【2024年】「sdgs」のおすすめ 本 36選!人気ランキング

この記事では、「sdgs」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. こどもSDGs(エスディージーズ) なぜSDGsが必要なのかがわかる本
  2. 60分でわかる! SDGs 超入門
  3. 未来を変える目標 SDGsアイデアブック
  4. わたしがかわる みらいもかわる SDGsはじめのいっぽ
  5. SDGs思考 2030年のその先へ 17の目標を超えて目指す世界
  6. 10歳からの図解でわかるSDGs 「17の目標」と「自分にできること」がわかる本 (まなぶっく)
  7. みんなのSDGs (未来を変えるメッセージ)
  8. お笑い芸人と学ぶ13歳からのSDGs
  9. 図解即戦力 SDGsの考え方と取り組みがこれ 1 冊でしっかりわかる教科書
  10. 2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望
他26件
No.2
92
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
73

外務省の担当官がつくった初のSDGs絵本。SDGsの基本的な理念を理解し、具体的な行動を身につけていくことができます。 作者の原琴乃さんは、外務省で国内外の持続可能な開発目標(SDGs)推進を担当してきた、言わばSDGsの第一人者です。 この一冊を通じて、ともすればわかりにくい・教えにくいSDGsの基本的な理念を理解し、具体的な行動を身につけていくことができます。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
64

みんなのSDGs (未来を変えるメッセージ)

水谷孝次& MERRY PROJECT(作)
リベラル社

SDGsをストーリーでわかりやすく楽しく学べる大人から子どもまで読める絵本。 SDGsをストーリーでわかりやすく楽しく学べる大人から子どもまで読める絵本。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
62

SDGsの大人気講座が書籍化! 本書で世界や日本の問題について考え、行動しよう。難しそうなSDGsがきっと「自分ごと」に! ★企業、自治体、学校で人気のSDGsの講座が書籍化★ 「なんだか難しくて、よくわからない」 「結局、何をしたらいいの?」 「自分に関係あるの?」 政府、企業、学校などが取り組むSDGs(持続可能な開発目標)について、 このようにお感じになっていないでしょうか。 そんなあなたに、お笑い芸人のたかまつななさんがやさしく解説! たかまつさんは「笑って学ぶSDGs」という講座を全国の学校や自治体などに届けています。 講座の内容を踏まえた本書は、単にSDGsを「知る」ための本ではありません。SDGsを自分ごととして「行動する」「議論する」という、アクティブに取り組める内容も含みます。 ●知る 第1章は、地球の未来に警鐘を鳴らしています。 第2章では、「持続可能」について、3分読める分量で解説しています。 第3章は、17のゴールの解説です。 スッキリとした文章で、「自分ごと」に思えるよう工夫しています。 ●行動する 第4章では、100個の身近なアクションを挙げています。 今日からSDGsのために行動できます。 ●議論する 第5章では、現代の日本が抱える5つのテーマを挙げています。 答えのない問題を考える教材として最適です。 ビジネスでも受験でも必要なSDGs。 本書を学校や自宅、会社に置いて、新しい時代の教養を身につけよう! SDGsの大人気講座が書籍化! 本書で世界や日本の問題について考え、行動しよう。難しそうなSDGsがきっと「自分ごと」に!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
58

注目のSDGsをビジネスの視点で解説。15の産業グループ別にリスクと機会を分析する。企業担当者、金融市場関係者必読の書。 注目のSDGs(持続可能な開発目標)をビジネスの視点で解説。 15の産業グループ別にSDGsのリスクと機会を分析する。 企業担当者、金融市場関係者必読の書。 「企業はSDGsを経営にどう位置づけるべきか?」 「『17の目標への紐づけ』の先にあるものは?」 「なぜ投資家がSDGsに関心を示すのか?」 「SDGsからみる金融市場の未来とは?」――その答がここにある 2030年を目指した国連の持続可能な開発目標、SDGsが時代のキーワードになっている。 中期経営計画にSDGsを取り込む企業も登場した。 新規事業立案や企業価値向上にどのように生かしていくのか。 新たに登場したSDGs関連の金融商品など、ESG(環境、社会、ガバナンス) 投資との関係を明らかにしながら、企業の活用法を紹介する。 第1部は、SDGsの成り立ちや企業にまつわるSDGs推進の動きを解説する。 各業界の代表的な取り組みを紹介するとともに、SDGsの具体的な活用方法を探る。 既存の製品・サービスを棚卸してSDGsを経営に位置付けるとともに、 情報開示をいかに進めるか、将来の成長とリスク回避につなげるための考え方を紹介する。  そして、近年急拡大しているESG(環境・社会・ガバナンス)投資とSDGsとの 関係にも踏み込み、金融市場の今後の展望を明らかにし、さらに民間企業がESG投資を 呼び込むためのビジネスの展開方法を解説する。 第2部は「食品・飲料品」「建設・不動産」「鉄鋼・非鉄金属」 「機械・精密機械」「輸送用機器」など15の産業グループ別にSDGsに 取り組んだ場合の機会と、SDGsに向き合わなかった場合のリスクを分析する。 どのような分野にビジネス機会があるのかについても紹介する。 ◆はじめに ◆本著の構成 ◆第1部 ビジネスと金融からSDGsを読み解く  1.SDGsとは何か   (1)SDGs採択までの背景    MDGsからSDGsへ -普遍的な国際目標-/策定プロセスとステークホルダ/目標設定と求められるアプローチ方法/資金需要と期待される資金源   (2)SDGsと企業    SDGsのリスクと機会/企業行動指針‐SDG コンパス-/業界別取り組み事例集 -SDGs Industry Matrix-/企業によるSDGsの情報開示 - Business Reporting on the SDGs-/企業側のレスポンス   (3)日本におけるSDGs -政府と企業の動きを中心に-    日本のSDGs達成状況の評価/政府のSDGs実施指針、SDGsアクションプラン2018/なぜ政府がSDGsを進めるのか/    民間企業の現状認識 -経営陣に求められる理解促進-/経団連 -企業行動憲章の改定-/各ステークホルダーへの期待  2.金融市場とSDGs   (1)なぜ、投資家がSDGsに関心を示すのか    投資家からの高い期待/機は熟していた   (2)金融市場におけるカタリスト    気候リスクの主流化/グリーンボンド市場の成長/インパクト投資市場の成長   (3)SDGsから見た金融市場への期待    マイクロファイナンスによる金融包摂(SDGsターゲット1.4、8.10)/持続可能な農業・畜産業・漁業のための金融(SDGsターゲット2.c)/    農産物デリバティブ市場の機能(SDGsターゲット2.3)/女性活躍のための金融(SDGsターゲット5.a)/中小零細企業やベンチャー支援(SDGsターゲット8.3、9.3)/    送金コスト引き下げとフィンテック(SDGsターゲット10.c)/途上国におけるインフラ開発(SDGsターゲット9.a)/保険(SDGsターゲット3.8、8.10、11.b)   (4)意思を示す投資家、それに応える金融市場    投資家の視点:自分の勘定をどこに振り向けるのか/資産運用:商品・サービスとしての付加価値/    金融市場を後押しするステークホルダー:そして、メインストリームへ/資金調達手法の視点:色のついたお金のループ   (5)SDGsに貢献する金融市場となるために    責任投資原則によるSDGsの促進/ポジティブ・インパクト・ファイナンス原則の浸透/求められる投資効果:インパクト評価の普及/国を挙げた取り組み:オランダの例から   (6)SDGsからみる金融市場の未来    時間軸の悲劇を回避する/使途にこだわる投資家になる/インパクトを企業評価に反映する:三次元か、二次元か/持続可能性資本主義への挑戦  3.企業はSDGsをどう経営に位置づけるべきか   (1)日本企業にとって魅力的なSDGs   (2)SDGsが求めるマテリアリティ・配慮事項    自社のマテリアリティの考え方/SDGs達成に貢献する企業の取り組み類型と事例   (3)企業の取り組みへのヒント    自社の事業を17の目標に紐付けることの意義/既存の製品・サービスをたな卸ししてみよう(ロジックモデルの効用/インパクト評価を試みよう/    17の課題を表の右におくのか、左におくのか/内需中心の企業でも取り組みはできる/SDGsをバブルに終わらせないために ◆第2部 産業別・SDGsのリスクと機会  1.農林水産  2.食品・飲料品  3.建設・不動産  4.石油・化学  5.鉄鋼・非鉄金属  6.機械・精密機械  7.輸送用機器  8.医療  9.繊維・アパレル  10.生活資材  11.流通  12.エネルギー  13.運輸  14.観光  15.情報通信

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
57

SDGsに取り組みたい、でも何からやればいいの? そう感じている人のために、本書では身近なところにあるSDGs×ビジネスの事例を多く集め、事例をもとに専門用語を使わずにやさしく解説。ビジネスパーソンが取り組みやすいように、マーケティングの4PとSDGsの5P(People、Planet、Peace、Prosperity、Partnership)を掛け合わせた独自フレームワークを用いているのも特徴の1つ。SDGsをどう事業に取り入れればよいか、具体的なアイデアが湧きやすい構成になっています。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
57

SDGsの基礎

事業構想大学院大学 出版部
宣伝会議
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
57

日常生活で使う100以上の品物を取り上げて、「物の使い方」をどう変えれば地球環境にポジティブな影響を与えられるかを解説。 この本は、日常生活で使う100以上の品物を取り上げて、「物の使い方」をどう変えれば地球環境にポジティブな影響を与えられるかを教えてくれる、スタイリッシュなガイドです。家庭から、職場から、変化を起こしはじめましょう。変化の主人公はあなた、あなたの家族、友人たち。地球を救うためになすべきことを全部考えたら、たくさんありすぎて押しつぶされてしまいそうに感じます。本書は、そんな「やる前からくじけそうな気持ち」への解毒剤。読みやすい語り口で、科学の裏付けがある、変化を起こすために必要なインスピレーションや情報がふんだんに書かれています。実行しやすい内容やヒントもたくさんあります。あなたは、日常生活の中で使う品物、する作業、日頃の習慣について、賢い選択をするだけです。著者は環境学者で、地球規模の気候変動の専門家。この本はサステイナブル(持続可能)な生活の楽しさや便利さを教えてくれます。 【本書の特長】 1.日常生活で使う100以上の品物を取り上げて、物ごとに「使い方」を解説 キッチンからベッドルーム、職場から学校まで、身の回りの「物の使い方」をどう変えれば地球に負荷をかけずに生活できるかを、科学的な裏付けに基づき解説しています。 2.実行しやすい内容やヒントがたくさん 暮らしのなかで実行できる具体的なヒントや情報が満載。専門用語を使わず、明るく親しみ易い語り口で、サステイナブルな生活の楽しさや便利さを教えてくれます。 3.情報がコンパクトで読みやすい それぞれのテーマは2~4ページ単位で簡潔にまとまっているので、興味関心に合わせてどこからでも、短い時間で読むことができます。 4.豊富なコラムでさらなる学びを さまざまなトピックを取り上げた豊富なコラムページでは、環境問題に関する各国の取り組みや最新の情報を学ぶことができます。 5.著者は環境学者で、地球規模の気候変動の専門家 タラ・シャイン博士は、国際的な場で活躍する環境学者であり、女性科学者のためのグローバルリーダーシッププログラムのメンバーです。 日常生活で使う100以上の品物を取り上げて、「物の使い方」をどう変えれば地球環境にポジティブな影響を与えられるかを解説。親しみやすい語り口で、サステイナブル(持続可能)な生活の楽しさや便利さを教えてくれる。 序文 はじめに ●キッチン 電気ケトル/ティーバッグ/最初のプラスチックフリーティーバッグ/コーヒーの本当の値段/コーヒーメーカー/サステイナブルな食品/アルミホイルとアルミトレー/食品ラップフィルム/ベーキングペーパー/プラスチック製食品保存袋/食器洗いブラシとスポンジ/台所用洗剤/キッチンペーパーとペーパーナプキン/鍋とフライパン/飲料水ペットボトル/ごみ袋/ごみを考える ●掃除・洗濯 洗濯機/未来の洗濯のかたち/洗濯用合成洗剤/タンブル乾燥機/フットプリントと商品ラベルについて/電気掃除機/掃除用品 ●リビングルーム テレビ/小さな島国での廃家電問題への取り組み/ソファ/プラスチックごみから家具を作る/カーペット(および床材)/暖炉/芳香剤/サーモスタット(温度自動調節器)/エネルギーと電気/電池/電球・蛍光灯/携帯電話/レコード盤 ●ベッドルーム 靴/ジーンズ/フリースジャケット/ストッキングとタイツ/ファストファッション/ドライクリーニング/掛け布団/耳栓 ●バスルーム 歯ブラシ、練り歯磨き、その他のデンタルケア製品/史上初! 電池がない「電動歯ブラシ」/リキッドソープ/ウェットティッシュ/使い捨てカミソリ/デオドラント剤/日焼け止め/プラスチックをめぐる問題/化粧品/サステイナブルな化粧品/綿棒/絆創膏/生理用品/吸収型サニタリーショーツ/トイレットペーパーとティッシュペーパー/おむつ ●庭とガレージ 芝刈り機/物置小屋/園芸用土/育苗トレーとポット/除草剤/電動ドリル/ロープと紐/塗料/環境にやさしい形で塗料を使いきろう/自動車/ジップカー(Zipcar)/犬用エチケット袋/猫砂/ペットフード ●職場と学校 テイクアウト用飲料カップ/コンピューター/リペアカフェ/ペン/余剰品や不要な品をクリエイティブな活動に生かす/プリンターとインク/印刷用紙/ラメ、接着剤、シール、クレヨン/スライム ●余暇時間 ヨガマット/ランニングギア/自転車/水着/海から来た水着/トレーニングマシン/ゴルフクラブ/スポーツドリンク、スポーツフード/傘/サングラス/新聞/本 ●パーティーとお祝い ストロー/食べられるストロー/おもちゃ/おもちゃ図書館は楽しい/風船/パーティーバッグ/ラッピング/使い捨てBBQグリル/イースターエッグチョコ/ハロウィーンの仮装用衣装/クリスマスツリー エコロジー・ツールボックス―環境にやさしい生活のために活躍する10のアイテム 用語集 もっと知りたい人のための文献紹介 索引 著者紹介

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
57

人類の未来を変えるための目標「SDGs」。ビジュアルでわかりやすく解説します。 17の目標と169のターゲットを始め、SDGsについて、子どもたちに知ってもらい、他人事ではなく、自分たちの課題として、考えられるようになってもらう。この1冊でSDGsの全体像がわかる「子ども向けSDGs総論本」。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
56

マンガ+ワーク+図イラストつき解説の三つの手段で、知りたかったテーマがすっきりわかるシリーズ。タイムスリップしてきたネコロボットミライが、小学5年生のメイ、悟、理人へSDGsに取り組むためのヒントを与える。SDGsを自分事としてとらえ、身近な存在にするための本。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
56

「今まで誰もできなかったこと」を次々やってのけたのは、知識も伝手もない42歳の元営業マンだった!?"技術"と"しくみ"と"ブランディング"でリサイクルのマネタイズに成功した注目の起業家が、その驚きのビジネスモデルの全貌を語る。 第1章 ごみを「資源」に戻す、すごい"技術"-なぜ知識も伝手もないベンチャーが、世界初の技術を開発しつづけられるのか? 第2章 消費者と企業をつなぐ、すごい"ビジネスモデル"-なぜ小さなベンチャーが、誰も真似できないしくみをつくれたのか? 第3章 誰もが参加したくなる、すごい"ブランディング"-なぜ実績ゼロの会社が、150の企業・団体を巻き込めたのか? 第4章 お金を回しつづける、すごい"マネタイズ"-なぜお金のないスタートアップが、100か月連続単月黒字を達成できたのか? 第5章 小さくても戦える、すごい"アイデア"-なぜ地方の一営業マンが、グローバルなプラットフォーム戦略を発想できたのか? 終章 「地上資源」がめぐれば世界は回る

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
56

国連採択の2030年までの目標SDGsを子どもが自分ごととして理解するための本。17の目標を漫画と図解で解説。 SDGsとは?自分には何ができる?国連が採択した2030年までの目標「SDGs」を子どもが自分ごととして理解するための本。17の目標のキーワードに注目し、漫画と図解でやさしく解説。遠くの国の問題は自分の問題だと気がつくための工夫がたくさん。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
56

持続可能な開発目標(SDGs)を小学生にもわかるよう解説。時事問題対策や大人の入門書にも最適。最新情報を加えてリニューアル。 2016年1月1日、「持続可能な開発目標(SDGs)」が正式に発効しました。 SDGsは、2015年9月の国連サミットで採択された持続可能な開発のための2030アジェンダに盛り込まれた17の目標です。すべての国々に普遍的に適用されるこの新しい目標に基づき、各国は2030年まで、誰も置き去りにしないことを確保しながら、あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処するための取り組みを進めることになります。 この本は、この「持続可能な開発目標(SDGs)」を多くの小学生にも知ってもらい、さらに自分で考え、取り組んでほしいという願いをこめて刊行されました。 大人の方のSDGs入門書としても最適です。 本書を改訂するにあたり、世の中や国連の状況の変化などを加味して第2章内の「目標を読み解く手がかり」は17項目中14項目を完全にリニューアル。 また、「2000年以降の中学入試問題クロニクル」、「SDGsの視点で中学入試問題を分析した最新結果」を掲載するなど、41ページの大幅増ページとなっています。 第1章 17のゴールを使って身のまわりの出来事をとらえる 出来事をとらえる前に…… 17のゴールを使って身のまわりの出来事を探っていこう① ゴミ 17のゴールを使って身のまわりの出来事を探っていこう② 買う 我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ SDGsを採択した国際連合って、どんな組織? 「行動の10年(Decade of Action)」とUN75 第2章 SDGsの目標一つひとつに目を向けていこう 第3章 私学とSDGsを重ねていこう 年度別に見るSDGsと関わる中学入試問題 2020年に出題されたSDGsと関わる中学入試問題 データで見るSDGsと中学入試問題 SDGsの眼鏡で見る、私学の取り組み ●かえつ有明中・高等学校 ●関東学院中学校高等学校 ●関東学院六浦中学校・高等学校 ●恵泉女学園中学・高等学校 ●晃華学園中学校高等学校 ●中村中学校・高等学校 ●桜美林中学校・高等学校 ●立正大学付属立正中学校・高等学校 ●相模女子大学中学部・高等部 ●成蹊中学・高等学校 ●渋谷教育学園渋谷中学高等学校 ●捜真女学校中学部・高等学部 ●湘南学園中学校・高等学校 ●桐蔭学園中等教育学校 ●桐光学園中学校・高等学校 ●八雲学園中学校・高等学校 湘南学園×捜真女学校 中高生のための SDGs MARKET おわりははじまり 付表 各ゴールのターゲットと指標

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
56

SDGsの17目標、および169ターゲットについて、立案された歴史背景や経緯に触れながら解説していきます SGDsと聞いて、その内容がどのようなものかピンとこない方もいるかもしれません。本書ではSDGsの17目標、および169ターゲットについて、立案された歴史背景や経緯に触れながら、これらを達成することにより未来がどのように変わっていくかを解説していきます。本書のために作成した169ターゲットの日本語訳も掲載。 Chapter1 SDGsって何? Chapter2 SDGsと企業価値 Chapter 3 SDGsのローカライゼーション Chapter 4 SDGsをもっと知ろう! Chapter 5 お茶の間にSDGs Chapter6 次世代のためのSDGs

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
56

マンガでわかるSDGs

SDGsビジネス総合研究所 経営戦略会議
株式会社PHPエディターズ・グループ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
55

ポスト・コロナ時代の経済・社会・環境は?企業や自治体はどう行動すべきか?2030年を見据えた国連行動指針を、第一人者が解説 SDGs(持続可能な開発目標)は国連で採択された「未来のかたち」だ。健康と福祉、産業と技術革新、海の豊かさを守る等、経済・社会・環境にまたがる17の目標を2030年までに達成することを求めている。「だれ一人取り残されない」ために目標を設定し、取組方法は裁量に任されているのが特徴だ。ポスト・コロナ時代に、企業・自治体、そして我々個人はどう行動すべきか、第一人者がSDGsの本質を解き明かす。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
55

あたなの知らないコーヒーとSDGsの世界。 コーヒー、経済、開発援助の専門家3名がいざなうコーヒーで未来を変える あたなの知らない、 コーヒーとSDGsの世界。 コーヒー、経済、開発援助の専門家3名がいざなう コーヒーで未来を変える旅。 コーヒーには、 SDGsのアイデアがあふれている! #コーヒー危機と世界経済 #コーヒーがもたらす健康と福祉 #コーヒー生産とジェンダー平等 #コーヒーが生み出す働きがい #コーヒーで守る海、陸の豊かさ #コーヒーで平和と公正を SDGsは、環境、経済、社会に関わる 17の目標を掲げていますが、 それらの目標は、コーヒー業界が SDGs以前から取り組んできた課題の 縮図でもあります。 大学教授、国際NGOの元職員、コーヒーハンターという 3人の著者がコーヒーを通して SDGsを紐解き、解説していくことで、 誰もがコーヒーを通じてSDGsに 貢献できることに気付く。 コーヒーの価値観を変え、SDGsを理解できる これまでにない一冊。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
55

SDGs入門

村上 芽
日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
55

SDGsってなんだろう? から、 じゃあ、なにをすればいいの? へ。 SDGsは「Sustainable Development Goals」の略で、日本語では「持続可能な開発目標」という意味になります。国連によって、持続可能な社会を実現するための17の目標が定められています。SDGsの考え方は企業や教育への導入が進み、普段街を歩いていて目にする機会も増えてきました。 そんなSDGsですが、「じゃあ自社でも導入しよう!」と思っても、 「なにから始めればいいのか?」「なにに気をつけなくてはいけないのか?」 という疑問に答えてくれる情報は多くありません。 なぜなら、SDGsには「これをやればいいよ」という決まった解答がないからです。 それぞれの企業が、それぞれの事情に合わせて、 自分たち自身で「なにをすればよいのか?」を考える必要があります。 この本では、そんな「SDGsってなにをすればいいの?」 を考えるためのヒントをまとめています。 「SDGsってなんだろう?」から、「じゃあ、なにをすればいいの?」へ。 その一歩を踏み出すための1冊として、ぜひ活用してください。 ●第1章 SDGsとビジネスの関係を知る この章で学ぶこと 01 「SDGs」とは何か? 02 SDGsとビジネスの関わり 03 ビジネスの成長を脅かす「ESG問題」 04 ESG問題を「経営課題」として考える 05 ESG問題の「発生源」を理解する 06 SDGsによる「ESG問題へのアプローチ」を理解する 07 SDGsの「関連キーワード」を理解する 08 SDGsは「中小企業」にも必要不可欠 09 SDGsは「持続可能な企業」への道 10 SDGsは「ビジネスの視野」を広げてくれる 11 SDGsは「ビジネスの棚卸」を助けてくれる 12 SDGsは「ビジネスのヒント」を提供してくれる 13 SDGsに「決まったやり方」はない 14 SDGsに「賞味期限」はない この章のまとめ ●第2章 SDGsを準備する(日)~旧来のビジネス観からの脱却 この章で学ぶこと 15 「〇〇だけすればよい」という考えを捨てる 16 「雇用と納税、法令順守だけでOK」という考えを捨てる 17 「売上が企業価値を決める」という考えを捨てる 18 「決算書を読めば自社を理解できる」という考えを捨てる 19 「給料を払えば人は働く」という考えを捨てる 20 「休みをほしがるのは甘え」という考えを捨てる 21 「女性は出産、育児で辞めるもの」という考えを捨てる この章のまとめ ●第3章 SDGsを準備する①~自社の現状チェック この章で学ぶこと 22 「プロセス志向への転換」に対応できているか? 23 「新しい競争優位性」に対応できているか? 24 「顧客ニーズの質的変化」に対応できているか? 25 「法令順守と環境対策」をチェックする 26 「人材確保の安定性」をチェックする 27 「自社と地域社会の関係」をチェックする 28 「自社の自然災害リスク」をチェックする 29 「従業員の実質的な働きやすさ」をチェックする 30 「多様な人材の受け入れ状況」をチェックする 31 「現在のビジネスモデル」の有効性をチェックする 32 「自社のSDGs度」をチェックする 33 「企業理念」をチェックする 34 「経営計画」をチェックする この章のまとめ ●第4章 SDGsを実践する この章で学ぶこと 35 「ESG問題の総量」に気を配る 36 SDGsの「全社的学習」を行う 37 SDGsの「全社的合意」を形成する 38 「社内のESG問題」をリサーチする 39 「社外のESG問題」をリサーチする 40 「テーマの決定プロセス」を共有する 41 「アウトサイド・イン」を考える 42 「既存事業」「新規事業」に当てはめる 43 「多くのアイデア」を集めて絞り込む 44 「妨げとなる要因」を解消する 45 「取り組みの目的」を明確にする 46 「KPI(成果指標)」を設定する 47 「働き方の多様化」を実現する 48 「担当者の業務範囲」を明確にする 49 「サプライチェーンの全体像」を把握する 50 「サプライチェーンの今できること」に着手する 51 SDGsの取り組みを「記録」する 52 SDGsの取り組みを「会計面から評価」する 53 SDGsの取り組みを「見える化」する 54 SDGsの取り組みを「見せる化」する 55 「第三者評価」に挑戦する 56 「パートナーシップ」を構築する 57 「パートナーからの信頼」を獲得する 58 「バリエーション」を拡充する 59 「新しいメンバー」を育成する 60 「SDGsの価値観」を事業承継する この章のまとめ ●第5章 SDGsを発展させる この章で学ぶこと 61 「誰一人取り残さない」世界を実現する 62 「取り残された人」をリサーチする 63 「取り残された人」にアプローチする 64 「取り残された人」を雇用する 65 「取り残された人」のために業務を見直す 66 「取り残された人」のために従業員を支援する この章のまとめ ●第6章 SDGsのリスクを予防する この章で学ぶこと 67 「SDGsウォッシュ」を予防する 68 「社内のESG問題」を抑制する 69 「企業理念に反する行為」を予防する 70 「やりがいの搾取」を予防する 71 「ESG問題への取り組み」を評価する 72 「ESG問題に知見のある専門家」を起用する 73 「取引先のESG問題」に注意を払う 74 「都合の悪い情報」も発信する 75 「不祥事が発生した時」こそ誠実・丁寧に対処する この章のまとめ ●第7章 SDGsの実践を持続させる この章で学ぶこと 76 「プロアクティブ思考」と「バックキャスティング」 77 「取り組みの体系化」が先行者利益を生み出す 78 「どれだけ稼ぐか」ではなく「どのように稼ぐか」 79 「ホンネとタテマエのギャップ」を小さくする 80 「共感という資本」を獲得する 81 「自律的な思考」と「倫理的な行動」 82 「社会の役に立つシニア」を輩出する 83 「家族に本当に残したいもの」は何か? 84 「ワクワクできる組織」にこそ人は集まる 85 「企業の持続可能性」はメンバーの倫理観に比例する この章のまとめ ◎付録 SDGs用語集

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search