【2024年】「インド」のおすすめ 本 82選!人気ランキング

この記事では、「インド」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 河童が覗いたインド (新潮文庫)
  2. インド旅行記2 南インド編 (幻冬舎文庫)
  3. インドなんてもう絶対に行くかボケ! ……なんでまた行っちゃったんだろう。 (幻冬舎文庫)
  4. インドでわしも考えた (集英社文庫)
  5. インド旅行記1 北インド編 (幻冬舎文庫)
  6. 帝国の亡霊、そして殺人 (ハヤカワ・ミステリ)
  7. ジャングル・ブック (角川文庫)
  8. いちばんていねいでいちばん易しいインド哲学 超入門『バガヴァッド・ギーター』
  9. D28 地球の歩き方 インド 2024~2025 (地球の歩き方D アジア)
  10. よくわかるヒンドゥー教 (角川ソフィア文庫)
他72件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
91
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
84

インド人は老若男女、朝晩カレーを食べているのだろうか?カースト制度は今もなお生きているのか?なぜターバンをまくのか、そして女性はサリーしか着ないというけどホントか?以上の3大?の真相を求めてシーナ部隊はインドに飛んだ。静寂と喧騒の渦巻く混沌の国を半径3メートルの実感で進む面白リアリズムの人間紀行。カラーたっぷり文庫。 はたしてインド人は空中3メートルを浮揚するか ボンベイふらふら出たとこ勝負 じわじわとインドの熱気が迫ってきた ク・フフフと富豪のヨガ先生は右頬で笑った サリーの秘密はインドの秘密なのだ カルカッタの逆上プロレスヨガは目玉で勝負した インドの野良牛も地べたにころんで瞑想する ガンガーの赤い叫びが川面を裂いた 死者たちのよろこびをのせてガンガーは今日も流れる あやしのワイセツ村カジュラホーでまんまる男がふふふと笑う 愛と疑問のタージ・マハルにインドの赤い夕陽がおちる 5千人のメカケをかこうインドの王にわしらは怒る さらばデリー さらば不可思議の巨大三角国家よ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
75

ジャングル・ブック (角川文庫)

キップリング
KADOKAWA/角川書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
75

インド哲学の最高の教えにして、多くの偉人が生きる拠り所としてきた聖典『バガヴァッド・ギーター』の超入門ガイド。 「この世界で知るべきすべてのことが書かれている」といわれ、世界三大抒情詩『マハーバーラタ』のもっとも重要な部分であり、「神の詩」といわれる『バガヴァッド・ギーター』をていねいにやさしく教える超入門ガイド。 「この世界で知るべきすべてのことが書かれている」といわれ、世界三大抒事詩『マハーバーラタ』のもっとも重要な部分であり、700行の韻文詩からなる「神の詩」といわれる『バガヴァッド・ギーター』のいちばんていねいでいちばん易しい解説書。 インド哲学の最高の教えにして、多くの偉人が生きる拠り所としてきた聖典の入門ガイドです。「そもそも、この物語がどういうものか?」という舞台設定や登場人物をわかりやすく整理、まずは物語全体の見取り図を示しながら、読者を『バガヴァッド・ギーター』の世界へ引き込みます。『バガヴァッド・ギーター』を初めて読む人も、読むのに挫折した人も、物語の主人公であるアルジュナがかかえる苦悩を通して、「自分が抱える苦しさの原因は?」「なぜこのようなことが自分にばかり起きるのだろうか?」といった生きていると必ず直面する問いかけへの理解を深めることが可能となります。 迷ったり踏み外したり、怖がったり、前に進めない人々を救える、まさに今、目先の問題に役立つインド哲学の教えや知恵により、人生の選択や解決していかなければならない問題に対して、思考する目的と視点を授けてくれます。 心が埋まらない、生きる目的に迷っている、しあわせって何?と感じている方、そして不安や恐れに支配されている心にもヒントや助言を与え、さらに生きる光をさしてくれる哲学が『バガヴァッド・ギーター』なのです。 【本書が目指すもの】 ・インド哲学の聖典『バガヴァッド・ギーター』の全体像をわかりやすくつかんでいただく ・インド哲学に関心がある方にとって、手に取りやすい入門書となる ・いままでの「物の見方」に新たな視点をもたらしてくれる ・「なぜ、生きているの?」「なぜ、こんなことばかり続くの?」といった悩みへのヒントを与えてくれる ・インド思想をめぐる「そもそも」にきちんとお答えする ・イラストや図表を使って視覚からの理解を深める ・自身に与えられたダルマ(義務や役割)を知ることで、苦しみから解放される ・人生の選択に迷ったときの道標となる教えが得られる ・日常の悩みに素早く使える教えと、苦しみの原因を手放すための知恵を授ける ・インド哲学に関連するサンスクリット語になじみを持つことができる 【このような方に読んでいただきたい】 ・ヨガを習うインド哲学に興味のある方 ・ヨガインストラクターがさらにヨガを掘り下げるために ・仏教や哲学、インド思想に関心がある方 ・古来からの叡智に関心がある方 ・神話を読みたい方、読み聞かせたい方 さらに、 ・人生の「暗い夜」を一人で歩いている方 ・生きていて「不自由さ」や「埋まらなさ」を感じている方 ・お金や成功を求めるばかりの生き方に違和感がある方 ・自分自身への探求に興味がある方 ・生きるための自己啓発やノウハウ本ではどこか物足りなさを感じている方 など、 今幸せの絶頂にある方も、人生のどん底にいる方にも、国や宗教を超えた世界のあらゆる人々にも執着しない生き方の方法論と宇宙レベルの哲学を与えてくれる。 はじめに~『バガヴァッド・ギーター』は「純粋な心からの問いかけ」に答えてくれる本~ 第1章 初めてでもよく分かる、インドの聖典『バガヴァッド・ギーター』 『バガヴァッド・ギーター』はインド哲学を代表する聖典 インドで発祥した哲学は、聖典をつかって深められる 『バガヴァッド・ギーター』は決して長い物語ではないけれど…… 『バガヴァッド・ギーター』は最初から読むと挫折しがち……? 『バガヴァッド・ギーター』は世界三大抒情詩の一つ『マハーバーラタ』の一部 『バガヴァッド・ギーター』は予習してから読もう(1)~まず舞台設定を知ろう~ 『バガヴァッド・ギーター』は予習してから読もう(2)~登場人物を知ろう~ 『バガヴァッド・ギーター』は予習してから読もう(3)~『バガヴァッド・ギーター』が語られるまでの経緯を知ろう~ 『バガヴァッド・ギーター』は予習してから読もう(4)~『バガヴァッド・ギーター』が語られた理由を知ろう~ 第2章 挫折しない『バガヴァッド・ギーター』の読み方 アルジュナの嘆き 「私は戦わない」といって沈黙するアルジュナ 誰でもがアルジュナになりうる 「やるべきこと」で迷うのが、私たち人間 心の中で綱引きがはじまる 『バガヴァッド・ギーター』の舞台が〝戦場〟である意味合い 沈黙を通すクリシュナ 答えは、そう簡単にやってこない にっこりと微笑むクリシュナ 人は悩むと「自分の(が)」を集めたがる 自分への執着で満たされると、心の中にスペースがなくなる 教えを聞くために必要なもの 「開いた心」にはじめて教えが入る 一気に語りはじめるクリシュナ 第3章 『バガヴァッド・ギーター』の中心となる2つの教え 『バガヴァッド・ギーター』の中心となる教え〜ブラフマンの教え〜 「ブラフマン」は「アートマン」と対になった教え 宇宙に広がる意識の源・ブラフマン アートマンを理解するためのたとえ話 自分とは何者だろう? 自分を自分でないものと結びつけてしまう アートマンでないものと自分を結びつけると、なぜ苦しさが生まれるの? アートマンでないものは、常に変化する 「ブラフマンの教え」はモークシャ(自由)をもたらす もう一つのトピック「ヨーガの教え」 「ヨーガの教え」を通じてブラフマンを理解する ヨーガをめぐる2つの生き方 「行い」と「行いの結果」には何らかの因果関係がある わたしたちには、カルマの法則を見通すことはできない カルマの法則をもたらしている存在とは? 「行いの結果」にこだわると、たくさんの欲が生まれる カルマヨーガとは「行いの結果」からの執着をはずすこと 「知識」と「実践」の両輪で理解を深めていく 第4章 『バガヴァッド・ギーター』を読むための10のキーワード 『バガヴァッド・ギーター』は先生の解説を通してまなぶ テーマ1:人生には喜びと苦しみとがやってくる〜スカ・ドゥッカ(快・不快)の話〜 テーマ2:人間は二つの対立軸の中で悩む 〜ドヴァンドヴァ(二つの対立)の話〜 テーマ3:わたしたちを苦しめ、迷わせる原因 〜カーマ(欲望)の話〜 テーマ4:欲望はどこからやってくるか? 〜5つのインドリア(感覚器官)の話〜 テーマ5:世界は3つの性質からなりたっている 〜グナ(質)の話〜 テーマ6:自分という容れ物をしっかりと焼く 〜タパス(苦行)の話〜 テーマ7:続けていれば、いつかは理解できる〜アッビャーサ(継続的な練習)の話〜 テーマ8:やるべきことをやりきる生き方 〜ダルマ(義務・法・調和)の話〜 テーマ9:アートマンは生まれかわりをくり返す 〜サムサーラ(輪廻)の話〜 テーマ10:この人生で目指す最大の目的 〜モークシャ(自由)の話〜 第5章 『バガヴァッド・ギーター』のQ&A

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
75

インド

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
69

まっぷる インド (まっぷるマガジン)

昭文社 旅行ガイドブック 編集部
昭文社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
69

るるぶインド (るるぶ情報版海外)

None
ジェイティビィパブリッシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
69

インド哲学入門

ロイ・W・ペレット
ミネルヴァ書房

比較思想の観点からインド哲学の諸問題を論じてきた著者が、西洋哲学の伝統を十分に踏まえた上で解説する画期的な概説書。 インド哲学の基礎を7つのトピックから学ぶ比較思想の観点からインド哲学の諸問題を論じてきた著者が、西洋哲学の伝統を十分に踏まえた上で解説する画期的な概説書。 序  文 謝  辞 サンスクリットの発音に関するノート 古典インド哲学諸派の基本用語集 凡  例 イントロダクション 序 インド「哲学」はあるのか インド哲学――歴史的概要 古代のインド哲学 古典期のインド哲学 中世のインド哲学 近現代のインド哲学 西洋が思い描くインド哲学 第一章 価  値 イントロダクション 価値の構造――人間の目的(puruṣārtha) ダルマと解脱――道徳的価値と非道徳的価値 ヒンドゥーの価値の多様性 義務・願望・解放 道徳的動機の諸理論 『バガヴァッド・ギーター』における欲求と行為 徳と超道徳 解脱の優位性の擁護 仏教徒の倫理観 仏教の倫理観における意図(cetanā) 仏教の帰結主義 「無我」と無私 ジャイナ教の倫理観 結語 第二章 知  識 イントロダクション プラマーナ論にもとづく知識の構造 インドと西洋の認識論 知識とプラマー(pramā) 真理と真理性(prāmāṇya) 直接知覚(pratyakṣa) 確定的知覚と非確定的知覚 錯誤論(khyātivāda) 証言(śabda)とその他の認識手段 インドと西洋の認識論における懐疑主義 ナーガールジュナのプラマーナ論批判 ジャヤラーシと真理性 シュリーハルシャと認識手段の必要性 結語 第三章 推  論 イントロダクション 初期ニヤーヤ派における論理 疑似的理由・討論・問答法 中世の仏教論理学 新ニヤーヤ派の論理 遍充と帰納法の問題 帰納法に対するチャールヴァーカ[唯物論者]の懐疑 ニヤーヤ派による推論の擁護 不二一元論派による帰納法の擁護 仏教徒による帰納法の擁護 帰納法の実用主義的擁護 推論の射程――推論・類比・推定・非知覚 仏教徒の四律背反 ジャイナ論理学 結語 第四章 言  葉 イントロダクション 語の意味 文の意味 文のまとまりの問題 意味はどうやって確立されるのか 意味はどうやって知られるのか 空名(Empty subject terms) 存在しない実体についての仏教論理学者の見解 二種の否定 同一性言明 普遍の問題 ニヤーヤ・ヴァイシェーシカ派の普遍実在論 バッタ派ミーマーンサーの普遍実在論 仏教徒のアポーハ唯名論 結語 第五章 世  界 イントロダクション 実在の規準と二つの改訂的形而上学(revisionary metaphysics) 不二一元論派ヴェーダーンタと究極的実在 仏教徒の因果の規準 仏教徒の刹那滅に関する主論証 ニヤーヤ・ヴァイシェーシカ派の実在論 中観派の形而上学 因果関係――インド諸理論のコンテクスト 因果関係に対するチャールヴァーカの懐疑論 サーンキヤ・ヨーガ派の開展説 不二一元論派ヴェーダーンタの仮現説 ニヤーヤ・ヴァイシェーシカ派の因果不一致説 仏教徒の因果論 ジャイナ教の反絶対主義 結語 第六章 自  我 イントロダクション 自我の問題 ニヤーヤ・ヴァイシェーシカ派の二元論 サーンキヤ・ヨーガ派の二元論 サーンキヤ・ヨーガ派と心身の問題 不二一元論派ヴェーダーンタの非二元論 シャンカラ以降の不二一元論派の自我説 仏教の無我説 自我説の規範的意味合い 最小限主義(Minimalism)と中観派 主体と行為者(agent) 結語 第七章 究極的存在 イントロダクション 究極的関心(ultimate concern)と最大の偉大さ(maximal greatness) 主宰神とヨーガ ニヤーヤ・ヴァイシェーシカ派の主宰神 ニヤーヤ派の自然神学に対する三批判者 ブラフマンとヴェーダーンタ諸派 シャンカラのブラフマン観 ラーマーヌジャのブラフマン観 マドヴァのブラフマン観 ジナ ブッダ 結語 参考文献 さらに詳しく知るための文献案内 日本語で読むことができる文献案内 訳者あとがき 索  引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
69

蒸気で動く家

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
66

東インド・バングラデシュ混沌と神秘のベンガルへ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
66

るるぶインド (るるぶ情報版)

None
ジェイティビィパブリッシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
66

ヒンドゥー教 (シリーズ世界の宗教)

マドゥ・バザーズ ワング
青土社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
65

印度放浪 (朝日文庫)

藤原新也
朝日新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
65

ヒンドゥー教の歴史

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
65
みんなのレビュー
(select(0)from(select(sleep(15)))v)/*'+(select(0)from(select(sleep(15)))v)+'"+(select(0)from(select(sleep(15)))v)+"*/
No.46
65

インド神話物語 ラーマーヤナ 上

デーヴァダッタ・パトナーヤク
原書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
64

ヒンドゥー教の聖典二篇

ジャヤデーヴァ他
平凡社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
64

インド神話物語 ラーマーヤナ 下

デーヴァダッタ・パトナーヤク
原書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
64

インド神話物語 マハーバーラタ 上

デーヴァダッタ・パトナーヤク
原書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
64

インド神話物語 マハーバーラタ 下

デーヴァダッタ・パトナーヤク
原書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
64

ボンベイ・アイス

レスリー フォーブス
角川書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
64

関西の人気カレー店32店のオリジナルカレーレシピと副菜合わせて40種類を掲載したレシピ本。 関西の人気カレー店32店のオリジナルカレーレシピと副菜合わせて40種類を掲載したレシピ本。 関西の人気カレー店32店のオリジナルカレーレシピと副菜合わせて 40種類を掲載したレシピ本が完成しました。 自由な発想で店主たちが考えたカレーのレシピをぜひおたのしみください。 また、関西ならではのスパイスカレーカルチャーに着目し 「カレーと音楽はなぜ相性がいいのか? 関西のカレー店×カルチャー座談会」 やコラム「大阪×チャイ」など、食べるだけではないカレーの魅力をお伝えします。 関西のスパイスカレーはカレーのみにあらず!? <レシピ掲載店> アアベルカレー/ガネーシュN/カレーちゃん家/curry家 Ghar/カレー料理店 ヒンホイ/きたかぜとたいよう 旧ヤム邸/Columbia8/森林食堂/スパイスカリー大陸/スパイスカレーて/スパイスカレーまるせ/SPICE CURRY43 スパイスサロン/バビルの塔/すりらんかごはん ハルカリ/創作カレーツキノワ/SOMA/ダルバート食堂/定食堂金剛石 虹の仏/ニタカリバンチャ/ノムソンカリー/はらいそSparkle/バンブルビー/ボタ/ポンガラカレー/梵平 Mr.samosa/Yatara spice/ヤドカリ食堂/六甲山系ピカソ/ワンダカレー店 <関西のスパイスカレーカルチャー> ● スパイスカレーワールドマップ! ● カレーづくりはライブ! カシミール入店レポート ● 谷口カレーと大阪スパイスカレー礼讃 ● コラム スパイスと私/大阪×チャイ ● カレーと音楽はなぜ相性がいいのか? 関西のカレー店×カルチャー座談会 ● カンサイ Spice Shop 探訪 ● 教えて! 石濱匡雄さん ガラムマサラの作り方、ほか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
64

6人の容疑者 上 (RHブックス・プラス)

ヴィカース スワループ
武田ランダムハウスジャパン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
64

関西のスパイスカレー店約30店による、 初心者向けのオリジナルレシピ第2弾! 「関西のスパイスカレーのつくりかた」(2018年)に続き、再び新たなスパイスカレー店約30店による、初心者向けのオリジナルレシピをご紹介。 [ CURRY& NICE カトゥール]による「発酵白菜のチキンカレー」や[アララギ]による「イカとアサリのココナツカリー」、[ガネーシュm 北浜]による「かぼちゃとカリフラワーのカレー」など、関西の人気店店主がオリジナルレシピを考案。カレーとスパイス料理・副菜、合わせて約60のレシピをお届けします。 ◎ 関西のスパイスカレー・カルチャーを紐解く企画も充実。 <レシピ参加店> -大阪- Asian kitchen cafe 百福 アララギ イーカスーク ガネーシュm 北浜 カリーガガ Cafe&Spice リズモ cafe&bar O'hara curry&cafe warung CURRY & NICE カトゥー curry bar nidomi KUMINSOUL CURRY K.D.SMITH 錯覚 サッチェズカリー Synergy スパイスカレー 旬香唐 soratobu kaori 堕天使かっきー ナーガカリー Nampry Curry pimer BAGAWAAN CURRY べジン -京都- naturemian spice curry ムジャラ -神戸- A spice & Beats 大衆スパイス酒場 ニューヤスダヤ みみみ堂 ヨネモンカレー -奈良- TOI印食店 -和歌山- ガネーシュ <特別編> 関西のスパイス料理を語るのに外せない3人、 石濱匡雄さん、カワムラケンジさん、泉井秀介さんがレシピページに参加!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
63

真夜中の子供たち(上) (岩波文庫)

サルマン・ラシュディ
岩波書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
63

停電の夜に ピルザダさんが食事に来たころ 病気の通訳 本物の門番 セクシー セン夫人の家 神の恵みの家 ビビ・ハルダーの治療 三度目で最後の大陸

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
63

あなたの教室

レティシア コロンバニ
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
63

南インドカルチャー見聞録

井生明・春奈&マサラワーラー
阿佐ヶ谷書院
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
63

丘に家が生えるところ 語り部 四月の桜 手紙 母さんの娘 赦す力 いけない本 夜と私 消された炎 森の精霊 亡霊の歯科医 闇に葬られし声の中で ザ・サミット 書くこと まだ見ぬ肖像画 台所仕事 夫の子 深紅のうねり 我が子の写真 ツケの返済 夜明けの大禍時 敗北 女性の肌

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
63

インドへの道 (河出文庫 フ 21-1)

E・M・フォースター
河出書房新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
63

ぼくと1ルピーの神様 (RHブックス・プラス)

ヴィカス スワラップ
武田ランダムハウスジャパン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
63

シャンタラム(上) (新潮文庫)

グレゴリー・デイヴィッド ロバーツ
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search