【2023年】「護身術」のおすすめ 本 7選!人気ランキング

この記事では、「護身術」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 距離思考 曖昧な関係で生きる方法
  2. 空気を読んではいけない (幻冬舎文庫)
  3. 習得への情熱―チェスから武術へ―:上達するための、僕の意識的学習法
  4. 不世出の武術家 佐川幸義 透明な力 (文春文庫)
  5. プロ奢ラレヤーのあきらめ戦略~お金に困らず、ラクに、豊かに生きるには (単行本)
  6. 謎の拳法を求めて 新版
  7. 強者の流儀
No.1
100

距離を取れ、人との繋がりはもっと曖昧がいい。格闘家・青木真也が考える、闘いで身につけた生き残るための戦略的人間関係の書! 密接につながることってそんなに大事なのか? 家族、会社、恋人……頼もしくもある関係は、 時に重い負担となってのしかかる。 近づきすぎるから人は相手に甘え、攻撃的になる。 必要なのは安易なつながりじゃない。 自分にとって都合のいい「距離」だ。 一定の「距離」を取りながらも助け合える。 ベタベタではないが、薄っぺらくはない。 会いたいときだけ会えばいい曖昧な関係。 それが青木真也が求める「ファミリー」。 孤独の格闘家・青木真也が闘いの場から体得した 「距離思考」から新たな時代の関係性を提案する。 自身の離婚をめぐる心境、リングと恐怖、 あのケンドー・カシンから学んだこと…… 「距離」の取り方から生まれた 青木真也の思想は、不確実な世界を歩く道標だ。 「青木ファミリー」の主要メンバー、 「The Breakthrough Company GO」代表 クリエイティブディレクター三浦崇宏氏と 在宅医療の世界で注目を集めるDr.サーバントこと 「あんず会杏クリニック」理事長・鬼澤信之氏との ファミリー鼎談も収録。 読めばわかる。 おれたちはファミリーだ。 <目次> はじめに ~人生には曖昧で都合のいい関係が必要だ~ 第1章 ファミリー、このすばらしき曖昧な関係 妻ではない、家族でもない彼女は 「ファミリーです」と名乗った 誰かの存在によって自分は生かされていると 気付くことができるか 一回やらかしている人は信用できる 人間関係は惑星のようなものだ……他 第2章 孤独は怖いか 群れなければ自分軸で生きられる 孤独がもたらす緊張と恐怖を飼いならせ 距離を取れ 孤独を深めた者だけが研ぎ澄まされた言葉を持てる 人は多面的な生き物。よそで僕の悪口を言っても 僕の前では「いいヤツ」であればいい……他 第3章 格闘家のメンタル 失うものを持たない者こそ最強である 恐怖を乗り越えるために自分をポジティブに騙す 「格」を意識してい生きていく プロレスに学んだ 「相手を立てる」という文化……他 第4章 自由であるために つながりと孤独の両立の先に自由はある お金と自由を交換してはならない 相手との距離の詰め方は「ゆっくり、近く」 必要以上の絆は求めるな 特別編 青木ファミリー鼎談 おわりに ~「お前はそれでいいや」という寛容~

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
83

武術とチェスの両分野における最高水準のトレーニングを知る著者が、自身の技能を開墾し続けるための意識的な学習法を手引きする 「インスピレーションを得るための公式や型紙は存在しない。だけど、それを得る自分なりの方法を発見するために辿るべきプロセスならある。」幼少時は『ボビー・フィッシャーを探して』に描かれたチェスの神童、長じて卓越した武術家となった著者が、チェスと武術に共通する高度な習得プロセスを例示しながら、トップ0.1%の競技者を目指す「超」能動的な学習法を手引きする。読む者に自らの未開拓の可能性を顧みさせる、NYTimesベストセラー。 はじめに 第I部 基礎 第1章 無邪気に指していた頃 第2章 勝利のための敗戦 第3章 二種類のアプローチ 第4章 ゲームを楽しむ 第5章 ソフトゾーン──「自らを滅却せよ」 第6章 悪循環 第7章 心の声の変化 第8章 荒馬を手なずける 第Ⅱ部 マイ・セカンド・アート 第9章 ビギナーズ・マインド 第10章 負の投資 第11章 より小さな円を描く 第12章 逆境を利用する 第13章 時間の流れを緩める 第14章 神秘という幻影 第Ⅲ部 すべてを一つにまとめる 第15章 今という瞬間に心をおくことのパワー 第16章 ゾーンの探求 第17章 引き金を構築する 第18章 サンダルを作る 第19章 すべてを一つにまとめる 第20章 台湾 あとがき 謝辞 訳者あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
81

「あきらめる」こそ最強コマンド! お前を生きづらくさせるものから自分の身を守れ! 世の中に踊らされずに、しんどさとは無縁の 「自分だけの豊かさ」を手に入れろ! しんどい生き方、もうやめませんか? 絶対に働かない彼は、なぜ生活に困らないのか――。 才能、スキル、何もいらない! ただ「あきらめる」だけ。 どんな時代でも通用する生存戦略を大公表!!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
79

強者の流儀

朝倉 未来
KADOKAWA

ストリートの伝説が今初めて語る、強者の流儀とは? 【目次】 はじめに 第一章 強者の流儀 ■そもそも強さとは何か ■ネガティブをポジティブに変える ■「状況を修復できる」強さ ■間違った情報で人を傷つけるのは恥ずかしいこと ■軸がないのは八方美人だから ■強い格闘家の四要素 ■学校の教育は果たして正しいのか ■人生のテーマは「自由」  ■ぶれないためにはどうすればいいか ■客観視するための方法 ……など 第二章 強者の準備 ■格闘家はどんな日常生活を送るのか ■練習は量より質 ■苦しいときの工夫 ■総合格闘技の奥深さ ■臆病に考える ■分析における「空間的想像」の重要性 ■セコンドの意義 ■減量期はどうするか ■THE OUTSIDER 啓之輔戦はこう備えた ■セコンド編 朝倉海と堀口恭司の対戦はこう準備した ■最終的には気持ちの強さ ……など 第三章 強者のメンタル ■メンタルの強さの根源は"死ぬ覚悟" ■"心が折れる"前に休息を取る ■立場が見合っていないとき ■夢への挑戦が人を変える ■意志の弱さを仕組みで克服 ■敗北から得られるもの ……など 第四章 強者のYouTube ■なぜYouTubeを始めたか ■仲間集めではキャラクターが大事 ■サムネなど細かいところに気を配る ■感情を動かす ……など 第五章 強者の人間関係 ■朝倉未来の恋愛 ■"武士"のような純情とロマン ■全力の恋愛はしたくない ■潔さが女性を惹き付ける ■仲間は見つけるものではなく"出会う"もの ……など おわりに RIZINでは無敗を誇り、弟・海のセコンドとしてジャイアントキリングを導き、トップYouTuberとしても活躍する、異形の最強・朝倉未来の思考と習慣を今ここに公開。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search