【2024年】「多重人格」のおすすめ 本 35選!人気ランキング

この記事では、「多重人格」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. あなただけ見えない 上
  2. 人は、誰もが「多重人格」 誰も語らなかった「才能開花の技法」 (光文社新書)
  3. 投資としての読書
  4. ぼくが13人の人生を生きるには身体がたりない。: 解離性同一性障害の非日常な日常
  5. 【愛蔵版】多重人格探偵サイコ COLLECTION BOX(1)
  6. 17人のわたし ある多重人格女性の記録
  7. 解離性障害のことがよくわかる本 影の気配におびえる病 (健康ライブラリーイラスト版)
  8. ISOLA多重人格少女 (Horror Comics)
  9. クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
  10. 女刑事ペルソナ 5 (ジェッツコミックス)
他25件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
69

“25周年”を記念して「多重人格探偵サイコ」の愛蔵版BOXが登場! 1997年7月に刊行された、コミックス1巻の発売から約25年――! この度、“25周年”を記念して「多重人格探偵サイコ」の〈愛蔵版BOX〉が刊行決定!! KCAコミックス6巻分を収録した【合本版3冊】と【イラスト集1冊】が入った、〈豪華BOX入り仕様〉!! コミックス1巻の発売から“25周年”を記念して、BOX入りの豪華な愛蔵版が刊行決定! コミックス6巻分を収録した【合本版3冊】と【イラスト集1冊】を収録!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
67

“25周年”を記念して「多重人格探偵サイコ」の愛蔵版BOXが登場! 1997年7月に刊行された、コミックス1巻の発売から約25年――! この度、“25周年”を記念して「多重人格探偵サイコ」の〈愛蔵版BOX〉が刊行決定!! KCAコミックス6巻分を収録した【合本版3冊】と【イラスト集1冊】が入った、〈豪華BOX入り仕様〉!! コミックス1巻の発売から“25周年”を記念して、BOX入りの豪華な愛蔵版が刊行決定! コミックス6巻分を収録した【合本版3冊】と【イラスト集1冊】を収録!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
67

ミステリー界を仰天させた完璧無比の密室トリック、ついに文庫化! 日曜日の昼下がり、株式上場を間近に控えた介護サービス会社で、社長の撲殺死体が発見された。エレベーターには暗証番号、廊下には監視カメラ、窓には強化ガラス。オフィスは厳重なセキュリティを誇っていた。監視カメラには誰も映っておらず、続き扉の向こう側で仮眠をとっていた専務が逮捕されて……。弁護士・青砥純子と防犯コンサルタント・榎本径のコンビが、難攻不落の密室の謎に挑む。日本推理作家協会賞受賞作。月9ドラマ『鍵のかかった部屋』原作! 日曜の昼下がり、株式上場を目前に、出社を余儀なくされた介護会社の役員たち。厳重なセキュリティ網を破り、自室で社長は撲殺された。凶器は? 殺害方法は? 推理作家協会賞に輝く本格ミステリ。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
66

“25周年”を記念して「多重人格探偵サイコ」の愛蔵版BOXが登場! 1997年7月に刊行された、コミックス1巻の発売から約25年――! この度、“25周年”を記念して「多重人格探偵サイコ」の〈愛蔵版BOX〉が刊行決定!! KCAコミックス6巻分を収録した【合本版3冊】と【イラスト集1冊】が入った、〈豪華BOX入り仕様〉!! コミックス1巻の発売から“25周年”を記念して、BOX入りの豪華な愛蔵版が刊行決定! コミックス6巻分を収録した【合本版3冊】と【イラスト集1冊】を収録!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
65

“25周年”を記念して「多重人格探偵サイコ」の愛蔵版BOXが登場! 1997年7月に刊行された、コミックス1巻の発売から約25年――! この度、“25周年”を記念して「多重人格探偵サイコ」の〈愛蔵版BOX〉が刊行決定!! KCAコミックス6巻分を収録した【合本版3冊】と【イラスト集1冊】が入った、〈豪華BOX入り仕様〉!! コミックス1巻の発売から“25周年”を記念して、BOX入りの豪華な愛蔵版が刊行決定! コミックス6巻分を収録した【合本版3冊】と【イラスト集1冊】を収録!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
65

奇才の防犯探偵・榎本が、難攻不落の密室事件に挑む! 元・空き巣狙いの会田は、甥が練炭自殺をしたらしい瞬間に偶然居合わせる。ドアにはサムターン錠がかかったうえ目張りまでされ、完全な密室状態。だが防犯コンサルタント(本職は泥棒!?)の榎本と弁護士の純子は、これは計画的な殺人ではないかと疑う(「鍵のかかった部屋」)。ほか、欠陥住宅の密室、舞台本番中の密室など、驚天動地の密室トリック4連発。あなたはこの密室を解き明かせるか!? 防犯探偵・榎本シリーズ、第3弾!月9ドラマ『鍵のかかった部屋』原作! 防犯コンサルタント(本職は泥棒?)・榎本と弁護士・純子のコンビが、4つの超絶密室トリックに挑む。表題作ほか「佇む男」「歪んだ箱」「密室劇場」を収録。防犯探偵・榎本シリーズ、第3弾。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
64

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)

貴志 祐介
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
64

罪人の選択

祐介, 貴志
文藝春秋

最新SF「赤い雨」はパンデミック下の人間の本性を描いた今読むべき一作。その他SF、ミステリなど現代を映す単行本未収録作が結集 2年半の沈黙を破り、満を持して世に放つ貴志祐介ワールド全開の作品集。 最新SF「赤い雨」は、パンデミックが起きたときあらわになる人間の本性を描いた、今読むべき一作。 表題作は、著者自身が「ここまで強いテンションを維持した作品は、書いたことがありません」と断言する手に汗握るミステリー。 人間の愚かさが絶望で世界を塗りつぶすとき、希望が一筋の光となって未来を照らし出す。 〈収録作〉 「夜の記憶」――『十三番目の人格‐ISOLA‐』『黒い家』で本格デビュー前に書かれた貴重な一編。水生生物の「彼」は、暗黒の海の中で目覚め、「町」を目指す。一方三島暁と織女の夫婦は、南の島のバカンスで太陽系脱出前の最後の時を過ごす。二つの物語が交錯するとき、貴志祐介ワールドの原風景が立ち上がる。 「呪文」――『新世界より』刊行直後の発表。文化調査で派遣された金城は、植民惑星『まほろば』に降り立った。目的は、この惑星で存在が疑われる諸悪根源神信仰を調べるためだ。これは、集団自殺や大事故などを引き起こす危険な信仰で、もしその存在が認められたら、住民は抹殺される。金城は『まほろば』の住民を救おうとするが……。 「罪人の選択」――1946年8月21日、磯部武雄は佐久間茂に殺されようとしていた。佐久間が戦争に行っている間に、磯部が佐久間の妻を寝取ったからだ。磯部の前に出されたのは一升瓶と缶詰。一方には猛毒が入っている。もしどちらかを口にして生き延びられたら磯部は許されるという。果たして正解は? 「赤い雨」――新参生物、チミドロによって地球は赤く蹂躙された。チミドロの胞子を含む赤い雨が世界各地に降り注ぎ、生物は絶滅の危機にあった。選ばれた人間だけが入れるドームに、成績優秀のためスラムから這い上がった橘瑞樹は、不可能と言われた未知の病気RAINの治療法を探る。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
63

多重人格の消滅 : その治療全記録

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
63

『硝子のハンマー』の興奮再び! 防犯探偵・榎本が4つの密室に挑む! 長野県の旧家で、中学3年の長女が殺害されるという事件が発生。突き飛ばされて柱に頭をぶつけ、脳内出血を起こしたのが死因と思われた。現場は、築100年は経つ古い日本家屋。玄関は内側から鍵がかけられ、完全な密室状態。第一発見者の父が容疑者となるが……(「狐火の家」)。表題作ほか計4編を収録。防犯コンサルタント(本職は泥棒?)榎本と、美人弁護士・純子のコンビが究極の密室トリックに挑む、防犯探偵シリーズ、第2弾!月9ドラマ『鍵のかかった部屋』原作! 築百年以上の日本家屋で発生した殺人事件。現場は完全な密室状態。防犯コンサルタント・榎本と弁護士・純子のコンビは、この密室トリックを解くことができるか!? 計4編を収録した密室ミステリの傑作。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
63

角川ホラー文庫20周年記念、書き下ろし傑作ホラー! 雪の山荘に閉じ込められた小説家の安斎を突如襲う、凶悪なスズメバチの群れ。安斎は山荘を生きて出られるのか。最後明らかになる驚愕の真実とは!? ノンストップ・サバイバルホラー、文庫書き下ろしで登場! 雪の山荘に閉じ込められた小説家の安斎を突如襲う、凶悪なスズメバチの群れ。安斎は山荘を生きて出られるのか。最後明らかになる驚愕の真実とは!? ノンストップ・サバイバルホラー、文庫書き下ろしで登場!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
63

探偵・茶畑徹朗(ちゃばたけ・てつろう)の元にもたらされた、 「前世で自分を殺した犯人を捜してほしい」という不可思議な依頼。 前世など存在しないと考える茶畑と助手の毬子だったが、 調査を進めるにつれ、次第に自分たちの前世が鮮明な記憶として蘇るようになる。 果たして犯人の正体を暴くことはできるのか? 誰もが抱える人生の孤独――死よりも恐ろしいものは何ですか。 鬼才がいま描く、死生観とは。著者7年ぶり熱望の傑作長篇。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search