【2023年】「フーリエ」のおすすめ 本 40選!人気ランキング

この記事では、「フーリエ」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 高校数学でわかるフーリエ変換―フーリエ級数からラプラス変換まで (ブルーバックス)
  2. フーリエ解析 (理工系の数学入門コース 新装版)
  3. 物理のための数学 (物理入門コース 新装版)
  4. 増補改訂版 図解でわかる はじめてのデジタル画像処理
  5. フーリエ解析キャンパス・ゼミ 改訂4: スバラシク実力がつくと評判の
  6. ラプラス変換とフーリエ解析要論(第2版)新装版
  7. フーリエの冒険
  8. フーリエ解析キャンパス・ゼミ 改訂8
  9. ラプラス変換キャンパス・ゼミ 改訂4
  10. 物理の数学 (岩波基礎物理シリーズ 新装版)
他30件
No.2
96
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
90
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
90
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
90

フーリエの冒険

トランスナショナル カレッジ オブ レッ
言語交流研究所ヒッポファミリー
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
90
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
75

わかりやすく、役に立つと好評の「なるほど虚数」「なるほど微積分」「なるほど線形代数」につぐ第四弾。 多くの物理現象は波で表現されているため,フーリエ解析ほど理工学の分野で多用されている数学的手法はない.ここにその基本から徹底的に論述し,独習の便宜をはかった. 序章・フーリエ解析とは/第1章・級数展開/第2章・フーリエ級数展開/第3章・フーリエ級数展開による微分方程式の解法/第4章・複素フーリエ級数展開/第5章・フーリエ積分とフーリエ変換/第6章・フーリエ変換の応用/第7章・ラプラス変換

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
73

線型代数入門 (基礎数学)

齋藤 正彦
東京大学出版会

線型代数の最も標準的なテキスト.平面および空間のベクトル,行列,行列式,線型空間,固有値と固有ベクトル等7章の他,附録をつけ線型代数の技術が習熟できる.各章末に演習問題があり,巻末に略解を付す. はじめに まえがき 第1章 平面および空間のベクトル 第2章 行列 第3章 行列式 第4章 線型空間 第5章 固有値と固有ベクトル 第6章 単因子およびジョルダンの標準形 第7章 ベクトルおよび行列の解析的取扱い 附録I 多項式 附録II ユークリッド幾何学の公理 附録III 群および体の公理 あとがき 問題略解

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
73

村上の「なるほど虚数」「なるほど微積分」「なるほど線形代数」「なるほどフーリエ解析」につぐ第5弾。役に立つ数理学の入門書として評価が定着。 複素関数が理工系学問にどのように役に立つのかを実感できるようにまとめた。 第1章・複素数とは/第2章・べき級数展開とオイラーの公式/第3章・複素数の関数/第4章・複素積分/第5章・等角写像/第6章・調和関数と等角写像の応用/第7章・解析接続/第8章・多価関数とリーマン面

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
72

熱・音・光の伝播から量子論まで、振動・波動にもとづく物理現象とフーリエ解析の関わりを丁寧に解説。物理学の泰斗による名教科書…

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
71

微分方程式の解を求めるのに重宝されるグリーン関数は、物理学や工学の各分野で 非常に注目を集めている。その入門か… 微分方程式や偏微分方程式の解を求めるのに重宝されるグリーン関数は、数学のみ ならず物理学や工学の各分野で非常に重要な関数として注目を集めている。本書は、 その入門から物理現象への応用ま… なぜグリーン関数という手法で微分方程式 が解けるのかが、大きな謎である。さらにそ の際に使う、デルタ関数という不思議で面白 い超関数の働きにも興味がそそられた。 グリーン関数の手法を簡単にまとめると、 結果から原因の究明である。この原因とは、 一点に作用する刺激……たとえば、ギターの 弦を考えてみよう。振動している弦の様子か ら、どの一点への刺激で生じたかを解析する のがグリーン関数で、空間の一点を指定する のに利用されるのがデルタ関数。 多くの物理現象は分解してみれば、いろん な点における刺激(素過程)を統合したもの。 この素過程がグリーン関数……ある物理現象 のグリーン関数さえ求められれば、その数学 的解析が可能となる。いわば万能選手といっ てもよい。   (本書「はじめに」より) <目次> 第1章 フーリエ変換 第2章 グリーン関数とデルタ関数 第3章 常微分方程式のグリーン関数 第4章 ポアソン方程式 第5章 偏微分方程式への応用 第6章 遅延と先進グリーン関数 第7章 クライン-ゴルドン方程式 第8章 スツルム-リウビル型微分方程式 第9章 固有関数展開 第10章 グリーン演算子 第11章 摂動論 第12章 時間依存グリーン関数 ;0401;01;;

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
71

群と物理

佐藤 光
丸善出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search