【2024年】「高次脳機能障害」のおすすめ 本 18選!人気ランキング

この記事では、「高次脳機能障害」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 高次脳機能障害領域の作業療法 (クリニカル作業療法シリーズ)
  2. 高次脳機能障害の病態・ケア・リハがトータルにわかる
  3. 高次脳機能障害ビジュアル大事典: ナース・PT・OT・ST必携! (リハビリナース2020年秋季増刊)
  4. それでも脳は学習する
  5. 高次脳機能障害のリハビリがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)
  6. 改訂2版 リハビリナース、PT、OT、STのための 患者さんの行動から理解する高次脳機能障害: なぜ、患者さんはこんな行動をするの? どう対応するの? (リハビリナース別冊)
  7. よくある50シーン別 高次脳機能障害のある人に“伝わる説明”便利帖
  8. 臨床で使える 半側空間無視への実践的アプローチ
  9. みんなでわかる高次脳機能障害 生活を立て直す脳のリハビリ 「記憶障害」編
  10. 神様、ボクをもとの世界に戻してください -高次脳機能障害になった息子・郷
他8件
No.2
100

高次脳機能障害の病態・ケア・リハがトータルにわかる

浜松市リハビリテーション病院 高次脳機能センター
照林社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
78

16歳の少女は、突然の事故で様々なものを失った。 身体の機能、自分のそして家族の時間。 少女は、「高次脳機能障害&身体障害と共に暮らす」という第二の人生を、早くも16歳で再設計しなければならなくなった。少女は努力で能力を再獲得していく。戻らない能力と共に。 これは「高次脳機能障害&身体障害と共に暮らす」中で、少女が成長し、医師になり、結婚・出産・育児も経験してきた物語。 少女の日常。周囲に誤解され、見えない障害を持つ人々を傷つける言葉、周囲には障害の本質が一向に伝わらない現実。 少女の明るさと強さの裏には「あまりにも痛くて惨めで悔しく怖くて辛い」気持ちや社会の現実が隠されている。 少女の生き様は、同じ境遇にある人やその家族たち、そして、人生を攻略しようと悪戦苦闘している人々に大きな勇気を与えるだろう。 そして、『わかりにくい障害・見えない障害』を受容できる社会を実現するための大きな指針になるはずだ。 はじめに 私の障害について 症状の経過表 事故当時の写真 第1章 受傷―16歳で人生の岐路に立たされる 第2章 再出発―「第二の人生」の始まり 第3章 医師として社会へ―障害と共に社会参加する難しさ 第4章 理解―夫が妻の病態を正しく把握するまで 第5章 事故は終わらない―30年以上にわたる調停の経過 第6章 今、思うこと―多様性のある個性の共存のために 巻末資料

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search