【2024年】「サッカー」のおすすめ 本 138選!人気ランキング

この記事では、「サッカー」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. アナリシス・アイ サッカーの面白い戦術分析の方法、教えます (小学館新書)
  2. ボールはともだち! 世界を目指せ! キャプテン翼のサッカー教室 (学習漫画 集英社版)
  3. サッカーボーイズ 再会のグラウンド (角川文庫)
  4. 太陽と月: サッカー・ドリーム
  5. 悪魔のパス天使のゴール (幻冬舎文庫 む 1-21)
  6. サッカー店長の戦術入門 「ポジショナル」vs.「ストーミング」の未来 (光文社新書 1182)
  7. アイム・ブルー サッカー日本代表「もう一つの真実」
  8. わかりやすいサッカーのルール (スポーツシリーズ)
  9. Good old boys (集英社文庫)
  10. 風間八宏の戦術バイブル サッカーを「フォーメーション」で語るな
他128件
No.4
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
72

つかめ全国への大会キップ!とどけ約束のラストパス!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
66

日本代表への道

みんなのレビュー
意外と面白い❕
最高
No.35
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
64

ディエゴを探して

藤坂ガルシア千鶴
イースト・プレス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
64

勝つ人のメンタル: トップアスリートに学ぶ心を鍛える法

大儀見 浩介
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
68

高校3年。遼介、ラストシーズン。ピッチで輝くことはできるのか? 高校三年生の遼介が所属する青嵐高校サッカー部は高校総体県予選を準々決勝で敗退し、変化の必要性を痛感していた。遼介はポジション変更を受け入れ、公式戦出場を果たす―。青春ど真ん中、サッカー小説の決定版! 高校三年生の遼介が所属する青嵐高校サッカー部は高校総体県予選を準々決勝で敗退し、変化の必要性を痛感していた。遼介はポジション変更を受け入れ、公式戦出場を果たす―。青春ど真ん中、サッカー小説の決定版!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
64

ルイス・サッカー
講談社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
67

この情熱だけは、誰にも奪わせない。新時代の青春サッカー小説、第二幕!  インターハイ予選の顛末を受け、赤羽高校サッカー部はラストチャンスを得る。最大の祭典、冬の全国選手権への出場が叶えばチームは存続、予選で敗退すれば廃部となることが決まったのだ。  舞原世怜奈の指導の下、戦力強化を図っていく『レッドスワン』にあって、高槻優雅もまた〈指揮者〉として鍛えられていく。  その未来は『絶命』か『生還』か。赤き誇りを取り戻すため、少年たちは最後の決戦に挑む。レッドスワンサーガ、誇りと覚悟の第二幕! その未来は『絶命』か『生還』か。復活を期す古豪チーム『レッドスワン』 に、容赦なき決着の刻が迫る――。 新時代の青春サッカー小説、誇りと覚悟の第二幕!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
63

歩く

ルイス・サッカー
講談社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
67

感染症専門医・岩田健太郎が提言するサッカー行動マニュアル。ウィズコロナ時代のサッカーに関わるすべての方の指針となる一冊。 サポーター、選手、指導者、サッカーに関わるすべての方に読んでほしい! 感染症専門医・岩田健太郎×サッカーオピニオン誌・フットボール批評による サッカーにおける「行動マニュアル」。ウィズコロナ時代におけるスポーツ観戦の指針となる一冊です。 感染症専門医・岩田健太郎×サッカーオピニオン誌・フットボール批評による サッカーにおける「行動マニュアル」。ウィズコロナ時代においてサポーター、選手、指導者、サッカーに関わるすべての方の指針となる一冊です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
63

レッドスワンの絶命 彼女は誰も忘れない

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
62

サッカーの指導者と選手に向けて,モチベーションを高める方法,バーンアウトへの対処法など,心理面の育成に役立つ知見を紹介。 選手の心理面が安定・充実し,自信をもって試合に臨むことは,サッカーの試合結果を左右する重大なカギとなる。モチベーションやピークパフォーマンスを高める方法,意思決定能力を養うトレーニング法,怪我やバーンアウトへの心理的対処法,チームビルディングの考え方など,スポーツ科学に基づく知見をわかりやすく紹介。 サッカーの試合のメンタルは(…中略…)フィジカルやテクニックと比べるものではなく,それ以前のベースとしてあるものだと考えています。 ――岡田武史 氏 批判はつきものであり,たとえネガティブな報道であっても,常に前向きにとらえておく必要があります。一流の選手はそのあたりをしっかり自覚してプレーしているため,「ブレる」ことなくプレーし続けられています。 ――西野 朗 氏 ■主な目次 1章 サッカーにおける心理的スキル 2章 モチベーションを高める方法 3章 ピークパフォーマンスを発揮する方法 4章 意思決定能力に対するトレーニングアプローチ 5章 各年代で必要な心理的・社会的スキル 6章 シーズンでの心理的アプローチの方法 7章 怪我による心理的対処方法 8章 バーンアウト 9章 チームビルディング 10章 セカンドキャリア 11章 サッカーにおけるメンタルトレーニングの実践例  はじめに 1章 サッカーにおける心理的スキル  サッカー選手にとって「こころ」とは何か?  サッカー選手に必要な心理的スキルとは?  心理的スキルを向上させる 2章 モチベーションを高める方法  動機づけの正体を知る  モチベーションを高める方法 3章 ピークパフォーマンスを発揮する方法  覚醒とパフォーマンス  ピークパフォーマンスの心理的特徴と個人差  ピークパフォーマンスの分析  心理的ゾーンに導くためのヒント 4章 意思決定能力に対するトレーニングアプローチ  意思決定とは  意思決定プロセスと理論的枠組み  意思決定に対するトレーニングアプローチ  意思決定能力を養う取り組みから得られる効果と留意したいこと 5章 各年代で必要な心理的・社会的スキル  U−12  U−15  U−18  大学生  社会人/プロ 6章 シーズンでの心理的アプローチの方法  シーズンでのピリオダイゼーション  「メゾサイクル」の三つの構成と心理的アプローチ 7章 怪我による心理的対処方法  サッカーにおける傷害の取り組み  サッカーにおける傷害について  スポーツ傷害発生の特徴  怪我の予防とトレーニング  受傷後の心理的特徴  負傷した選手への心理的援助  受傷体験と成長 8章 バーンアウト  バーンアウトとは  スポーツにおけるバーンアウト  サッカー選手におけるバーンアウトの特徴  サッカーコーチのバーンアウト  バーンアウトを抑制・予防するための対処法 9章 チームビルディング  チームビルディングの枠組み(考え方とプロセス)  チームビルディングに効果を発揮する心理学的メソッド 10章 セカンドキャリア  トップアスリートの現状  キャリア・トランジション  アスリートのセカンドキャリア形成の現状と課題  アスリートのセカンドキャリアに向けて現役時代に培ったと考えられる能力  トップアスリートのセカンドキャリア支援の取り組み  アスリートライフスタイルおよびデュアルキャリア  諸外国におけるプロサッカー選手のキャリア支援 11章 サッカーにおけるメンタルトレーニングの実践例  サッカーにおけるメンタルトレーニングの実践  日本の事例  アジア・太平洋地域の事例  おわりに  文献

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
62

顔をなくした少年

ルイス サッカー
新風舎
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
66

高校サッカー第100回大会を記念し、藤井貴彦アナをはじめとした全国のアナウンサーが、名選手のエピソードや取材裏話を語り尽くす 全国高校サッカー選手権が100回大会を迎えることを記念し、高校サッカーを愛するアナウンサー、日本テレビの藤井貴彦アナが、福岡放送の福岡竜馬アナや札幌テレビの岡崎和久アナをはじめとした日本全国の地元局アナウンサーたちとともに、その魅力を語り尽くす一冊。 高校サッカー決勝の実況も担当した藤井アナが、自らの高校サッカー取材裏話や高校サッカー中継の仕組みなどを解説するほか、地元局のアナウンサーたちが、彼らだけが知る名選手たちの高校時代…星稜の本田圭佑、滝川第二の岡崎慎司、野洲の乾貴士、鹿児島城西の大迫勇也、青森山田の柴崎岳、四日市中央工の浅野拓磨、鹿児島実業の遠藤保仁、東福岡の長友佑都、韮崎の中田英寿らの素顔や、伝説的な試合の実況、取材の裏側を明かします。 さらに、本書の中には、内容と連動した動画を見られるQRコードを掲載。 「アナウンサーたちのエピソード」×「名シーン」で高校サッカーの魅力をより深く味わえます。 ■執筆アナウンサー 藤井貴彦アナ(日本テレビ) 福岡竜馬アナ(福岡放送) 岡崎和久アナ(札幌テレビ) 平井雅幸 元アナ(テレビ岩手) 牧田もりかつアナ(元びわ湖放送、現フリー) 小澤昭博アナ(読売テレビ) 佐藤肖嗣アナ(長崎国際テレビ) 平田雅輝アナ(三重テレビ) 梶原誠アナ(KBS京都) 岡本善久 元アナ(鹿児島読売テレビ) 田中憲行 元アナ(テレビ金沢) 湯浅明彦アナ(サンテレビジョン) 田邊研一郎アナ(日本テレビ) 森拓磨アナ(広島テレビ) 上野透アナ(北日本放送) 山本紘之アナ(日本テレビ) はじめに 第1章 高校サッカー全国大会の中継システム ●東か西かで大きな違い ●各地元局のエースが東京に ●初参加アナウンサーの受ける衝撃 ●大会議室での自己紹介 ●「チーム高校サッカー」は、圧倒的なエネルギーを放つ ●日本テレビ系にとどまらない協力 第2章 取材が命 ●最強の地元局アナ ●監督、選手からの信頼を得ること[三重・四日市中央工]  ●その土地ならではのサッカースタイル ●寮から15秒でグラウンド[福島・尚志]  ●雪国の取材・南北対決[北海道・旭川実]  ●地元の名門と共に[長崎・国見]  ●スパイ疑惑と戦う県外アナ、でも真心は伝わる ●取材は日没からが勝負 ●どこでも取材現場になる[千葉・市立船橋]  ●食事とお酒と必死のメモ[群馬・前橋育英]  ●登録23人とそれを支える部員たちの取材 ●松澤隆司総監督の教え[鹿児島・鹿児島実] 第3章 名選手も高校生だった ●日本を代表する選手たちの高校時代 ●“サッカーのまち”で出会った中田英寿 ●セクシーフットボールとサッカー小僧・乾貴士 ●飾らない人柄・岡崎慎司 ●サッカーの天才・遠藤保仁を育てた地獄のトレーニング ●大迫勇也・半端ない伝説は、ここから始まった ●長友佑都が「1選手」だった頃 ●想像を超える先輩・長友佑都 ●柴崎岳「自己発見、自己改善」できる能力 ●本田圭佑も高校生だった 第4章 さあ、中継が始まる ●近づく全国大会 ●奇跡のリポート[三重・四日市中央工]  ●敗者リポートまで時間がない ●散り際 ●関大一高が夢の舞台で起こした奇跡 ●応援席リポーターの奮闘 ●画用紙作戦 ●応援席で見つけた第100回大会の顔 ●恐怖を感じた応援席リポート ●解説者も笑顔にする応援席リポート ●まさかのお母さんフォーメーション ●メインを支えるサブアナ ●たった一言のための地道な確認作業  特別企画 高校サッカー 実況ハプニング集 ●負の連鎖 ●まさか ●魂の叫び ●ゴール決めたの誰っ!?  ●言い間違い ●君はダメだ 第5章 舞台は国立、埼スタへ ●1月3日でさようなら ●中継スタッフが大合唱する応援歌 ●メイングループに入りたい ●高校サッカーでの苦しみは、アナウンサー人生の最高の喜び ●結婚式を入れてしまったのですけど ●地方局のアナウンサー代表という重圧 ●準決勝実況を志したベンチコート ●国立のトイレでリポートの練習 ●選手と共に体験した「非日常」 ●ピッチサイドから見上げた、満員のスタジアム ●瞬間最高視聴率62 .6%[富山・富山第一]  ●地元局アナだけに伝えた緊急手術[岩手・盛岡商] あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
66

日本サッカーを背負うと嘱望されながら、19歳で下半身不随に。夢と才能を奪われた青年が車いすサッカー監督になるまで挑戦の日々。 小学生の頃から全国レベルで活躍した少年は、1983年1月のサッカー全国高校選手権で圧倒的な存在感を示し、人気漫画「オフサイド」のモデルとなった。だが、その8ヵ月後、事故で下半身不随になり、欧州でプロになるという夢を奪われてしまう。どん底まで突き落とされた彼を絶望の淵から立ち上がらせ、世界初の車いすのプロサッカー監督にしたのは、おおらかで強靭な愛の力だった。 ●1974年、甲府に生まれた10歳の少年が、日本で初めて生中継されたW決勝を観て、J・クライフに憧れ、サッカーに夢中に。●小学校時代から全国レベルの大会で活躍し、中学3年生でU19代表合宿に召集。●全国高校選手権では、ケガや病気を抱えながら、3年連続国立の舞台に立ち、1年3位、2年3年2位となった韮崎高校の主要メンバーとして活躍。●1983年、19歳の夏、バイクの単独事故で下半身不随に。●数度に渡る手術、リハビリを経て、山梨県庁へ就職。高校時代の同級生と結婚。●1993年、Jリーグ開幕の年に、指導者を志し、県庁を退職し、バルセロナに移住。●2000年、帰国し、サッカー解説者として生活しながら、S級ライセンス取得を目指す。●2007年、世界で初の車いすのプロサッカー監督となる。 序章 第1章 第2章 第3章 第4章 第5章 あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
66

ボールを奪い取ることのできる球際での「5種類の型」を身につけると「球際の強度」が上がる。全く新しい理論をわかりやすく解説。 ボールを奪い取ることのできる球際での「5種類の型」を身につけると「球際の強度」が上がる。全く新しい理論をわかりやすく解説。 ボールを奪い取ることのできる球際での「5種類の型」を身につけると「球際の強度」が上がる。全く新しい理論をわかりやすく解説。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
66

プロ予備軍と高校の部活チームが切磋琢磨する日本サッカーのユース年代。今後の日本サッカー界を支えるのはどっちだ!? Jリーグ発足以来、高体連サッカー部とJリーグアカデミーはお互いに切磋琢磨することで、日本サッカーの質を高めていった。これは世界でも類を見ない育成のシステムではないか。果たして今後の日本サッカーを背負っていくのはどちらなのか。  本企画ではプロ養成機関のJリーグアカデミー、そしてJアカデミーと互角に戦う高体連サッカー部の強豪高にスポットを当て、次代の日本サッカーを担う両組織のメリット、デメリットなどを検証していく。 【目次より】 第1章 日本サッカー協会が目指す育成の姿      日本サッカー協会 JFAユース育成ディレクター 池内豊 第2章 高体連サッカー部強豪校の監督に聞く1      流経大付属柏高校サッカー部監督 本田裕一郎 第3章 高体連サッカー部強豪校の監督に聞く2      前橋育英高校校長 サッカー部監督 山田耕介      第4章 Jクラブユースの指導者に聞く1      FC東京 U-18監督 中村忠 第5章 Jクラブユースの指導者に聞く2      柏レイソル アカデミーダイレクター兼スカウト 渡辺毅 第6章 日本サッカー界の育成に異議あり      ACミランアカデミー千葉       テクニカル・ディレクター ルカ・モネーゼ 第7章 育成年代・世界と戦うために必要なものとは      日本サッカー協会 U-18日本代表監督 影山雅永

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
66

小学三年生の勇翔の夢はプロサッカー選手。父・拓也は、息子に現実を気づかせるため、無謀と知りながらもJリーグ下部組織のセレクションを受けさせた。それをきっかけに勇翔は「サッカーノート」を書き始める。拓也は子供のスポ ーツに過熱する親たちの中で、息子との向き合い方を見つめ直していく。スポーツを通して親子二人の成長と、子育てのリアルな悩み、喜びを描いた感動の家族小説!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
62

主審・副審の基本テクニックを始め、プレイヤーの年齢に合わせたポイントなど、少年サッカーならではの注意点を詳しく解説 ★ パパ・ママ&コーチ必見! ★ 審判のノウハウ、ルールを写真と図解で徹底解説! ★ 審判・副審・第4の審判員の的確な動き方。 ★ 少年サッカーならではの注意点。 ◆◇◆ 本書について ◆◇◆ 「息子のサッカークラブで、試合の審判を頼まれたが、 結局できそうもなくて断ってしまった」 「大学で小学生にサッカーを教えているが、 審判についても少し勉強してみたくなった」 本書では、そんな人たちのために、 少年サッカーの試合を裁く審判のノウハウを、 50の「コツ」として紹介している。 そして、それぞれのコツは、覚えやすいように、 重要なポイントを3つに絞り、 「ツボ」として解説している。 パート1は「キックオフまでの準備」、 パート2は「主審の役割」、 パート3は「副審&第4の審判員の役割」 について解説。 すべて読んでもらうのがベストだが、 時間がない場合は、自分が受け持つパートだけでも しっかりと頭に入れていただきたい。 また、各コツでは、少年サッカーならではの 現象や注意点も書かれているので、 ぜひ参考にしてもらいたい。 本書を読んで審判法やルールを理解することにより、 自信を持って審判を担当することができる。 実際に審判をやらない方でも 本書の最新のサッカールールに加え、 審判としての知識も身につけられれば、 サッカーがよりおもしろくなるのは間違いない。 ◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆ ☆PART1キックオフまでの準備 試合のジャッジだけが、審判の仕事ではない。 キックオフまでに、下準備を済ませておく。 * コツNo.01 1試合を走り抜く走力とスタミナをつくる * コツNo.02 ルール、試合時間などは前日までに入念に確認する ・・・など全7項目 【コラム1】 8人制サッカーの競技規則 ☆PART2主審の役割 主審は、誰もが納得するスムーズな ゲームコントロールを常に追求するように心がけたい。 * コツNo.08 競技のスムーズな進行のために リーダー意識を常に持つ * コツNo.09 フィールド上を対角線に 走り多角的にプレーを見る * コツNo.10 キックオフを行う選手を除いて、 すべての選手が自陣に入っていることを確認する ・・・など全31項目 【コラム2】 8人制サッカーのフィールド ☆PART3副審&第4の審判員の役割 副審と第4の審判員は主審の要求に応じて、 必要なところで積極的に主審をサポートする。 * コツNo.39 役割を分担して 主審を援助する * コツNo.40 攻守の違いを示すため あげる旗を左右で持ち替える * コツNo.41 タッチラインの外側を オフサイドラインに合わせて動く ・・・など全12項目 ※ 本書は2016年発行の 『少年サッカー審判マニュアル正しい判断と動き方がわかる』 を元に加筆・修正を行った新版です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
66

無名の高校生16歳、リアル青春サッカー小説。 2011年、高校生になった武井遼介は、関東の強豪サッカー部に入部する。東日本大震災から1ヶ月、ふつうにサッカーができる現状に葛藤を抱きながら、遼介は新入部員約50名でスタートした部活に励む。しかし、全国大会を視野に入れたレベルの高い部内では、1年生チームの中ですらポジションを確保できずにいた。やがて1年生は2チームに分裂し、紅白戦が開催されることに。勝敗によって両チームの選手を入れ替えるサッカー版“大富豪”という特殊ルールで、遼介はチーム内での立場を思い知らされ、夏の1年生大会、ルーキーズ杯へと向かう――。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
66

次の試合で負ければ解散という危機の山ノ下小学校FC6年1組。チームのために熱血GK・神谷一斗と天才FW・日向純が勝利をめざしてたたかう青春小説! 19歳の新人が描く期待のデビュー作!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
66

北京で五輪を堪能し、ロンドンでサッカーの醍醐味を味わい、バルセロナではピカソに共感。アキレス腱断裂のピンチに陥るも、全国の湯治場を巡りつつリハビリに励み、国会議事堂では大物代議士をちら見…。万城目学が世界を駆け回って驚きや感動を綴った奇想天外エッセイ集。文庫化に際し、2011年秋に平壌で行われたサッカーW杯アジア3次予選の観戦記「眉間にシワして、北朝鮮」を特別収録。 第1章(現場から万城目学です 万太郎がゆく、湯治と観戦 ほか) 第2章(『小公女』 11月を11度 ほか) 第3章(のろいのチャンネル まちくらべ ほか) 第4章(世界のことば 万太郎がゆく、北京オリンピック観戦記 ほか) 第5章(眉間にシワして、北朝鮮)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
66

好きな人が、好きな人と、 幸せになれたら良いのに。  青森市条高校サッカー部は奇跡のチームだった。稀代の名将と、絶対的エースの貴希に導かれ、全国の舞台に青の軌跡を描いたのだ。  あの頃、サッカー部の部員たちは、誰もが一度はマネージャーの真樹那を好きになっている。だが、皆が理解していた。真樹那が幼馴染みの貴希を愛していることを。そして、その貴希が別の誰かを愛していることを……。 『青の誓約』を胸に刻み、少年たちは大人になる。  恋愛小説の名手による新時代の青春群像劇、開幕! あの頃、サッカー部の部員たちは、誰もが一度は真樹那を好きになった。 だけど、彼女は理解していた。愛する貴希が、自分以外の誰かを愛してい ることを。恋愛小説の名手による新時代の青春サッカー群像劇、開幕!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
66

旅するサッカー

吉田麻也
ソル・メディア

長崎→名古屋→オランダ→イングランド…出会いがあって、そして、ブラジルを目指す旅。家族や恩師、先輩や仲間から届いたエールと苦言!今回はイジられて、気がつけばマジ語り。25歳、これが素顔の吉田麻也。 吉田穂波-物語のはじまり、振り返れば兄がいた 楢崎正剛-偉大なる先輩から、今も昔も愛ある叱咤 セフ・フェルホーセン-オランダ人監督が見出したセンターバック像 ハイ・ベルデン、イボン・フロス-息子よ、オランダのお父さんお母さんより カレン・ロバート&大津祐樹-マヤがいたフェンロ、マヤがいないフェンロ 内田篤人-日本代表で、欧州生活で、いつも隣にいる男 李忠成-戦友とサウサンプトン生活あれこれ 香川真司-ともにプレミアへ。ユナイテッドから見えた風景 吉田麻也、一問一答 独白-2013年日本代表のこと

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
65

がむしゃらでピュアな少年たちを描く青春スポーツ小説、感動のフィナーレ! 県大会出場をかけた大事な試合で右膝を怪我してしまった遼介。キャプテンが離脱し、桜ヶ丘中サッカー部は不穏な空気に包まれる。遼介たち3年生にとって、中学最後の大会となる夏の総体が1ヶ月後に迫っていた――。 県大会出場をかけた大事な試合で右膝を怪我してしまった遼介。キャプテンが離脱し、桜ヶ丘中サッカー部は不穏な空気に包まれる。遼介たち3年生にとって、中学最後の大会となる夏の総体が1ヶ月後に迫っていた――。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.114
65

サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンド (角川文庫)

はらだ みずき
角川書店(角川グループパブリッシング)

もう一度、あの場所に立ちたい。 キーパー経験者のオッサがサッカー部に加入したが、つまらないミスの連続で、チームに不満が募る。14歳の少年たちは迷いの中にいた。挫折から再生への道とは……青春スポーツ小説シリーズ第3弾! キーパー経験者のオッサがサッカー部に加入したが、つまらないミスの連続で、チームに不満が募る。14歳の少年たちは迷いの中にいた。挫折から再生への道とは……青春スポーツ小説シリーズ第3弾!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
65

体罰、しごき、イジメ…理不尽な指導はなぜなくならないのか?「楽しむ」ことが悪になる部活スポーツに未来はない。その指導、子どものためになっていますか? 第1章 暗闇-高校サッカーの不都合な真実(あるサッカー少年が味わった地獄 大成した選手の陰で多くの犠牲者が出ている ほか) 第2章 葛藤-指導者たちが抱えるジレンマ(スパルタ式の鬼監督が抱えていた葛藤 「部員が辞めないこと」を大切にした滝二 ほか) 第3章 土壌-理不尽な指導がなくならない理由(猛特訓で伝説となったワールドユース日本代表 一世を風靡した「スポ根」が生み出したもの ほか) 第4章 新風-「楽しむ」を悪にしない指導者たち(高校選手権で勝つことだけを目標にしない成立学園 大人数でも練習機会を平等に与える東久留米総合 ほか) 第5章 未来-「育成」のあるべき理想像とは?(高校の実態は明らかに「マネージャーズ・ファースト」 強豪校のブランドにひそむ危険な落とし穴 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
65

スパイクを買いに (角川文庫)

はらだ みずき
KADOKAWA/角川書店

“人生の忘れ物”を取り戻すまでを描く、再生の物語。 41歳の岡村は、息子がサッカー部を辞めた理由を知るため、地元の草サッカーチームに参加する。思うように身体は動かないが、それぞれの事情を抱える仲間と過ごすうち、岡村の中で何かが変わり始める……。 41歳の岡村は、息子がサッカー部を辞めた理由を知るため、地元の草サッカーチームに参加する。思うように身体は動かないが、それぞれの事情を抱える仲間と過ごすうち、岡村の中で何かが変わり始める……。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.122
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.123
65

シリーズ13周年! 500万部突破の大ベストセラー!! ジャックとアニーは、魔法のツリーハウスで、いろいろな時代へ冒険に出かけていた。ふたりは、サッカーの神様といわれるペレ選手に会うため、1970年ワールドカップの決勝戦を見に行くことになったが……。 ジャックとアニーは、魔法のツリーハウスで、いろいろな時代へ冒険に出かけていた。ふたりは、サッカーの神様といわれるペレ選手に会うため、1970年ワールドカップの決勝戦を見に行くことになったが……。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.126
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.127
62
みんなのレビュー
最初下手くそな風祭が成長する姿がかっこいいそれを見ているとサッカーが頑張れる
No.128
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.129
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.131
65

日本代表、Jリーグの戦友たちが語る香川真司の神髄 香川真司の正しい使い方-プレーヤーとしての特性から読み解く 香川真司の成長曲線-モイーズ体制での飛躍の可能性を検証する 正しい英国生活のススメ-イングランド人記者が香川にアドバイス ユナイテッドのサポーターに聞く「KAGAWA」の評価 西部謙司の戦術サミット Tactics Summit 008 Specialマンチェスター・ユナイテッドクロニクル 香川真司の経済効果-パクチソンの後に香川を獲得した理由 香川はFCバルセロナの10番になれるか? 香川と宮城の幸福な"邂逅"-FCみやぎバルセロナで磨かれた原石 桜の時代-セレッソ寮長とモリシが明かす香川〔ほか〕

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.133
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.134
65

長期政権、継承力、天才タイプ、ハイリスク、限られた戦力を最大限に活かすリアリスト……それぞれのチーム作りと哲学に迫る 信念を貫くということ――ファン・エスナイデルの場合 天才選手は天才監督になりえるか――風間八宏の場合 長期化する創業者――ミハイロ・ペトロヴィッチと西野朗の場合 継承力――森保一と長谷川健太と堀孝史と鬼木達の場合 リアリストの見る夢――反町康治と曺貴裁の場合 長期的戦略と監督えらび――日本代表監督の場合

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.135
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.137
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.138
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search