【2024年】「ローマ」のおすすめ 本 115選!人気ランキング

この記事では、「ローマ」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)
  2. 教養としての「ローマ史」の読み方
  3. コンスタンティノープルの陥落 (新潮文庫)
  4. ローマ帝国 誕生・絶頂・滅亡の地図 (ナショナル ジオグラフィック別冊)
  5. 一冊でまるごとわかるローマ帝国 (だいわ文庫)
  6. 海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 1 (新潮文庫)
  7. ルネサンスの女たち (新潮文庫)
  8. チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 (新潮文庫)
  9. 貨幣が語る-ローマ帝国史-権力と図像の千年 (中公新書 2508)
  10. 奴隷のしつけ方
他105件
No.4
95
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
79

奴隷のしつけ方

マルクス シドニウス ファルクス
太田出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
78

神がそれを望んでおられる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
77

政治、経済、戦争、ローマ人の意外な暮らしぶりを鮮やかに描き出す、今までにないローマ史。 なぜローマは短期間に巨大帝国を築き得たのか?この人類史のミステリーに、大英勲賞受賞の「イギリスで最も有名な古典学者」が挑む。 「全米批評家協会賞」最終候補、「カナダ・カンディル賞」ノミネートなど、アメリカ・ヨーロッパ・アジア各国で大反響を呼んだ、驚きと興奮の歴史書! ローマはなぜ圧倒的成功をおさめたのか。興味の尽きない謎が鮮やかに解かれる。生き生きとした筆致に、大部であることを忘れてページをめくり続けた。必読だ! ――成毛眞氏(元マイクロソフト社長、HONZ代表) 世界が絶賛! 「歴史書の新たな傑作」(エコノミスト) 「これはもう古典だ」(ウォールストリート・ジャーナル) 「100ノータブル・ブックス2015」(ニューヨーク・タイムズ) 「ベストブックス2015」(ウォールストリート・ジャーナル) 「ベストブックス2015」(カーカス・レビュー) 「ブック・オブ・ジ・イヤー」(エコノミスト) 「トップテン・ベストセラー」(サンデー・タイムズ) 「ブリッティッシュ・ブック・インダストリー2016ブック・オブ・ジ・イヤー」最終候補 「カーディアン」「インディペンデント」「ヘラルド」「テレグラフ」ほか、各紙絶賛、書評多数。 スペインで最も権威ある「アストゥリアス皇太子賞」受賞

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
75

政治、経済、戦争、ローマ人の意外な暮らしぶりを鮮やかに描き出す、今までにないローマ史。 なぜローマは短期間に巨大帝国を築き得たのか?この人類史のミステリーに、大英勲賞受賞の「イギリスで最も有名な古典学者」が挑む。 「全米批評家協会賞」最終候補、「カナダ・カンディル賞」ノミネートなど、アメリカ・ヨーロッパ・アジア各国で大反響を呼んだ、驚きと興奮の歴史書! ローマはなぜ圧倒的成功をおさめたのか。興味の尽きない謎が鮮やかに解かれる。生き生きとした筆致に、大部であることを忘れてページをめくり続けた。必読だ! ――成毛眞氏(元マイクロソフト社長、HONZ代表) 世界が絶賛! 「歴史書の新たな傑作」(エコノミスト) 「これはもう古典だ」(ウォールストリート・ジャーナル) 「100ノータブル・ブックス2015」(ニューヨーク・タイムズ) 「ベストブックス2015」(ウォールストリート・ジャーナル) 「ベストブックス2015」(カーカス・レビュー) 「ブック・オブ・ジ・イヤー」(エコノミスト) 「トップテン・ベストセラー」(サンデー・タイムズ) 「ブリッティッシュ・ブック・インダストリー2016ブック・オブ・ジ・イヤー」最終候補 「カーディアン」「インディペンデント」「ヘラルド」「テレグラフ」ほか、各紙絶賛、書評多数。 スペインで最も権威ある「アストゥリアス皇太子賞」受賞

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
72

イタリアの古都と街道 上

紅山 雪夫
トラベルジャーナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
72

人類史上最も影響力のある文明・ローマ帝国のビジュアル版徹底ガイド。皇帝、軍事、政治、生活、文化を確かな資料にもとづいて解説。 人類史上最も影響力のある文明・ローマ帝国のすべてがわかるビジュアル版徹底ガイド。年代別に史実を追いながら、古代ローマの栄華と権勢を今に伝える。皇帝、軍事、政治、生活、文化を確かな資料にもとづいて解説。 人類史上最も影響力のある文明・ローマ帝国のすべてがわかるビジュアル版徹底ガイド。年代別に史実を追いながら、古代ローマの栄華と権勢を今に伝える1000 枚の美しい写真、絵画、戦略図、地図、建築断面図、美術品を掲載。ローマの皇帝権力、軍事力、政治力のしくみを確かな資料にもとづいて解説。ローマ帝国が西洋に与えた壮大な影響がよくわかる! 古代ローマの遺産の影響は、今日われわれが暮らす世界にも作用し、新たな世界を形成する原動力となっている。前半では、ローマの政治と軍隊の歴史を中心に解説。ユリウス・カエサルの暗殺や、大火のさなかで楽器を奏でる暴君ネロ、ハドリアヌスの長城の建造─巨大帝国の栄華と衰亡の歴史を解き明かしていく。さらにポエニ戦争からカエサルのガリア遠征、ブリタニア、ダキア、東方遠征まで、主な軍事行動もすべて網羅した。後半ではローマが世界の芸術・建築・社会の発展に与えた影響に焦点を当てている。1000 枚の写真・図面・挿絵とともに権威ある資料にもとづいてわかりやすく解説。歴史や考古学、古典を学ぶ人にお勧めのパーフェクトガイド! 推薦 樺山紘一 はじめに 第Ⅰ部 ローマの繁栄と衰亡  帝国の模範/年表 《ローマ:世界初の超大国》 第1章 力と法の帝国  伝説上の起源/イタリア征服/帝国の発展/国外勝利と内乱/共和政の終焉/平和の回復:初期の諸皇帝/フラウィウス朝諸皇帝と「五賢帝」/危機と大惨事/再建と復興/西ローマ帝国の滅亡 第2章 ローマの偉人たち  ローマの偉大な将軍/ユリウス・カエサル/ポンペイウス:カエサルのライバル/マルクス・アントニウス/歴史家の視点/ローマの哲学者:偉大な思想家たち/ローマの敵/キケロ:平和を愛するローマ人 第3章 皇帝たち  ローマの皇帝/アウグストゥス:初代ローマ皇帝/帝国のオーガナイザー/名君/暴君/帝国の救世主/コンスタンティヌス大帝/帝位の影の女たち 第4章 帝国の統治  自治都市同盟/寡頭共和政/ローマの支配階級/ローマの政治の裏のしくみ/元首政:仮面をかぶった君主制/共和政期の搾取、帝政期の善政/課税 第5章 ローマと法律  共和政初期の法律:12表法/乱世における法の運用/皇帝による成文化/警察と秘密警察/刑罰 第6章 対外政策  最初期の外交:イタリアの征服/いつしか覇者に/防御可能な国境:ライン・ドナウ防衛線/防衛可能な国境:アジア/属国と緩衝国/ゲルマン民族への依存:フォエデラティとその危険性/海の向こうの帝国領:エジプト/海の向こうの帝国領:ブリタニア 《ローマの軍事力》 第7章 ローマ軍  市民軍/百戦錬磨/共和政の崩壊/軍団と元首政/帝政後期の軍隊 第8章 軍の内部  軍団の組織/百人隊長と将校/訓練と軍規/給与と待遇/支援軍/野営地の設営/道路と運河と橋/艦隊と軍船 第9章 武器と兵士  防具/武器:剣、短剣、弓、投槍、投石/投石機/攻囲戦/凱旋式と略式凱旋式/永久要塞/帝政後期の大城壁/市壁 第10章 大いなる戦い  行軍と戦闘/ポエニ戦争/ギリシャ系諸王国の征服/カエサルのガリア遠征/最後の内戦/エルベ川に沿って/低地ブリタニアの征服/アグリコラのブリタニア北部遠征/トラヤヌスの遠征/トラヤヌスの東方遠征 第11章 帝国の防衛  防衛のジレンマ/天然の国境:ライン川とドナウ川上流/天然の国境:ドナウ川中流・下流/天然の要塞:アフリカ、アラビア、メソポタミア/退役兵のための植民市と入植地/ユダヤ人の反乱/マサダの攻囲戦 第12章 衰退と崩壊  3世紀の危機/東方の問題/異民族の侵入/東方領土の喪失と奪還/帝国の分裂/最初の回復/テトラルキアの皇帝たちの功績/コンスタンティヌス/コンスタンティヌスの後継者たち/ブリタニアの奪還と放棄/ゴート族の問題/運命の冬/ローマ劫掠/ローマの滅亡/なぜローマは滅亡し、ビザンティウムは存続したのか 第Ⅱ部 ローマの世界  ローマの永遠の遺産/年表 《ローマ:史上初の世界都市》 第13章 都市ローマの建設  古代ローマの建国/共和政後期/アウグストゥスと後継者たち/ネロとフラウィウス朝諸皇帝/トラヤヌスとハドリアヌス/帝政後期のローマ/キリスト教都市ローマ 第14章 建築技術と様式  建材/ヴォールト、アーチ、ドーム/建築慣行と技術/建築様式と建築言語 第15章 公共建築物  フォルム・ロマヌム/諸皇帝のフォルム/ローマのバシリカと元老院議事堂/神殿:共和政期と元首政初期/神殿:パンテオンとその後/劇場の建設/円形闘技場とコロッセウム/水道橋と下水施設/公衆浴場/大競技場/凱旋門/戦勝記念柱/教会 第16章 皇帝宮殿  アウグストゥスと後継者たちの宮殿/ネロの黄金宮殿/パラティヌスの丘:諸皇帝の宮殿 第17章 富者と貧者の家  ドムス:富裕層の住まい/インスラ:最古のアパート/ティベリウスのカプリ島のヴィラ/ティヴォリのヴィッラ・アドリアーナ/富裕層のイタリアのヴィラ/ピアッツァ・アルメリーナ/スプリトのディオクレティアヌス宮殿/ローマ帝国の別荘:ブリタニアのヴィラ 第18章ローマ帝国の諸都市  ポンペイとヘルクラネウム/オスティアとポルトゥス/対照的な都市:カルタゴとティムガッド/レプティス・マグナ:皇帝の生誕地/アテナイ:栄光の過去/トリーア:北のローマ/エフェソス:世界の驚異/消えた東方の都/ニームとアルル:ローマン・ガリアの都市/ローマン・ブリタニアの諸都市 《ローマの芸術と社会》 第19章 文学  ローマ最初期の作家たち/アウグストゥスの桂冠詩人/カトゥルスとエレギア詩人/オウィディウスと「白銀時代」の詩人たち/偉大な散文家/小説家と風刺作家/ローマ後期の作家たち/文学と識字能力 第20章 美術工芸  エトルリア美術と共和政初期の美術/共和政後期の芸術/アウグストゥスと古典復興/ローマの絶頂期/ハドリアヌスとギリシャ復興様式/帝政後期の芸術/家具 第21章 宗教と神話  カピトリヌスの丘の神々/ウェヌス、ウルカヌス、その他の神々/皇帝崇拝と女神ローマ/バッカスとキュベレ/東方起源の神々/太陽崇拝/キリスト教:勝利への茨の道 第22章 スポーツと娯楽  剣闘士競技/大闘技会/野獣狩り/競技場にて:戦車競走/劇場にて:笑劇、ミモス劇、パントマイム/スポーツ競技と運動 第23章 科学、技術、経済  ストラボンとギリシャ・ローマの地理/天文学/水車/蒸気機関/医学の原理と実践/都市生活の危険性:疫病、洪水、火災/貿易、船舶、航海術/インドへの道/農業 第24章 ローマの人々  結婚、離婚、家父の権力/ローマの女性/子どもたち:教育としつけ/奴隷と解放奴隷/奴隷制の諸相/ビジネスと商売/余暇と祝祭日/饗宴/富者と貧者の食物/ワインと葡萄畑/ローマ:大いなる消費地/トゥニカとトガ/ヘアスタイルと化粧/性愛/葬儀と死後の世界/ 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
65

帝国は諸君を必要としている! ローマ軍兵士として必要な武器、戦闘訓練、敵の攻略法等々、超実践的な詳細ガイド。血沸き肉躍るカラー図版多数。 帝国は諸君を必要としている! ローマ軍兵士として必要な武器、戦闘訓練、敵の攻略法等々、超実践的な詳細ガイド。血沸き肉躍るカラー図版多数。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
63

帝政前期に派遣された都市監督官、地方裁判官、総督といった帝国官僚の実態を、碑文史料・法史料を駆使して包括的に考察。 帝政前期にイタリア諸都市に派遣された都市監督官、地方裁判官、総督といった帝国官僚の実態を、碑文史料・法史料を駆使して包括的に考察。その都市パトロン的機能を明らかにし、「強制国家」論とは異なる視座を提示する。 ローマ帝政前期にイタリア諸都市に派遣された都市監督官、地方裁判官、総督といった帝国官僚の実態を、碑文史料・法史料を駆使して包括的に考察。その都市パトロン的機能を明らかにし、従来の「強制国家」論とは異なる視座を提示する。 序 論  第一節 「強制国家」論をめぐる研究史    第二節 対象と課題の限定――イタリアの「属州化」   第一章 帝政前期イタリアにおける官僚機構の形成  第一節 官僚機構の形成     (1) 街道の維持・管理     (2) 公共輸送制度(vehiculatio / cursus publicus)の監督     (3) 二〇分の一奴隷解放税(vicesima libertatis)および二〇分の一相続税(vicesima hereditatium)の徴収     (4) アリメンタ制度の創設と運用    第二節 官僚機構の形成と都市自治   第二章 都市監督官(curator rei publicae)とイタリア都市  第一節 研究史    第二節 都市監督官の任務     (1) 公金の管理・運用     (2) 都市所有地および公共建築物の管理     (3) 穀物輸入のための公金の管理    第三節 都市パトロンとしての都市監督官    第四節 都市パトロン選任の背景     (1) 都市監督官と任地の関係     (2) 都市監督官の任務と接触期間     (3) 都市監督官の身分と接触期間    小  括   第三章 地方裁判官(iuridicus)とイタリア都市  第一節 研 究 史    第二節 ハドリアヌス帝期のコンスラレス(consulares)と地方裁判官職の創設    第三節 地方裁判官の裁判権    第四節 地方裁判官の司法以外の活動     (1) 都市の穀物供給に関する活動     (2) 剣闘士の価格制限の監督     (3) アリメンタ制度との関係     (4) 都市の組合との関係    第五節 地方裁判官の任用上の特徴     (1) 地方裁判官の裁判管区     (2) 地方裁判官の昇進階梯(cursus honorum)と任務遂行上の特徴    小  括   第四章 三世紀イタリアにおける州制度導入のプロセスについて  第一節 研 究 史    第二節 州制度導入のプロセスに関するP・ポレーナの仮説    第三節 P・ポレーナの仮説の再検討    小  括    州制度確立期までのイタリアの総督(corrector)のリスト   第五章 総督(corrector)とイタリア都市  第一節 研 究 史    第二節 州制度導入の目的     (1) 総督派遣の目的     (2) 州設置の目的    第三節 州制度導入期の総督・都市関係     (1) 元老院議員と総督職     (2) 総督と都市①――サビヌスとアクイヌムおよびカシヌムの事例     (3) 総督と都市②――ティティアヌスとコムムの事例    小  括   結  語

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
63

神話殺しの優等生

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
62

民主政の成熟と崩壊

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
62

タイムスリップして古代ローマを訪れるなら? そんな想定で作られた前代未聞のトラベル・ガイド。必見の名所・娯楽ほか情報満載。…

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
62

1789年。フランス王国は破産の危機に瀕していた。大凶作による飢えと物価高騰で、苦しむ民衆の怒りは爆発寸前。財政立て直しのため、国王ルイ16世は170余年ぶりに全国三部会を召集する。貴族でありながら民衆から絶大な支持を得たミラボーは、平民代表として議会に乗り込むが、想像もしない難題が待ち受けていた-。男たちの理想が、野望が、歴史を変える!一大巨編、ここに開幕。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
62

新しき力

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
62

イタリアに魅入られた、日本人夫婦。 人口1,400人の小さな町・メルカテッロに、築530年を経た廃屋同然の古家(ふるや)を買って移り住み、16年かけてリフォーム。年に半分はイタリア暮らし ー 町に溶けこんでいまや名誉市民。  イタリアは「都市の国」と言われながら、山奥の人口1,400人の小さな町に住んでみると、ライフスタイルも生活の価値観もミラノなど大都市と変わらない。どこにでもある小さな町、だが日本人の私たち夫婦にしてみれば、驚くほど豊かで、なんともしたたかな生活なのだろう。日本もずいぶん豊かになっているけれど、この町で暮らしてみるとあらためて、本当の“ゆたかさ”を考えてしまう。  グローバリズム、大都市集中、地方の疲弊、日本と同じような先進工業国の課題をイタリアも背負っている。彼らはどのようにして、この豊かさを守っているのだろうか?  コムーネ(イタリアの自治体の最小単位の組織=基礎自治体=日本の市町村)暮らしで考える“ゆたかな”まちづくり。 まえがき    第1章 メルカテッロの生活 1 メルカテッロとの出会い イタリア都市の転換点でメルカテッロに出会う 我々はどのようなライフスタイルが欲しいのか メルカテッロに何を学ぶのか    〈インタビュー①〉マリオ・サッキ(元郵便局員、Uターンの常連) 「トラウマだね、メルカテッロから離れられないんだ」 2 美しい風景 田園の風景   都市の風景   広場の風景   新しい市街地の風景 〈インタビュー②〉エウロージア・ラッツアーリ(町に一軒のペンショーネのオーナー) 「ローザンヌのことは、本当に素晴らしかった」 3 食べる楽しみ おふくろの味   みんなで食べる    地産地消だけでは納まらない肉、野菜、チーズ    地元では賄えないヴィーノ(ワイン)とオリーブ 〈インタビュー③〉ジャンニ・バッティスタ・マルケッティ(愛飲家、呼び名はピンソ) 「塵ひとつない貯蔵庫だった。だからそこのヴィーノを飲むことにした」 4 みんながつながる場所 バール(BAR)  広場 教会 〈インタビュー④〉シスト・パッリアルディーニ(元ブラスバンドの楽団長)   「あって当たり前、ということかな、町のバンドは」 5 みんなで支えるコミュニティ 商店街 市場 クラブ活動 夏のイヴェント  〈インタビュー⑤〉ニコレッタ・アミチーツィア(若くて元気な国際派の町会議員)   「今のところ、人生順調ってとこかな」 6 町の必需品、文化と福祉 文化会館・郷土史美術館・パラッツォ(お屋敷) 学校・病院・介護老人保健施設・墓地・ヘリポート 〈インタビュー⑥〉アンナ・マリア・ベネデッティ(ベネデッティ家当主、美術史家)   「父は私の生きる目標でした。今でもそうです」 7 グローバル社会の地域経済 イタリアの地域経済と日本の地域経済は似て非なるもの 農業、畜産業、林業 観光業―アグリトゥリズモとカントリーハウス、そしてB&B 製造業、商業、サービス業 町役場、銀行、保険会社、経理事務所 不動産業 建設業 水力発電所 〈インタビュー⑦〉ファウスト・ボネッリ(MCE社長、チームグループマネージャー) 「食べる事にも美味しいワインにも興味がない。僕には仕事だけだ」 8 メルカテッロ・スル・メタウロの歴史 〈インタビュー⑧〉ピエールパオロ・ゴストリ(ドクター) 「パラッツォを買ったのは失敗だったよ」 9 風景と郷土愛 人間の尊厳 メルカテッロの豊かで幸せな生活を支えているもの   豊かで幸せな生活は安泰ではない 自分たちの生活を誇りに思う生活 〈インタビュー⑨〉リッカルド・ジョルジョーネ(ファレニャーメ・家具、建具職人)   「川沿いの小屋の中で家具修繕を手伝った。それが忘れられなかった」 第2章 眠りを覚ましたメルカテッロ 1 戦後の復興、奇跡の経済成長を果たしたイタリアと日本 基礎自治体の人口規模   イタリアは小都市分散の国   イタリアは過疎村、限界集落の先進国 チェントロ(中心市街地)の拡大と人口の推移   戦後の経済成長と都市化の歩み 旧市街(チェントロ・ストーリコ)の衰退と新市街の拡大 モダニズムの路線を変えなかった日本の都市政策 〈インタビュー⑩〉ロレンツォ・パチーフィコ・ヴィニーチォ・グエッラ(呼び名はパッチョ、バリスタ、バールの主人)   「パオロが居なかったら、今のメルカテッロはなかったね」 2 戦後システムの再構築に舵を切ったイタリア イタリアにおける新しい都市政策の始まり 景観計画と地方分権   眠りを覚ましたメルカテッロ メルカテッロの都市基本計画   メルカテッロの財政 メルカテッロに学ぶものがあるか、改めて考える   〈インタビュー⑪〉ヴィレルマ・パッリアルディーニ・イン・チンチッラ(二人の男の子を育てたお母さん) 「母親がしっかりしていたら、子供はほっといても育つのよ」 3 メルカテッロの町家再生 旧市街は地区詳細計画で守られている メルカテッロで手に入れた家はいつ頃のものか? 類型学のデザインー歴史と対話することの悦び 石積みであってもメンテナンスは欠かせない 工事は三回に分けて、十六年。何とか一応の完成にこぎつけた 修復デザインと建築家のアイデンティティ、豊かな建築 〈インタビュー⑫〉アドレアーノ・グエッラ(ムラトーレ、あだ名はヴォルペ=狐)   「いい家だろう。自分で建てたんだ」 註、参考文献 あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
62

ローマ世界の終焉 = Romani mundi finis

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
62

大公妃ビアンカ・カペッロの回想録 ジュリア・デリ・アルビツィの話 エメラルド色の海 パリシーナ侯爵夫人の恋 ドン・ジュリオの悲劇 パンドルフォの冒険 フィリッポ伯の復讐 ヴェネツィアの女 女法王ジョヴァンナ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
62

新訳ペスト

ダニエル・デフォー
興陽館

パンデミック到来!街には死体があふれ出した!ウイルスと人間との攻防を描いた17世紀ペストの記録小説を現代新訳で。 パンデミック到来!街には死体があふれ出した!ウイルスと人間との攻防を描いた17世紀ペストの記録小説を現代新訳で。 パンデミック到来! 自粛するしか手立てはないのか! ウイルスと人間との攻防を描いた17世紀の記録小説が現代新訳に。 “自粛する”しか手立てはないのか! 17世紀、ロンドンで10万人の死者を出したペスト。都市は閉鎖され、政府は自粛を要請、それでも感染はとまらない。病院は死体であふれだす。ウイルスという見えない敵に恐怖する人々。公文書や膨大な記録を基に再現されたあまりにも現代的な記録小説が、平易でわかりやすい現代語訳で登場! 18世紀に書かれた現代の予言書!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
62

べつの言葉で (Crest books)

ジュンパ ラヒリ
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
62

帝国の勝利

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
62

初めて書籍を作った男 アルド・マヌーツィオの生涯

アレッサンドロ マルツォ マーニョ
柏書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
62

曹操 (1) 卑劣なる聖人

王 暁磊
発行:曹操社 発売:はる書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.112
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.114
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search