【2024年】「演劇」のおすすめ 本 68選!人気ランキング

この記事では、「演劇」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 演技と演出のレッスン ─ 魅力的な俳優になるために
  2. 魂の演技レッスン22 〜輝く俳優になりなさい!
  3. 舞台技術の共通基礎―公演に携わるすべての人々に
  4. 俳優の教科書 (撮影現場に行く前に鍛えておきたいこと)
  5. 自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)
  6. 僕がコントや演劇のために考えていること
  7. ロミオとジュリエット (新潮文庫)
  8. コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと (NHK出版新書)
  9. 即興し始めたニッポン人: キ-ス・ジョンストンのインプロ (1)
  10. リア王 (新潮文庫)
他58件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
86

魂の演技レッスン22 〜輝く俳優になりなさい!

ステラ・アドラー
フィルムアート社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
81

舞台技術の共通基礎―公演に携わるすべての人々に

劇場等演出空間運用基準協議会
フリックスタジオ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
81

■PART1「ものづくりの感覚」を養う 作品のために俳優がいる 「作品に出演させていただきました」と言わない 作品づくりはチーム戦。各パート(部署)の役割を知っておこう 実際の現場から、制作工程を学ぶ まず、「企画」は、誰がどのように始めるのか? よく見る「製作委員会」とはなにか? 最も気になる「キャスティング」について 「スタッフィング」=スタッフを決めていく いよいよ、「ロケハン」 「デザイン画」と「美術打ち合わせ」へ…… 俳優は「衣裳合わせ」の時間を生かすこと 「ヘアメイク」に聞いた「いい俳優・だめな俳優」とは? 「総スケ(総合スケジュール)」の決定 「美術設計」&「セット運営」 「ホン読み」と「リハーサル」 「クランク・イン」と「クランク・アップ」 スタジオで明確になる俳優の演技力!「編集」作業 「作曲」と「音楽」〜俳優も歌えると有利 「音響効果」「整音」で、声だけでわかる俳優の技量 「試写」「宣伝」で映画を見ている観客の顔を見よう 自分の言葉を持っているか?「作品の公開・舞台挨拶」 次も現場に呼ばれる俳優には共通点がある エキストラでも、現場に参加するべきか? 現場では多くの人から「聞く」。現場受けする俳優は仕事が続く 映画のメイキングから、ものづくりを学ぶ ■Interview No.1 撮影スタッフに聞く「こんな俳優と仕事をしたい」(鈴木周一郎) ■PART.2 脚本を深く読み解く 「脚本の重み」をまずは知ろう 脚本とは「映画の設計図」 俳優こそ、誰より高度な「脚本の読解力」が必要 現場に入る前の準備と訓練がすべて 作品の肝を掴んでいるか? 1冊の脚本を、3行にまとめてみる 脚本を読み解く つの基本ステップ 年間、何冊の脚本を読んでいるか? 自分でも書いてみるとよくわかる 1シーンごとでとらえない テレビドラマと映画の脚本、どちらで勉強するか? いずれは脚本を「飛躍させる」俳優を目指そう ■Interview No.2 録音スタッフに聞く「こんな俳優と仕事をしたい」(石寺健一) ■PART.3 映画からじっくり学ぶ なぜ、映画は映画館で見てほしいのか 5番手、6番手の「実力枠」の俳優の芝居を見る 「スクリーンで鑑賞に耐えられる演技力」とは 観客の心を動かすのは、台詞ではない テレビドラマの記号的な演技を参考にしない テレビ、演劇、映画……、どんな媒体でも通じる演技を キャスティングプロデューサーはどんな俳優をチェックしているのか 「サポートする演技」の重要性 「受けて返す」という技術 エンドロール(エンドクレジット)には重要な情報が満載 俳優の参考になる映画の見方・選び方 何でも「作り手の視点」で見てみる 映画館での共有体験を持ってほしい ■Interview No.3 映画監督に聞く「こんな俳優と仕事をしたい」(中野量太) ■PART.4 オーディションを戦略的に勝ち抜く オーディションは、実は極端に少ない 無駄なオーディションに時間を奪われてはいけない 実り少ないオーディションで疲弊する事務所出身の先輩俳優たち オーディションの選考過程〜何が審査されているのか 面接の「自己PR」対策:審査員の視点に立つ 「印象は悪くないのに記憶に残らない」人の原因 面接対策:どんな質問がとんでくるか? どんな質問をしたらいいか? 子役オーディションで、親に望むこと 東京に出ること・芸能事務所に所属することを第一目的にしない 芸能事務所は探すものではなく、出会うもの 俳優人生のためになる、正しい芸能事務所の選び方 ■Interview No.4 芸能プロダクション・ホリプロに聞く「こんな俳優と仕事をしたい」(津嶋敬介) ■PART.5 俳優として長く生きていくために 俳優の仕事は「センス」ではなく「技術」である 年間たった 1割? 俳優が訓練にあてる時間を考える 声と身体と、何より「頭」を鍛えなくてはいけない 信頼できるホームグラウンドを持つ 自分のロールモデルとなるべき俳優を徹底的に研究しよう 出会いの場に飛び込み、俳優として信頼される関係を目指そう 良質な作品を引き寄せる力を磨いておこう ■Interview No.5 俳優に聞く「こんな俳優になりたい」(鈴木亮平) おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
81

僕の人生、「あいつには敵わない」の連続だった。この世の中はすべて才能。しかし、努力の仕方さえ知ればトップに立つことができる-。勝つための方程式 「努力の方法」を教えます まずは「自分だけの教科書」をつくる 「ボケカス!お前らが間違ってる!」 結果さえ出せれば「生意気」でいられる 「本当の客」を見極める 「X+Y」の公式の確立 「技術派」と「感情派」 同じことをやっても絶対勝てない 「島田洋七」というシステムをパクる 直球がダメなら変化球で〔ほか〕

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
73

リア王 (新潮文庫)

ウィリアム シェイクスピア
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
73

ガラスの動物園 (新潮文庫)

テネシー ウィリアムズ
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
71

うわべだけの演技が、あなたの“演じる喜び”を殺す! アル・パチーノ、ジャック・レモン、ウーピー・ゴールドバーグなど、数々の名優を育ててきたウタ・ハーゲン。本書は、日本ではまだ紹介されていなかったウタ・ハーゲンによる演技法、ウタ・ハーゲンテクニックが、余すことなく紹介されています。プロ・アマ、映画・舞台など、経験やジャンルを問わず、俳優を目指す全ての方に向けられた、不滅のベストセラーです。 「私はバラの花でも俳優でも、大きくヘルシーに育てたい。だから、演技もオーガニックにやりたいのです!」 まえがき 手元に置いて一生、読み続ける本 PART1 俳優:「役を生きる」俳優になるために 役を知るまえにあなた自身を知りなさい イントロダクション Introduction  コンセプト Concept アイデンティティ Identity 置き換え Substitution 感情の記憶 Emotional Memory センス・メモリー Sense Memory 五感 The Five Senses 思考 Thinking 歩くことと、話すこと Walking and Talking 即興 Improvisation リアリティ Reality PART2 「役を生きる」演技術を実践するために 一人でできる、10項目のエクササイズ イントロダクション Introduction 基本エクササイズ The Basic Object Exercise 登場:三つのステップ Three Entrances イミディアシー:今、目の前にあること Immediacy 第四の壁 The Fourth Wall エンダウメント Endowment モノローグ Talking to Yourself 屋外 Outdoors コンディショニング・フォース Conditioning Forces ヒストリー History 人物のアクション Character Action PART3 「作品の世界に生きる」ために イントロダクション Introduction 脚本を初めて読む時 First Contact with the Play 人物 The Character 状況 Circumstances 関係 Relationship 目的 The Objective 障害 The Obstacle アクション The Action リハーサル The Rehearsal 実践上の問題:俳優業についてのQ&A Practical Problems コミュニケーション Communication スタイル Style あとがき  訳者あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
71

マクベス (新潮文庫)

シェイクスピア
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
71

あまちゃんメモリーズ 文藝春秋×PLANETS

みなさんのあまロスをなんとかすっぺ会
文藝春秋
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
70

ハムレット (新潮文庫)

ウィリアム シェイクスピア
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
69

俳優・表現者に必要な脚本の読み解き方、役作りに必要な技術と考え方、長く活躍していくための心構えを、現役の映画監督・冨樫森が、徹底指南! 錚々たる名監督のもとで経験を積み、98 年のデビュー以降、数々の映画賞を受賞してきた映画監督・冨樫森の初めての単行本にして、演技術の決定版です。 演技術に関する本は国内でも多数刊行されていますが、現役の映画監督が、現場経験をもとに指南する本は多くありません。本書は、具体的な作品の脚本、台詞を細かく分析し、「役をどう捉えるか」、すべて「実例」をもとに「技術(ハウツー)」としてまとめられているため、実践的です。 現場経験の有無に関わらず、俳優志望者や指導者、映画制作者が「現場で本当に役立つ」1冊です。 第1章 脚本を読みとる  ●俳優とは  ●演技とは脚本の捉え方のこと  ●脚本の読解力を鍛える  ●脚本は映画の設計図  ●1冊の脚本ができるまで  ●脚本の呼び方  ●「いい演技」とは何か?  ●まずは読んで見て、感じたことを大切にする  ●脚本を「読み取る」ための4つのヒント   1 3行ストーリー    ・主人公とは誰か?    ・映画の話型(語り口)   2 「外的葛藤」と「内的葛藤」    ・内的葛藤をきちんと読みとる   3 核になる美しさ・素晴らしさ   4 スルーライン  ●俳優にとって、「脚本の核心をつかむ」ということ   実践例3の回答例 コラム:映画はなぜ、暗闇で見るのか? 第2章 役へのアプローチ  ●役の「核心」と「実質」について  ●自力で「役をつかむ」大切さ  ●役の「核心」を掴むための7つの方法   1 キャラを箇条書きし、一言で言い切る   2 調べる    ・具体的に資料にあたる    ・取材する   3 歴書を作る・スケッチする    ・「育ち」    ・「トラウマ」    ・「思い出」   4 役になって呟いてみる    ・相手役の方から考える   5 役の人物の目的・願望を掴む   6 5番手6番手の役の場合、役割から考える    ・役割のあるシーンだけ読んでみる   7 形状を思い浮かべる  ●相米慎二監督ならではの演出  ●役を身体に染み込ませる「体験」をする  ●役を身体に染み込ませる5つの方法   1 役の人物が経験した感情を体験する:想像する    ・体験できるときは体験する    ・体験できないときは、限界まで「想像」する   2 自分の経験を使って、感情を想像し、体験する    ・役の人が愛している人・ものを愛する   3 人物の内面をモノローグ化する   4 動作の反復と、五感の記億を使う   5 エチュードする  ●絶対に「体験できない役」のとき  ●実践!! 実際に役の核心をつかんでみよう   実践例1:一言で言い切る   実践例2:履歴書を作る・スケッチ(素描)する   実践例3:「体験」する  ●俳優にとって「役の核心をつかむ」ということ 第3章 場面(シーン)ごとに役を捉える  ●なぜ「場面」ごとにアプローチする必要があるのか?  ●場面ごとに役の人物の目的を考える  ●伝えるべき「場面のポイント」をつかむ   具体例1:成瀬巳喜男監督『乱れる』   具体例2:小津安二郎監督『麦秋』   具体例3:小津安二郎監督『東京物語』  ●感情のレベルを定める  ●調子(トーン)を定める  ●面白い映画の「泣ける場面」を思い出してみる  ●空気や状況が変わる「転換点」をつかむ  ●「感情の折れ線グラフ」を書いてみる  ●「退屈な演技」と思われないために  ●ツボをつかむ   具体例1:内田吐夢監督『飢餓海峡』   具体例2:相米慎二監督『魚影の群れ』   具体例3:相米慎二監督『あ、春』   具体例4:豊田四郎監督『夫婦善哉』  ●感情が先にはない  ●役を生きる  ●「表現するな、存在しろ」 コラム:映画「おしん」の話 第4章 台詞・動作を考える  ●実は何を言いたいのか?「サブテキスト」をつかむ  ●「一つの台詞に一つのサブテキスト」とは限らない  ●「ひとつの台詞にひとつのサブテキスト」とは限らない  ●会話全体のサブテキスト  ●相手の台詞のニュアンスを読み取る  ●相手か、自分か、それは誰に言う台詞なのか?を見極める  ●表情や溢れる感情に変化を持たせる  ●どの台詞を受けて、その台詞があるのか?  ●省略されている重要なト書きを考える  ●作品に込められている膨大なバックグラウンド 第5章 実際に演技をするために  ●現場手前・準備段階でやること  ●台詞の覚え方1:まず「棒読み」。言い方を決めない  ●台詞の覚え方2:「感情の流れ」から捉える  ●台詞の覚え方3:とにかく負荷をかける  ●いざ、本番。緊張との付き合い方  ●ものづくりとは  ●演技プランを一度捨てる  ●演技で「説明」してはいけない  ●常に一回目であることを忘れない  ●監督の「大胆にやって下さい!」の意味  ●相手と会話する  ●本来の自分を隠さない  ●自分の「本当の感情」を使う  ●表面的な「声の出し方」は演技ではない  ●要求されている感情を持てる「実質」  ●形が必要なときもある  ●もし自分がその状況だったら……と考える  ●「普通に生きている感覚」を忘れないこと  ●台詞の言い方と注意点    ・悲しい台詞を悲しく言わない    ・低めのストレートを投げる  ●撮影時の注意点まとめ    ・リハーサル1回目の臨み方    ・カットバックのときに気を抜かない    ・テンションを本番まで保つ    ・自意識との付き合い方 コラム:原節子さんのこと 第6章 日常の訓練方法  ●魅力とは  ●俳優としての魅力について  ●日々の実践1 演技漬けになれる環境に身を置く  ●日々の実践2 考えを文字にする・言葉にする  ●日々の実践3 作品と自分に徹底的に向き合ってみる  ●日々の実践4 よくある7つのクセを直す  ●日々の実践5 自分の方法を編む  ●日々の実践6 映画を見る  ●役者として生きる情熱はあるか    ・情熱    ・役の実質を持つ    ・秘密の三原則

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
69

オセロー (新潮文庫)

シェイクスピア
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
69

全米で圧倒的支持!名優を育て上げた巨匠がおくる至高の演出術。すべての演劇人に贈る珠玉の言葉。 1 脚本を理解すること 2 演出家の役割 3 キャスティング 4 はじめての台本読み 5 稽古のルール 6 ブロッキングの作り方 7 俳優への接し方 8 観客を笑わせるには 9 ステージングの要素 10 公演直前と、その後のために

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
68

お気に召すまま (新潮文庫)

ウィリアム シェイクスピア
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
68

名人・立川談志亡き今、これから落語を聴こうとする者が、失敗せずに楽しむコツは?ファン歴三十数年の著者が、業界のしがらみゼロの"客目線"で親しみ方を大胆指南。「聴く前に、興津要編の作品集『古典落語』を読むと理解倍増」「寄席へ行くより名人のCD」「初心者は志ん朝から聴け」「志ん生は皆が褒めるが江戸弁がキツくて分かりづらい」…定説に時に突っ込みながら、うまい噺家、聴き方のツボ、演目の背景・歴史を一挙紹介。落語ツウも開眼多数の新感覚の入門書。 第1章 落語に「テキスト」はあるか 第2章 「江戸」ではない近代落語 第3章 「廓ばなし」の困難 第4章 私の推す名人たち 第5章 名人藝の技術 第6章 ネタに突っ込みをいれる 第7章 「名人」以後の落語家

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
68

舞台監督

小川 幹雄
翰林書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
67

リチャード三世 (新潮文庫)

ウィリアム シェイクスピア
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
67

NEED 本当のあなたをさがす旅

スーザン・バトソン
小学館
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
67

マンガでわかる 自分を変える習慣力

三浦 将
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
67

伝説の雑誌、「プレイガイドジャーナル」。 その栄光と挫折を歴代編集長が語る! 伝説の雑誌、「プレイガイドジャーナル」。 その栄光と挫折を歴代編集長が語る! 中嶋らも、いしいひさいち、村上春樹ら超豪華執筆陣がいた伝説の雑誌、「プレイガイドジャーナル」。 その栄光と挫折を歴代編集長が語る! 1970〜80年代、大阪に熱くおもろい情報誌があった。 『プレイガイドジャーナル』 若たちは親しみを込めて「プガジャ」と呼び、 それを持って街に出た。 今や伝説となった「プガジャ」をつくっていた人々の、 情熱と涙の人間ドラマ! 【第1章「プガジャ」70年代の情報誌事情】 ■目次 ・情報誌の草分けだった「プガジャ」 ・タダで映画を見られると思って ・どんな仕事をしていたか ・情報に対する考え方が今とは違っていた ・アクティブだった当時の若者たち ・自主上映も多かった ・「プガジャ」の自主企画 ・井筒監督と『ガキ帝国』のころ ・映画にも出た森晴樹編集長 ・メッセージ性が必要とされない時代に ・「プガジャ」といしいひさいち ・「プガジャ」の果たした役割 ・政治運動との距離 ・「プガジャ」を特徴づけたもの 【第2章「プガジャ」変革の時、サイズ変更の事情】 ■目次 ・サイズ変更時の編集長 ・「プガジャ」との関わり ・編集長としてやろうとしたこと ・B6からB5へ、なぜ変えたのか ・いしいひさいちとの出会い ・サイズ変更による影響と反響 ・大物続々登場の誌面 ・未来につながる「プガジャ」のおもしろさ ・中島らものことなど ・人と人とのをつくった「プガジャ」 【第3章「プガジャ」で過ごした日々。80年代の空気】 ■目次 ・僕たちが入社した八〇年代前半の「プガジャ」 ・B6サイズ最後の号に間に合った ・二十代にしかできない、しかしいちばん楽しい仕事 ・ひとつの時代が終る予感 ・他の情報誌とは違っていた ・さまざまなものが変わっていった ・吉本興業とトラブった! ・女性が強かった編集部 ・音楽シーンにも変化が ・継承されている「プガジャ」スピリット ・劇団員でありつつ編集部員 ・雀三郎製アルカリ落語の会 ・フォークからアメリカ西海岸へ 【第4章「プガジャ」創刊時から、70年代の空気】 ■目次 ・もっともっと会社じゃなかった ・動き始めた渦のど真ん中にいた ・時代のすべてがロックだった ・「プガジャ」のイメージは ・続けてても違う「プガジャ」になっただけ 【第5章「プガジャ」最後の苦闘】 ■目次 ・名古屋の『プレイガイドジャーナル』に入る ・とにかく貧乏だった ・北村想の「寿歌」と『不・思・議・想・時・記』 ・名古屋の「プガジャ」から、大阪の「プガジャ」へ ・のんきでルーズだった大阪「プガジャ」 ・意識改革、経営改革に取り組む ・編集長になり、中島らもに出会う ・吉本の情報拒否問題で学んだこと ・「プガジャ」で出会ったイラストレーターたち ・「もうあかんねん」と言われて ・「身売りするとはこういうことや」 ・「プガジャ」を本当の出版社にしたかった ・性に合っていた大阪 ・プロの仕事はできていた 【資料編】 ■目次 ・「プガジャ」発刊の辞 ・「プガジャ」最後の編集後記 ・情報誌年表 ・プレイガイドジャーナル記事索引・抜粋 ・プレイガイドジャーナルの歩み

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
67

シェイクスピア全集 (8) (ちくま文庫 し 10-8)

ウィリアム シェイクスピア
筑摩書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
67

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘型録

コンプティーク編集部
KADOKAWA/角川書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
67

アイドルが一過性のブームではなく文化として根づきつつあるいま、アイドルという芸能ジャンルの特性を、「SNSや現場の重視」「アイドルのパーソナリティの開示」「ファンの承認欲求」という観点から分析して、アイドルを… アイドルが一過性のブームではなく文化として根づきつつあるいま、アイドルという芸能ジャンルの特性を、「SNSや現場の重視」「アイドルのパーソナリティの開示」「ファンの承認欲求」という観点から分析して、アイドルを語る言葉をバージョンアップする。 はじめに 第1章 アイドルという言葉  1 「国民的」か「一部の熱狂」か  2 誰でも語りうるものとしてのアイドル  3 何がアイドルと呼ばれるか  4 「アイドル」の不確かさ 第2章 アイドルらしさをめぐって  1 アイドルの語りやすさ  2 アイドルの主体  3 “操り人形”としてのアイドルの歴史  4 「アイドルになる」を選び取ること  5 「アイドルらしさ」とは何か 第3章 音楽としての「アイドルらしさ」  1 “低級”音楽としてのアイドル  2 アイドルのパーソナリティと音楽性  3 「アイドルらしからぬ」は更新されるか 第4章 アイドルの「虚」と「実」を問い直す  1 「饗宴」から考える  2 アイドルのパーソナリティがコンテンツになること  3 「表」と「裏」の狭間にあるもの  4 人格を承認しあうコミュニケーション  5 ネガティブさを捉え返す契機 第5章 「場」としてのアイドル  1 本書の要旨――アイドルとは何か  2 アイドルと恋愛  3 饗宴としてのアイドル あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
67

ことばとの出会い からだとの出会い 治癒としてのレッスン 「私」をつくり、「私」が超えようとしたもの 私の新劇解体史 アングラ以前 演技者は詩人たりうるか からだの変容 演劇を壊し、関係をつくる 「竹ちゃん」の予見 ファインダーから見た竹内敏晴の仕事. 1

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
67

空を飛ぶ少女について 『魔女の宅急便』のヒットと社員化 頭を殴られた一言とプロデューサー洗礼の日々 鳥の目から見た町 この作品では、一人の人間のいろいろな顔を見せたかった いま、"幸せになる"って何? なぜキキは十三歳なのか? キキが黒い服をまとうわけ 絵には自分の内面が表れますね リアルさと存在感そして光の表現にてこずってます ぜいたくで楽しい仕事でした 女性だけでなく、だれもが直面する問題 キキは鼻の位置がむずかしい 今回はヨーロッパの舞曲をモチーフにしています 架空の国のローカル色を出す 三日間完全密着取材!!アフレコ・ルポ 『魔女の宅急便』制作秘話 映画公開当時の掲載記事を再録! やさしさに包まれたなら、少女は…… ユーミンはもう、キキではなかった キキが教えてくれたこと 魔女の東西 飛行船と魔女がとぶ空 キキは飛び、町は剝がれる かつて十三歳だった全ての大人に ウルスラの絵の謎を解く ずっと心に残っていたキキのセリフ 魔女とほうきと黒猫と 『魔女の宅急便』解題

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
66

統合失調症がやってきた

ハウス加賀谷
イースト・プレス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
66

脱がない、媚びない、NOと言えるアイドル~制服向上委員会の生き残り戦略~

橋本 美香
ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search