【2023年】「aws」のおすすめ 本 30選!人気ランキング

この記事では、「aws」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 図解即戦力 Amazon Web Servicesのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書
  2. Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂3版
  3. ゼロからわかるAmazon Web Services超入門 はじめてのクラウド (かんたんIT基礎講座)
  4. 図解 Amazon Web Servicesの仕組みとサービスがたった1日でよくわかる
  5. AWSクラウドの基本と仕組み
  6. AWSの基本・仕組み・重要用語が全部わかる教科書 (見るだけ図解)
  7. AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー
  8. Amazon Web Services ネットワーク入門 (impress top gear)
  9. AWSの知識地図 〜現場必修の基礎から構築・セキュリティまで
  10. Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド 改訂第2版 (Informatics&IDEA)
他20件
No.3
74

Amazon Web Services(AWS)がはじめてでもわかる! AWSの入門書です。多数あるAWSのサービス(機能)の中から特に重要なものを厳選して解説。簡単なWebシステムの構築を通して基礎からしっかり身につきます。 CHAPTER1 Amazon Web Servicesとは何か 1-1 クラウドサービスとは 1-2 巨大クラウドプラットフォームAmazon Web Services 1-3 本書の流れ 要点整理 練習問題 CHAPTER2 AWSをはじめよう 2-1 AWSを使うには 2-2 AWSアカウントの作成 2-3 AWSマネジメントコンソールの基本 2-4 各種サービスのダッシュボード 2-5 ユーザーを追加する 2-6 請求情報を管理する 要点整理 練習問題 CHAPTER3 Webサイトを公開しよう 3-1 Webサーバーの仕組みと作り方 3-2 S3の特徴と料金 3-3 この章での操作の流れ 3-4 S3バケットの作成 3-5 Static website hosting機能 3-6 バケットポリシーの設定 3-7 ファイルをアップロードする 3-8  ツールを使ってアップロードする 要点整理 練習問題 CHAPTER4 LAMPサーバーでWordPressを動かそう 4-1 ブログサーバーの仕組みと作り方 4-2 EC2の特徴と料金 4-3 EC2の操作と通信 4-4 この章での操作の流れ 4-5 EC2インスタンスを作成する 4-6 SSHで接続する 4-7 Apacheのインストール 4-8 PHPのインストール 4-9 MariaDBのインストール 4-10 WordPressをインストールして設定する 4-10-1 WordPressをダウンロードしてインストールする 4-10-2 WordPressの完成 4-10-3 さらなる発展 要点整理 練習問題 CHAPTER5 データベースを活用しよう 5-1 マネージドのデータベースサービスRDS 5-2 この章での操作の流れ 5-3 RDSのDBインスタンスを作成する 5-4 WordPressのデータベースをDBインスタンスに変更する 5-5 DBインスタンスの管理 要点整理 練習問題 CHAPTER6 固定IPアドレスとドメイン名を使おう 6-1 IP アドレス・ドメイン名を設定するには 6-2 Elastic IPで固定IPを割り当てる 6-3 ドメイン名を使えるようにするには 6-4 Route 53でDNSサーバーを作る 6-5 ドメイン名を申請する 6-6 EC2にドメイン名でアクセスできるようにする 6-7 S3バケットにドメイン名でアクセスできるようにする 要点整理 練習問題 CHAPTER7 安全な通信を使おう 7-1 通信をSSL/TLSで暗号化するには 7-2 この章での操作の流れ 7-3 証明書の作成 7-4 ロードバランサーを構成する 7-5 CloudFrontを構成する 要点整理 練習問題 解答・解説 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
73

知識ゼロからAWSの基本が一気に身につく! AWSの最初の一歩としての基本の知識を、1冊にぎゅっと凝縮した入門書。 誰もが確実に知識を身につけられるように、豊富な図解とわかりやすいテキストで、AWSの幅広い知識を体系的に解説していきます。 <本書の特徴> ● オールカラーの紙面に、図や画面を豊富に掲載。楽しく、直感的にわかりやすい内容を目指しました。 ● 仮想サーバー、ストレージ、ネットワーク、データベース、セキュリティなどの根幹をなすサービスを、コストや利用イメージなども交えながら丁寧に解説。基本の知識がしっかり身につきます。 ● ITシステムに馴染みのない人でもつまずかないよう、サーバーやネットワークなどの基礎知識もやさしく解説します。 ● コンテナ、サーバーレスコンピューティング、機械学習などの新しいサービスもしっかり紹介。いまどきのシステム開発の基礎知識も身につきます。 ● 定番のサービスだけでなく、知っておきたい便利なサービスも多数掲載。本書では60以上のサービスを紹介しています。 Chapter 1 Amazon Web Servicesの基礎知識 SECTION01 AWSを知るはじめの一歩 SECTION02 クラウド関連の用語を知っておこう SECTION03 AWSを理解する6つのポイント SECTION04 サービスの分類と代表的なサービス SECTION05 日本国内の導入事例から利用イメージをつかもう Chapter 2 Amazon Web Servicesの始め方 SECTION01 アカウントを作成してAWSの利用を始める SECTION02 AWSサービスを操作する3つの方法 SECTION03 AWSサービスの利用料を可視化する SECTION04 AWSのシステムが構築される場所を選ぶ Chapter 3 コンピューティングサービス SECTION01 押さえておきたいサーバーの基礎知識 SECTION02 EC2で仮想サーバーを手軽に作成できる SECTION03 仮想サーバーを安全に外部に公開する SECTION04 負荷に応じてサーバーを自動的に追加・削除する SECTION05 サーバーを持たずにプログラムを実行する SECTION06 サーバーレスの活用法をもっと理解する SECTION07 コンテナの仕組みと特徴を理解する SECTION08 ECSでコンテナのメリットを享受する SECTION09 サーバー知識なしで使える代表的なサービス5選 Chapter 4 ストレージサービス SECTION01 Amazon S3はデータの保存場所 SECTION02 Amazon S3の基本用語と基本操作 SECTION03 Amazon S3のデータを適切に保存する SECTION04 Amazon S3のデータを安全に公開する SECTION05 仮想サーバーのデータはEBSに保存する SECITON06 データ共有・バックアップ・転送のためのサービス Chapter 5 ネットワークとコンテンツ配信サービス SECTION01 ネットワークの重要用語を覚えよう SECTION02 Amazon VPCで仮想ネットワークを作る SECTION03 Amazon VPCの主要機能の使い方 SECTION04 VPC同士や外部サービス、オンプレミスとの接続 SECTION05 他のAWSサービスと組み合わせた構成例 SECTION06 ELBで負荷分散して可用性を高める SECTION07 高性能で手軽に使えるDNSサービス SECTION08 CloudFrontで高速かつ落ちないネット配信を実現 SECTION09 多彩なネットワーク機能を提供するサービス7選 Chapter 6 データベースサービス SECTION01 押さえておきたいデータベースの基礎知識 SECTION02 AWSでリレーショナルデータベースを使う SECTION03 Auroraの高機能で便利な特徴を知っておこう SECTION04 キーと値の組み合わせでデータを管理する SECTION05 データ分析のために大量データを取り込む SECTION06 データベース移行に役立つサービス2選 SECTION07 多種多様なデータベースに対応するサービス7選 Chapter 7 セキュリティ、アイデンティティサービス SECTION01 AWSのセキュリティをしっかり理解しよう SECTION02 IAMはAWS利用時のセキュリティの要 SECTION03 すべての操作を記録して証跡として残す SECTION04 設定履歴や設定内容を自動で管理する SECTION05 AWSの怪しい操作を検知して不正を防ぐ SECTION06 Webアプリケーションのセキュリティを強化する SECTION07 システムのセキュリティを強固にするサービス6選 Chapter 8 知っておきたいその他のサービス SECTION01 溜めたデータを次に生かすサービス6選 SECTION02 お手軽に始める機械学習 SECTION03 システム自体を管理するサービス4選

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
69

クラウドコンピューティングの概要からAWSクラウドの全容および代表的なサービスを理解できるAWSの入門書の決定版。 AWS入門書の決定版 アマゾン ウェブ サービス(AWS)社のプロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田治伸氏、およびテクニカルトレーナ 山田裕進氏の執筆による、AWSの利用を前提としたクラウド入門。 一般的なクラウドコンピューティングの概要、AWSクラウドの基礎知識、概念、テクノロジー、セキュリティ、代表的なサービスなどについて理解できる。付録では、AWSの料金、セミナー・イベントおよびトレーニング、AWS認定、アカウント設定などについて解説。さらにAWSの主なサービスの一覧を掲載。 クラウドコンピューティングおよびAWSについての実用的な情報を求める様々な方に最適。 【対象読者】 ・IT企業の新入社員 ・情報システム部/経営企画部の方 ・中小企業の経営者 ・IT企業の営業担当 ・AWSパートナー企業 ・ITに意識高いビジネスパーソン ・他の分野からクラウド分野へ転身の開発者 【目次】 第1章 クラウドコンピューティングの特徴とメリット  ―はじめてのAWS― 第2章 ITシステムの使用例とAWSの主要サービス  ―AWSはどんなときに使う?― 第3章 AWS導入のメリットその1  ―ネットワーク&コンピューティングを活用する― 第4章 AWS導入のメリットその2  ―ストレージを活用する― 第5章 AWS導入のメリットその3  ―データベースを活用する― 第6章 AWS導入のメリットその4  ―クラウドセキュリティの考え方― 第7章 新しいテクノロジーへの取り組みとクラウドネイティブ開発  ―これからの時代に求められるスキルと人材― 付録A AWSのご利用にあたって 付録B AWSサービス一覧 第1章 クラウドコンピューティングの特徴とメリット―はじめてのAWS―  1-1 Amazon Web Servicesとは?  1-2 Amazonの挑戦  1-3 IT基盤に求められること  1-4 AWSの基本コンセプト  1-5 AWSのクラウドが選ばれる10の理由  1-6 Infrastructure as Code 第2章 ITシステムの使用例とAWSの主要サービス―AWSはどんなときに使う?―  2-1 ITの機能とAWSのサービス  2-2 AWSの利用例  2-3 Well-Architectedフレームワーク 第3章 AWS導入のメリットその1―ネットワーク&コンピューティングを活用する―  3-1 AWSのコンピューティングサービスの概要  3-2 Amazon EC2  3-3 Amazon VPC  3-4 AWS Lambda 第4章 AWS導入のメリットその2―ストレージを活用する―  4-1 AWSのストレージサービスの概要  4-2 Amazon S3  4-3 Amazon EBS  4-4 Amazon EFS  4-5 Amazon FSx for Windows 第5章 AWS導入のメリットその3―データベースを活用する―  5-1 AWSのデータベースサービスの概要  5-2 Amazon RDS  5-3 Amazon DynamoDB 第6章 AWS導入のメリットその4―セキュリティの考え方―  6-1 AWSのセキュリティサービスの概要  6-2 AWSのデータセンターのセキュリティ  6-3 AWSにおけるユーザー管理  6-4 セキュリティのベストプラクティス 第7章 新しいテクノロジーへの取り組みとクラウドネイティブ開発―これからの時代に求められるスキルと人材―  7-1 新しい技術トレンドへの対応  7-2 クラウド時代のスキルと学習環境 付録A AWSの利用にあたって 付録B AWSのサービス一覧

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
68

図解で学ぶ、AWSの入門書 最もわかりやすく、もっとも充実した、最高のAWS入門書! AWSの基本から、主要サービスの概要、特徴などを、わかりやすい図解とともに、1つひとつ丁寧に解説! これからAWSを学ぶ人や、すでに利用している人にとって最適な教科書です。 序章 本書の目的と構成 第1部 入門編 Chapter 01 クラウドの基礎知識 Chapter 02 AWSの基本と全体像 第2部 基礎編 Chapter 03 ネットワーク関連のサービス Chapter 04 コンピューティング関連のサービス Chapter 05 ストレージ関連のサービス Chapter 06 データベース関連のサービス Chapter 07 アプリケーション統合関連のサービス Chapter 08 監視関連のサービス Chapter 09 アイデンティティ関連のサービス 第3部 実践編 Chapter 10 静的Webサイト関連のサービス Chapter 11 エンタープライズシステム関連のサービス Chapter 12 コンテナ関連のサービス Chapter 13 サーバーレス関連のサービス Chapter 14 DevOps関連のサービス Chapter 15 データアナリティクス関連のサービス Chapter 16 機械学習関連のサービス Chapter 17 IoT関連のサービス Chapter 18 基盤自動化関連のサービス Chapter 19 システム管理関連のサービス Chapter 20 セキュリティ関連のサービス

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
63

AWSのVirtual Private Cloudサービスを基礎から解説。VPC領域の作成・EC2インスタンスへのIPアドレスの割り当て。セキュリティ機能・プライベートなネットワーク運用。DNSサーバーと独自ドメインの運用。 1 AWSでのシステム構築 2 仮想ネットワークの作成-Amazon VPC 3 EC2インスタンスとIPアドレス 4 インターネットとの接続 5 セキュリティグループとネットワークACL 6 プライベートなネットワークの運用 7 独自ドメインの運用

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
62

『AWSの基本操作からサイト構築まで 本書の手順に沿うだけで実践できる!』 クラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」を活用してWebサイトやシステムを構築するための実践書です。 AWSでアカウントを作成して仮想サーバーを立てるところからはじめ、Webサーバーをインストールしたり、 IPアドレスを割り当てたり、操作画面を付けて丁寧に説明します。 さらに、定型的な設計パターンを使って、画像動画配信サイトやEコマースサイトなどの構築まで実践します。 手順に沿って進むだけで、インターネットストレージ、データベースサービス、DNSサービス、 仮想ロードバランサーなど、AWSの各種サービスを使いこなせるようになります。 初めてAWSを利用する人から、AWSのサービスを使いこなせるようになりたい人まで必見の書です。 【1章】 Amazon EC2の基本操作 【2章】 基本クラウドデザインパターン 【3章】 画像動画配信サイトの構築 【4章】 Eコマースサイトの構築 【5章】 キャンペーンサイトの構築

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
62

最短ルートで合格へ! AWSを使って安全で堅牢なアプリケーションの設計およびデプロイできる知識をもっているかを証明するのが、「AWS認定 ソリューションアーキテクト - アソシエイト」試験です。 本書は、2020年に改訂された新しい「SAA-C02」試験に対応した改訂を行った試験対策教科書です。合格に必要な「レジリエントアーキテクチャの設計」「高パフォーマンスアーキテクチャの設計 」「セキュアなアプリケーションとアーキテクチャの設計」「コスト最適化アーキテクチャの設計」といったカテゴリの知識を、しっかり丁寧に解説しています。 実際のAWSを使ったシステムの豊富な構築経験と深い知識を持った著者が、合格のポイントになる知識と解答の考え方を理解できるように構成しています。 さらに、練習問題と模擬問題で知識を解答につなげる力がしっかりと身につきます。 第1章 AWS認定資格 1-1 AWS認定試験の概要 1-2 学習教材 1-3 学習の進め方 1-4 何に重きをおいて学習すべきか 第2章 グローバルインフラストラクチャとネットワーク 2-1 リージョンとアベイラビリティゾーン 2-2 VPC 第3章 ネットワーキングとコンテンツ配信 3-1 CloudFront 3-2 Route 53 第4章 コンピューティングサービス 4-1 AWSにおけるコンピューティングサービス 4-2 EC2 4-3 ELB 4-4 ECS 4-5 Lambda 第5章 運用支援サービス 5-1 AWSにおける運用支援サービス 5-2 CloudWatch 5-3 CloudTrail 第6章 ストレージサービス 6-1 AWSのストレージサービス 6-2 EBS 6-3 EFS 6-4 S3 6-5 S3 Glacier 6-6 Storage Gateway 6-7 FSx 第7章 データベースサービス 7-1 AWSのデータベースサービス 7-2 RDS 7-3 Redshift 7-4 DynamoDB 7-5 ElastiCache 7-6 その他のデータベース 第8章 セキュリティとアイデンティティ 8-1 セキュリティとアイデンティティ 8-2 KMSとCloudHSM 8-3 AWS Certificate Manager 第9章 アプリケーションサービス 9-1 AWSのアプリケーションサービス 9-2 SQS 9-3 SWFとStep Functions 9-4 SNSとSES 第10章 開発者ツール 10-1 AWSにおける継続的なアプリケーション開発の支援サービス 10-2 CodeCommit 10-3 CodeBuild 10-4 CodeDeploy 10-5 CodePipeline 第11章 プロビジョニングサービス 11-1 AWSにおけるプロビジョニングサービス 11-2 Elastic Beanstalk 11-3 OpsWorks 11-4 CloudFormation 第12章 分析サービス 12-1 EMR 12-2 ETLツール 12-3 その他の分析サービス 第13章 AWSのアーキテクチャ設計 13-1 AWSにおけるアーキテクチャ設計 13-2 回復性の高いアーキテクチャ 13-3 パフォーマンスに優れたアーキテクチャ 13-4 セキュアなアプリケーションおよびアーキテクチャ 13-5 コスト最適化アーキテクチャ 13-6 オペレーショナルエクセレンスを備えたアーキテクチャ 第14章 問題の解き方と模擬試験 14-1 問題の解き方 14-2 模擬試験 14-3 模擬試験の解答

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
61

AWSを利用したインフラ構築/運用の入門書の最新改訂版 AWSのネイティブ機能を組み合わせて、 Webアプリのインフラを構築・運用 パブリッククラウドによるインフラ構築・運用の機会は増えてきていますが、なかなか最初の一歩が踏み出せない、どうしたらよいかわからない人も多いはずです。 本書では、AWS(Amazon Web Services)を使って ■クラウド上でネットワークやサーバーの構築を行うために必要な基礎知識 ■AWSのネイティブ機能を組み合わせ、安全かつ堅牢なインフラを構築・運用するための設定方法 など、現場で活かせるノウハウを「ステップバイステップ」で解説します。 AWSを用いたインフラ構築・運用の方法が知りたい、けれどもAWSを使うのは初めて、という方におすすめの一冊です。 【主な内容】 ■Amazon VPCによるインフラ基盤の構築方法 ■Amazon EC2による踏み台サーバー・Webサーバーの作り方 ■Amazon RDSによるDBサーバーの作り方 ■負荷分散のためのロードバランサーの構築 ■独自ドメインやSSL証明書の取得 ■メールサーバーやキャッシュサーバーの構築 ■サービスの監視を組み込む方法 ■月々のAWS利用料金の管理 (※2022年末時点のUIに対応。前版ではわかりづらかった利用料金関連などの解説を加筆) 【主な解説項目】 ■構築:  VPC、EC2、RDS、S3、Certification Manager、Route 53、SES、ElastiCache ■運用:  IAM、CloudWatch、請求 【目次】 ・第1章:AWS をはじめよう ・第2章:AWS アカウントを作ろう ・第3章:安全に作業するための準備 ・第4章:仮想ネットワークを作ろう ・第5章:踏み台サーバーを用意しよう ・第6章:Web サーバーを用意しよう ・第7章:ロードバランサーを用意しよう ・第8章:データベースサーバーを用意しよう ・第9章:画像の保存場所を用意しよう ・第10章:独自ドメイン名とDNSを用意しよう ・第11章:メールサーバーを用意しよう ・第12章:キャッシュサーバーを用意しよう ・第13章:サンプルアプリを動かしてみよう ・第14章:サービスを監視しよう ・第15章:月々の料金を確認してみよう ・第1章:AWS をはじめよう ・第2章:AWS アカウントを作ろう ・第3章:安全に作業するための準備 ・第4章:仮想ネットワークを作ろう ・第5章:踏み台サーバーを用意しよう ・第6章:Web サーバーを用意しよう ・第7章:ロードバランサーを用意しよう ・第8章:データベースサーバーを用意しよう ・第9章:画像の保存場所を用意しよう ・第10章:独自ドメイン名とDNSを用意しよう ・第11章:メールサーバーを用意しよう・第12章:キャッシュサーバーを用意しよう ・第13章:サンプルアプリを動かしてみよう ・第14章:サービスを監視しよう ・第15章:月々の料金を確認してみよう

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
57

AWS(Amazon Web Services)は、すでに200以上のサービスが展開されています。AWSを使いこなすための前提となるITインフラの知識が足りない初学者にとって、どこからどのように学べばよいのか悩まれているのではないでしょうか。 そこで本書では、AWS学習サイト運営YouTuberである監修者自身が実サービスの導入で習得しながら体系化した「AWS学習ロードマップ」に沿って、現場でよく使われるAWSのサービスとIT技術をやさしく解説していきます。さらに効率的に学ぶ方法も伝授します。 「学習ロードマップ」はA3サイズの折り込みとして付属しているので、ご自身のデスク周りに貼ってお使いください! ■Chapter 1:AWSの基礎知識  1.1:AWSとは  1.2:AWS Well-Architectedフレームワーク  1.3:責任共有モデル  1.4:リージョン/AZ/エッジロケーション  1.5:コストの理解  Column:新人AWSエンジニアに求められること  1.6:タグ戦略  Column:Webシステムはどのように動いているか ■Chapter 2:Amazon EC2  2.1:EC2の特徴  2.2:AMI  2.3:ユーザーデータ  Column:ゴールデンイメージ方式とユーザーデータ方式  2.4:インスタンスメタデータ  2.5:インスタンスタイプ  Column:コンピュータを構成するもの  2.6:EBS  Column:RAIDの仕組み  2.7:EFS  2.8:FSx  2.9:Systems Manager  2.10:キーペア  2.11:購入方法  Column:どうやってAWSエンジニアに転職するの? ■Chapter 3:Linuxの運用/保守  3.1:SSH接続  3.2:cron  3.3:プロセス監視  3.4:ログ管理  3.5:リンク  3.6:マウント  3.7:パッケージ管理  3.8:パーミッション  3.9:コマンド  3.10:正規表現 ■Chapter 4:Windowsサーバーの基礎知識  4.1:Windowsサーバーとは  4.2:運用/保守  4.3:コマンド(cmd)  4.4:コマンド(PowerShell) ■Chapter 5:Amazon S3  5.1:Amazon S3とは  5.2:ストレージクラス  5.3:ライフサイクル管理  5.4:Intelligent-tiering  5.5:バージョニング  5.6:マルチパートアップロード  5.7:バケットポリシー  5.8:Transfer Acceleration  5.9:Snowball  5.10:静的Webサイトホスティング  5.11:CORS  Column:AWSとオンプレミスの技術要素の比較 ■Chapter 6:Amazon VPC  6.1:VPCとは  6.2:サブネット  6.3:ルートテーブル  6.4:インターネットゲートウェイ  6.5:NATゲートウェイ  6.6:Elastic IPアドレス  6.7:Elastic Network Interface  6.8:セキュリティグループ  6.9:ネットワークACL  Column:ネットワーク通信の基礎知識  6.10:VPCエンドポイント  6.11:VPCピアリング接続  6.12:VPCフローログ  6.13:DNS  6.14:CDN ■Chapter 7:Amazon Route 53  7.1:Route 53とは  7.2:DNSサーバーの役割  7.3:リソースレコードセット  7.4:エイリアスレコード  7.5:ヘルスチェック  7.6:フェイルオーバールーティング ■Chapter 8:Amazon CloudFront  8.1:CloudFrontとは  8.2:ディストリビューションの設定  8.3:証明書連携  8.4:S3静的ホスティング連携  8.5:OAI  8.6:IPv6対応  8.7:オリジン  8.8:Behavior  8.9:キャッシュポリシー  8.10:オリジンリクエストポリシー  8.11:HTTP圧縮 ■Chapter 9:Elastic Load Balancing  9.1:Elastic Load Balancing (ELB)とは  9.2:Application Load Balancer (ALB)  9.3:Network Load Balancer (NLB)  9.4:ターゲットグループ  9.5:リスナー  9.6:スティッキーセッション  Column:Cookieとは  9.7:ヘルスチェック  9.8:パッシブヘルスチェック  9.9:External (外部) /Internal (内部)  9.10:パスベースルーティング  9.11:SSL/TLSターミネーション  Column:AWS以外のクラウドは選択肢になるか ■Chapter 10:セキュリティの基礎知識  10.1:ネットワークセキュリティ  10.2:サイバー攻撃対策  10.3:データ保護(暗号化) ■Chapter 11:AWS IAM  11.1:IAMとは  11.2:ルートユーザー  11.3:IAMユーザー  11.4:IAMユーザーグループ  11.5:IAMロール  11.6:IAMポリシーのJSON記法  11.7:AWS管理ポリシー  11.8:カスタマー管理ポリシー  11.9:インラインポリシー  11.10:リソースベースポリシー  11.11:クロスアカウント  Column:ハンズオン学習に便利なAWS CloudTrail ■Chapter 12:AWSコマンドラインインターフェイス  12.1:AWSコマンドラインインターフェイスとは  12.2:認証方法  12.3:プロファイル管理  12.4:AWS CLIの学習方法 ■Chapter 13:Amazon CloudWatch  13.1:CloudWatchとは  13.2:監視の重要性  13.3:ダッシュボード作成  13.4:標準メトリクス  13.5:カスタムメトリクス  13.6:CloudWatch Logs  13.7:CloudWatch Events  13.8:SNS連携通知 ■Chapter 14:Amazon EC2 Auto Scaling  14.1:EC2 Auto Scalingとは  14.2:EC2 Auto Scalingを使用する手順  Column:起動設定は起動テンプレートに移行してください  14.3:クールダウン期間 ■Chapter 15:AWS Lambda  15.1:AWS Lambdaとは  15.2:利用料金  15.3:テストイベントの実行  15.4:関数の呼び出しパターン  15.5:Serverless Framework (Node.js製のツール)の管理  Column:オンプレミスとのコスト比較時の注意 ■Chapter 16:Amazon RDS  16.1:データベース(DB) /RDBMSとは  Column:NoSQLとは  16.2:モニタリング  16.3:暗号化  16.4:マルチAZ  16.5:リードレプリカ  16.6:アクセスコントロール  16.7:スナップショット  16.8:バックアップとリストア  16.9:構築時の設定に必要なパラメータ  Column:DBの基礎 ■Chapter 17:AWS CloudFormation  17.1:CloudFormationとは  17.2:CloudFormationの使い方  17.3:クロススタック参照 ■Appendix:AWSの利用料金の見積もり方法  A-1:見積もり対象のサンプル(システム構成)  A-2:①サービスの要件や非機能要件を確認する  A-3:②サイジングを選定する  A-4:③料金を見積もる  A-5:④クライアントに見積もり金額を提示する  A-6:まとめ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
57

はじめて「AWS」を使う人を対象に一連の流れを解説!AWSアカウントの作成→管理コンソールでサーバを構築→Webサーバとして動かすように構成→ブログを動かすためデータベースを構築→独自ドメインでアクセス可能に。 第1章 「AWS」とは 第2章 「AWS」の「アカウント」を作る 第3章 「Amazon EC2」で「サーバ」を作る 第4章 「Amazon EC2」を「Webサーバ」として構成 第5章 データベース機能「Amazon RDS」 第6章 「Amazon Route 53」DNSサーバ機能 第7章 「Amazon S3」「ファイル」をやり取りする「ストレージ・サービス」 第8章 「AWS」の保守と管理

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
57

東京大学の講義内容の一部を増補して書籍化! 本書は、東京大学計数工学科で2021年度S1/S2タームに開講された"システム情報工学特論"の講義資料の一部を元に修正・増補して書籍化したものです。 本書の目的は、クラウドの初心者を対象としてクラウドの基礎的な知識・概念を解説することです。Amazon Web Serviceが提供するクラウド環境を実例として、具体的なクラウドの利用方法をハンズオンにより学びます。 ■本書の特徴: 1.初心者でも実践的な知識が身につく 本書はクラウドの初心者を対象としていますが、実践的な知識を学べます。AWSの提供するクラウド環境を例に、手を動かしながら知識を身につけられます。 2.コードで学べる サーバー構成などをコードで管理する方法を丁寧に解説しています。AWSをコードで管理する方法を実際に手を動かしながら学ぶことができます。 3.豊富な図解 AWSのサービスや構築に関わる内容を概念図によって丁寧に解説しています。はじめての学習でも最後まで学べるような構成にしてあります。 ■本書の構成: Chapter1.はじめに Chapter2.クラウド概論 Chapter3.AWS入門 Chapter4.EC2インスタンスの起動 Chapter5.クラウドで行う科学計算・機械学習 Chapter6.AWSによるディープラーニング Chapter7.Docker入門 Chapter8.AWSで自動質問解答ボットを走らせる Chapter9.AWS Batchによる機械学習のハイパーパラメータサーチ並列化 Chapter10.Webサービスの作り方 Chapter11.Serverless architecture Chapter12.サーバーレス入門 Chapter13.Bashoutter Chapter14.boto3道場 Chapter15.シン・Bashoutter Chapter16.深層学習による自動アート生成サイトの構築 ――― Appendix 環境構築 Chapter 1 はじめに Chapter 2 クラウド概論 Chapter 3 AWS入門 Chapter 4 Hands-on #1:初めてのEC2インスタンスを起動する Chapter 5 Hands-on #2:AWS でディープラーニングを実践 Chapter 6 Docker 入門 Chapter 7 Hands-on #3:AWS で自動質問回答ボットを走らせる Chapter 8 Hands-on #4:AWS Batch を使って機械学習のハイパーパラメータサーチを並列化する Chapter 9 ウェブサービスの作り方 Chapter 10 Serverless architecture Chapter 11 Hands-on #5:サーバーレス入門 Chapter 12 Hands-on #6:Bashoutter Chapter 13 Hands-on #7:boto3 道場 Chapter 14 Hands-on #8:シン・Bashoutter Chapter 15 Hands-on #9:深層学習を用いたアート自動生成アプリケーション ――― Appendix 環境構築

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
57

これから実務で利用予定の方向けに、AWSの特徴、オンプレミスでシステムを作る場合との違い、留意点などを解説。 実務で使いこなすためには技術の理解が不可欠 確かな知識がつく「使える教科書」 【本書のポイント】 ・解説とイラストがセットで理解しやすい ・AWSの概念的な説明や実現に向けての準備だけでなく、技術面もしっかり解説 ・AWSの代表的なサービスの特徴、オンプレミスでシステムを作る場合との違い、留意点がわかる ・これから利用しようと考えている人にイチから解説 ・現場の実態や出来事など、最新動向にもしっかり対応! ・キーワードから知りたい項目を調べやすい 【こんな方におすすめ!】 ・AWS全体の概要を知りたい方 ・実務でAWSに関わる方 ・AWSに関連する技術のイメージがわかなくて困っている方 ・AWSの運用や管理についてイメージをつかみたい人 ・現場の実態や出来事など、最新動向についても知りたい方 【内容紹介】 本書はAWSが企業や団体向けのサービスであることを踏まえて、 個人でも利用しやすい基本的かつ代表的なサービスを中心にやさしくかつ丁寧に解説することで、 AWSならびにクラウド初心者の方でもその概要を理解することができます。 また、AWSが提供しているクラウドサービスの手軽さや簡単さ、 やや難しくて注意を要するポイント、技術的な部分などにも多少踏み込むことで、 既存の入門書よりもより実践的な内容となっています。 本書では見開きで1つのテーマを取り上げ、 図解を交えて解説しています。 最初から順に読んで 体系的な知識を得るのはもちろん、 気になるテーマやキーワードに 注目しながら読むなど、 状況に合わせて活用しましょう。 【目次】 第1章 AWSを使う~世界最高峰のクラウドサービス~ 第2章 クラウド利用の基本~事前に検討すべきこと~ 第3章 Amazon EC2を使う~クラウドの仮想サーバーを使うために~ 第4章 Amazon S3を使う~クラウドらしいストレージサービス~ 第5章 クラウドを支える技術~クラウド事業者の視点から~ 第6章 Amazon VPCを作る~簡単に作れる仮想ネットワーク~ 第7章 RDSとDynamoDBを使う~さまざまなデータベースや分析のサービス~ 第8章 AWSの先進的なサービス~先進技術やトレンドのサービス~ 第9章 セキュリティと運用管理~ユーザー、コスト、セキュリティ、運用などの管理~ 第1章 AWSを使う〜世界最高峰のクラウドサービス〜 1-1 AWSとは? 1-2 超巨大なクラウドサービス 1-3 提供サービスの概要 1-4 提供サービスの特徴 1-5 人気の理由 1-6 システム構築から運用まですべてがそろう 1-7 AWSの利用に際して必要なもの 1-8 2種類のユーザー 1-9 AWSの利用料金 1-10 料金の管理 1-11 AWSへの接続環境 1-12 AWSに近いサービス 1-13 拡大を続けるAWSの利用 1-14 AWS用語やWebサイトに慣れる 第2章 クラウド利用の基本〜事前に検討すべきこと〜 2-1 準備をしてから使うサービス 2-2 利用するデータセンターの地域 2-3 リージョンの中にあるどの設備を利用するか? 2-4 専用の建物 2-5 AWS利用を前提としたシステム構成 2-6 最初はサーバー選びから 2-7 目の前のクラウドシステムと将来 2-8 クラウド利用の傾向①~パブリックとプライベート~ 2-9 クラウド利用の傾向②~ハイブリッド~ 2-10 クラウド利用の傾向③~複数のサービスを使う~ 2-11 クラウド利用の留意点①~見えるところ~ 2-12 クラウド利用の留意点②~見えにくいところ~ 第3章 Amazon EC2を使う〜クラウドの仮想サーバーを使うために〜 3-1 代表的なサーバーのサービス 3-2 サーバーのタイプ 3-3 柔軟な変更 3-4 サーバーのOS 3-5 管理者が利用する画面 3-6 インスタンスのイメージ 3-7 サーバーの専用ストレージ 3-8 サーバー作成のケーススタディ 3-9 サーバーを作成して終わりではない 3-10 インスタンスの作成①~インスタンスの作成と起動~ 3-11 インスタンスの作成②~インスタンスタイプの選択と設定~ 3-12 インスタンスの作成③~ストレージとセキュリティグループの設定~ 3-13 インスタンスへの接続の準備 3-14 接続して最初にすること 3-15 EC2コンソールからの接続 3-16 Webサーバー機能のインストールとIPアドレス 3-17 コンテンツのアップロード 3-18 サービスの規模に合わせる 第4章 Amazon S3を使う〜クラウドらしいストレージサービス〜 4-1 代表的なストレージサービス 4-2 グローバルなストレージサービス 4-3 ファイル共有サービスとファイルサーバーの違い 4-4 ファイル共有の例 4-5 バケットの作成 4-6 バケットの中身 4-7 ファイル共有できるユーザーの設定 4-8 外部との一時的なファイル共有 4-9 バックアップとしての利用 4-10 ファイルサーバーの構築 第5章 クラウドを支える技術〜クラウド事業者の視点から〜 5-1 クラウドサービスの分類 5-2 人材から考えるクラウドサービス 5-3 バーチャルな事業所の実現 5-4 大量のITリソースを束ねるしくみ 5-5 laaSの基盤となるソフトウェア 5-6 PaaSの基盤となるソフトウェア 5-7 サーバーの仮想化技術の動向 5-8 コンテナの管理 5-9 クラウドのストレージ 5-10 ストレージ技術の概要 5-11 ネットワークの仮想化①~身近なLANの仮想化~ 5-12 ネットワークの仮想化②~ソフトウェアによる仮想化の実現~ 5-13 ネットワークの仮想化③~データセンター向けの仮想化~ 第6章 Amazon VPCを作る〜簡単に作れる仮想ネットワーク〜 6-1 AWS上でのネットワーク 6-2 本格的にAWSを利用するならVPCが最初 6-3 1つのネットワークか、複数のネットワークか? 6-4 VPCの構成 6-5 サブネットに分けるしくみ 6-6 初めに用意されているVPC 6-7 プライベートサブネットでの注意点 6-8 VPC同士の接続 6-9 VPCの作成①~四角形を作る~ 6-10 VPCの作成②~線の作成 6-11 VPCとS3との接続 第7章 RDSとDynamoDBを使う〜さまざまなデータベースや分析のサービス〜 7-1 システムでのシステムでのデータベースの利用 7-2 AWSを代表するデータベースのサービス 7-3 RDSの利用に際して 7-4 RDSの利用で重要な項目 7-5 データベース作成に際して 7-6 さまざまなデータベース技術①~RDBとその他のDB~ 7-7 さまざまなデータベース技術②~全文検索という選択肢~ 7-8 DynamoDBを使う 第8章 AWSの先進的なサービス〜先進技術やトレンドのサービス〜 8-1 サーバーレスのサービスを使う 8-2 Lambdaの利用例 8-3 本格的な本格的な機械学習を実現するサービス 8-4 DX実現へのガイド 8-5 Web技術での戦いから 8-6 データソリューションの進化 第9章 セキュリティと運用管理〜ユーザー、コスト、セキュリティ、運用などの管理〜 9-1 セキュリティの基本的な考え方 9-2 セキュリティはユーザー管理から 9-3 クラウドのログインの基本 9-4 仮想ファイアウォール機能 9-5 操作の証跡 9-6 性能管理と運用

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
56

Azure入門の決定版!  「Azureの必須知識を身に付けたい!」「Azureの全体像をつかみたい!」という方に最適な、Azure入門の決定版が登場! クラウドは今や、ITインフラやシステム開発に必要不可欠な存在となりましたが、各クラウドで提供される機能は実に膨大なため、いつどれを使えばいいのかがわからない・全体像がつかみにくい……と思う方もいるでしょう。本書は、マイクロソフトのクラウドサービス「Azure」のサービス詳細や用語を、図を用いながら解説することで、Azureの必須知識が身に付くようにした入門書です。サーバーやストレージといった基本的なサービスから、AI・機械学習やIoT、ビッグデータといったサービスまで、詳しくしっかり学べます。また「マイクロソフト製品との連携が容易」「Visual StudioやVisual Studio Codeなどでの開発が可能」といった、Azureならではの特徴も解説しています。ITエンジニアやプログラマーだけではなく、クラウドの運用を行う「情シス」や、クラウド開発の提案や説明を行う「営業担当」にまで、おすすめの1冊です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
56

エキスパートが合格ポイントを徹底解説。オールインワンで対策は万全! ★エキスパートがAWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト合格に導きます! 対策書籍の決定版★ 世界トップのITコンサルティングファーム・アクセンチュアのクラウドコンサルタントが AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト(SAアソシエイト)合格へ効率的な学習法を提示します。 テキスト+練習問題+模擬試験(65問)+用語集の【オールインワン】で、この1冊をマスターすれば試験対策は万全。 再認定受験にも最適な1冊です。 ●合格への確実な一歩が踏み出せる● SAアソシエイト試験では、AWSの膨大なサービスが出題範囲となります。そのため、慣れない用語が頻出し、 適切なガイダンスなしでは合格が難しくなります。 本書は、アクセンチュア内部でSAアソシエイト合格者を多数輩出しているAWSコンサルタント育成のための 超効率的トレーニングメソッドを誌面で再現。合格のポイントが凝縮された1冊です。 ●最短ルートの学習法で合格!● 【その1】頻出の論点がマスターできる AWSトップエンジニア100にも選ばれ、サービスに精通した上級資格(プロフェッショナル級)保有者が出るところだけを徹底解説。 【その2】オールインワンで詳細な問題解説が付属! 解説と練習問題だけでなく、模擬試験(65問)と用語集が付属。模擬試験の答えを詳しく解説。1冊だけで合格できる。 【その3】図解が豊富でわかりやすい 理解しやすいよう数多くの図表を収録。複雑なサービスもスッとわかります。 【その4】UDフォントを採用 目にやさしいUD(ユニバーサルデザイン)フォントを採用。 AWSエンジニアトップ100にも選出されたエキスパートがSAアソシエイトを徹底分析。アクセンチュア流AWSトレーニングでエンジニアに大人気の資格に1回で合格できる! はじめに AWS認定とは 合格への効果的な学習方法 各種サービスの表記 第1章 AWS概要  1-1 AWSとは  1-2 AWSサポート  1-3 Well-Architected Framework 第2章 コンピューティングとストレージ  2-1 EC2  2-2 EBS  2-3 S3  2-4 ECS/EKS/Fargate  2-5 Lambda  2-6 Storage Gateway/EFS 第3章 セキュリティとネットワーキング  3-1 AWSアカウントとIAM  3-2 VPC  3-3 Elastic Load Balancing  3-4 Auto Scaling  3-5 Route 53  3-6 Direct Connect  3-7 CloudFront  3-8 セキュリティサービス 第4章 データベース  4-1 RDS  4-2 DynamoDB/ElastiCache 第5章 管理とガバナンス  5-1 CloudWatch  5-2 CloudTrail  5-3 Config  5-4 Trusted Advisor  5-5 オペレーション自動化サービス 第6章 アプリケーション統合  6-1 SQS/SNS/SES  6-2 SWF 第7章 分析サービス  7-1 分析のためのサービス  7-2 Redshift 第8章 移行とコスト管理のサービス  8-1 移行のためのサービス  8-2 コスト管理のためのサービス 第9章 模擬試験(65問) <巻末付録> 知っておきたいAWS用語集 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
56

AWSの特性を活かした設計 本書で身につけられます!  よくあるシナリオに基づいて、AWSを学ぶことができます。 オンプレミスの社内システムをAWSに初めて移行するシナリオや、キャンペーンサイトをAWS上に短期間で構築するシナリオなどを用意。AWSを前提にすれば、どのAWSサービスを使ってどんなシステムアーキテクチャーにすべきなのかを解説します。 さらに、豊富な画面を使って具体的な開発方法も掲載していますので、迷わずAWSを使うことができます。  AWS初心書向けにサブネットの作り方などを紹介する一方で、AWSらしい設計として「サーバーレスアーキテクチャー」や「CloudFormationを使った自動構築」などを解説しています。 AWSの基礎から、今どきの開発・運用スタイルまで習得可能です。  本書を読み通し、実際に手を動かせば、「AWS中級者」になれるでしょう。 ◆第1章◆AWS導入の合意形成術 1-1 AWS のメリット 1-2 クラウド反対派の意見 1-3 誰に伝えるか? 1-4 クラウドを使わない理由はない ◆第2章◆AWSが提供するクラウドサービス 2-1 AWSの構成 2-2 カスタマーアグリーメントと責任共有モデル 2-3 AWSの基本的な操作 2-4 AWSを使い始める前に設定しておきたいこと ◆第3章◆シナリオ「業務システムのAWS移行を小さく始める」 3-1 シナリオ解説 3-2 アーキテクチャー設計 3-3 構築の流れ 3-4 ネットワーク部の作成ガイド 3-5 EC2インスタンスの作成ガイド 3-7 セキュリティグループを設定する 3-8 社内LANやオンプレミス環境と接続する 3-9 システムの移行とログの記録 ◆第4章◆シナリオ「ミッションクリティカルな業務システムをAWSに移行する」 4-1 シナリオ解説 4-2 アーキテクチャー設計 4-3 構築の流れ 4-4 アプリケーションサーバーの冗長化ガイド 4-5 EC2インスタンスへのアプリケーション構成ガイド 4-6 データベースを負荷分散する 4-7 Direct Connectを使って専用線で接続する ◆第5章◆シナリオ「迅速かつ低予算でキャンペーンサイトを作成する」 5-1 シナリオ解説 5-2 アーキテクチャー設計 5-3 構築の流れ 5-4 S3バケットを作る 5-5 Webサーバー機能を有効にする 5-6 CloudFrontを構成する 5-7 独自ドメインで運用する ◆第6章◆シナリオ「キャンペーンサイトに会員登録機能をつける」 6-1 シナリオ解説 6-2 アーキテクチャー設計 6-3 構築の流れ 6-4 DynamoDBにテーブルを作成する 6-5 API GatewayとLambdaを構成する 6-6 Lambdaの動作テストをする 6-7 API Gatewayの動作テストと権限の調整 6-8 HTMLフォームを書く 6-9 Ajaxから呼び出す ◆第7章◆シナリオ「Web サイトが停止してもユーザーがいなくならないようにしたい」 7-1 シナリオ解説 7-2 アーキテクチャー設計 7-3 構築の流れ 7-4 VPCとサブネットを構成する 7-5 ELBを構成して負荷分散する 7-6 メンテナンス用のCloudWatch LogsとS3バケットを作成する 7-7 Route53のDNSフェイルオーバーを構成する 7-8 動作のテスト ◆第8章◆シナリオ「アプリケーションの頻繁な変更に対応する」 8-1 シナリオ解説 8-2 アーキテクチャー設計 8-3 構築の流れ 8-4 CloudFormationでネットワークを構成する 8-5 スタックを作成して動作テストする 8-6 リポジトリを作ってユーザーがアクセスできるようにする 8-7 CodeDeployでデプロイ可能なEC2インスタンスを作る 8-8 CodeDeployでデプロイを構成する 8-9 CloudFormationでELBやEC2インスタンスを作成する ◆付録 第9章◆シナリオ「業務端末もAWS へ移行する」 9-1 シナリオ解説 9-2 アーキテクチャー設計 9-3 新システムの動き ◆付録 第10章◆シナリオ「AWSにおけるDR対応」 10-1 シナリオ解説 10-2 アーキテクチャー設計

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
56

新しいデータシステム「データレイク」をAWS(Amazon Web Services)で構築する方法を、クラウドのプロが充… 従来のデータベースを発展させた、クラウド時代のデータシステム「データレイク」をAWS(Amazon Web Services)上で実現するための指南書。クラウドのプロによる解説で概念と実践を充実解説。 「データレイク」は、大量データ分析/生成データの活用を視野に入れた新しいデータストアのかたちです。従来のデータベース/データウェアハウスの範囲に収まらない多様なデータを大量に保管し、高度な統計分析や機械学習に役立つ情報基盤を作ることが可能です。 本書ではデータレイクの概念や特徴、必要とされる機能などを基本から解説し、さらにAmazonが運営するパブリッククラウドサービスAWS(Amazon Web Services)で実現する方法を解説します。 従来では想定しえなかった大量のデータを確実に保管するため、データレイクの世界ではクラウドのようなサービス型インフラストラクチャの活用が注目されます。さらにAWSではオブジェクトストレージS3上のデータを直接分析するAmazon Athena、データウェアハウスのAmazon Redshift、機械学習を実現するAmazon SageMakerなど、データレイクを支えるさまざまな仕組みが存在します。 本書ではそれらの活用の指針を解説するとともに、後半ではシステムの構築例を具体的に解説していきます。ビジネスデータ分析とログなどの生成データ分析を例に、システム構築の流れを詳しく紹介し、機械学習や統計分析をビジネスの現場で活かせる仕組みの技術的なヒントを数多く提供します。 第1部 データレイクの概念と知識 序章 データレイ クを始めよう 第1章 データレイクの構築 第2章 データレイクの活用 第3章 データレイクの運用 第4章 データレイクのセキュリティ 第2部 データレイクの実践(基礎編) 第5章 ハンズオンの概要 ービジネスデータのデータレイクー 第6章 データを可視化する 第7章 サーバーレスSQLによるデータ分析 第8章 データを変換する 第9章 データを分析する(データウェアハウス) 第3部 データレイクの実践(応用編) 第10章 システムの概要 ーログデータのデータレイクー 第11章 ログを集める 第12章 ログの保管とカタログ化 第13章 ログを加工する 第14章 ログを分析する

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
56

AWSはAmazon社が提供する、世界でもっとも利用されているクラウドサービスです。現代の企業におけるクラウドサービスの利用率は目覚ましく伸びており、IT技術者はAWSの知識があると今後役立つことでしょう。本書は、ITのスキルアップを目指す学生、IT系企業で働きはじめたばかりの新人社員、AWSを知りたい方に向けたAWSの入門書です。Amazon EC2、Amazon RDS、Amazon S3の操作方法を初心者にもわかりやすくやさしく紹介します。 AWSを使ったことのない方、これからAWSを使ってみたいと考えている方のための入門書です。Amazon EC2、Amazon RDS、Amazon S3 を使ってみようという方に操作方法をやさしく紹介します。 Chapter 01 AWSのしくみ  01 AWSって何?   Amazonが提供するクラウドサービス   AWSでできることの例   AWSの主要なサービス   AWSは従量課金制   AWSの無料枠について  02 そもそも、クラウドって何?   「クラウド」とは   「クラウド」の対義語、「オンプレミス」とは   クラウドサービスって危険なの?   クラウドサービスは3つに分類される   クラウドサービスを支える仮想化技術  03 AWS以外のクラウドサービス   AWS以外にどんなクラウドサービスがあるの?   Azure:Microsoft社が提供するクラウドサービス   GCP:Google社が提供するクラウドサービス   この章のまとめ Chapter 02 AWSをはじめよう  01 AWSのアカウントを作ろう   AWSのアカウントの種類   ルートユーザーのアカウントを作ろう   IAMユーザーのアカウントを作ろう  02 基本的な使い方   マネジメントコンソールを使ってみよう   ダッシュボードを使ってみよう   IAMユーザーからルートユーザーに切り替えるには   今月の利用料金はいくら?   Column サブスクとは  03 AWSのセキュリティ   IAMユーザーによるアクセス権   AWSのアーキテクチャ   AWSのネットワーク構成と通信の制御   Column クラウドサービスのセキュリティについて   この章のまとめ Chapter 03 Amazon EC2を使ってみよう  01 Amazon EC2とは   仮想サーバーWebアプリケーションを構築するサービス  02 EC2のインスタンス作成と接続   EC2でインスタンスを作ってみよう   Tera Termをインストールしよう   Tera TermでEC2のインスタンスに接続しよう  03 EC2にApacheとPHPをインストール   EC2にWebサーバーを構築しよう   EC2にPHPをインストールする   Webアプリケーションを動かしてみる  04 EC2の料金   EC2の料金について   EC2の無料利用枠について   この章のまとめ Chapter 04 Amazon RDSを使ってみよう  01 Amazon RDSとは   データベースを利用できるサービス  02 データベース作成と接続   RDSのデータベースを作成しよう   RDSのデータベースに接続しよう   MySQL WorkbenchでRDSのデータベースに接続しよう  03 RDSの料金   RDSの料金について   この章のまとめ Chapter 05 Amazon S3を使ってみよう  01 Amazon S3とは   クラウドストレージを利用できるサービス  02 バケットとオブジェクト   S3のバケットを作成しよう   S3のバケットにオブジェクトを追加しよう   S3のオブジェクトにアクセスしよう  03 S3の料金   S3の料金について   この章のまとめ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
56

AWS(アマゾンウェブサービス)認定デベロッパーアソシエイトの試験対策テキストです。この資格を取得することで、自社やお客様の開発現場でアプリケーションを開発する人にとって有効なエビデンスとなり、お客様や担当者に安心して依頼してもらえるようになります。 AWSでは日々成長するサービスですが、本書では機能やサービスを身に付けることに注力しているので、資格取得の役に立つ構成となっています。 SECTION1 AWAS認定 デベロッパーアソシエイト SECTION2 展開(デプロイ) SECTION3 セキュリティ SECTION4 開発 SECTION5 リファクタリング SECTION6 モニタリングとトラブルシューティング SECTION7 本試験想定問題集 AWS認定のデベロッパーアソシエイトに合格するための試験対策テキスト&想定問題集です。開発現場の開発エンジニアが自社・他社のアプリやサービス開発の現場で信頼される資格の取得に役立ちます。 SECTION1 AWAS認定 デベロッパーアソシエイト SECTION2 展開(デプロイ) SECTION3 セキュリティ SECTION4 開発 SECTION5 リファクタリング SECTION6 モニタリングとトラブルシューティング SECTION7 本試験想定問題集

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
56

クラウド基盤として広く利用されているAmazon Web Services(AWS)の活用技法について、初学者の方にもわかるようにわかりやすく解説します。AWSの概要や歴史、基礎知識、関連知識の学習方法に始まり、最近のAWS開発で求められるWebアプリケーション構築のポイント、サーバレスアプリケーション開発、さらにデータ収集、分析と可視化までを1冊で学ぶことができます。AWSの膨大な製品・ソリューション群の中でも読者が開発・運用でAWSを利用するために理解しておくべきポイントを、最新の技術トレンドを踏まて具体的に解説しました。 はじめに 本書サンプルの動作環境 第1章●AWSの基礎知識 1.1 クラウドとは 千葉 淳 1.2 AWSのベストプラクティス  千葉 淳 1.3 最低限押さえておくべきアカウント開設時のセキュリティ 臼田 佳祐 1.4 AWSにおける監視(モニタリング) 渡辺 聖剛 1.5 AWSを学習するコツ 千葉 淳 第2章●AWSで作るWebサービス 2.1 本章で解説するアプリケーションの全体構成と利用するAWSサービス 濱田 孝治 2.2 AWSのネットワーク基礎 菊池 修治 2.3 アプリケーション構築・運用手段としてのコンテナ関連サービス 濱田 孝治 2.4 CI/CDを実現するCodeシリーズ 濱田 孝治 2.5 モニタリング:障害監視、リソース監視 江口 佳記 2.6 アプリケーションセキュリティ 臼田 佳祐 2.7 コードによるインフラの運用管理 濱田 孝治 2.8 CloudFormationを利用したコンテナアプリケーション構築 濱田 孝治 第3章●サーバーレスプラットフォームで作る モバイル向けアプリケーション 3.1 サーバーレスアーキテクチャとは 城岸 直希、加藤 諒 3.2 サーバーレスを実現するAWSサービス 城岸 直希、加藤 諒 3.3 構築するアプリケーションの全体構成 城岸 直希、加藤 諒 3.4 クラウド開発キット(AWS?CDK)の準備 城岸 直希、加藤 諒 3.5 バックエンドアプリケーション(API)の構築[API Gateway、Lambda、DynamoDB] 城岸 直希、加藤 諒 3.6 フロントエンドアプリケーションの作成 [Vue.js、PWA] 城岸 直希、加藤 諒 3.7 フロントエンドアプリケーションの配信[Amazon S3、AWS CloudFront] 城岸 直希、加藤 諒 3.8 サーバーレスアプリケーションのモニタリング 渡辺 聖剛 第4章●AWSで作るデータの収集・可視化基盤 4.1 AWSで作るデータ収集基盤 藤井 元貴 4.2 データ分析の基本知識とAWSサービス 甲木 洋介 4.3 データレイクを構築する 甲木 洋介 4.4 データウェアハウスを構成し、グラフ表示する 甲木 洋介 4.5 機械学習を導入する 甲木 洋介 4.6 構築したシステム(AWSリソース)を削除する 甲木 洋介、藤井 元貴 索引 執筆者プロフィール

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
56

セキュリティ、拡張性、可用性、保守性を高める!AWSでの基盤構築・改善法を構成図で解説 セキュリティ、拡張性、可用性、保守性を高める! AWSでの基盤構築・改善法を構成図で解説  業務システムにAWSを本格導入するうえで必要な知識は多岐にわたります。どこから学んだらいいか分からない、AWSを触っているが体系的に理解したという手応えがない、といった悩みを抱える方が多いようです。  そこで本書では、オンプレミス(自社所有)環境のシステムの開発・運用に携わってきたがクラウドについては知識も経験もまだ乏しいというエンジニアの方を対象に、AWSを基本から解説します。業務システムで必要なAWSの主要サービスの知識と、それを使ったインフラ設計について体系的に学びます。  さらに、知識が身に付いたかどうかをチェックできるように問題を出します。「AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト」というミドルレベルのAWS認定資格を想定した問題なので、試験対策になります。本書を読むことで、この資格を取得するベースの知識が身に付くことを目標の一つとします。  本書は単なる、AWSのサービスの解説書ではありません。AWSを実務で使いこなせるように、コーポレートサイトのシステムを題材にして、アーキテクチャー設計と基盤構築の実践的なノウハウも解説します。  ロードバランサーと仮想マシン2台というシンプルな構成から始め、AWSの様々なサービスを使ってこのインフラを改修し、可用性、拡張性、セキュリティ、保守性を段階的に高めていきます。AWSの主要サービスを具体的にどのように活用するのかについて、コーポレートサイトのシステム改善を通じて学びます。 序章 AWSの利点とデータセンターの構成 第1章 リージョン選びとネットワークの設計 第2章 仮想マシンとオブジェクトストレージ  2-1 仮想マシンとストレージ  2-2 オブジェクトストレージ 第3章 負荷分散とスケーリング  3-1 スケーリング  3-2 ELBによる負荷分散  3-3 オートスケーリング  3-4 データストアーのスケーリング 第4章 疎結合  4-1 SQSとSNSによる疎結合  4-2 Lambdaによる疎結合 第5章 CDNとDNS 第6章 セキュリティ  6-1 権限の管理と検出制御  6-2 暗号化 第7章 基盤構築の自動化 Appendix A 問題と解答・解説 Appendix B インフラを構築してみよう

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search