【2023年】「作曲理論」のおすすめ 本 50選!人気ランキング

この記事では、「作曲理論」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. マークレヴィン ザ・ジャズ・セオリー
  2. ジャズ・スタンダード・アナライズ~名曲誕生の謎を紐解く
  3. 最新版 ザ・ジャズ・ピアノ・ブック
  4. ジャズ・スタンダード・セオリー ~名曲から学ぶジャズ理論の全て (CD付)
  5. よくわかる作曲の教科書
  6. コード理論大全
  7. 楽典―理論と実習
  8. Instrumental Jazz Arranging: A Comprehensive and Practical Guide
  9. よくわかる音楽理論の教科書 【CDつき】 (ゼロからすぐに身につく本)
  10. 新版 楽典―音楽家を志す人のための
他40件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
90
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
89
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
80

よくわかる作曲の教科書

秋山 公良
ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
80

コード理論大全

清水 響
リットーミュージック
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
80

楽典―理論と実習

石桁 真礼生
音楽之友社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
73

よくわかる音楽理論の教科書 【CDつき】 (ゼロからすぐに身につく本)

秋山 公良
ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
70

音楽家を成長させる「教える技術」 ~相互に高め合う演奏と教育のアプローチ

コーネリア・ワトキンス
ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
70

作曲はじめます! ~マンガで身に付く曲づくりの基本

monaca:factory
ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
70

時代を超えて多くの音楽家たちに愛用されてきた音楽理論解説書の金字塔

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
69

誰も書かなかった 作曲の「タネあかし」

福田 裕彦
ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
69

ゼロからの作曲入門~プロ直伝のメロディの作り方~

四月朔日 義昭
ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
69

この『ジャジーランドのジャズ理論講座』は、ジャズの演奏やアレンジをするために必要かつ十分な“活きた理論”を体系的に学べる本です。上下巻の2冊で構成されていて、ジャズの経験に関わらず、ジャズ理論をきちんと学びたいすべての方に向けた内容となっています。 とかく”机上”のものとなりがちな理論を生き生きと伝えるために、筆者自筆のイラストや鍵盤図を多く用い、独特のカジュアルな文体で、決してやさしくはないジャズ理論を楽しくかつわかりやすく解説しています。イラストや鍵盤図を多く使っているのは、楽譜が読めない人向けにそうしているというわけではなく、分析能力やクリエイティブな応用力を鍛えるためなんですね。ぜひ、無尽蔵のヒントがザックザクの上下巻2冊から、目から鱗の魅力的要素をたっぷり収穫して下さい! それから、ジャズ以外の音楽にジャズの要素を取り入れたいという方にもおすすめです。ポップス、ロック、クラシック、ポピュラーなどの作曲、アレンジ、演奏へのヒントも得られるでしょう。 この本は、かつてご好評頂いていた『モダンジャズピアノレッスン VOL.1』(2000年7月初版発行)を復刻版として蘇らせたものです。今回の復刻にあたり内容の見直しを行うとともに、索引の作成の他、随所にきめの細かい改訂を加えることで、より使いやすい教本へと生まれ変わりました。 もくじ 【1日目】音楽の基本メジャー・スケール 【2日目】インターバルを覚えよう 【3日目】コードって何だ? 【4日目】コードネームの表し方 【5日目】コード・タイプとそのコード・トーンを覚えよう 【6日目】サウンドに緊張感を与える音!テンション 【7日目】ドミナント7thコードの基本形を覚えよう 【8日目】ドミナント7thコード以外のコード共通の押さえ方 【9日目】ビートとリズムって何だ? 【10日目】さらにテンション感をアップしたボイシングを身に付けよう 【11日目】コードの機能が音楽の波をつくる 【12日目】ドミナント・モーションとツー・ファイブ 【13日目】フラット・ツー・セブン(裏コード)とターン・バック 【14日目】おいしい代理コードとよく使うコード・パターン 【15日目】8分音符を歌おう!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
68

この『ジャジーランドのジャズ理論講座』は、ジャズの演奏やアレンジをするために必要かつ十分な“活きた理論”を体系的に学べる本です。上下巻の2冊で構成されていて、ジャズの経験に関わらず、ジャズ理論をきちんと学びたいすべての方に向けた内容となっています。 とかく”机上”のものとなりがちな理論を生き生きと伝えるために、筆者自筆のイラストや鍵盤図を多く用い、独特のカジュアルな文体で、決してやさしくはないジャズ理論を楽しくかつわかりやすく解説しています。イラストや鍵盤図を多く使っているのは、楽譜が読めない人向けにそうしているというわけではなく、分析能力やクリエイティブな応用力を鍛えるためなんですね。ぜひ、無尽蔵のヒントがザックザクの上下巻2冊から、目から鱗の魅力的要素をたっぷり収穫して下さい! それから、ジャズ以外の音楽にジャズの要素を取り入れたいという方にもおすすめです。ポップス、ロック、クラシック、ポピュラーなどの作曲、アレンジ、演奏へのヒントも得られるでしょう。 この本は、かつてご好評頂いていた『モダンジャズピアノレッスン VOL.2』(2003年2月初版発行)を復刻版として蘇らせたものです。今回の復刻にあたり内容の見直しを行うとともに、索引の作成の他、随所にきめの細かい改訂を加えることで、より使いやすい教本へと生まれ変わりました。 もくじ 【16日目】ダイアトニック・スケールでアドリブしよう 【17日目】ビバップ・フレーズを作ろう 【18日目】チャーチ・モードとその応用 【19日目】ディミニッシュ・スケールとマイナー・スケール 【20日目】ドミナント7thコードのスケール 【21日目】両手で弾くオープン・ボイシング 【22日目】リハモニゼーションでジャズアレンジを身に付けよう 【23日目】ブルースとブルーノート 【24日目】ルートも入ったトータルなコード・サウンド!スプレッド 【25日目】4thインターバル・ビルドとノンメカニカル・ボイシング 【26日目】モード奏法に挑戦しよう

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
68

作曲の基礎技法

アルノルト・シェーンベルク
音楽之友社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
68

ツーファイブジャズライン[新装新版]

フレッド リップシアス
リットーミュージック
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
67

和声―理論と実習 (3)

池内 友次郎
音楽之友社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
67

東京、音楽、ロックンロ-ル

志村 正彦
ロッキング・オン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
67

ビバップからフリー・ジャズまで、誰もが知る名演を題材にジャズの奥義を学ぶ! 名演の構造がわかる分析的ジャズ入門。 「ジャズがわかる」って、こういうことだったのか!──クラシックの音楽学者が知性派ジャズ・ピアニストに弟子入りし、誰もが知る名演を題材にジャズの奥義を学ぶ。名演の構造がわかる分析的ジャズ入門。 日本を代表する音楽学者・音楽評論家の岡田暁生がついにジャズ界に殴り込み!? 「録音や人間関係にまつわるエピソード」ではなく、あくまでも音楽そのものに即して、モダン・ジャズの巨人たちの「すごさ」を分析する。 指南役は岡田の師でもあるジャズ・ピアニストのフィリップ・ストレンジ。 キース・ジャレットについての論文で博士号を得、シェーンベルクやストラヴィンスキーなど20世紀音楽全般に通ずる「知性派ジャズ・ピアニスト」は、“あの”名演の魅力をどう解明するのか──。 アート・テイタム、チャーリー・パーカー、マイルズ・デイヴィス、オーネット・コールマン、ジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンズ── 6人のジャズ・ジャイアントが何を考えてプレイしていたのかが、いま明らかになる!  読者のみなさんへ──[フィリップ・ストレンジ]  はじめに──[岡田暁生] 1 アート・テイタム “ザ・モダン・ミュージシャン” 2 チャーリー・パーカー モダン・ジャズの“父” 3 マイルズ・デイヴィス モティーフ的思考 4 オーネット・コールマン 自由 5 ジョン・コルトレーン 自由とプロセスとしての音楽 6 ビル・エヴァンズ スコット・ラファロとの異次元のアンサンブル 終章 ジャズにはいつもopen spaceがある  あとがき──[岡田暁生]

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
67

和声と楽曲を総合的に学べる入門書

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
67

対位法

ノエル=ギャロン
音楽之友社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search