【2023年】「外交官」のおすすめ 本 5選!人気ランキング

この記事では、「外交官」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 世界94カ国で学んだ元外交官が教える ビジネスエリートの必須教養 世界5大宗教入門
  2. 小学生から知っておきたい ザ・外交 外交を行う組織と人々 (第2巻)
  3. 世界96カ国で学んだ元外交官が教える ビジネスエリートの必須教養 「世界の民族」超入門
  4. 高校チュータイ外交官のイチからわかる! 国際情勢
  5. 私が最も尊敬する外交官 ナチス・ドイツの崩壊を目撃した吉野文六
No.2
100

外交を行う組織と人々

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
88

多様性の時代に必須教養となった「世界の民族」。世界96カ国で学んだ元外交官が多くの取材や実体験からわかりやすく解説。 多様性の時代に必須教養となった「世界の民族」。世界96カ国で学んだ元外交官が多くの取材や実体験からわかりやすく解説。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
83

貧困、国際協力、移民・難民、食料、エネルギー、領土、関税、自由貿易、核兵器etc. これ一冊で、やりすごしている重大問題が一気にわかる! 勉強も難しい話も嫌いだった元コギャル外交官が明快解説! 【本書の内容】 ・外交官になった元コギャル ・地球滅亡まで残り2分? ・ひとり700万円の借金を背負うわたしたち ・親から子へ遺伝する貧困 ・国と国との「ささくれ」・領土問題 ・フードマイレージがもっともたまっている日本 ・戦争を引き起こした関税 ・外国から稼ごう ・世界で9番目に平和な国がいま考えること ・核兵器の終わりか、人類の終わりか……etc. 【目次】 1 高校中退外交官のはなし 2 今の世界と日本のはなし  3 これからの日本のはなし  4 世界の国の数のはなし  5 外交のはなし 6 食料とエネルギーのはなし 7 関税と産業のはなし 8 自由貿易のはなし 9 平和のはなし 10 核兵器のはなし 11 難民のはなし 12 移民のはなし 13 領土のはなし 14 海と空のはなし 15 貧困のはなし 16 国際協力のはなし 17 ひとりひとりが外交官

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
81

「ヒトラーの最期」をベルリンで体験した若き外交官が、沖縄返還の密約を認めた吉野文六氏。戦時の日本外交を佐藤優が聞き尽くす。 日本の外交官と外務省の隅々までを知り尽くす佐藤優が、これまでに接した当事者のなかで能力、実績、人格ともに最高に評価するのが吉野文六氏。95歳。 吉野氏は、沖縄返還において日米両政府間に密約が存在したことを、2006年に日本側の交渉当時者として初めて明らかにした。アメリカ局長、外務審議官、旧西ドイツ大使などを歴任した外交官の「職業的良心」はいかに生まれ、形成されていったのか。 旧制高校時代に身に叩き込んだ英米系哲学、帝国大学での学生記者経験、高等文官試験を行政科・司法科・外交科すべて合格し、外務省へ入省。真珠湾攻撃前夜の太平洋を横断、たどりついた北米大陸での見聞、動乱の欧州を視察してベルリンへ。、松岡洋右外相、野村吉三郎駐米特命全権大使らのエピソードや、各在外公館でおこなわれていた諜報活動、またソ連のドイツ侵攻時に、在ベルリン大使館から南方へ避難した大島浩大使からの下された決死の司令。1945年5月ナチス・ドイツ第三帝国が崩壊する瞬間に立ち会う。そして命を賭してシベリア鉄道横断からの帰国。 1941年から1945年にかけた激動の欧州を青年外交官はどのようにとらえたのか。本書は、若き外交官の真実のビルドゥンクス・ロマンである。 太平洋を渡り、アメリカ経由でのドイツ赴任行のとき、ドイツ語でつけた日記が、近年、奇跡的にビュルツブルグ大学図書館で発見された。その全文も併せて収録する。吉野文六と佐藤優が語り合う新感覚のオーラル・ヒストリー・ノンフィクション!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search