【2023年】「イギリス」のおすすめ 本 100選!人気ランキング

この記事では、「イギリス」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. [CD付]本場のイギリス英語を聞く
  2. イギリス英語音声学
  3. 【CD・音声DL付】究極のイギリス英語リスニング Deluxe―6000語レベルでUK英語探究 (究極シリーズ)
  4. 06 地球の歩き方 aruco ロンドン 2020~2021
  5. まっぷる ロンドン・イギリス (マップルマガジン 海外)
  6. るるぶイギリス ロンドン (るるぶ情報版海外)
  7. 【音声ダウンロード付】実践IELTS英単語3500
  8. ロンドンでしたい100のこと 大好きな街を暮らすように楽しむ旅
  9. Essential Grammar in Use with Answers and Interactive eBook: A Self-Study Reference and Practice Book for Elementary Learners of English
  10. English Grammar in Use 5th edition Book with answers and interactive ebook
他90件
No.1
100

イギリスの今を伝える第一人者である川合亮平氏が、さまざまな観光スポットで施設担当者に生インタビュー。イギリス英語を学びながら、イギリスの歴史や文化の知識を増やすことができます。リスニングばかりでなく、英会話の練習素材としても活用できるように、川合氏が役に立つ表現をピックアップしてトレーニング。 イギリスまで行けなくても行った気分になれる、イギリス好きには必見の1冊です。 Unit1 クラリッジズのアフタヌーン・ティー Section1 アフタヌーン・ティー:人気の秘密 Section2 素材へのこだわり Section3 紅茶に対する思い Exercise Unit2 ハリー・ポッターのハウス・オブ・ミナリマ Section1 ウィーズリー・ジョークショップ Section2 忍びの地図 Section3 ルーナ・ラブグッド Exercise Unit3 ビートルズ・マジカル・ミステリー・ツアー Section1 トライデント・スタジオ Section2 ジョン・レノンのテレビ出演秘話 Section3 ビートルマニアが生まれた場所 Exercise Unit4 ケンジントン宮殿 Section1ダイアナ妃とケンジントン宮殿 Section2 ヴィクトリア女王と宮殿 Section3 ケンジントン宮殿の見どころ Exercise Unit5 ロイヤル・アルバート・ホール Section1 開催される音楽イベント Section2 ホール建設の背景 Section3 ネルソン・マンデラの秘話 Exercise Unit6 英国紳士服店ハンツマン Section1 ハンツマンに憧れた理由 Section2 サヴィル・ロウの魅力 Section3 ビスポークスーツの価値 Exercise Unit7 英国郵便博物館 Section1 ヴィクトリア時代のSNS Section2 短命だった郵便自転車 Section3 タイタニックのエピソード Exercise Unit8 世界遺産グリニッジ Section1 エリア内にある4つの施設 Section2 貿易船カッティー・サーク Section3 ユネスコ世界遺産への登録 Exercise Unit9 世界遺産キュー・ガーデン Section1 おすすめのエリア Section2 イングリッシュ・ガーデンの魅力 Section3 世界に園芸が必要な理由 Exercise Unit10 ロアルド・ダール・ミュージアム Section1 ダールが暮らした場所 Section2 ダールにサインをもらいました Section3 私のおすすめのダール作品 Exercise Unit11 18世紀英国を代表する画家ジョセフ・ライト Section1 ジョセフ・ライトの世界的人気 Section2 代表作「太陽系儀の講義」 Section3 チャールズ・ダーウィンの祖父 Exercise Unit12 ヨーヴィック・ヴァイキング・センター Section1 裕福なヴァイキング Section2 ヴァイキングの日常食 Section3 ご先祖様はヴァイキング Exercise

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
95
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
93
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
92
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
92
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
89
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
87
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
87
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
87
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
87
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
85
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
85

ハムレット (新潮文庫)

ウィリアム シェイクスピア
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
85
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
85

Apple and Rain

Crossan, Sarah
Bloomsbury Childrens Books
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
76

ロンドン

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
76

Kidnapped (Oxford Bookworm Library 3)

Stevenson, Robert Louis
Oxford Univ Pr
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
76

蠅の王〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)

ウィリアム ゴールディング
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
74

高慢と偏見 上 (岩波文庫)

ジェーン オースティン
岩波書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
74

Girl, Missing: The top-ten bestselling thriller

McKenzie, Sophie
Simon & Schuster Childrens Books
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
74

明治時代の欧化政策のもとで海外文学が翻訳されはじめてから1世紀超、なかでもイギリス文学は現在でも根強い人気を誇っており、文学作品に惹かれてその舞台を訪れる人も多い。作家や作品にちなんだ60の旅を通してイギリスの文化、風土を再発見する一冊。  まえがき  イギリス・アイルランド全図 第Ⅰ部 古代・中世  1 今なお語り継がれる伝説――アーサー王①  2 キャメロット伝説を訪ねて――アーサー王  3 英詩の草分け的存在――ジョン・ガワー  4 英詩の父――ジェフリー・チョーサー   [コラム1]イギリス人が英語で文学を書けるようになるまで 第Ⅱ部 ルネサンス期  5 暴君に翻弄された人生――トマス・モア  6 詩人の王――エドマンド・スペンサー  7 数奇な運命をたどった劇作家――クリストファー・マーロウ  8 文豪が暮らした二つの家――ウィリアム・シェイクスピア①  9 文豪の家族が暮らした家――ウィリアム・シェイクスピア②  10 ショーディッチの劇場と弟の眠る墓――ウィリアム・シェイクスピア③   [コラム2]サム・ワナメイカーとグローブ座再建  11 盲目の大詩人――ジョン・ミルトン  12 職人伝道者――ジョン・バニヤン  13 激動期を生き抜いた桂冠詩人――ジョン・ドライデン   [コラム3]女人禁制だった舞台に女優を登用したダヴィナント 第Ⅲ部 18世紀  14 大富豪から一転破産した――ダニエル・デフォー   [コラム4]スコットランド合併に暗躍した秘密諜報工作員――デフォー  15 辛辣な諷刺作家――ジョナサン・スウィフト  16 小説が記憶する郷土色――ヘンリー・フィールディング  17 文壇の大御所――サミュエル・ジョンソン①  18 辞書編纂家――サミュエル・ジョンソン②   [コラム5]ホガースが見たロンドン  19 スコットランドの国民詩人――ロバート・バーンズ 第Ⅳ部 19世紀前半・ロマン派の時代  20 孤高の芸術家――ウィリアム・ブレイク  21 ロマン派の旗手――ウィリアム・ワーズワス  22 文学理論の先駆者――サミュエル・テイラー・コウルリッジ  23 小説に新天地を開いた――ウォルター・スコット  24 人情の機微と哀歓に優しい目を向けた――チャールズ・ラム  25 機知溢れる小説家――ジェイン・オースティン  26 情熱の詩人――ジョージ・ゴードン・バイロン   [コラム6]バイロンの館  27 旅の途上のアット・ホーム――パーシー・ビッシュ・シェリー  28 薄幸の天才――ジョン・キーツ 第Ⅴ部 19世紀後半・ヴィクトリア女王の時代  29 大英帝国を代表する言論人――トマス・カーライル  30 貴族になった国民詩人――アルフレッド・テニソン  31 イギリスの国民的作家――チャールズ・ディケンズ   [コラム7]文学に見る産業革命の光と影  32 悲劇のヒロイン――ブロンテ姉妹①  33 『嵐が丘』を生んだ村ハワース――ブロンテ姉妹②  34 町が世界に誇る女性作家――ジョージ・エリオット  35 本当は数学者――ルイス・キャロル  36 多彩な芸術家――ウィリアム・モリス   [コラム8]レ・ファニュのアイルランドとイギリス小説 第Ⅵ部 世紀末から20世紀初頭  37 自然主義作家の旗手――トマス・ハーディ  38 唯美主義の作家――オスカー・ワイルド   [コラム9]ヴィクトリア時代の倫理と文学の自由  39 光と闇――ロバート・ルイス・スティーヴンソン  40 機知縦横の世界的作家――ジョージ・バーナード・ショー  41 ポーランド出身のエグザイル作家――ジョウゼフ・コンラッド  42 世界一の名探偵を生んだ――アーサー・コナン=ドイル  43 アイルランド文芸復興をリードした――ウィリアム・バトラー・イェイツ  44 湖水地方の風――ビアトリクス・ポター  45 裏の顔もあった――サマセット・モーム  46 モダニズムの作家――ヴァージニア・ウルフ  47 現代の叙事詩を書いた――ジェイムズ・ジョイス  48 流浪の旅――ディヴィッド・ハーバート・ロレンス  49 夭折の天才詩人――ルパート・ブルック   [コラム10]二つの炬火  50 魂の遍歴を辿って――トマス・スターンズ・エリオット  51 「人間らしい(ディーセント)」世界を命がけで求めた――ジョージ・オーウェル  52 放蕩の天才詩人――ディラン・トマス 第Ⅶ部 20世紀後半・現代  53 ミステリー誕生の地――アガサ・クリスティ  54 日本との絆も深い――エドマンド・ブランデン  55 心理小説の名手――エリザベス・ボウエン  56 海軍情報部(NID)予備大尉――イアン・フレミング  57 田舎暮らしを愛した詩人――フィリップ・ラーキン  58 憧れの日本の入国を拒否された作家――グレアム・グリーン   [コラム11]スーザン・ヒルの『ウーマン・イン・ブラック』  59 ノーベル賞作家の第二の故郷――カズオ・イシグロ  60 『ハリー・ポッター』の生みの親――J・K・ローリング  『イギリス文学を旅する60章』参考文献  図版出典

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
72

Pygmalion (Penguin Classics)

Shaw, George Bernard
Penguin Classics
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
71

The Diary of a Young Girl

Frank, Anne
Everyman's Library
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
71

The Quiet American

Greene, Graham
Vintage Classics
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
70

Troubles (W&N Essentials)

Farrell, J.G.
Weidenfeld & Nicolson
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
70

スノーマンとスノードッグ

レイモンド・ブリッグズ
竹書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
70

フランダースの犬 ニュールンベルクのストーブ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
70

Vince and Joy: A Novel

Jewell, Lisa
William Morrow Paperbacks
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
69

The Sense of an Ending

Barnes, Julian
Random House UK Ltd
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
69

Boy and Going Solo

Dahl, Roald
Viking Books for Young Readers
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
69

人間の絆(上) (新潮文庫)

サマセット・モーム
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
69

おちゃのじかんにきたとら

ジュディス カー
童話館出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
69

Noughts & Crosses

Blackman, Malorie
Simon & Schuster Books for Young Readers
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
69

ことりっぷ 海外版 北欧 (旅行ガイド)

昭文社 旅行ガイドブック 編集部
昭文社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
69

ことりっぷ 海外版 ロンドン (旅行ガイド)

昭文社 旅行ガイドブック 編集部
昭文社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
69

A Kind of Spark

McNicoll, Elle
Knights Of Media
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
69

ガリバー旅行記 (角川文庫)

ジョナサン・スウィフト
KADOKAWA/角川書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
69

ハレ旅 ロンドン (改訂版)

朝日新聞出版
朝日新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
69

はじめて英語を学ぶお子さまにピッタリ! よんで、きいて、うたって、英語が自然に身につく♪ 『キラキラ星』、『メリーさんの ひつじ』、『ハンプティ ダンプティ』など、17曲を収録! 監修と文は日本でのマザーグース研究第一人者、鷲津名都江、絵はボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞作家、葉祥明。 美しく楽しい絵と共に、英語圏の文化にも親しめる。 「英語圏の子どもたちの言語獲得に、大きな役割を果たしているマザーグース。 楽しみながら、英語の弾むリズム、音、言葉の意味などを、いつのまにか学習していくのです。 英語の弾むリズムが不得手な日本人にとっても、楽しみながら英語を学び、 英語のリズムが身につく、またとない教材であることはいうまでもありません。」 鷲津 名都江 (オビより) ○ 英語と日本語を併記。 ○ お子さま一人でも学べる ○ 英語独特のリズムがしっかり身につく ○ プレゼントや卒園・入学祝いにも大人気の絵本シリーズ <音声ダウンロード内容> ○1トラックに1曲分の英語と日本語の歌を収録○ ※PCからでも、iPhoneやAndroidのスマートフォンや タブレットからでもダウンロード・再生いただくことができます。 【うた:小鳩くるみ 他】 小鳩くるみ…NHKうたのおねえさん『おかあさんといっしょ』、アニメ『アタックNo.1』(鮎原こずえ 役)、ディズニー映画『白雪姫』(白雪姫 役) Old Mother Goose マザーグースおばさん [1]Twinkle, Twinkle, Little Star  キラキラ星 [2]Humpty Dumpty  ハンプティ ダンプティ [3]One, Two, Three, Four, Five  1  2  3  4  5 [4]Mary had a Little Lamb  メリーさんの ひつじ [5]Hey Diddle, Diddle  ヘイ ディドゥル ディドゥル [6]Pussy Cat, Pussy Cat  ねこちゃん ねこちゃん [7]Three Blind Mice  目の見えない ねずみ3匹 [8]Jack and Jill  ジャックとジル [9]What are Little Boys Made of ?  男の子って なにで できているの? [10]Mary, Mary, Quite Contrary   メアリー メアリー ひねくれメアリー [11]Little Jack Horner  リトゥル ジャック ホーナー [12]Little Bo-peep   ボー・ピープちゃん [13]Lavender’s Blue  ラベンダーは ブルー [14]Baa, Baa, Black Sheep  めえ めえ ひつじさん [15]Sing a Song of Sixpence  6ペンスの歌 [16]The Grand Old Duke of York  偉大な デューク・オブ・ヨーク  [17]We Wish You a Merry Christmas  ウィー ウィッシュ ユー ア メリー クリスマス (Licensed by Victor Entertainment) <保護者向け解説> ○ マザーグースって? ○ 曲ごとの解説 ○ 著者からのメッセージ/本書の効果的な使い方 ○ 音声ダウンロードのしかた

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
69

A02 地球の歩き方 イギリス 2019~2020

地球の歩き方編集室
ダイヤモンド・ビッグ社

イギリス

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
69

嵐が丘 (新潮文庫)

エミリー・ブロンテ
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
68

ロンドンでいちばんエキサイティングなイースト6エリアの、最先端グルメ、ショッピング、お散歩スポットなど135軒! 6つの地域のカフェ、多国籍料理、ギャラリー、雑貨、マーケットなど、とっておきのスポ… ロンドンでいちばんエキサイティングでヒップに生まれ変わったイースト6エリアの、 最先端グルメ、ショッピング、お散歩スポットなど135軒! 歴史と伝統の西ロンドンからちょっと東へ足を延ばせば、今もっとも目が離せないヒップなイースト・エリア。 歩いているだけで刺激を受ける、 Shoreditch、Brick Lane、Bethnal Green、Dalston、Hackney Cetntral、Stoke Newington、 6つの地域のカフェ、多国籍料理、ギャラリー、セレクトショップ、ミュージアム、雑貨、マーケットなど、 とっておきのスポットを紹介しています。 初めての人も、ロンドンをもう一度訪れたい人も、今度は東側を歩いてみませんか?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
68

ロンドンの街を巡りながらイギリス英語を楽しめる一冊。ロンドンにまつわる、ちょっとマニアックな歴史・文化も満載! イギリス、ロンドンの街を巡りながら、イギリス英語をじっくり味わうことができる一冊です。定番の観光名所はもちろん、ちょっとマニアックで深い部分まで、ロンドンにまつわる歴史・文化が満載! その土地・場所、モノ・コトに関する概要説明文、そしてロンドンの街を歩く3人のダイアローグで、楽しく英語を勉強しながらイギリスを満喫しましょう。 イギリス好きはもちろん、「何となく興味があるかも」、「イギリス英語って何?」、「これからイギリスに旅行に行くよ!」「イギリスに留学するよ!」という方にもおすすめです。 巻末では、アメリカ英語とイギリス英語の発音やスペル、文法的な違いについても、分りやすく簡潔にまとめました。音声付だから、発音の違いもチェックできます。 序 UKは何を意味する? 第1章 王室 第2章 歴史的遺産 第3章 文化的遺産 第4章 象徴的建造物 第5章 ロンドンのライフスタイル 第6章 イギリス様式 付録 アメリカ英語とイギリス英語の違い

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
68

IELTSで必須の英単語3300、英熟語1100を収録。単語・熟語ともにテストに頻出のフレーズと一緒に覚えることができる。 IELTSで必須の英単語3300、英熟語1100を収録。 単語は難易度別にAからDまで分類し、熟語はABC順にまとめました。単語・熟語ともにテストによく出る形のフレーズと一緒に覚えられるようになっています。また、必ず出題される同意語とテストで注意すべきポイントをコメント欄に掲載。この一冊でIELTSの英単語・英熟語対策は万全です。 全見出し語→全フレーズの日本語→全英語フレーズを収録した音源は無料ダウンロードできます。チェックしやすい赤セルシート付き。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search