 定置網を破る   臨床の小競り合い/背中で死を感じ取る/道ができている場所では Ⅲ ぼくの医学概論  第一節 過誤に学ぶ   殺すな/戦場化する身体/思いがけないこと/許された過誤  第二節 ケアとしての医療   ケアに出会う/医療者への否定/障害に出会う,生活に出会う  第三節 医療を見直す視点   「今このとき」/ゴリラ・スポーツ・演劇・写真/臨床を支える和語たち  第四節 カオスのなかで   素手社会と手袋社会/機器の進歩/ベッドサイドの「真実」 第二部 往復書簡 Ⅰ ハンセン病について  往信Ⅰ 高草木光一より徳永進へ   善意の陥穽/『愛の風景』と〈The Best Intentions〉/善意の対立,善意の否定/「鼻がもし穴だけだったら」/神谷美恵子の善意/徳永進と「交流(むすび)の家」/徳永進の強制隔離政策批判/強制隔離政策への視点/「故郷」を創造する想像力  返信Ⅰ 徳永進より高草木光一へ   藤本としさんのこと/島田等さん,山本肇さん/無癩県運動と故郷/不在の家族/『隔離』刊行後/滝田十和男をめぐる縁/神谷美恵子について/ハンセン病の学び Ⅱ ホスピスについて  往信Ⅱ 高草木光一より徳永進へ   謎/ホスピス導入期のアンビヴァレント/ホスピスと貧困・差別/ホスピスとコミュニティ/「演技としての看護」と「第二感情労働」/ホスピスとスピリチュアルペイン/魂の治療/CTの謎・再び  返信Ⅱ 徳永進より高草木光一へ   ホスピスという言葉/ナロードニキと共同体/「CTの謎」を解く/身体所見と主訴/生活臨床としてのケア/ケアとキュア/文化運動としての在宅ホスピス/三つのC/「話,違うじゃん」の世界/being Ⅲ 医療文化について  往信Ⅲ 高草木光一より徳永進へ   摘便の技術/富士見産婦人科病院事件/医師―患者関係/川崎協同病院事件/徳永進のアナーキズム/岡村昭彦と治療共同体/「臨床の知」の射程/鶴見俊輔のほうへ  返信Ⅲ 徳永進より高草木光一へ   摘便について/早川一光先生,若月俊一先生/川崎協同病院事件のこと/セデーションと安楽死/治療共同体への遠い道/岡田兵衛の夢/「臨床の知」と罪悪感/鶴見俊輔の教え/死の文化 文献案内

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
67

熊本県A市の日野誠一郎は聖徳会日野病院の医師で、泌尿器科の部長をしている。ある日、日野医師は、A警察より、任意の取り調べを受ける。容疑は、「臓器売買」の疑いだった。日頃、日野医師は、人工透析患者を担当し、日本における「臓器移植」の困難に直面していた。手をこまねいて、死を待つばかりの患者に、日野医師は、レストア・キッドニ(修復腎)、がん患者から摘出した腎臓の移植手術を何度か行っていた。テレビ制作会社のディレクターの沼崎恭太は、事件の裏に陰謀の匂いを感じ、アジアでの「臓器売買」の実態を調べるため、上海に飛んだ-。「臓器移植」をめぐる医療サスペンスの傑作。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
66

雨野隆治は25歳、大学を卒業したばかりの研 修医だ。新人医師の毎日は、何もできず何もわ からず、上司や先輩に怒られてばかり。だが、 患者さんは待ったなしで押し寄せる。初めて の救急当直、初めての手術、初めてのお看取 り。自分の無力さに打ちのめされながら、ガ ムシャラに命と向き合い成長していく姿を、 現役外科医が圧倒的なリアリティで描く。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
66

プロローグ 島の流行が語ること 第一章 文明は感染症の「ゆりかご」であった  1 狩猟採集社会の感染症  2 疫学的転換 第二章 歴史の中の感染症  1 古代文明の勃興  2 ユーラシア大陸における疾病交換   ◆コラム1 文明の生態史観 第三章 近代世界システムと感染症――旧世界と新世界の遭遇   ◆コラム2 伊谷純一郎最晩年の講義 第四章 生態学から見た近代医学  1 帝国医療と植民地医学  2 「感染症の教科書を閉じるときがきた」   ◆コラム3 野口英世と井戸泰 第五章 「開発」と感染症   ◆コラム4 ツタンカーメン王と鎌状赤血球貧血症 第六章 姿を消した感染症  1 姿を消した感染症  2 新たに出現した感染症  3 ウイルスはどこへ行ったのか エピローグ 共生への道 付録 麻疹流行の数理 あとがきに代えて 参考文献

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
66

ホテルの講演会場に仕掛けられた爆弾が、壇上の救命医・若林の命を奪った。怨恨の線で捜査に乗り出した大阪府警捜査一課の岸謙太は、死の間際に若林が自らの救命を拒否する指示を出していたことを知る。難事件が浮き上がらせる、緊急医療現場の苦悶。犯人の動機は。医療トリアージ=命の選別を問う骨太警察ドラマ。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
66

あなたの余命は半年です-ある病院で、医者・桐子は患者にそう告げた。死神と呼ばれる彼は、「死」を受け入れ、残りの日々を大切に生きる道もあると説く。だが、副医院長・福原は奇跡を信じ最後まで「生」を諦めない。対立する二人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは?究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか?それぞれの生き様を通して描かれる、眩いほどの人生の光。息を呑む衝撃と感動の医療ドラマ誕生!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
66

軍事研究には携わるべきではない、というのは科学倫理の重要テーマである。歴史考察からAI兵器まで若き科学者に向けた書き下ろし。 「科学倫理の書だけでは決定的に欠けているテーマがあった。科学者および技術者が軍事研究に手を染め、戦争で人間を効率的に殺戮するための手段の開発研究に深入りしている問題で、これこそ問われるべき科学者・技術者の倫理問題と言えるはずである。…本書はおそらく〈科学者は軍事研究に手を染めるべきではない〉と主張する最初の本になると思っている」 グローバル化が喧伝され、生き残るために倫理を置き去りにすることを当然としかねない現代、企業は儲けのために手抜きや不作為が常態化して安全性が二の次になり、政治は軍拡路線を拡大して貧富の格差の拡大を放置し、科学者の多くは研究費欲しさに軍事研究に励み、人々はお任せ民主主義になれてしまい、長期的な視点を失っている。このような時代にあって、著者は科学者の責任として、本書を書き下ろした。 第一次世界大戦、ナチス期の科学者や日本の戦時動員体制から、安倍内閣による「防衛装備庁の安全保障技術研究推進制度」の詳細、大学や科学者コミュニティの実際、AI兵器・ゲノム編集、デュアルユース(軍民両用技術)のあり方まで。若き科学者に向けて普遍的かつ喫緊なテーマの全体像をはじめて記す。 序章 新しい科学者倫理の構築のために 第1章 科学者と戦争 科学者個人の戦争協力 第一次世界大戦における戦争協力 第二次世界大戦における軍事開発 三つの軍事革命 第2章 軍事研究をめぐる科学者の常套句 「戦時には愛国者になれ」 「もうこれで戦争は起こらない」 「より人道的な兵器の開発である」 「軍事研究は科学の発展に寄与する」 「戦争(軍事研究)は発明の母である」 「いずれ民生に活用されて役に立つ」 「みんながやっているのだから」 「作った自分に責任はなく、使った軍が悪い」 「悪法も法である」   第3章 非戦・軍縮の思想 「国際人道法」による戦争の抑制 第二次世界大戦後に結ばれた条約 核実験・核兵器の禁止 平和のための国際組織 日本学術会議の決議・声明 第4章 安全保障技術研究推進制度の概要と問題点 「推進制度」の概要 募集する研究テーマ 公募要領の大きな変更 知的財産の帰属について 研究終了後の関係について まとめ 第5章 軍事研究に対する科学者の反応 日本学術会議の声明 「報告」の論点――研究の公開性について 「報告」の論点――研究資金のあり方について 科学者の許容論(1)――「デュアルユースである」 科学者の許容論(2)――「学問の自由がある」 科学者の許容論(3)――「じっくり研究に打ち込みたいのだが……」 科学者の許容論(4)――「自衛のためならかまわない」 倫理規範に対する反論 第6章 やはり、科学者は軍事研究に手を染めてはならない プロフェッションとしての科学者・技術者 大学が社会から負託されている役割 終章 現代のパラドックス あとがき 参考にした文献 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
66

職業人としての科学者が誕生した19世紀前半以降の科学史をひも解くことで、科学がいかに変質し、その中で研究者の規範がどう変化したかを解明。〈科学批判〉を通して、暴走する科学へ警鐘を鳴らす。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
66

はじめに──科学者が人間であること Ⅰ 「生きものである」ことを忘れた人間  1 「生きものである」とはどういうことか  2 「ヒト」の特徴を考える  3 近代文明とは何だったか──「生命」の視点から Ⅱ 「専門家」を問う──社会とどう関わるか  1 大森荘蔵が描く「近代」  2 専門家のありようを見直す  3 社会に対する「表現」  4 生活者として、思想家としての科学者 Ⅲ 「機械論」から「生命論」へ──「重ね描き」の提案  1 近代科学がはらむ問題  2 「密画化」による「死物化」  3 「重ね描き」という方法  4 自然は生きている  5 「知る」ことと「わかる」こと Ⅳ 「重ね描き」の実践にむけて──日本人の自然観から  1 日本人の自然観  2 「重ね描き」の先達、宮沢賢治  3 「南方曼陀羅」と複雑系の科学  4 重ね描きの普遍性 Ⅴ 新しい知への道──人間である科学者がつくる  1 生命科学の誕生  2 アメリカ型ライフサイエンスの問題点  3 何を変えていくか  4 生命誌研究館の二〇年とこれから おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
66

科学を毛嫌いする反知性主義も、過度に信奉する専門家も、真に科学的であることはできない。科学の意味を問い直す「新しい科学論」。 科学を毛嫌いする反知性主義も、過度に信奉する権威的専門家主義も、真に科学的であることはできない。科学の意味を問い直す「新しい科学論」。 専門家だけに任せるのは間違っている! 私たちは科学技術とどう付き合えばいいのか? 科学における「事実」とはなにか? 「普遍的な知識の体系」である科学だが、「いつでもどこでも正しい」わけではない。 なぜか? どう考えればいいのか? 科学を毛嫌いする反知性主義も、過度に信奉する権威的専門家主義も、真に科学的であることはできない。 日本の科学技術力はなぜ衰退しているのか? 疑似科学信仰はなぜ拡大するのか? 研究不正を個人の責任にできない理由とは? 科学の意味を問い直す、「新しい科学論」。 【もくじ】 はじめに──新しい科学論が必要な理由 第1章 「なぜ」「どのように」科学について語るのか? 第2章 科学の事実と日常の事実──科学技術の方法論 第3章 科学技術は誰のものか──(1)近代科学の誕生以前は 第4章 科学技術は誰のものか──(2)「科学のあり方」が変質していくなかで 第5章 科学知と生活知──科学技術の飼い慣らし方・理論編 第6章 「二正面作戦」を戦い抜くために──科学技術の飼い慣らし方・実践編 第7章 「今」「ここ」で科学技術を考えること 終章──科学技術を生態系として見る はじめに──新しい科学論が必要な理由 第1章 「なぜ」「どのように」科学について語るのか? 第2章 科学の事実と日常の事実──科学技術の方法論 第3章 科学技術は誰のものか──(1)近代科学の誕生以前は 第4章 科学技術は誰のものか──(2)「科学のあり方」が変質していくなかで 第5章 科学知と生活知──科学技術の飼い慣らし方・理論編 第6章 「二正面作戦」を戦い抜くために──科学技術の飼い慣らし方・実践編 第7章 「今」「ここ」で科学技術を考えること 終章──科学技術を生態系として見る

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
66

望まれた死 救われた死 急かされた死 苦痛なき死 受け継がれた死

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
66

「現地」を訪ね、「現物」に触り、「現場」の人と議論する。この「3現」をモットーに半世紀、著者は全国のさまざまな生産現場を訪ね歩いてきた。技術力は高いにもかかわらず、苦境に立たされる日本の技術。八方ふさがりの状況に活路を見出し、生き残る道をさぐる、ハタムラ版「街道をゆく」である。 第1章 鉄の道をゆく 第2章 たたらの里をゆく 第3章 津波の跡をゆく 第4章 ミクロの世界をのぞきに行く 第5章 技術の系譜をたどる 第6章 道なき道をゆく 付録 考えを作る-思考展開法とは何か

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
66

優生学はナチズムか。戦後日本の優生政策の内実とは。優生思想の歴史を再検討し、遺伝子技術時代の視座を示す。 はじめに 第1章 イギリスからアメリカへ──優生学の起源 第2章 ドイツ──優生学はナチズムか? 第3章 北欧──福祉国家と優生学 第4章 フランス──家庭医の優生学 第5章 日本──戦後の優生保護法という名の断種法 終章 生命科学の世紀はどこへ向かうのか おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
66

「視点をずらす」ことで軽やかになる―「人間は遊ぶ存在である」。座右の書『ホモ・ルーデンス』に学ぶ、「走る哲人」の心の操縦法 世界陸上選手権のハードル競技で銅メダルを2度勝ち取り、オリンピックにも3度出場。引退後はスポーツと教育に関する活動を行い、ビジネスの世界に挑戦している「走る哲学者」の原動力とは何か? 「人間は“遊ぶ”存在である」――競技生活晩年、記録が伸びず苦しかったときに出会った名著に重要なヒントがあった。世界の第一線で闘った競技生活を振り返り、「遊び」という身体感覚を言語化する。「努力が報われない」と悩む人たちへ贈る心の操縦法。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
66

人類は神とともに生きることを選んだ時、「創造する種」として歩み始めた。詩学、色彩、装飾、祝祭、美術から芸術の根源を問う。 人類は神とともに生きることを選んだ時、「創造する種」として歩み始めた。詩学、色彩、装飾、祝祭、美術の観点から芸術の根源を問い、新しい学問を眺望する。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
65

付き合うって、どういうこと?親友がいじめられてる。うちの親は過保護なんです!障害を抱えた妹の将来は。リスカがやめられない-家族や学校のなかで誰もが感じる疑問から、人には言えない深刻な相談まで。絶対的な正解は出せないけど、少しでも楽になってほしいから、シゲマツさんが一緒に考え、真剣に回答します。おとなも必読、なやみとともに生きるコツを教えてくれる。 1章 家族 2章 「からだ」と「恋愛」 3章 学校生活 4章 友だちのこと、いじめのこと 5章 「自分」のこと 6章 おとなの常識って正しいの? 7章 親だって、なやんでいる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
65

明治に造られた「日本という樽の船」はよくできた「樽」だったが、やがて「個人」を閉じ込める「檻」になった。21世紀の海をゆく「船」は?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search