【2024年】「ケースワーカー」のおすすめ 本 43選!人気ランキング

この記事では、「ケースワーカー」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. ケースワークの原則[新訳改訂版]:援助関係を形成する技法
  2. 実録! 熱血ケースワーカー物語 ((幻冬舎文庫))
  3. [増補版]プロケースワーカー100の心得―福祉事務所・生活保護担当員の現場でしたたかに生き抜く法
  4. 参加したくなる会議のつくり方 公務員のためのファシリテーション入門
  5. 社会保障の手引 2022年版: 施策の概要と基礎資料
  6. 決定版-HONZが選んだノンフィクション (単行本)
  7. 医療福祉総合ガイドブック2022年度版
  8. ソ-シャル・ケ-ス・ワ-クとは何か
  9. その後の不自由―「嵐」のあとを生きる人たち (シリーズ ケアをひらく)
  10. 失敗ポイントから学ぶ PSWのソーシャルワークアセスメントスキル
他33件
No.7
60

医療福祉総合ガイドブック2022年度版

NPO法人 日本医療ソーシャルワーク研究会
医学書院
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
58

医療ソ-シャルワ-カ-の力: 患者と歩む専門職

村上須賀子
日本医療ソーシャルワーク学会
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
58

全国公的扶助研究会が半世紀を越える成果を生かして編む、生活保護現場における支援・実践の基本ガイドシリーズ。第2巻は生活保護実践の「肉」となるケースワークの使い方を、実践例をもとに50のQ&Aでわかりやすく説く。  『よくわかる 生活保護ガイドブック』シリーズの発刊にあたって  はじめに 1 生活保護ケースワークへの招待――いま、なぜ 生活保護ケースワークなのか  1 貧困の拡大――誰もが生活困窮状態に陥ってもおかしくない社会  (1)高止まりする貧困率  (2)社会保障制度の後退  (3)ますます重要となる生活保護の役割、生活保護は「出番」  2 生活保護ケースワークに必要なもの  (1)生活保護ケースワークとは  (2)生活保護ケースワークに必要なもの  3 生活保護ケースワークの特徴  (1)生活保護制度は「生活を丸ごと支える」強力なツール  (2)生活問題・福祉需要を「発見」し、「支援」につなげる有効な制度  (3)利用者の生活への介入度が強い制度  (4)CWと利用者の力関係、情報格差がある制度  (5)生活保護が権利であること  4 ケースワーカーが置かれている現状  5 いま、生活保護ケースワークに求められているもの 2 支援者と利用者、対象者とその関係  Q1 ケースワーカー・支援者とは?  Q2 利用者理解  Q3 利用者との適切な距離  Q4 望ましい援助関係の作り方 3 自立助長と自立支援の意味  Q5 「自立」とは?  Q6 経済的自立(就労自立) 日常生活自立 社会生活自立の考え方  Q7 自立支援とケースワーク、ソーシャルワーク 4 ケースワークとソーシャルワーク  Q8 生活保護ケースワークの基本的プロセス・流れ  Q9 新規相談からのケースワークとソーシャルワークの展開  Q10 引き継いだ世帯  Q11 ケースワークの基本・バイスティックの7原則  Q12 ストレングス視点とエンパワメント  Q13 ケースワークとソーシャルワーク 5 ケースワークの基本・訪問と記録  Q14 訪問の基本①  Q15 訪問の基本②  Q16 記録の目的  Q17 記録の書き方の7つのポイント 6 課題別の支援のポイント  Q18 ひとり親世帯の支援  Q19 子どもがいる世帯への支援  Q20 ホームレスへの支援  Q21 高齢者への支援  Q22 DV・虐待被害者への支援  Q23 債務・浪費に対する支援  Q24 病気のある人への支援  Q25 身体障害のある人への支援  Q26 知的障害のある人への支援  Q27 発達障害が疑われる人への支援  Q28 精神疾患のある人への支援  Q29 アルコール依存症の人への支援①  Q30 アルコール依存症の人への支援②  Q31 ひきこもり状態の人への支援  Q32 自殺を考える人、希死念慮のある人への支援  Q33 パーソナリティに障害のある人への支援  Q34 若者への支援 7 就労支援ソーシャルワーク  Q35 就労支援と就労指導  Q36 一見、就労意欲のない人への支援  Q37 仕事が続かない若い人への支援  Q38 子どもがいる世帯への就労支援  Q39 病気、障害と就労支援 8 生活保護制度の強みを活かしたケースワーク  Q40 扶養照会とケースワーク  Q41 救護施設の利用  Q42 医療扶助とケースワーク  Q43 就労支援と収入認定 9 連携・協働  Q44 医療機関との連携  Q45 高齢者への支援と連携  Q46 障害者への支援と連携  Q47 子どもへの支援と連携  Q48 地域との連携 10 ケースワーカーとして、組織として、福祉事務所の中ではぐくむチカラ  Q49 人づくり(CWとしての成長のために)  Q50 魅力的な職場づくり

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
57

「本人主体」を基軸としたソーシャルワーク理論の構想 地域を基盤としたソーシャルワーク 地域拠点での「総合相談」の展開 ソーシャルワークにおける「価値」の位置と全体像

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
57

英国の児童保護改革の成果から生まれた本書は、エビデンスをふまえた早期支援の重要性を強調する。ソーシャルワーカーの評価や判断能力・組織・人材育成のあり方等を多岐にわたって論じ、日本の児童相談所をはじめとする専門職に向けて正しい道標を提供する。  第3版への序文  謝辞 第1章 はじめに  本書の概要 第2章 複合適応システム(CAS)としての児童保護機関  複合的視点から世界を理解すること  応用システム分析の実例としての児童保護に関するムンロー・レビュー  結論 第3章 児童保護業務の専門性  専門知識についての議論  直観と分析  コグニティブ・コンティヌアム(認知連続体)  感情と論理的思考  ケース事例  直観的推論の強みと限界  直観的推論の限界  分析的推論の強みと限界  結論 第4章 複雑な社会的介入の評価  コンテクストの重要性  因果関係のメカニズムの重要性  介入は効果があるのか?  継続的な学習の重要性  複合的介入のためのリサーチメソッド  ウェブサイトと参考資料  結論 第5章 社会的コンテクスト  子ども期への認識  福祉と家族政策の現在の課題  児童福祉と児童保護サービスの発展  児童福祉の重要な進展  児童虐待に対する社会の認識の高まり  結論 第6章 児童虐待の定義  定義の実例  児童虐待の社会的構築  虐待の定義の問題の影響  結論 第7章 実践における不確実性という課題  リスク要因の理解  基準率の錯誤  統計的リスクアセスメント、臨床的リスクアセスメント  予測解析の課題  結論 第8章 リスクアセスメントのプロセス  リスクアセスメントの段階  第1段階:何が起きた、あるいは起きているのか?  第2段階:これから何が起きそうか?  第3段階:それはどのぐらいの可能性があるか?  第4段階:それはどれぐらい望ましくないことか?  第5段階:リスクの総合的判定―可能性と深刻度の組み合わせ  結論 第9章 意思決定  限定合理性と「満足化」  パターン認識での意思決定  直観的意思決定のバイアス  決定理論  結論 第10章 組織による有効な実務のサポート  個人のパフォーマンスに対するシステムの理解  家族への直接支援のサポート  マネジメントと組織文化  フィードバック  結論 第11章 結論  分析的スキル及び直観的スキルと知識を統合する  職場環境  実務のためのツール設計  結論  監訳者あとがき  文献  著者・監訳者・訳者略歴

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
57

地域福祉と包括的支援体制

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
57

医療福祉総合ガイドブック2021年度版

NPO法人 日本医療ソーシャルワーク研究会
医学書院
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
57

ソーシャルワークの理論と方法 : 社会専門

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
57

第32回-第34回完全解説+第30回-第31回問題&解答

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
57

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験ワークブック2023(共通科目編)

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験ワークブック編集委員会
中央法規出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search