【2023年】「ペットロス」のおすすめ 本 19選!人気ランキング

この記事では、「ペットロス」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 虹の橋―Rainbow Bridge
  2. ペットたちは死後も生きている
  3. ペットがあなたを選んだ理由―犬の気持ち・猫の言葉が聴こえる摩訶不思議
  4. ありがとう。また逢えるよね。 ペットロス 心の相談室 増補改訂版
  5. 犬と私の10の約束 (文春文庫 か 52-1)
  6. 君のいた時間 大人の流儀Special
  7. 猫とさいごの日まで幸せに暮らす本
  8. ペットロス いつか来る「その日」のために (文春新書 1409)
  9. さよならの合図 ペットロスから再び笑顔を取り戻すまでの90日間
  10. 約束―虹の橋のふもとで またいつか
他9件
No.1
100

虹の橋―Rainbow Bridge

葉 祥明・絵
佼成出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
95
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
76

2013年刊行書籍の増補改訂版。ペットロスに悩む多くの人に心のよりどころとして本書を手に取って欲しい。 2013年刊行書籍の増補改訂版。ペットとの死別という避けがたい出来事が、飼い主に深刻な影響を与えるケースが増加しています。著者の横田晴正氏は、ペットのお坊さんとして葬儀、火葬、供養、パラカウンセリングを行なっています。その活動が「坂上どうぶつ王国」(フジテレビ)で特集され、大きな反響を呼びました。コロナ禍の外出自粛や在宅率の増加などで、ペット依存度が高まり、精神的な不安を抱える人も多い。ペットロスに悩む多くの人に心のよりどころとして本書を手に取って欲しい。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
71

愛するペットを失ったすべての人へ送る珠玉のエッセイ集 そうか、君はもういないのか。 いったい何千人の人が、 この切ない気持ちを味わったのだろうか。 ――ともかくノボよ、ありがとう。 累計227万部を突破した大ベストセラー「大人の流儀」シリーズから特別編「君のいた時間」が発売となります。 昨年1月、一匹の犬が天国へと旅立ちました。作家・伊集院静氏が「東北一のバカ犬」と可愛がってきた愛犬・ノボくんです。執筆のため、仙台の実家と東京の仕事場を行き来する多忙な日々。そんな生活を支えてくれたのがノボくんでした。 ペットを飼った人が、かならず直面しなければならない別れ。伊集院氏は哀しみの淵に立ちながらも、そこで言葉を紡ぎます。 「出逢えば別れは必ずやって来る。それでも出逢ったことが生きてきた証しであるならば、別れることも生きた証しなのだろう」(伊集院静) 作家と愛犬の友情物語を是非御覧ください。ペットロスから立ち直るヒントが、そこにはきっとあるはずです。 [目次] 第一章 いったい誰に似たのやら ダメな子ほど可愛い 初めて哀しい顔を見た 売れ残った犬 一緒に木槿を眺めた いったい誰に似たのやら いつか別れが来る たぶんわかっているのだろう 風に吹かれて 犬には犬なりの考えがある 待て! 待てだぞ 私のほうが救われている 第二章 運命の出逢い あいつ、どうしてるだろうか 明日は我が身 今食べたばかりだろう! ふいに切なくなった どこ行ってたんだよ 運命の出逢い おまえは十分に生きた 我が家に酸素室が入った ノボが不良になった朝 生きる速度が違うのだ よく、ガンバッタナ 第三章 かけがえのない時間 犬も辛抱せねばならぬ 一匹の寝つく力 どこへ行くのかナ バカだね、おまえは 少しは心配せんか かがやくガラクタ 言葉が返ってこなくても 犬に誕生日があるのか! あの犬メ~ かけがえのない時間 第四章 ともかくノボよ、ありがとう 飼い主と犬以上のもの とぼけたような瞳 いらぬ手助けはしない 二人で眠るとしよう ともかくノボよ、ありがとう 悲しみは、ふいにやって来る そうか、君はもういないのか 急に静けさがひろがった グズグズした男になるな 人は歩きだすしかない 出逢いを忘れずに ずっと隣にいてくれた 特別収録 湘南のちいさな海辺で

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
71

ペットロスとは何か? 重くなりやすい人とは? なったらどうすれば? 和らげる方法は? なる前もなった後もまず読むべき一冊。 (プロローグ「号泣する準備はできていなかった」より)  ペットを飼っている人で、いつか来る「その日」のことを考えない人はいないだろう。自分もそうだった。だが、いざ「その日」を迎えてみると、予想していたはずの衝撃に、ほとんど何の備えもできていなかったことを思い知らされた。  ミントが亡くなって2日後のことだ。冷蔵庫を整理していた妻が「こんなの買ったっけ?」と手にした「カブ」を見て、反射的に涙が出た。それはあの日、スーパーで買ったカブだった。ミントの食欲が衰え始めたとき、犬用の自然食の製造・販売を手掛けている友人に相談したところ、「『カブのすりおろし』がいいんじゃないかな。そういう状態でも、それなら食べられるという子もいるから」と言っていたのを思い出して、カゴに放り込み、続いて精肉売り場で「大好きな鶏ナンコツなら食べられるかな。それとも目先をかえてラム肉にするか」などと考えていたときに、ミントは旅立ったのだ。この10分のロスのせいで、最期の瞬間に立ち会えなかった──。  カブを見て泣きながら、そんなことを一気に思い出した。思い出したから泣いたのではなく、身体が勝手に反応して涙が出た、という経験は初めてだった。四十すぎの男がカブを見て、しゃくりあげる姿に自分で戸惑いながら、「これはマズい」と思った。号泣する準備はできていなかったのだ。  これが「ペットロス」というものなのだとすれば、事前に思い描いていたものとは全く違う。何となく日常生活でミントの不在を感じるたびに寂しくなるのだろうと想像していたが、実際に我が身に起きた心と身体の反応は、自分で制御することが不可能なほど激烈で、空恐ろしい気すらした。  (略)  「ペットロス」とはいったい何なのだろうか。その衝撃を和らげる方法はあるのだろうか。そもそも「ペットロス」を乗り越えることは可能なのだろうか。  疑問は次々と湧いてくるが、インターネットで調べてみても、なかなか自分が必要としている情報には辿り着けなかった。この経験が本書の出発点である。 ●伊藤秀倫(いとう・ひでのり) 1975年生まれ。東京大学文学部卒。1998年文藝春秋入社。「Sports Graphic Number」「文藝春秋」「週刊文春」編集部などを経て、2019年フリーに。ヒグマ問題やペットロスなど動物と人間の関わりをテーマに取材している。現在は札幌在住。 挿絵=ひろはたゆきち

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
66

約束―虹の橋のふもとで またいつか

ふくふくやま
ブイツーソリューション
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
64

一緒の時間をより幸せなものにするために、ペットたちが伝えてくれた、いくつもの物語をお話します。 なぜ、うちに来たの? うちのコで幸せだった? どうして、こんなことをするの?……ペットの声を聞くことができるとしたら、あなたは何を聞いてみたいですか?動物たちは、人間が思っている以上に、いろんなことを感じ、考え、サインを出しています。愛するわがコとの出会いは決して偶然ではありません。一緒の時間をより幸せなものにするために、ペットたちが伝えてくれた、いくつもの物語をお話します。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
63

なぜペットの死はこうも辛いのだろう。闘病中や亡くなった動物と交信するアニマルコミュニケーターが過去生からの「魂の絆」を明かす なぜ、ペットの死はこうもつらいのだろう。闘病中や亡くなった動物と交信をするアニマルコミュニケーターが、ペットロスに隠された本当の理由と過去生からの「魂の絆」を明かす。「きっと、また会える」と気づき、癒される1冊 なぜ、ペットの死はこうもつらいのだろう。闘病中や亡くなった動物と交信をするアニマルコミュニケーターが、ペットロスに隠された本当の理由と過去生からの「魂の絆」を明かす。「きっと、また会える」と気づき、癒される1冊 ひょっとしたらどこかで……まえがきに代えて 序章  「魂の絆」の物語 あなたもいつか再び会える     ペットとあなたの「魂の絆」の物語     生駒山で絆を深めた雑種犬     私がアニマルコミュニケーターになるまで     まさかの急変、愛犬アレッシュの死     ペットは絶妙のタイミングでお空に還る     アレッシュはピータの生まれ変わり?!     亡くなったペットの魂はどこにいるの?     えっ? 彼は私の一部になった?!     つながるための“絆エネルギー”はどこにある?     ペットロスはなぜこんなにも辛いのか?     ペットに愛された自分が消えてなくなる     でも、こんな良いこともやってくる!     私達の魂は永遠 第1章 光の国のペット達 動物達にも死後の世界がある     私のアニマルコミュニケーションのやり方     亡くなったペットは仲間と一緒にいるの?     また会えた!     光の国で出会ったお友達     お供えについてのリクエストあれこれ     お骨については無頓着     亡くなった人間の家族とは一緒なの?     光の国では、生前のお気に入りの姿で     こうして再び地球に転生してくる     彼らが1秒でも長く生きようとするけなげな理由     もう生まれ変わらないペットは何をしているのか? 第2章 時空を超えたつながり なぜ、あなたを選んで来たのか?     ペットが飼い主を選んでいる!     あなたを幸せにするために生まれてきた     ママが献身的介護をしたサンダー君のこと     僕は「家族の輪」のために来た     「僕のこと心配しないで。ちゃんとママになってね」     いつも天国のサンダーが励ましてくれた     いっこうに人に慣れないチワワのハルカちゃん     安心できる「おうち」ってなあに?     前世では神様のように祀られた犬     動物を守護する存在からのメッセージ     再び巡り会い、愛し合い、学び合う     ペットと飼い主は特別な関係 第3章 飼い主の「人生の目的」のために ペットがいのちをかけて教えてくれること     ペットと飼い主をつなぐ愛のエネルギー     誰にも“今生の目的”がある     獣医師、青山さんの後悔     ひどいことがないと心のフタが開かない     殺処分寸前に駆けつけさせた前世からの絆     異次元空間の神殿でヒーリング     「必要なことが起きるのよ」     お母さんの夢を叶えるために生まれた!     ダックスフンドのルナちゃんのカート     「パパ、絵を描いて飾ってね」――最後のメッセージ     最後にいのちをかけて大事なことを     柴犬のゆめがもたらしてくれたこと 第4章 最後の愛の贈り物 ペットロスがこんなに辛い本当の理由     ペットロスの原因にはどのようなものがあるか?     「安楽死」を選んだあるご家族     こうして奇跡的に愛犬を看取ることができた!     飼い主の出した結論こそがペットの考え     ペットロスの内容はひとりひとり違う     ペットは人に愛を教え、人は愛をもって地球の世話役を全うする     過去の悲しみがよみがえる時     悲しみは涙とともにどんどん出そう     知っておきたい「悲しみの5段階」     亡くなったあとにやると良いこと     あなたのロスを癒すちょっとしたヒント 第5章 その後の『「魂の絆」の物語』 ペットは飼い主の幸せをいつも願っている     ずっと見守ってくれている     どうしてみんなのことをそんなに知っているの?     「ひとりぼっちで行かせてしまった」――野崎さんの後悔     自責の念の裏に隠れていた、本当に手放したいもの     「イラッとしてばかりでごめんね」――ちゃせん君に謝りたいこと     あっと思うことばがキーワード     お空のペットからのサインを上手に受け取る方法     あなたのペットとつながる「虹の光のイメージワーク」     深い絆には必ずある「その後の物語」     この子が私をアニマルコミュニケーターに導いた

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
63

「虹の橋」で逢おうね―愛する動物たちとの再会の時に

イーグルパブリシング編集部
イーグルパブリシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search