についてお探し中...

【2024年】「怪談」のおすすめ 本 124選!人気ランキング

この記事では、「怪談」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. リング (角川ホラー文庫)
  2. 黒い家 (角川ホラー文庫 45-2)
  3. 残穢(ざんえ) (新潮文庫)
  4. Another(上) (角川文庫 あ 45-8)
  5. よもつひらさか (集英社文庫)
  6. 虚魚
  7. 夜市 (角川ホラー文庫 つ 1-1)
  8. 屍鬼(一) (新潮文庫)
  9. クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
  10. らせん - (角川ホラー文庫)
他114件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
91
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
89
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
88

Another(上) (角川文庫 あ 45-8)

綾辻 行人
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
87

見知らぬあなた ささやく鏡 茉莉花 時を重ねて ハーフ・アンド・ハーフ 双頭の影 家に着くまで 夢の中へ… 穴二つ 遠い窓 生まれ変わり よもつひらさか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
85

虚魚

新名 智
KADOKAWA
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
81

夜市 (角川ホラー文庫 つ 1-1)

恒川 光太郎
角川グループパブリッシング

夜市 風の古道

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
81

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)

貴志 祐介
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
78

ぼっけえ、きょうてえ 密告函 あまぞわい 依って件の如し

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
78

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)

貴志 祐介
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
78

かにみそ 百合の火葬

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
78

カザリとヨーコ Seven rooms So-far そ・ふぁー 陽だまりの詩 Zoo 対談 天才は深夜ラジオでつくられる。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
74

幻坂 (角川文庫)

有栖川 有栖
KADOKAWA/角川書店

清水坂 愛染坂 源聖寺坂 口縄坂 真言坂 天神坂 逢坂 枯野 夕陽庵

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
73

鬼談百景 (角川文庫)

小野 不由美
KADOKAWA/角川書店

未来へ 増える階段 マリオネット 一緒に見ていた 踊り場 K二六五 遺志 隠れ鬼 続き部屋 鬼 透明猫 教えてくれたもの K階段 香水 跳ねる 白い画布 開かずの放送室 胡麻の種 落とし物 どこの子 シーツ幽霊 非常階段 末期の水 夢の男 被写体不明 どろぼう 壁男 謝辞 街灯 烏 青の女 定位置 特別な二階 お気に入り 第七コース 軍服 追い越し さずかりもの 電話ボックス 図工室から トンネル 砂山 もう駄目だ 髪あらい 足音 廃病院 もう一対 カエル 芸者 テント お馴染み 海へ還る 仲間入り 赤い女 覗き見 助けて 三コマ 時間差の足音 狐狸の住処 影の手 禁忌 掃除のテープ ぬいぐるみ たぶん五匹 続きをしよう レインコート 注意報 黒猫 給水塔 顔 背中 グリコ 剃刀 ウィリアム・テル 雨女 横顔 墜落 踏切地蔵 一念 兄 密閉 不評 影男 壁下地 無言の妹 来訪 ガラスの中 リレー 窺うもの 欄間 ひろし 逆らう手 名代 空きチャンネル 鏡 滴 尾けてくる 満ちる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
72

天使の囀り (角川ホラー文庫)

貴志 祐介
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
68

5分で凍る! ぞっとする怖い話 (宝島社文庫)

『このミステリーがすごい!』編集部
宝島社

沼地蔵 チョウセンアサガオの咲く夏 スイカ割りの男 オシフィエンチム駅へ しろくまは愛の味 死体たちの夏 死を呼ぶ勲章 かわいそうなうさぎ 夏の終わり 猫を殺すことの残酷さについて セブンスターズ、オクトパス 私のカレーライス 母の面影 オデッサの棺 ある人気作家の憂鬱 ずっと、欲しかった女の子 隣りの黒猫、僕の子猫 愛しのルナ 趣味は人間観察 ベストセラー作家 本当に無料で乗れます 十二支のネコ 後追い 記念日 女の勘 盆帰り

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
68

詩人であり、批評家であり、推理小説の祖であり、SF、ホラー、ゴシック等々と広いジャンルに不滅の作品の数々を残したポー。だがその人生といえば、愛妻を病で失い、酒と麻薬に浸り、文学的評価も受けられず、極貧のまま、40歳で路上で生を終えた-。孤高の作家の昏い魂を写したかのようなゴシック色の強い作品を中心に、代表作中の代表作6編を新訳で収録。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
68

丘の屋敷 (創元推理文庫 F シ 5-1)

シャーリイ ジャクスン
東京創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
68

玩具修理者 酔歩する男

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
70

すぐそこ.まめつま.くだんのはは.秘密.影が重なる時.召集令状.悪霊.消された女.黄色い泉.逃ける.蟻の園.骨.保護鳥.霧が晴れた時.さとるの化物

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
68

日本怪談実話〈全〉

貢太郎, 田中
河出書房新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
70

あやし (角川文庫)

宮部 みゆき
KADOKAWA/角川書店

居眠り心中 影牢 布団部屋 梅の雨降る 安達家の鬼 女の首 時雨鬼 灰神楽 蜆塚

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
68

読み終わったとき、あなたに何かが起きる・・・。 百話を完結させると怪しいことが起こると語り継がれる「百物語」。自ら蒐集した怪異現象の数々によって「百物語」のスタイルを現代によみがえらせ、一大怪談ブームの火付け役となった稀代の怪談実話集! 百話を完結させると怪しいことが起こると語り継がれる「百物語」。自ら蒐集した怪異現象の数々によって「百物語」のスタイルを現代によみがえらせ、一大怪談ブームの火付け役となった稀代の怪談実話集!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
68

恐怖 骨 夏休みのケイカク 正月女 ニョラ穴 或るはぐれ者の死 雛 人獣細工

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
63

闇祓

辻村 深月
KADOKAWA
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
62

曼珠沙華 凶宅 邪恋 魔鏡 家鳴り

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
61

あの風に訊け

加門 七海
KADOKAWA
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
61

ほぼ日の怪談。

ほぼ日刊イトイ新聞
ほぼ日
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
60

ホラー漫画家外薗昌也が、積年封印していた自身の体験談や取材した恐怖実話を結界から解き放ち書き下ろした。漫画家ならではの日常生活に入り込む、心に引っかかって落ち着かない怪異現象から怪談マニアも驚愕する怪奇現象など、ヴィジュアルがイメージしやすい独自の視点で語られる恐怖譚は新たな戦慄を巻き起こす。「腐女子地獄」「おもろい奴〜怪談大会」「夢魔」「霊感者ふたり」「書かれたくない」「動かぬ少女」などに加えて『"お化け屋敷"に住んでいたことがある…』という書き出しで始まる力作、ハンパない自分の異常な体験を綴った「僕の家」など27編収録。マンガでは表現できなかった外薗ニューホラーワールドを体験せよ。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
60

Dracula (Yohan Ladder Editions 79)

BRAM STOKER
IBCパブリッシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
60

殺人鬼 ‐‐覚醒篇 (角川文庫 あ 45-5)

綾辻 行人
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
60

覗かなければ 荒らさなければ 入らなければ 話さなければ 気づかなければ 落魄と墜落 右へ行け 赤ずきん 誘い香 残りわずか 果てなき営み 洟提灯 白塗り 終わりへ向かう痛み. 1 ムカサリ絵馬 母上さま 落とし前 鬼神の岩戸. 序 ミニチュアガーデン 実在しない、死んだ娘たち 片山さんの飲み屋の場合 篠原さんの床屋の場合 三神さんの食堂の場合 三神俊平 月川涙 実在しない人を殺した人たち 巻き添え 奪うから奪われる 吠えるから 結果は出ている 怖いもの狂い 真夏の恒例 降る声 お前のせいで ハートの問題 招かれざる者 海より来たる 白衣の天使たち 死のう! 鬼神の岩戸. 破 元の木阿弥 やってやろう 来世 およそ一割 その瞬間 独白 吸ったから 終わりへ向かう痛み. 2 嬉しい報せ 無慈悲な報せ 喪の報せ 最後通告 百回記念 おしるし 贈り物 怖いもの知らず あなたたちの罪 怪談始末 偶然ではない 求愛 鬼神の岩戸. 急 岩戸開き おしまいの日 ビヨンド

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
60

序 賽子と虻 土鍋女房 よって件のごとし

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
60

船玉さま とある三味線弾きのこと 郷愁 誘蛾灯 カチンの虫 いきよう 島の髑髏 浅草純喫茶 茶飲み話 聖者たち. 1 聖者たち. 2 怪談を書く怪談 魄

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
60

ひと言で言えば、おぞましい。厭すぎる全35話収録! 黒神輿 まだ見つからない ロシアン地蔵 贄の雛 紙般若 フレッシュな所長 遅刻の理由 肩を叩く 効果抜群 仏の退職〔ほか〕

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
60
みんなのレビュー
本当に、記憶を消して読み直したいくらい面白い本です。トリックがもう、天才!!(語彙力)ミステリーの基礎の基礎です。絶対読んでください。
No.58
60

「超」怖い話の加藤一が編著者を務める、年に一度のテーマ怪談アンソロジー。「超」怖い話からは、加藤一、久田樹生、渡部正和の3名。恐怖箱からは、雨宮淳司、鳥飼誠、神沼三平太、つくね乱蔵、鈴堂雲雀、高田公太、ねこや堂、戸神重明、三雲央の9名がエントリーした。今回のお題は「戦、軍、兵」に纏わる怖い話。武士に纏わる怪奇から、太平洋戦争に纏わる話まで、12人の兵による31話を収録!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
61

私の家では何も起こらない 私は風の音に耳を澄ます 我々は失敗しつつある あたしたちは互いの影を踏む 僕の可愛いお気に入り 奴らは夜に這ってくる 素敵なあなた 俺と彼らと彼女たち 私の家へようこそ 附記・われらの時代 作品解説対談

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
60
みんなのレビュー
深みがあってハマる!感動と鍵をみつけるミステリーが面白い!!
なんらかの理由で不登校になってしまった子達が集まり助け合うストーリーです。最後の真実がわかった時はひゃぁぁぁっとなりました。
No.66
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
60

居心地の悪い部屋 (河出文庫 キ 4-1)

ブライアン・エヴンソン
河出書房新社

「二度と元の世界には帰れないような気がする」短篇のアンソロジー。エヴンソン、カヴァン、オーツなど、奇妙で心に残る12作。 翻訳家の岸本佐知子が、「二度と元の世界には帰れないような気がする」短篇を精選。エヴンソン、カヴァンのほか、オーツ、カルファス、ヴクサヴィッチなど、奇妙で不条理で心に残る十二篇。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
60

加門七海の鬼神伝説

加門七海
朝日新聞出版

酒天童子 茨木童子 鬼女紅葉 鈴鹿御前 大江山再び 土蜘蛛 北の鬼たち いにしえの鬼 鬼の血統

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
60

私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOOKS)

恒川光太郎
メディアファクトリー

弥勒節 クームン ニョラ穴 夜のパーラー 幻灯電車 月夜の夢の、帰り道 私はフーイー

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
60

鬼談百景 (幽BOOKS)

小野不由美
メディアファクトリー

未来へ 増える階段 マリオネット 一緒に見ていた 踊り場 K二六五 遺志 隠れ鬼 続き部屋 鬼〔ほか〕

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
59

牛方と山んば ざしきわらし ゆうれいをおんぶした女の子 ふくしゅうの家行き ゆうれいあめ ハメルンのふえふき 七度ぎつね さくら子さん 人に死をつげるようかい イワナぼうず かがみにばけたくも 引っぱりだこの田能久さん

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
59

キャリー (新潮文庫)

スティーヴン キング
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
60

顔 丘の向こう 長びく雨 悪霊憑き サムザムシ 開けるな 六山の夜 深泥丘魔術団 声

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
59

10分で読めるこわい話

熊谷 多津子
学研プラス

めし食わぬにょうぼう 死人の集会 空をまう首 魔界鏡 がいこつの歌 人に死をつげるようかい 生きている人形 ふしぎなろば 鏡に化けたくも 引っぱりだこの田能久さん

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
60

ロルドの恐怖劇場 (ちくま文庫)

ロルド,アンドレ・ド
筑摩書房

二十世紀初めのパリで、現在のホラーやスリラーの源流となったグラン・ギニョル劇。その代表的作家ロルドの短篇小説傑作選。 二十世紀初めのパリで、現在のホラーやスリラーの源流となったグラン・ギニョル劇。その代表的作家ロルドの短篇小説傑作選。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
59
みんなのレビュー
🎉祝🎉映画化🎊マジで、面白い。あの動画が、本になるとは思いもしなかった。頭いい人しかわからない、秀才による、秀才のためのミステリー開幕!!
No.89
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
60
みんなのレビュー
結構ホラー味が強い。人を選ぶと思います。でも、面白かったです。ミステリーだから、最後に今までのことが全部繋がるあの爽快感が最高でした。ぜひ読んでみてください。
No.91
59

禁じられた遊び (本のサナギ賞受賞作) (ディスカヴァー文庫)

清水 カルマ
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
59

血液を探せ! 冷たい森の白い家 Closet 神の言葉 落ちる飛行機の中で むかし夕日の公園で

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
59

隣の家の少女 (海外文庫)

ジャック ケッチャム
扶桑社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
59

死地

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
59

アメリカン・サイコ 上 (角川文庫 赤 エ 1-1)

ブレット・イーストン・エリス
KADOKAWA
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
59

天地創造 コロンブレ アインシュタインとの約束 戦の歌 七階 聖人たち グランドホテルの廊下 神を見た犬 風船 護送大隊襲撃 呪われた背広 一九八〇年の教訓 秘密兵器 小さな暴君 天国からの脱落 わずらわしい男 病院というところ 驕らぬ心 クリスマスの物語 マジシャン 戦艦《死》 この世の終わり

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
60

ツイッターで週刊連載し話題の、血と地の因縁怪談!丹念な取材から浮かび上がる戦慄の事実と濃密な恐怖。 娘が女児を埋めば、夫は死に、娘の母も死ぬ… 代々、母娘二人しか残らない呪われた家系の因縁とは? 体験者への詳細な聞き込みと現場取材をモットーとする澤村有希の実話怪談。 崖で見つけた縄文時代の鏃(やじり)。それを手にした途端、得体の知れぬ衝動が…「笑顔」、 鎌倉時代の作と伝わる家宝の茶碗。その不思議な力とは…「茶碗」、 家の納戸で発見された明治の西郷札。それを燃やした日から恐ろしき凶事が…「布札」、 婿取りで家系を繋いできた女系一族。娘が女児を産むと婿は死に、娘の母も死ぬ。母一人娘一人しか残らぬ呪われた血筋の因果とは…「未決」他、 古より令和まで、時代に深い爪痕を残してきた強烈な実話全19話!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
59

恐怖 謎 死んだユダヤ人 音のする家 木に愛された男 顔 丘からの眺め 怪船マインツ詩篇号 クロード・アーシュアの思念 影にあたえし唇は とむらいの唄

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
59

鬼交 鬼想 鬼縁 鬼情 鬼慕 鬼景 鬼棲 鬼気 鬼神

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
60

染み お祓いを頼む女 妄言 助けてって言ったのに 誰かの怪異 禁忌

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
59

序章 死人のテープ起こし 留守番の夜 幕間. 1 集まった四人 屍と寝るな 幕間. 2 黄雨女 すれちがうもの 終章

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
60

暴落 受難 鼻

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.112
59

夏と花火と私の死体 優子

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.114
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.116
60

『新耳袋』の中山市朗が、満を持して放つ本当に怖い怪談実話 六甲山を取材中にテレビのロケ隊が見たモノ、風俗嬢を見つめる顔、演劇部に伝わる黒い子供、遺体に肩をたたかれた納棺師の体験談……。現実世界の歪みから涌き出る、ふとした恐怖、ぬぐえない違和感を狩り集める。 六甲山を取材中にテレビのロケ隊が見たモノ、風俗嬢を見つめる顔、演劇部に伝わる黒い子供、遺体に肩をたたかれた納棺師の体験談……。現実世界の歪みから涌き出る、ふとした恐怖、ぬぐえない違和感を狩り集める。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
59

浮遊する水 孤島 穴ぐら 夢の島クルーズ 漂流船 ウォーター・カラー 海に沈む森

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.118
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.120
59

旧校舎怪談

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
60

面 森の奥の家 日影歯科医院 ゾフィーの手袋 山荘奇譚 緋色の窓

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.122
60

角川ホラー文庫約30年の遺産!90年代から現在までの最恐セレクション。 1993年4月の創刊以来、わが国のホラー・エンターテインメントとともに歩んできた無二の文庫レーベル、角川ホラー文庫。その膨大な遺産の中から、時代を超えて読み継がれる名作を厳選収録したベストセレクションが登場。大学助教授の〈私〉が病院で知り合った美しい女性、由尹。ミステリアスな雰囲気をたたえた彼女は、自分の体は呪われていると告げる。ともに暮らし始めた二人だが、やがて悲劇的な事件に見舞われて……。ミステリとホラーの巨匠・綾辻行人90年代初頭に執筆した傑作「再生」をはじめ、『リング』の鈴木光司が東京湾のクルーズ船を舞台に戦慄の一夜を描いた「夢の島クルーズ」、故・今邑彩が角川ホラー文庫のために書き下ろした不穏な物件ホラー「鳥の巣」、の第72回日本推理作家協会賞に輝いた澤村伊智の学園ホラー「学校は死の匂い」など、バラエティ豊かに、ホラージャンルの面白さと可能性を示す全8編。最高にして最恐、これが日本のホラー小説だ。ホラー評論家・ライターの朝宮運河セレクション。 収録作は以下の通り。 綾辻行人 「再生」(『亀裂』、『眼球綺譚』) 鈴木光司 「夢の島クルーズ」(『仄暗い水の底から』) 井上雅彦 「よけいなものが」(『怪奇幻想短編集 異形博覧会』) 福澤徹三 「五月の陥穽」(『怪談歳時記 12か月の悪夢』) 今邑彩 「鳥の巣」(『惨劇で祝う五つの記念日 かなわぬ想い』) 岩井志麻子「依って件の如し」(『ぼっけえ、きょうてえ』) 小池真理子  「ゾフィーの手袋」(『異形のものたち』) 澤村伊智  「学校は死の匂い」(『などらきの首』) とにかく“怖い”“絶対面白い”。作家たちによる練りに練られた発想力と小説ならではの恐怖に戦慄を覚えること必至! 多彩かつ豊富なラインナップを堪能できるベストセレクション。編者:朝宮運河 綾辻行人「再生」 鈴木光司「夢の島クルーズ」 井上雅彦「よけいなものが」 福澤徹三「五月の陥穽」 今邑彩「鳥の巣」 岩井志麻子「依って件の如し」 小池真理子「ゾフィーの手袋」 澤村伊智「学校は死の匂い」 解説 朝宮運河

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.124
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search