【2023年】「サバイバル術」のおすすめ 本 22選!人気ランキング

この記事では、「サバイバル術」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 冒険図鑑―野外で生活するために (Do!図鑑シリーズ)
  2. 究極のサバイバルテクニック
  3. アメリカ海軍SEALのサバイバル・マニュアル: 極限を生き抜く精鋭たちが学んでいること (単行本)
  4. 世界のどこでも生き残る 完全サバイバル術 (ナショナルジオグラフィック)
  5. 冒険手帳―火のおこし方から、イカダの組み方まで (知恵の森文庫)
  6. 自然の中で生き残るためのサバイバル読本
  7. 非常時必携!大震災サバイバルハンドブック(文庫) (アスペクト文庫 B 7-1)
  8. サバイバル読本 (Fielder特別編集) (サクラムック)
  9. 今すぐ身につけたいサバイバルテクニック: 遭難・災害…キミは生き残ることができるか?
  10. 【完全ガイドシリーズ192】 防災グッズ完全ガイド (100%ムックシリーズ)
他12件
No.2
90

【芸術/スポーツ】ディスカバリーチャンネルで大人気! 英国陸軍特殊部隊(SAS)元隊員の冒険家ベア・グリルスが夏山、雪山、ジャングル、砂漠、海などの過酷な環境から生還する衝撃のサバイバル技術を公開する。英紙「サンデー・タイムズ」ベストセラー!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
76

この「基本的な知識」が生死を分かつ!誘拐、テロ、犯罪……あらゆる危機から身を守る法。アメリカ海軍特殊部隊SEALのテクニック 「これはフィクションではない。 現実(リアル)である」――著者 クリント・エマーソン 危機に直面したとき、生存者と犠牲者を分かつのは、 この「ごく基本的な知識」を持っているか、持っていないかだ。 ミッションの準備から、情報収集、 ターゲットの追跡、任務の遂行、ピンチの脱出法まで…… アメリカ海軍の特殊部隊である「SEAL」が学んでいる、 世界最強のサバイバル・スキルを全公開! 「自己防衛」の基本/とっさに身を守る場所を選ぶ/敵の侵入を防ぐ/ 一撃で倒す/監視から逃れる/身近なものを武器に変える/ 心理戦を仕掛ける/痕跡を消す/ビルから脱出する/錠前をこじ開ける/ 画像の中に情報を隠す/水中でも生き延びる/すばやく変装する/ 銃撃者の攻撃を切り抜ける/結束を外す ……etc. はじめに――あらゆる危機に備える“究極”の方法! PART 1 ミッションの準備をする PART 2 敵の領域に侵入する PART 3 拠点・移動手段・武器を確保する PART 4 追跡する/追跡から逃れる PART 5 忍び込む PART 6 情報を収集する PART 7 敵を無力化する・防御する PART 8 痕跡を消す PART 9 絶体絶命のピンチを脱する 最後に――決定的瞬間に「生き残る人」とは?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
75

世界のどこでも生き残る 完全サバイバル術 (ナショナルジオグラフィック)

マイケル・S・スウィーニー
日経ナショナルジオグラフィック社

本書には、世界中に探検家を派遣してきたナショナルジオグラフィック協会が収集した、地球上のあらゆる場所でのサバイバルに役立つ情報をおさめた。この1冊で、日常生活をおくる自宅から、地球の裏側まで、どこにいても生き延びることができるようになる。 1 基礎編:心と体の備え 2 基礎編:技術と道具の備え 3 温帯林 4 湿地と熱帯雨林 5 高山 6 砂漠 7 極地と亜極圏 8 水上 9 自宅 10 自然災害 資料

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
73

小石や木の枝を使った通信法、腕時計を使って方角を知るには、様々な条件下での怪我の応急処置、砂漠で水を得る方法、食べられる野草と料理法、兎や鳥・魚を捕獲する…etc.。いざというとき、どうやって生き残ればいいのか?多岐にわたる様々なノウハウ満載。刊行時、当時の少年たちの冒険心を刺激しまくった名著、待望の復刊。 火をおこす 料理する 食べる 獲る 寝る 切る 結ぶ 歩く 伝える 測る〔ほか〕

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
65

もし、キミが無人島に流されてしまったらどうするか、すこし想像してみてほしい。飲み水を確保し、火を起こし、小屋を建て、食べ物をさがし、島から脱出できるまで、救助されるまで、生きのびる努力をする…。キミは、そこで生き残ることができるだろうか?キミが「生き残る」「生きのびる」ための技術がすべてこの一冊の中にある。 1章 まず火を起こし、水を手に入れる 2章 サバイバル道具づくり 3章 アウトドア料理に挑戦! 4章 いざ、無人島を探検する 5章 サバイバル生活を豊かにする知恵 6章 救命・救難、決死のサバイバル術 7章 生き抜くための都市型サバイバル術

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
63

新冒険手帳 【決定版】

かざま りんぺい
主婦と生活社

ロングセラー本「新冒険手帳」に、現代型災害のサバイバル術32ページを新規で加えた決定版リニューアル本。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
63

いのちを守る本!「からだの守り方」「応急手当」「避難所のくらし」など小学生から読める、親子ですぐとりくめる。イラストでよくわかる防災ガイドの決定版!!防災袋に入れる本。 第1章 日本は地震の国 第2章 地震がおきたら(場所別行動マニュアル) 第3章 ゆれがおさまったら(直後の行動マニュアル) 第4章 地震後のくらし(被災生活マニュアル) 第5章 地震にそなえる(防災マニュアル) 第6章 被災者のために(支援マニュアル) 第7章 書きこみメモページ&地震イエローページ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
63

元陸上自衛隊員の芸人コンビが地震や台風、火事、停電などの緊急時に役立つ日用品を使ったサバイバル術を伝授。 自衛隊での訓練を応用した60個のサバイバル術を伝授。地震や火災、ゲリラ豪雨、台風による洪水被害など、緊急時に対応するための(秘)テクニックが満載。缶詰でランプを作る、サランラップで脱出用ロープを作る、泥水をろ過して飲む方法、即席蚊取り線香の作り方、電池が足りなくても電化製品を動かす方法etc. DVD付き!!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
63

NPO法人ママプラグでは、アクティブ防災講座や防災ピクニックを行っています。中でも未就学児の保護者の関心を引いているのが防災ピクニック。本書ではその手法をまとめ、楽しみながらできる防災を提案します。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
62

植物のトリビアが満載!日本の偉人・牧野富太郎博士をキャラクター化し、ストーリー仕立てで雑草のおもしろさを伝える科学絵本。 本書は日本の偉人で、植物界の権威として知られる、牧野富太郎博士をキャラクター化して、ストーリー仕立てで雑草の「生きもの」としてのおもしろさを伝える科学絵本です。身近な雑草に目をむけ、その秘密や不思議を「へえ!」「そうか!」と、大人もうなる植物のトリビア満載でお届けいたします。難しい内容はマンガやイラストでわかりやすく解説し、漢字にはすべて「ふりがな」を付けましたので、小学校低学年から高学年まで楽しめます。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
62

関係省庁に徹底取材! 防災の「備え」と「知恵」の最新情報、一挙掲載! 日本全国に、震度6弱以上の地震が起こる可能性が高まっています。 実際に大地震が起きると、国や自治体は人命救助を最優先にするため、発災後72時間は 自力で生き抜く必要があります。 そこで関係省庁に徹底取材して、東日本大震災や熊本地震の経験を踏まえ て更新された、最新の防災情報を本書にまとめました。 さらに、被災ママや防災のプロの声から選んだ、ふだんから使えて、いざという時にも役立 つ115の防災グッズを紹介しています。中でも、ライフラインの停止に備える、水、食料、トイ レの備蓄の考え方や、子供や高齢者、女性のためのグッズは必見です。 連絡方法や、避難場所など、家族や地域の人々と共有しておくべきルールなども 詳しく解説しています。 親子や仲間と行っておきたい防災体験学習施設は、各都道府県のスポットをご紹介しました。 とじ込み付録は、わが家の防災メモ。記入してご活用ください。 今後30年以内に震度6弱以上の地震が起こる可能性は日本全国に。東日本大震災、熊本地震の経験から備蓄品の考え方や地震発生時の取るべき行動は更新された。本書は、関係省庁に徹底取材した最新の防災マニュアル。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search