【2023年】「武士道」のおすすめ 本 13選!人気ランキング

この記事では、「武士道」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 武士道 (PHP文庫)
  2. 武士道 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ2)
  3. 投資としての読書
  4. 忘れられた日本人 (岩波文庫)
  5. 「甘え」の構造 [増補普及版]
  6. 武士道 (岩波文庫 青118-1)
  7. 現代語訳 武士道 (ちくま新書)
  8. 現代語新訳 世界に誇る「日本のこころ」3大名著 ──『茶の本』『武士道』『代表的日本人』 (フェニックスシリーズ)
  9. 現代語訳 学問のすすめ (ちくま新書)
  10. まんがで人生が変わる! 武士道: 世界を魅了する日本人魂の秘密 (単行本)
他3件
No.1
100

武士道 (PHP文庫)

新渡戸 稲造
PHP研究所

サムライのごとく気高く生きよ。未来への不安感と閉塞感が広がる日本。生きる指針と誇りを失った日本人に贈る「武士道」の口語新訳。 かつての日本には、わが国固有の伝統精神があった。武士道もそのひとつである。それは、新渡戸稲造が1899年に英文で『武士道』を発表し、世界的な大反響を巻き起こしたことでもわかる。▼当時の日本は、まさに文明開化の真っ只中であった。怒涛の如く押し寄せる西洋の新しい価値観によって、社会全体がことごとく西洋化していった。その変わりゆく姿を見て、新渡戸稲造は「日本人とはなにか」を問い直そうと考え始めた。そして彼は失われゆく日本の伝統精神を振り返ったとき、「武士道」こそが、日本人の精神的支柱であり、それを世界に広く紹介することが日本のためになると考えた。▼本書はその現代語訳である。発刊当時の明治期と同様、現代の私たちは急速な国際化の中で、日本人のアイデンティティを見失いつつある。今こそ私たちはもう一度「日本人とはなにか」を問い直す時期にきているのではないか。倫理観・道徳観を改めて考えることができる格好の書。 ●第1章 武士道とはなにか ●第2章 武士道の源はどこにあるか ●第3章 義―武士道の礎石 ●第4章 勇―勇気と忍耐 ●第5章 仁―慈悲の心 ●第6章 礼―仁・義を型として表す ●第7章 誠―武士道に二言がない理由 ●第8章 名誉―命以上に大切な価値 ●第9章 忠義―武士は何のために生きるか ●第10章 武士はどのように教育されたのか ●第11章 克己―自分に克つ ●第12章 切腹と敵討ち―命をかけた義の実践 ●第13章 刀―武士の魂 ●第14章 武家の女性に求められた理想 ●第15章 武士道はいかにして「大和魂」となったか ●第16章 武士道はなお生き続けるか ●第17章 武士道が日本人に遺したもの

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
82

日本人の精神を養ってきた名著の数々をわかりやすい現代語訳で読むシリーズ。世界的ベストセラー『武士道』が158分で読める。 武士道とは、生きるための道である 武士道の源流 「義」あるいは「正義」 勇、すなわち勇敢で我慢強い精神 仁、すなわち哀れみの感情 礼 誠 名誉 忠義 サムライの教育と訓練 自制(克己、セルフコントロール) 「切腹」と「仇討ち」の制度 刀、サムライの魂 女性の教育と地位 武士道の影響 武士道はまだ生きていけるか? 武士道の未来

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
82
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
74

凡  例 対馬にて 村の寄りあい 名倉談義 子供をさがす 女の世間 土佐源氏 土佐寺川夜話 梶田富五郎翁 私の祖父 世間師 ㈠ 世間師 ㈡ 文字をもつ伝承者 ㈠ 文字をもつ伝承者 ㈡ あとがき 解  説(網野善彦) 注(田村善次郎)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
68

国境を越え1世紀を経ても色あせない日本発、世界各国ロングセラーが1冊になった。 茶の本(東西を結ぶ茶碗 茶の変遷 道教と禅 ほか) 武士道(道徳体系としての「武士道」 武士道の源 「義」-あるいは正義について ほか) 代表的日本人(西郷隆盛-新日本の創設者 上杉鷹山-封建君主 二宮尊徳-農民聖者 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
68

100年以上読み継がれてきた名著が、まんがで登場!外国人女子大生と武士道を読み進めるうちに大和魂の秘密がわかり心も強くなる! 欧米人に大反響を巻き起こした最高の名著が、わかりやすいまんがで登場! あのエジソンも、ルーズベルト大統領も 『武士道』の中に“生き方”の答えを見つけた! なぜ、海外でこれほどまでに読み続けられるのか? 本書は、強靱な精神力を生んだ武士道の本質を見事に解き明かしている。 武士は、何を学び、どう己を磨いたか。 これを知ることはすべての現代人にとって重要である。 真に“人間らしい”生き方、“人間らしい”幸福とは―― ◎「義」――武士道の光輝く最高の支柱 ◎「勇」――平常心こそ真の心の強さ ◎「仁」――人の上に立つ者の必要条件とは? ◎「礼」――人とともに喜び、人とともに泣けるか! ◎「誠」――なぜ「武士に二言はない」のか? ◎「名誉」――日本の繁栄の起爆剤 ◎「忠義」――人は、何のために死ねるか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
67

新渡戸稲造の『武士道』には、現代の日本人が忘れてしまった普遍的思想が貫かれている。その深遠な日本精神を、戦前日本の教養教育を受けて育った台湾の哲人政治家が、古今東西の哲学知識を総動員して解説する。 ノーブレス・オブリージュ―高貴な身分の者に課せられた義務。著者は「武士道」の本質をそこに見出す。 日本の知識人が大絶賛したベストセラーを、満を持して文庫化! 解説・田原総一朗。 これぞ国家のリーダーに求められる品格

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
67

ある日、ダメ営業マン・高村瑛太は、はかま姿の奇妙な女性・平塚なつと出会う。彼女は明治時代からタイムスリップしてきた武家の末裔だった-。「剣は心なり」仁、義、勇、誠、礼、名誉と忠義…。サムライが貫いた、誇り高き行動哲学。 第1章 義-武士が最も重きを置いた価値 第2章 勇-危機に遭っても動じない平常心 第3章 仁-上に立つ者に求められる徳 第4章 礼-他者を尊重し、思いやる心 第5章 誠-嘘やごまかしを認めない誠実さ 第6章 名誉-武士にとって命より重い価値 第7章 忠義-武士は何のために生きたか 終章 ノーブレス・オブリージュ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
67

新渡戸稲造の『武士道』を、はじめてこども向けに超訳!名著のエッセンスが、24のことばでわかります!人気シリーズ第5弾です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search