【2023年】「百名山」のおすすめ 本 38選!人気ランキング

この記事では、「百名山」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 山と高原地図ガイド 日本百名山 上巻 (山と高原地図GUIDE)
  2. ヤマケイ文庫 山怪 山人が語る不思議な話
  3. 山と高原地図ガイド 日本百名山 下巻 (山と高原地図GUIDE)
  4. 新編 山小屋主人の炉端話
  5. 空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む (集英社文庫)
  6. 新装版 青春を山に賭けて (文春文庫) (文春文庫 う 1-6)
  7. 定本 黒部の山賊 アルプスの怪
  8. 日帰り登山のススメ あした、山へ行こう! (講談社文庫)
  9. 山のパンセ (ヤマケイ文庫)
  10. 外道クライマー
他28件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
100

狐火があふれる地 なぜか全裸で 楽しい夜店 生臭いものが好き 狐の復讐 見える人と見えない人 狸は音だけで満足する 消えた青い池 人魂、狐火、勝新太郎 親友の気配 辿り着かない道 蛇と山の不思議な関係 汚れた御札 マタギの臨死体験 叫ぶ者 白銀の怪物 狐と神隠し 不死身の白鹿 来たのは誰だ もう一人いる 道の向こうに 響き渡る絶叫 僕はここにいる 謎の山盛りご飯 山塊に蠢くもの 旧朝日村 出羽三山 鷹匠の体験 奈良県山中・吉野町 ツチノコは跳びはねる 足の無い人 巨大すぎる狐火 山から出られない 行者の忠告 帰らない人 死者の微笑み 迎えに来る者 ナビの策略 椎葉村にて テントの周りには 幻の白い山 なぜか左右が逆になる 不気味な訪問者 天川村の事件 帰ってくる人 固まる爺婆 お寺とタマシイ 飛ぶ女 帰ってくる大蛇 呼ぶ人、来る人 狐憑き 真夜中の石臼 狐火になった男

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
80

外道クライマー

宮城 公博
集英社インターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
79

富山県警レスキュー最前線

富山県警察山岳警備隊
山と渓谷社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
79

下山の哲学──登るために下る

竹内 洋岳
太郎次郎社エディタス

竹内洋岳最新刊にして、山岳書初(!)の「下山」ドキュメント ヒマラヤ8000m峰14座完全登頂とは、14の山すべての頂から無事に下ってくるということ。「生きて還ってこなければ、下山しなければ、登山ではない」とつねづね語り、それを実現してきた竹内は、どのように山を下ってきたのか。疲労困憊のなかで頻発する危機、生死を分けた判断と行動、朦朧とする頭で考えていたこと……。敗退もふくめて、17年にわたる14座の全下山をたどり、現在に続く新たな挑戦を報告する。 世界的クライマー、ラルフ・ドゥイモビッツほか、本人を深く知る6人へのインタビューをとおして竹内洋岳を「解剖」するコラムも収録。 Ⅰ▼「役割」(大規模登山隊)から「愉しみ」(少数精鋭チーム)へ 1995年 マカルー[1座目] 8000m峰初下山 1996年 エベレスト[2座目] デスゾーンからの逃避 1996年 K2[3座目] ベースキャンプへの「登頂」 2001年 ナンガパルバット[4座目] 切りひらいていく下山 Ⅱ▼クライマックスとしての下山 2003年 カンチェンジュンガ[敗退] ホワイトアウトのなかを 2004年 アンナプルナ[5座目] 二度と行きたくない山 2004年 ガッシャーブルムI峰[6座目] 身近にある死 2005年 シシャパンマ[7座目] ぐるり1周旅の締めくくり Ⅲ▼生還するために 2005年 エベレスト[敗退] 死後の帰還 2006年 カンチェンジュンガ[8座目] 見失った帰路 2007年 マナスル[9座目] 灼熱のラッセル地獄 2007年 ガッシャーブルムII峰[敗退] 雪崩に飲みこまれて Ⅳ▼ヒマラヤへの復活 2008年 ガッシャーブルムII峰[10座目] つぎの山への登り 2008年 ブロードピーク[11座目] 激痛と落石の恐怖 2009年 ローツェ[12座目] もっともつらい下り Ⅴ▼14サミット完全下山 2010年 チョ・オユー[敗退] 新たなパートナーと 2011年 チョ・オユー[13座目] 幻覚のなかの軌道修正 2012年 ダウラギリ[14座目] 極限の夜を超えて つぎの山へ——14サミッターの現在地 ▼インタビュー 「登山家の突然変異」——シューフィッター 釣巻健太郎の視点 「妥協なき道具マニア」——登山用腕時計開発者 牛山和人の視点 「強くて繊細なlovely person」——14サミッター ラルフ・ドゥイモビッツの視点 「スマートな野心家」——医師 柳下和慶の視点 「つかまえちゃダメな人」——山岳気象予報士 猪熊隆之の視点 「つねに帰り道を知っている人」——山岳カメラマン 中島健郎の視点

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
78

日帰り山あるきベスト130 関東周辺 (大人の遠足BOOK)

JTBパブリッシング アウトドア 編集部
ジェイティビィパブリッシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
77

雪山放浪記

星野秀樹
山と渓谷社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
77

戦禍のアフガニスタンを犬と歩く

ローリー スチュワート
白水社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search