【2023年】「シャネル」のおすすめ 本 14選!人気ランキング

この記事では、「シャネル」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. ココ・アヴァン・シャネル 上―愛とファッションの革命児 (ハヤカワ文庫 NF 350) (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  2. シャネル―人生を語る (中公文庫)
  3. ココ・シャネル (コミック版世界の伝記)
  4. 素顔のココ・シャネル
  5. 仕事と人生がもっと輝くココ・シャネルの言葉
  6. ココ・アヴァン・シャネル 下―愛とファッションの革命児 (ハヤカワ文庫 NF 351) (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  7. ココ・シャネル 女を磨く言葉 (PHP文庫)
  8. 新装版 ココ・シャネルという生き方 (中経の文庫)
  9. 誰も知らなかったココ・シャネル
  10. シャネル哲学: ココ・シャネルという生き方 再生版
他4件
No.1
100

フランスの田舎町の孤児院で育ったココは、ナイトクラブの歌手として、酔った兵士を相手に歌いながら、つつましいお針子として田舎の仕立屋の奥でスカートの裾を縫う日々。だが、一人の将校との運命的な出会いをきっかけに、彼女は世界的なファッション・デザイナーへの階段を駆け上がっていく…コネクションも財産も教育もない少女ココが世界の"シャネル"になるまでの感動の伝記。オドレイ・トトゥ主演の映画化原作。 第1部 シャネル家のルーツ(一七九二〜一八八三) 第2部 ガブリエルの青春時代(一八八四〜一九〇五) 第3部 挫折した夢(一九〇三〜一九〇五) 第4部 囲う男たち、囲われる女たち(一九〇六〜一九一四) 第5部 シャネル帝国の礎(一九一四〜一九一九)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
90

謎のヴェールに包まれた少女時代から才能を花ひらかせ一大モード帝国を築くまでの半生がシャネルの肉声により甦る。清新な全訳と綿密な注釈により、華やかな恋愛体験、アーティストたちの交流が明らかに。作家モランが書き留めた唯一の回想録の新訳を手掛けるのはフランス文学者山田登世子氏。シャネルをこよなく愛し、オマージュを捧げる。 ひとり 少女ココ コンピエーニュからポーへ パリへ カンボン通り イタリア旅行 ミシア ふたたびパリ ディアギレフ ド・シュヴィニェ夫人〔ほか〕

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
82
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
82

素顔のココ・シャネル

フィメイエ,イザベル
河出書房新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
74

傷つくのが怖い? 「失敗しなくちゃ、成功はしないわよ」 傷つくのが怖い? 「失敗しなくちゃ、成功はしないわよ」 仕事でうまくいかないとき、 自分に自信がもてないとき、 あなたを支える珠玉のメッセージ。 【本書の主な言葉】 「わたしは、これから起こることの側にいる人間でいたい」 「優しさに包まれてする仕事なんて、本当の仕事じゃない」 「生き生きとしていれば、醜いことはない」 「自分のことを語ってはだめよ。黙って人にわからせなくては」 「わたしがつくるものは、ひどい偽物だけれど、本物よりもずっときれいだわ」 …ほか 「働く女」の先駆者が贈る 女性を元気にする「読むサプリ」! 傷つくのが怖い?「失敗しなくちゃ、成功はしないわよ」 1章 凛として、おもねらない-- 自立した生き方を貫く 2章 優雅に、妥協しない-- 新しい常識は自分がつくる 3章 孤独にも、めげない-- 自己肯定できるのは、好きな仕事があるから 4章 溺れず、媚びない-- プラス思考のストイックな恋と愛 5章 誰も、恨まない-- 前向きに、エゴイスティックに運命を変える 6章 誰をも、羨まない-- エレガントに、個人主義をつらぬくから

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
74

小さな帽子屋を皮切りに、デザイナーとしてのキャリアをスタートしたココ。その革新的なスタイルは話題を呼び、やがてモード界の女王として頂点に君臨することとなる。しかしその華々しい名声の裏には、愛する人との永遠の別れと、成功者ゆえの人知れぬ孤独があった…激動の時代を背景に、愛とファッションに生きたシャネルの波乱の生涯を、ゴンクール賞作家が描ききった傑作。話題の映画化原作。 第6部 東欧の時代(一九二〇〜一九二五) 第7部 ヴィクトリア朝時代の幻影(一九二五〜一九三三) 第8部 喧噪と混乱の日々(一九三三〜一九四〇) 第9部 ドイツの時代(一九四〇〜一九四五) エピローグその1(一九四五〜一九五二) エピローグその2(一九五三〜一九七一)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
71

媚びない、おもねらない、妥協しない――。女性の自由を勝ち取った稀代のデザイナーココ・シャネルから、あなたへ贈るメッセージ。 服飾界の革命児ココ・シャネル。彼女はファッションの常識だけでなく、女性の生き方までをも変えた――。“女性ファッションのタブー”を果敢に取り入れた、勇ましい感性。「男の付属品」から「一個人」への自立。そして、女が自由に生きるという精神。シャネルの先駆者的人生は、今もなお、私たちの心を魅了してやまない。▼本書では、「わたしは女の肉体に自由を取り戻させた。」▼「香水をつけない女に未来はない。」▼「出かける前に、何かひとつ外したら、あなたの美しさは完璧になる。」▼「鋏(はさみ)はわたしの武器。」▼「インテリアは心の表れよ。」▼「翼を持たずに生まれてきたのなら、翼を生やすためにどんなことでもしなさい。」▼など、ココ・シャネルが残した60の名言を紹介。▼恋にも仕事にも美を貫いた彼女のメッセージが、あなたをもっと輝かせる。▼『女を磨く ココ・シャネルの言葉』を改題。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
69

ナチスのスパイだった! コードネームは「ウェストミンスター」。独仏の秘密文書を発掘、世界の新聞の見出しを飾った話題の書を独占翻訳 ナチスのスパイだった!コードネームは「ウェストミンスター」。独仏の秘密文書を発掘、世界の新聞の見出しを飾った話題書を独占翻訳

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
69

彼女のゴージャスな恋愛、仕事への情熱、結婚への想いを「嫌悪の精神」に富んだ「シャネルの言葉」を織りこみながら、コンパクトか… 孤児院から人生をはじめ、自力で「シャネル帝国」と呼ばれる一大ブランドを築きあげ、莫大な富と名声を手にした偉大なファッションデザイナー、ココ・シャネル。  彼女のゴージャスな恋愛、仕事への情熱、結婚… 「シャネル哲学を、つねに自分の中心に置く必要はない、と私は思う。  ただ、心の、頭の、体の片隅の小さなジュエリーケースにそっとしまっておくと、思いがけないシーンで、それが鮮やかにあらわれることがある。それは、そのときどきで、勇気、叱咤、決断、激励、自己肯定といったさまざまな色彩をもつ。そして、いつだってなんらかのきっかけ、そう、一歩を踏み出す力を与えてくれる。」 (序章より)  ガブリエル・シャネル。  ココという愛称で知られるシャネル社の創業者であり、偉大なるファッション・デザイナー。  孤児院から人生を始め、自力で「シャネル帝国」と呼ばれる一大ブランドを築きあげ、莫大な富と名声を手にしたシャネルは、驚嘆するほどのヴァイタイティで八十七歳まで生き抜きました。  「私はモードではなくスタイルを作り出したのです」とシャネルは言いました。  シャネルの人生を貫くキーワードとしては「ウエディングドレスを拒んだこと」、「怒り」「復讐」「自由」などいくつかあるけれど、もっとも重要なものとして「嫌悪」があります。  シャネルのクリエイションの根本にあるものは嫌悪の精神。  「嫌い」という心の叫びに忠実に生きることで、シャネルは世界的規模の「特別な人」に、時代を超越する「かけがえのない人」になったのです。   「ファッション革命」だけではなく「女の生き方革命」をも成しとげたシャネル。  ゴージャスな恋愛、仕事への情熱、結婚への想いを「嫌悪の精神」に富んだ「シャネルの言葉」を織りこみながら、コンパクトかつ濃密に描き出した「ココ・シャネルという生き方」(2009年刊行)の再生版。  出版以降に明らかになった「新事実」を加え、新たな装いで美しく蘇りました。    人を嫌うのはいけないと思っている人、怒ることはマイナスだと思っている人、同性の友達が少ない人、経済的な自立を願う人、自分のために生きることが難しい人、そして、いったい自分はどんな人間でありたいか、そんなことを真剣に考えているすべての人に贈る、熱くてスパイシーな一冊。 序章:生き方をのものが、シャネル哲学 1.自分が何者なのか決意しなさい 2.自分の実力は自分で決めなさい 3.女の才能を伸ばす男を選びなさい 4.髪を切りなさい 5. 女友達と喧嘩しなさい 6. 香水をつけなさい 7. お金を使いながら裕福になりなさい 8.真似されたら喜びなさい 9.ノンと言いなさい 10.官能に従いなさい 11.沈黙して時を待ちなさい 12.退屈より大失敗を選びなさい 13.嫌悪の精神を持ちなさい 14.愛されなさい 終章 かけがえのない人間であるために

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
68

完全版 CHANEL BOOK

エマ・バクスター‐ライト
さくら舎

女性ファッションの革命児・シャネルの人生と偉業を画像で辿る!実用的・シンプル・エレガンス――シャネルのレガシーがここに! 写真とイラストで見る、シャネルのすべて! ベストセラー待望の日本版!女性ファッションの革命児、ココ・シャネル。彼女は‟実用的でシンプルかつエレガント”なファッションを次々と考案し、一大帝国「シャネル」ブランドを築き上げた。 本書はドレス、靴、ダイヤモンド・ジュエリーやバッグ、香水など、それぞれの分野でシャネルが成し遂げた数々の偉業を、当時雑誌に掲載されたイラストや画像をふんだんに用いて紹介。シャネルというひとりの女性の波瀾万丈な人生、そして現在まで続く「シャネル」ブランドの歴史を追う。シャネル没後50年! ◎オールカラー、図版120点以上 ◎『The Little Book of Chanel』日本語版 イントロダクション 若かりし頃 シャネルのメゾン コスチューム・デザイン 戦争と亡命 勝利の復帰 ラガーフェルド時代 装身具 ビューティーとフレグランス

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
68

ココとリトル・ブラック・ドレス

アンネマリー・ファン・ハーリンゲン
文化出版局
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
68

Coco and the Little Black Dress

Van Haeringen, Annemarie
NorthSouth Books
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search