【2023年】「マッサージ」のおすすめ 本 9選!人気ランキング

この記事では、「マッサージ」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. プロが教える! ホームマッサージで元気になる本 (中経の文庫)
  2. 改訂版 クリニカルマッサージ―ひと目でわかる筋解剖学と触診・治療の基本テクニック (DVD付)
  3. マッサージ入門ガイド コンパクト版 (GAIA BOOKS)
  4. ディープティシュー・マッサージ―深部組織に対するマッサージ理論とテクニック
  5. ディープティシュー・マッサージ療法 第2版
  6. 一目でわかる! 必ず見つかる! ホントのツボがちゃんと押せる本
  7. Matty式マッサージが自宅でできる! 脂肪とり! むくみとり! こりとり! 解毒棒 (講談社の実用BOOK)
  8. 足裏・手のひらセルフケア
  9. もんでヤセない身体はない 燃焼系 「美圧」マッサージ
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
69

マッサージの基本と応用を写真で紹介したガイドブック。予備知識や準備、基本動作など、段階ごとにマッサージを学ぶことができる。 マッサージの基本と応用を写真を中心にわかりやすく紹介したガイドブック。予備知識や準備、基本動作に加え、さまざまな技術をとおして段階ごとにマッサージを学ぶことができる。症状別・目的別のマッサージも収録。 世界各国で広く普及し、多くの人に受け入れられているマッサージの方法を写真を中心にわかりやすく紹介したビジュアルガイドブック。解剖学的、生理学的見地に立って体の仕組みを解説するマッサージの予備知識や準備、基本動作などの基礎をふまえたうえで、さまざまな技術をとおして段階ごとにマッサージを学ぶことができる。症状別・目的別のマッサージを紹介するセラピー技法ではワンランク上のマッサージを解説。オールカラー版。 ◎簡単なマッサージから難しいテクニックまで網羅、順序を追って解説。 ◎緊張、こり、頭痛や副鼻腔の問題といった一般的な症状にどう取り組めばよいかということも学ぶことができる。 ◎準備から基本動作、セラピー技法などのすべてを豊富なカラー写真で見ることができる。マッサージの基本を知る教本としても最適。 序文 マッサージを始める前に  マッサージとは何か/体の仕組み/基礎知識 マッサージの準備  マッサージオイル/マッサージによく使われるオイルの種類とその働き/マッサージオイルを用意する/準備運動 マッサージの基本動作  軽擦(軽くさする)/揉む/ねじる/引っ張る/握る/左右に押し広げる/円を描く/フェザリング/押す/掻く/関節のストレッチ 基本マッサージ  背中/脚の背面/首/顔/腕/胸/腹/脚の前面 マッサージの応用動作  親指で行なうローリング/親指で円を描きながら押す/強擦/手のつけ根で押す/揺する/叩く/つぼを押す/関節 応用マッサージ  背中/脚の背面/足/首/顔/腕/手/胸/腹/脚の前面と足 セラピー技法  特定の目的のためのマッサージ/頭痛/腕のリラクゼーション/腰の凝り/鼻づまり/腹痛/緊張性頭痛/顔の緊張/背中の緊張/性的なマッサージ/セルフマッサージ マッサージの終わりに  マッサージ後の効果 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
67

ディープティシュー・マッサージ療法 第2版

ジェフリー・A・シマンセク
ガイアブックス

ディープティシュー・マッサージの適切な用い方がわかる実践書。歴史や理論背景に加え、22症状の施術手順をカラー写真付きで解説。 慢性的に縮んだ筋肉に働きかけるディープティシュー・マッサージの適切な用い方がわかる実践書。歴史や理論背景に加え、神経筋と筋肉に起こりやすい22症状の施術手順をわかりやすい詳細なカラー写真付きで解説。 慢性的に縮んだ筋肉に働きかける、多様で実用的なアプローチであるディープティシュー・マッサージ療法の実践書。テクニックのみを紹介する実践書が多いなか、本書はマッサージテクニックを用いるために必要なディープティシュー・マッサージの歴史や理論背景に多くのページを割いている。実践においては体の部位別に章を立て、神経筋と筋肉に起こりやすい22症状の施術手順を詳細なカラー写真付きで解説。また、体がどのように機能し、特定の症状にどのように関わるかを理解するために明確な解剖図とともに解剖学を概説。トリガーポイント・セラピーやフリクション・テクニック、筋筋膜アプローチ、ストレッチなど、ディープティシュー・マッサージで用いられるテクニックも取り上げる。コピーして活用できる各種記録フォームやトリガーポイントと関連痛パターンの早見表など豊富な巻末付録も魅力。ディープティシュー・マッサージの適切な用い方がわかる貴重な一冊。 ◎ベストスキル、テクニック、身体力学、ドレーピングをフルカラー写真で正しいアセスメントにつながる理論の徹底解説。 ◎施術手順を見る前に、解剖図を使って解剖学とマッサージの重要な関係を理解。 ◎情報を見つけやすく、活用しやすい優れた内容構成。 ◎症状別のステップごとの施術手順を写真つきでわかりやすく解説 ◎トリガーポイント・セラピー、フリクション・テクニック、筋筋膜テクニック、ストレッチなどのよく使われるテクニックを紹介。 序文 1章 理論  理論的なアプローチ/体に加える力/緊張と不快の性質/感情とディープティシュー・マッサージ/ディープティシュー・マッサージのアプローチ/ディープティシュー・マッサージの効果/まとめ 2章 アセスメント  アセスメント/姿勢アセスメント/姿勢の歪みと補償/歩行サイクル/歩行分析/機能アセスメント/キネティック・チェーン・プロトコル/関節可動域 3章 一般的なアプローチ  基本のスウェディッシュ・マッサージ/ストラクチュラル・ボディーワーク/筋筋膜アプローチ/トリガーポイント・セラピー/フリクション・テクニック/ストレッチ/すべてを組み合わせる 4章 ツールとテクニック  ディープティシュー・マッサージの原則/ディープティシュー・マッサージのツール 5章 頭部と頸部  頭痛/顎関節症/斜頸/むち打ち/胸郭出口症候群 6章 肩部  肩鎖関節損傷/癒着性関節包炎/ローテーターカフ損傷 7章 腕部と手部  神経侵害/腕の筋肉/上顆炎:腱炎または腱症/手根管症候群 8章 背部と腹部  胸部から骨盤部までの解剖学/姿勢の歪み/腰痛/腹痛/姿勢に働きかける 9章 股関節と大腿部  大腿部の筋肉/股関節のバランスを整える 10章 下腿部  下腿と足の解剖学/足首の捻挫と挫傷/シンスプリント/足底筋膜炎 付録  A.初回用クライアントの健康履歴/B.初回聴取情報フォーム/C.初回聴取フォーム/D.健康履歴更新/E.個人情報更/F.アセスメントシート/G.治療プラン/H.初回アセスメント/I.ボディマップ/J.HIPAAフォーム/K.SOAP記録/L. SOAP記録(簡易版)/M. SOAP記録(詳細版)/N.セッション記録/O.APIE記録/P.体の構造/Q.トリガーポイントと関連痛パターン/R.危険部位 用語解説 参考文献 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search